2013/3/6

こういう時はヤバイのよ・・・長期金利が0.5%を切りそう  時事/金融危機
 

クリックすると元のサイズで表示します

■ 金融緩和予測で期待インフレ率が下がるってどうよ ■

10年債の金利は、経済の将来展望で推移します。

黒田氏、岩田氏が国会で、威勢の良い所信表明をした途端・・・
長期金利が下がっちゃったよ・・・。
本来なら、景気回復を予測して国債金利が上昇する局面なのに・・・。

金融機関は、日銀が年限5年までの国債を買い入れる事を好感して、
国債を買っている様です。

■ 日銀の買いオペが未達 ■

さらには、日銀の買いオペの入札も未達が続いています。

当然です。
現在、銀行が手元に持っている国債の金利に対して、
現在発行されている国債の金利が圧倒的に低いのですから、
誰も手元の国債を売ろうとはしません。

アベノミクスは期待先行で、実績は未だ表れていません。
というか、アベノミクスは未だ口先だけで、
実際の政策は、補正予算が成立したくらいのものです。

ですから、金融機関は実体経済の回復が確実になるまでは
企業への貸し出しは増やさずに、国債中心の運用を継続しています。

■ 国債を借り替えようにも金利が確保出来ない ■

さらに、償還期限を迎えている5年債の金利を確保しようとすると、
6倍くらいの新発国債を買う必要があり、
金融機関が国債を買います動機になっています。

金融機関が国債を買えば買う程、国債の金利が低下するので、
とうとう、10年長期国債の金利が0.6%にまで低下してしまいました。

「人力、お前は国債が暴落すると言っていたじゃないか」とお怒りの方もいらっしゃるでしょう。

しかし、現在の国債金利の低下は、非常に不健全なもので、
日本の金融機関が、経済の先行きを全く楽観していな事の表れです。

■ 個人向け2年国債は、マイナス金利になるので発売中止 ■

そんな中、とうとう2年ものの個人向け国債は、
税金を引くとマイナス金利になる事から発売が中止されています。

もう、どんだけ日本人は国債が好きなんだよ!!って感じです。

■ 日本国債売りに賭ける海外のヘッジは涙目なのか? ■

そんな中、昨年頃から日本国債の保有を高めていた海外のヘッジファンドは涙目なのでしょうか?

彼らがどういうポジションを取っているか不明ですが、
国債を売りかけて、慌てて買い戻しているファンドもあるでしょう。
それらの動きも、金利低下の原因になっているのかも知れません。

■ 2003年に状況に似てきた ■

10年債の金利が。0.5%に迫るにつれて、
債券ディーラー達の頭には、ある出来事が浮んでいるはずです。

それは2003年にも、同様に10年債の金利が0.5%を切った事があったのです。
この時、あまりに国債金利が低下した為に、国内の金融機関に逆ザヤが生じ、
国内の銀行などが一斉に、日本国債を売り、金利が急騰(国債が暴落)しました。

海外のファンドも、国内の銀行関係者もこの事件が脳裏に浮かんでいるはずです。

■ ヘッジファンドが仕掛けるか? ■

ヘッジファンドはこういう特殊な状況を見逃しません。
どこかで、金利が底を打って上昇するタイミングで
日本国債を売り浴びせてくるかもしれません。

■ 国内の金融機関は動揺しないだろう ■

しかし、前例のある事ですから、日銀も国内の金融機関も落ち着いて対処するハズです。
間違っても、ヘッジファンドに同調して、日本国債を一斉に手放すとは考えられません。

過度にリスクを嫌う日本の金融機関は、たとえ日本国債の金利が上昇に転じても、
国債中心の運用を、急に止めることはしないでしょう。
むしろ、国債を買い支えて、海外のファンドを撃退するかも知れません。

■ 既に世界は異常な状況である事を認識すべき ■

アメリカは財政の崖問題が解決せずに、3月末には強制的な債務削減に突入します。
2011年8月の前例がありますから、市場は既にリスクを織り込み済みでしょうが、
もし、そのまま財政の強制圧縮が始まれば、アメリカ経済に動揺が広がります。

特に生活保障など社会保障のサービス遂行に支障が出れば、
貧困層を中心に、不満が高まるものと思われます。

連邦政府から州政府への交付金が減る様な事態になれば、
ゴミ収集や、消防、警察などの市民サービスが低下するかも知れません。

アメリカ国民も「慣れっこ」になっているとはいえ、
アメリカの実体経済にも多くの悪影響が出るはずです。

EUの状況をイタリアを中心に流動的です。

■ 日本国債の金利低下を単純には喜べない ■

アベノミクスやQE3でアメリカでも日本でも株価が上昇していますが、
それを単純にリスクオンと喜んでいられる状況では無いようです。

様々な市場が予測不能の動きを見せるなど、
何か、ピリピリした空気が漂っています。

アメリカの2月の小売業の業績や、失業率のデータ如何によっては、
一気のリスクオフのムードが高まるかも知れません。

■ 色々仕込みが発動していないので、最終章はまだまだ先の話か? ■

世界は様々な危機が積み上がっていますが、
仕込みだけで、まだまだ発動していません。

それを考えると、最終章は大分先の話になるでしょう。

それまでは、楽しく、ブログでも書いています。
5

2013/3/13  7:32

投稿者:人力
高橋 さん

ご主人様のアジェンダの最優先項目ですから、これから無理を承知でTPP推進でしょう。

当然、国民は安倍政権の本質に気付き、失望を味わうわけですが、景気が良い時は、政権支持率はなかなか下がりません。ですから、円安株高を欧米が演出して、安倍政権のアジェンダ遂行をバックアップしているのでしょう。

そして、ヘッジ勢がおいしい汁を吸うのもいつもの事。

2013/3/12  21:16

投稿者:高橋
アベノミクス、口先だけで、ここまで株価が
上がったのは、たいしたものですが???、

いかんせん、金利とドル円為替の壁に阻まれて、
今日の東京市場のこの辺が、この国の今の限度です、

限度ですので、何を勘違いしたのか、アベッチ、
あせりまくりで、TPP参加、です。ドル円96円以上の

円安は、ガイジン投資家には、うまみが無い様で、
代わりの国内投資家は、今週からの出演ですが、

会社四季報、売れるでしょうね。と、いうことは、
アベッチバブルの第一段階、そろそろ終了です。

2013/3/9  2:55

投稿者:人力
高橋さん

7割が外人ですか・・・。
もう少し個人投資家が釣られているかと思っていましたが、意外と皆さん慎重ですね。

日本国債が暴落すれば世界経済を道連れにしてしまうので、日本国債の単独での暴落は有り得ないと私は考えています。何かある時は、アメリカ発の危機では無いかと。

アメリカはQE3の効果で景気が回復基調と盛んに宣伝され、ダウも市場最高値を更新する一方で、政府部門に赤字が積み上がり実体経済の回復は遅々として進みません。

リーマンショックによって豊かな中間層が転落してしまった為に、国家として有り方が大きく様変わりしてしまいました。一部の富裕層だけ景気回復しても、消費や需要の大半を担う中間層が豊にならなければ、内需は低迷したままです。このままでは、アメリカも日本と同じく失われた20年に突入します。

但し、米国債の保有者は、アメリカの銀行ばかりでは無いので、日本の様な低金利では米国債離れが発生します。ある程度の金利水準を維持した状態で、米国の財政をバランスさせる為には、緊縮しか無く、国防費の削減は避けられません。当然、国際社会でのアメリカの発言力は低下し、アメリカは環太平洋地域の覇権国に縮小を迫られます。

軍産複合体も政府の台所事情は理解しているので、世界の警察は維持出来ない事も理解していますが、無人戦闘機の運用システムなど、新しいビジネスを開拓しつつあり、その分、中東やアフリカが泥沼の戦争に引きずり込まれる可能性が高まっています。

当然、原油価格も高騰し、シェールガスやシェールオイルが採算水準に乗ってくれば、アメリカの復活もありえるかと。その時、原発が稼動出来なければ、日本は東洋の一小国に成り下がるかも知れません。

2013/3/8  22:15

投稿者:高橋
私「どう、まだ上がりそう?」
証券会社「うーん、12500円まではいくかもしれませんが、13000円までは・・、今、東京市場の買いの7割がガイジン、3割が国内、ですので、あちらさんしだいですね」

今日も株価は大きく上がりまししたが、金利は以前低位です。しかし円安も進んでいます。国内勢が必死で日本国債死守、なのか、それともある時点で、一斉に、売り、が出て来るのか。とはいえ、ドルはユーロほどは、そこまで世界経済を乱したくは無いようで、アベッチバブル、を利用しての、オバマ政権、安定、なのでしょうか。しかし、バブルはどこかで終わる。その責任は、キタさんに、か。

2013/3/7  23:28

投稿者:人力
高橋さん

問題は誰が株を買っているかですね。海外勢力だけでは、通常の3月相場となりますが、国内の個人投資家がだいぶ動いているっようなので、売りと買がぶつかって、12000円から12500円で拮抗した後、3月末でやはり調整されるのでは?

個人投資家もバカでは無いので、さすがに逃げを考えながらの強気買いかと・・・。一度崩れると、一気に1万円割れで、ジャンジャン。

ただ、アメリカがTPPを日本に呑ませる為に、参議院選挙まで日本株を支える可能性は否定出来ません。

ただ、中小企業を中心に景気が悪いですね。とても金利が上昇する状況ではありませんが、金利が下がり過ぎると年金と郵貯がヤバイので、どこかで反転するはずですが、ここぞとばかりのファンドの売り込みは、国内勢力に蹴散らされるのでは?

2013/3/7  22:01

投稿者:高橋
一ドル95円での、日経平均株価11500円、がとりあえずの天井、かと予想していた私、しっかりはずしてしまいました、て、いうか、低金利、異常です、と負け惜しみを言うしか無い。では12000円で天井なのか、というと、まだ分かりません。金利が動かない限りは行くのでしょうが、どうも日経平均株しか大きくは動いていないような、よく見てはいませんが。しかし株価13000円でも現状の低金利、となると、さすがに無理かと思うのですが。しかしこの程度での株価上昇では、アベノミクス、頓挫です。ではもっと上がるのか、というと、やはりそこまでなら金利が動くとは思うのですが。銀行関係が、国債維持のままなのは、ひとつには、金融円滑化法の3月末での終了による、4月からの倒産増化での株価の変調が予測できないからかとも。と、なると、3月20日くらいまででの、利益確定売りでの、市場の下落の始まりか、しかしそれだとアベッチ、参院選挙まで持ちません。白からクロへの日銀バッチ、2%のインフレを何が何でも、で、長期金利は、抑える自信が本当にあるのか。イザとなったら責任とって辞任します、って、そりゃ辞めるのは簡単、残された国民は地獄ですから。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ