2015/6/16

なんとか食いつく性格、やめませんか  

1年に2回くらいは徹夜してもまだ大丈夫、と意味不明な自信がつきました。

なんとか食いつく性格。

誰もが落第するほどの難関の中、ギリギリ合格でも最後まで食いつく。

非常に格好良く、「トップ」ではないにしても、信念を貫くできる人間、ように思えます。

しかし、使いわけが大事です。

というのも、例えば自分が全く興味がなく、それに時間浪費、金銭面でもプラスにならないことは「食いついたらまけ」の世界です。

それなのに、「知人がしているから」「あんなやつに負けてたまるか」と感情だけで食いつくのは危険。

冷静に、ノートにでも書き出せば、マイナスの多さを実感できます。

しかし、人間は感情の動物。どうしても、冷静に考えられず、食いついてしまう。

もし離れると「あいつから見下される」「俺の今までの人生が無駄になる」なんて大げさな事さえ考えてしまう。

負けず嫌い、食いつき癖がある人は、自分を評する際過度なネガティブ表現をしがち。

なので、引き際がわからず、己の信念を貫き通すという名の完全なる無駄を繰り返します。

ある人は、「なんでも無駄にはならない。」とおっしゃいます。

これは真理である、とは思います。

しかし、無駄とわかりつつもそれをし続けた場合と、好きなことをした場合、どっちが幸せなのか、そのこともよく考えなければ。

覚悟、が必要です。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ