2013/12/19

「ちょっとだけよ〜」・・・バーナンキ引退劇場  時事/金融危機
 

■ バーナンキ劇場のフィナーレ ■

チャン チャラ チャン チャン チャン チャン チャン ・・・
ジャーーーーン、チュア ラ ラ ラ チャラ ラーーーン・・・


チョット だけよン〜
アンタも好きねぇん〜

チャララ チャラ ラーーン・・・



「ベン、何をしてるの?」

「ジャネット、引退前にちょっと話題をまこうかと思って。
ちょっとだけ、緩和を縮小してみたんだ。
100億ドル程度なら問題ないだろう。」

「でも、これからクリスマスよ。
こんな、サプライズ・プレゼントは嬉しく無いわ。」

「でも市場は折込済みだよ。
やはり皆の期待には応えないと、FRBと市場の信頼関係が崩れるよ。」

「まあ、相場は動いてこそ儲かるものね・・・」

「そうそう、皆にクリスマス・プレゼントするって約束しちゃったんだ」

「いつものメンバーね・・・」

「そうさ、最高のプレゼントさ」

「ベン、だけど、株式市場は大丈夫かしら?」

「皆は、落ちたら買いだと言っていたから、相場は崩れないさ」

「なら、いいけど・・・」



■ 意外にもテーパリングで値を上げた米株市場 ■

FRBがとうとう「テーパリング」の実行を表明しました。
来年1月からという予測が多かったので、意外でもあります、規模は国債買い入れを850億ドルから、750億ドルに縮小する程度で、観測気球としては妥当な規模だと思います。

ダウと外為市場は一瞬大きく反応しましたが、その後大きく反転しています。
これには驚きました。暴落とはならずとも、少し調整が入るかと思いましたが、まさか結果的に上昇に転じるとは・・・。今の米株市場は、ネガティブ要因も好材料と判断して値を上げて行きます。(恐ろしい・・)

緩和縮小規模が小規模だった為と報道されていますが、はたして真相やいかに。


■ 円キャリートレードの復活で、円安と実感無き景気回復の復活 ■

今後の注目は、米国債の金利が上昇するかどうかです。
米実体経済の回復は非常に緩やかで、今金利が上昇する事は好ましくありませんが、アメリカ経済は既に金融に支配されていますから、彼らが金利を欲するならば、金利上昇は容認されるのでしょう。

金利差が開けば、海外の資金がアメリカに集まって来ます。

問題は新興国が資金の逆流に耐えられるかという問題です。
そして、円キャリートレードの復活も注目されます。

FRB、ECBと緩和縮小に舵を切る中で、日銀だけは緩和拡大が期待されています。円が調達通貨となった場合、円安が進行して輸出企業の業績は改善しますが、輸入物価の値上がりは庶民の生活を直撃します。

再び、実感無き景気回復が始まりそうな予感がします。
これを日経新聞を始めとしたマスコミは、「景気回復」と煽るのでしょう。
16

2013/12/20  3:15

投稿者:人力
モモさん

QEを始めたバーナンキが縮小への道筋を作って引退するのはシナリオ的には正しい気もします。多分、市場関係者も内部情報として知っていた様な気がします。

2013/12/19  8:10

投稿者:モモ

意外な縮小です。
マスコミ発表と違いTPPでの外需を奪う算段が上手くいっているんだろうと思われます。
日本の出口戦略はアメリカが決定するのですから。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ