2020/2/20

新型コロナウイルスはインフル型感染...同程度の感染力を持つ  新型コロナウイルス
■ SARSよりインフルエンザに近い感染 ■

中国は新型コロナウイルスに関しては日本よりも情報開示が徹底しています。コレはSARS流行の際に情報を隠蔽した反省に則った変革です。

最新の情報では新型コロナウイルスは上気道下気道の両方で増殖すると発表されています。SARSは主に下気道で増殖して肺炎を引き起こしますが、発症するまでにウイルスはあまり体外に放出されません。

一方新型コロナウイルスは下気道のみでなく、同時に上気道でも増殖して、喉や鼻腔の奥で炎症を起こします。コレはインフルエンザの症状に近い。

実際に感染者を調べたところ、無症状でも鼻腔や喉でまとまった量のウイルスが確認されるケースがあるようです。この人が咳やクシャミをすればウィルスを放出する可能性があります。

さらに中国ではエアロゾル感染力が在ると、改めて発表されており、これもインフルエンザに近い。要は無症状者が咳やクシャミをすると、放出されたウィルスは空気中をしばらく漂い、それを吸い込んだ人に感染する可能性が有るのです。

もし、これが事実ならば、新型コロナウイルスは、インフルエンザと同程度の感染力を有し、国民が通常の生活をすれば、インフルエンザと同程度には感染が拡大する事になります。さらに「新型」で多くの人が抗体を持たないので感染力はさらに高い。

■ 蔓延は避けられないが、幸いにも毒性は低い ■

今までインフルエンザと比較して「感染者数が圧倒的に少ない新型コロナウイルスは脅威とは言えない」と論じていた専門家が多いのですが、仮にインフルエンザ並みの感染力を有するならば、新型コロナウイルスは「インフルエンザ並みの脅威」だと言えます。

所で、インフルエンザの流行で都市が封鎖されたり、社会生活がストップするだろうか?

多分、新型コロナウイルスが蔓延した場合、日本でもそれなりの数(数百人から1千人)程度の死亡者が出るでしょうが、それはインフルエンザの死亡者の数と大差有りません。そして、新型コロナウイルスで亡くなる可能性が在る方は、インフルエンザでも亡くなる可能性が高い。....そして「007」でない限り人は2度死ぬ事は有りません。

仮に新型インフルエンザが蔓延したとして、その死者とインフルエンザの死者の合計数は、例年のインフルエンザの死亡者より少し多い程度だと私は予想します。

■ 二度目の感染で重症化? ■

ただ、武漢では本来ならばハイリスクとは言えない医療スタッフに犠牲者が出ている点が不可解です。2度目の感染で重症化するという中国の研究者の指摘もあり、注意は必要です。抗体ができた後の感染で、免疫が異常に高まるサイトカインストームを引き起こす確率が高いウイルスの可能性には留意した方が良いかも知れません。

尤も、1度目の感染治療で使用される抗ウイルス薬は、体に負担を掛けたり、後遺症を残したりするので、その影響で2度目の感染で重症化する可能性も指摘されています。中国では体に負担の少ないマラリアの治療薬で効果が出た事から、この薬に注目が注目されています。


■ 間質性肺炎 ■

新型コロナウイルスでは肺炎が重症化して亡くなるケースが大半ですが「間質性肺炎」を発症するという情報が流行初期に中国から有りました。

間質性肺炎は、インフルエンザウィルスでも起こりますが、その他カビやキノコの胞子の吸入などによるアレルギー反応でも発生します。肺組織が繊維化する肺炎で乾いた咳を特徴とします。

間質性肺炎はサイトカインに誘導されて急性発症する例があるようで、発症因子を持つ人が居る様です。新型コロナウイルスがサイトカインを誘導し易いウイルスで、その結果、ある種の因子を持つ人達に急性の間質性肺炎を引き起こしているとするならば、この因子を特定する事で若年者のハイリスク群を特定出来る可能性も有ります。

まあ素人の妄想ですが、中国から大量に無秩序に伝わる情報は、日本国内の少ない情報よりも様々な可能性を示唆してくれている様に感じます。

クルーズ船内の状況をひた隠す日本よりも、マシと感じるのは私だけでしょうか。
7

2020/2/20

ウイルスより問題は政府の対応力・・・強毒性のウイルスの感染を防げるのか?  時事/金融危機
 

■ 福島の放射線の風評被害に似ている新型コロナウイルス被害 ■

今回の新型ウイルスに対する世界的な混乱は、福島原発事故の風評被害に似ています。

原発事故の風評被害は「年間1mSvの放射線でも危険」とする国際射線防護委員会(ICRP)の「厳しすぎる防護基準」が作り出した被害です。

同様に、新型コロナウイルス騒動は、「指定感染症の指定による過剰な対策」が生み出した混乱だと言えます。今回の流行後に統計的なデータが出ますが、結果的に「インフルエンザ並かそれ以下の脅威」と認定されるでしょう。

■ 弱毒性ゆえに感染力が高い新型コロナウイルス ■

新型コロナウイルスが中国の武漢を中心に流行してしまった原因は、初期対応の悪さもさる事ながら、このウイルスの毒性の低い事に起因しています。

感染しても症状の出ない「不顕性感染」が多く、発症しても軽症なので人々は普通に生活します。しかし、発症していなくても他人を感染させる能力があるウイルスらしいので、感染はこれらの健康な人や、軽症の人を通じて通じて、あっと言う間に広がって行きます。

これが毒性の強いウイルスだと、発症者は動き回る事が出来ませんし、感染した事も明確になりますから適切に隔離される事で、ウイルスの拡散は限定的です。

■ 日本のSARSが流入した場合、政府は感染拡大を防げるのか ■

今回の新型コロナウイルスは、潜伏期間の長さと、症状が出にくい事で感染拡大を防ぐ事が難しいウイルスである事は前述の通りです。しかし、今回の対策で、日本の感染予防における問題点も見えて来ました。

1) アメリカの米疾病対策センター(CDC)の様な専門の部署が無い
2) 政治的思惑が感染予防に影響を与える

厚生労働省の中にも感染の専門家は居ますが、彼らに感染予防の強い権限は与えられていないでしょう。だから、アドバイスは出来ても命令は出来ない。彼らが正しい「提言」をしたとしても、厚労省内の上級官僚がそれをそのまま実行しないケースは多いはずです。さらに、現在の官僚を、政治家の顔色を見ながら行動しますから、クルーズ船のケースの様に「信じられない」結果が生まれます。

この様に、日本の感染予防は、専門家、或いは専門部署に権限が与えられていない為、「ウイルス流入」という事態に、実効的に対応する事が出来ません。

新型インフルエンザや、新型コロナウイスの様な弱毒性のウイルスでは、問題は有りません。かし強毒性の鳥インフルエンザや、SARSやMARSの様な致死率の高いウイスで現状の対応力では、ウイルスの流入も、感染拡大も防ぐ事が出来ずに、国民に少なからぬ犠牲者が出るでしょう。

「天然ウイスス」以外にも「生物兵器の流出」という事態も起こり得ます。ウイルスが兵器となる以上、ウイルス対策は「安全保障問題」に他なりません。

クルーズ船内では「レッドゾーン(感染危険地帯)と、グリーンゾーン(安全地帯)」の線引きう明確、或いは、その運用が徹底されずに感染が拡大したと指摘されています。現場に感染症対策の専門家が居て、その人がある程度の権限で現場を指揮したならば、こんな初歩的なミスは起こり得ません。


今回のウイルスがSARSや、MARSだったならば・・・そう考えると背筋が寒くなります。


政治家の介入にもある程度対抗出来るウイス対策の専門機関・・・私は必要だと思います。


・・・・ただ、彼らがウイルスビジネスの手先とならない保証は無い。これが問題。

「国民全員、インフルエンザワクチンを接種しろ」だの、「若い男女は、子宮頸がんワイクチンは強制接種だ」などと言い出しそうなので・・・国民にとっては、現状の方が好ましいかも知れません。
6

2020/2/19

スクリーニング検査で感染実態を把握できないか・・・徹底的な情報開示が安心と信頼を作る  新型コロナウイルス
 

■ 「検査しなければ存在しない」から「検査すれば怖く無くなる」への政策変換 ■

新型コロナウイルスで国民を不安にさせているのが「実体が良く分からない」事。

「本日クルーズ船で88人の感染者が新たに見つかり」という情報と、「愛知県で新たに二人の感染者が見つまりました」みたいな情報がバラバラに報じられています。閉鎖空間のクルーズ船で感染が拡大するのは当たり前なので、ここでの感染率は一般社会よりも高くなります。しかし、視聴者は「感染力の高い危険なウイルス」というイメージを植え付けられます。そして、日本各地で感染が発生していると知ると、「クルーズ船は一人から、あんなに感染者が広がったのだから、今、感染が明らかになった人達も多くの人を感染させたに違いない」と連想してしまいます。これは、あながち間違った発想ではありませんが、「漠然」としているが故に、不必要に恐怖を煽ります。



そこで、私はスクリーニング検査を提案したい。

1)「都心のオフィス街」「郊外の住宅地」「地方都市」適当に1000人ずつのサンプル群を選び、2週間間隔でウイルスの検査を行う。

2)問診で、各人の身体状態を確認する

2か月継続したとして・・・一人1回1万円の検査費用だとすると・・・4回実施で費用は1億2千万円。


これで分かるのは・・・

1) 感染率 ・・・どれだけの人がウイルスに感染しているか分かる
2) 発症率 ・・・無症状・風邪様症状・インフル様症状・重症などの割合が分かる
3) 重症化率・・・入院を要するなど
4) 致死率 ・・・(この程度のサンプルでは精度が低い)


インフルエンザの定点観測の様に、統計的な数字として、極々身近な社会集団で感染の実態がどうなっているのか分かれば、国民は安心するハズです。本当は各サンプル集団は3000人程居た方が統計的には良いのかも知れませんが、検査試薬が高いのと、検査の数に限りがあるので・・・。

「ああ、1000人の中で感染者が45人で、そのほとんどが風邪みたいな症状なんだ、重症者は未だ一人も居ないな」・・・・・ほら、安心するでしょう。



感染症の専門家の方は、多分、この様な検査に興味津々かと思われますが、「人権」の問題を普通はクリア出来ない。中国なら、出来るかも知れませんね。
6

2020/2/19

「ハイリスクの隔離」こそが最善の策・・・新型コロナウイルスの蔓延期  新型コロナウイルス
 

■ 新型コロナウイルス VS インフルエンザ ■

新型コロナウイルスとインフルエンザはどっちが怖いの?・・これ、素朴な疑問です。

新型コロナウイルスの重症者や死亡者の多くは、高齢者や基礎疾患の有る方ですから、健康な人達にとって、新型コロナウイスはインフルエンザ同様に「ちょっと苦しいけれど、症状の重い風邪みたいなもの」という感染症に過ぎません。

新型コロナウイルスの感染率や致死率の正確な数字が判明していない現段階において、どちらが危険な病気かという判断は出来ません。新型コロナウイルスのワクチンや治療薬が開発されれば、その脅威はインフルエンザ以下の物になる可能性も有る。

では、新型コロナウイルスは現段階では、インフルエンザに比べて格段の脅威たらしめているものな何か・・・


1)「新型ウイルス」への社会の漠然とした恐怖

2) 指定感染症に認定された事により、感染者は社会生活に制約を受ける

3) 潜伏期間が14日(WHO)と長く、感染者と濃厚接触者への社会生活の制約期間が長い



私は新型コロナウイルスを「危険」たらしめている最大の要因は「感染者の社会生活が長期に渡り制約される」事と、「感染者への差別意識」だと考えています。


実際に、サラリーマンがインフルエンザに罹った場合・・・

「A君、今日からインフルエンザで休むんだって。チェ、この忙しい時に困ったヤツだぜ。だけど、職場でウイルスをまき散らされても迷惑だからな。俺、うつされて無いよな・・・」


サラリーマンが新型コロナウイルスに感染した場合

「エーー、A君、新型コロナウイスに感染したんだって。あいつヤバイ所に行ったんじゃねぇの。それにしても参ったな。俺も検査受けなきゃならないし。職場もしばらく在宅勤務だってよ。お客様に呼ばれているのに、電話とメールで対処しろだって。これじゃあ、仕事にならないじゃないか!! まったくAのヤツが感染したばかりに、会社は大迷惑だよ。ところで、オレは感染してないか・・・・大丈夫だよな。家族にうつしていたらどうしよう。カミサン、妊娠5か月だし・・本当に大丈夫なのかな・・・。」


感染症としての病毒性にそれ程差の有る訳では無い新型コロナウイルスとインフルエンザですが、感染してしまうと、「社会的な影響力」がこれ程までに違います。


■ 14日間の潜伏期間 ■

新型コロナウイルスを「厄介」な感染症にしているのは、14日間という潜伏期間の長さと、無症状でも他人を感染させるという感染力の高さです。

ダイヤモンド・プリンセス号を例に取るまでも無く、感染者が確認されると、濃厚接触者を始め周辺の方々は「14日間は感染しているかも知れない」というリスクを負います。その間、自宅待機を求められるなど、社会生活を大きく制約されます。

■ 発症していなくても感染させる ■

さらに厄介なのは、発症していない方でも感染力が有るという点。

感染力が高くても、短期間で必ず発症するウイルスは感染者を見付けやすく対策も容易です。しかし、発症しなかったり、軽症の人から感染するウイルスは、感染源の特定は難しくなります。

様は、空気感染してもエボラの様に感染者が分かり安く、発症後は直ぐに動けなくなる感染症よりも、新型コロナウイルスは厄介だとも言えます。


■ 普通の風邪と、インフルの中間的扱いで良いのでは? ■

新しい感染症である事、武漢の状況が酷すぎる事・・・この2点によって、新型コロナウイルス対して、世界は過度な危機感を抱いてしまいました。

でも、実際に現在の日本でこのウイルスが蔓延しても、その影響は風邪とインフルエンザの中間的なものでしか在りません。職場で多くの人は咳をしたり、鼻水を垂らしたりしながらも普通に仕事を続けられる一方で、運の悪い人が、インフルエンザ同様に高熱を発し、最悪肺炎を起こして入院する程度。

不謹慎に思われるかも知れませんが「その程度」のウイルスです。

■ 致死率は0.5%以下だろう ■

WHOは致死率を2%程度と発表していますが、武漢や湖北省の数字は過大です。何故なら、医療機関も検査機関もパンクして、軽症の方や、症状の無い感染者が分母に含まれていないからです。

致死率としては、中国の湖北省以外の致死率0.2%が実際の数字に近いのでは無いでしょうか。

致死率は医療体制の良し悪しにも左右されます。感染者が多発して、重症者が体育館の様な施設で放置されている武漢では、致死率は必然的に高くなりますが、高度医療が確実に受けられる環境では致死率は下がります。

重症化する感染者の多くが高齢者ですから、この状況はインフルエンザとあまり変わりありません。ただ、高齢者がワクチンを接種していない(新型だから)事と、有効な治療薬が無い事によって、高齢死者の感染率も致死率もインフルエンザよりも高くなります。

■ ハイリスク群を徹底して守れば、大した病気では無い ■

新型コロナウイルスは子供にはあまり感染しない様です。体力の低い乳幼児への影響が少ない事は幸運とも言えます。

同様に健常者が感染しても、そのほとんどで発症しないか、風邪程度か、インフルエンザ程度の症状です。ですから、これらの「低リスク群」の社会生活をあまり制約する必要はありません。運悪く重症化したら、即座に入院治療できる保証が有れば良い。例えば、健康保健に加入していない若者でも無償で治療を出来る様に法整備すれば、安心です。

一方で、高齢者や基礎疾患の有る方は、万全の対策が必用です。

高齢者施設への外部の人の出入りを禁止し、病院も高齢者の多い病院では外来を制約する事も必要になるでしょう。(これ、ほとんどの病院が該当してしまいますが)

さらに高齢者の自衛も必要です。不要不急の外出を避け、買い物なども宅配サービスを使ったり、スーパーなども朝の早い時間帯に高齢者用の時間帯を設けるなど、それなりの工夫が必用です。既にリタイアされた方が多いので、生活に問題は生じ難いと予想されます。


■ 社会を麻痺させるか、ハイリスク層を隔離するか・・・どちらが良いか? ■

現在の新型コロナウイルス対策では、ウイルスが蔓延した場合、中国の様に「都市機能が麻痺」して経済的に大きなダメージを受ける可能性が有ります。

ウイルスが市中感染するまでは、「水際対策」として、国内に持ち込まれたウイルスでも、徹底すて追跡調査して社会から隔離する効果は高かった。

しかし、現在の様に市中感染が始まると「隔離対象者が膨大になり社会が麻痺」します。これは対策として適当では在りません。ウイルスの蔓延時の対策としては、感染者を隔離するのでは無く「ハイリスク者を隔離」する方が効果が高い。

現状、WHOを始めとする世界の趨勢は「感染者の隔離」ですが、多くの国でウイルスが蔓延したならば、WHOは「ハイリスク者の隔離」に対策を変更するでしょう。


怖いのは、日本と中国だけ感染が拡大した場合で、国際的に「感染者の隔離」という政策が変更されないので、日本の社会機能は麻痺します。


今後の流行の度合いにもよりますが、日本において感染者が膨大な量になった時、日本政府や厚生労働省は「ハイリスクの隔離」という政策変更を世界に認めされる事が出来るのか・・・・。難しい課題です。



新型コロナウイルスの蔓延が現実性を帯びて来た今、国民は政府の対策を批判するばかりでは、自分の命や生活を守れません。国民一人一人が、多少の不便を我慢して、ウイルスの対抗する事が求められていると思います。

そして政府や、厚生労働省には、速やかな情報開示と、柔軟な対策を希望したい。決して「無謬主義」に陥る事の無い様に・・・・。トップの方の性格が一番心配ですが・・・。「私は間違っていないと申し上げている」では難局は乗り切れません。



・・・あ!いけない!! 早速、政府を批判してしまいました・・・。反省・・・。
1

2020/2/18

クルーズ船の下船後....隔離期間は無いので?  新型コロナウイルス
 
クルーズ船乗客の下船が始まる様ですが「14日間の隔離期間が終了したので、陰性の方はすみやかに自宅まで帰れる様に検討したい」って、厚労省さん気でも狂いましたか?


クルーズ船の感染拡大はリアルタイムで進行していた訳で、「下船=隔離開始」が当然では無いのか?現にアメリカはクルーズ船の乗客は帰国後に軍の施設で14日間、経過観察となります。

この施設も日本の様にホテルや集中型の空調設備がある建物では、空調を通した感染の危険性がある為、戸建ての施設にバラバラに収容されるのが諸外国の「経過観察=隔離」。

果たして、クルーズ船の乗客がそのまま帰宅するのならば、厚労省は「船内隔離は正当で成功」と自己正当化する為に、大きなリスクを冒す事になります。多分、世界中がこのニュースに呆れるはず。

もし仮に、下船者の隔離を厚労省が実施しないのであれば、そしてその原因が政治判断では無く、「無謬主義」とういう官僚機構独特の悪癖によるものならば、これこそが日本の危機と言えるのかも知れません。

ウイルス自体は、健康な方の脅威となる様なものではありませんが、感染対策の訓練としては良い機会ですので、皆さんも「有事」を想定して対策されると良いのでは。例えば、このまま感染が蔓延した場合、初動に失敗した日本、特に東京が武漢の様な医療マヒの状態に陥る可能性も在ります。外出が規制された時の備蓄食料は十分確保されていますか?


結果的に大した毒性の無い無いウイルスであっても、指定感染症にされている以上、感染すれば日常生活を制約されますし、感染が深刻化すれば社会生活が制限されます。

「最悪を想定して、気楽に対応する」というのが正しい対処方法では無いでしょうか。
7


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ