2016/7/11

憲法9条の改正は簡単だ・・・外圧で変化する日本  時事/金融危機
  

衆参で改憲勢力が2/3以上の議席を獲得したので、憲法改正の発議は可能になりました。しかし、国民投票でその結果が否定される事も十分考えられます。特に現在の日本で憲法9条の改正は国民の過半数の支持を得られないでしょう。

ところが、憲法9条の改正は実は簡単です。

それは中国が尖閣諸島周辺で挑発的行動を拡大する事。漁船の大船団を何度も送り込んだり、軍艦に領海侵犯を繰り替えさせたり、領空侵犯した中国軍機が自衛隊機を何度もロックオンしたり・・・・過去にも現在も繰り返している挑発をエスカレートさせれば日本の世論は中国ケシカランで結束し、「憲法9条の改正止む無し」の方向に傾きます。


多少のリアリティーは必要でしょうから、世界的な経済危機が発生して中国もバブル崩壊。中国国内で政権批判が高まり、中国政府が内政から国民の目を逸らす為に挑発を拡大する・・・そんなシナリオを私なら描くと思います。


これで「尖閣紛争」や「南沙諸島紛争」が勃発すれば、日本海と東・南シナ海の中国沿岸に鉄のカーテンが降り・・・・。


エ、そんな未来は親中国派のヒラリーが許さないだろうって?!
えでは大統領はトランプと言う事で・・・。
7

2016/7/14  7:56

投稿者:人力
けろけろっぴ さん

おっと、一本取られちゃいましたね。ヒラリーが向こう
側の人間だったら、その政策は個人的な献金なんて無視
しますね。確かに!!

北朝鮮、とても空気を読んだ挑発をする国で、金融危機
の時なども韓国の哨戒艇を鎮める(韓国の自作自演っぽ
いですが)など、視線を逸らす様な挑発のタイミングに
は関心するばかり。日本の選挙にもキッチリとタイミン
グを合わせて来るマメさはサスガです。

中国の南シナ海領有権問題の裁定が下りましたが、これ
もフィリピンの提訴も含めてしっかりタイミングを合わ
せて来た感じがします。基地はほぼ出来上がるのも待っ
ていたかの様。

これで南シナ海、東シナ海有事の舞台が整いました。後
は日本の憲法改正を待つのみですが、安倍政権が存続し
ている間に改正があるとすれば、2年以内に中国が何等
かの軍事行動を起こすかも知れません。その前に金融緩
和バブルの崩壊が有ると思われるので、今年後半から市
場は大荒れになるかも知れません。

2016/7/14  3:55

投稿者:けろけろっぴ
追記

ところで選挙になると北朝鮮が毎回日本海にミサイル
を打ち込んでいる気がするのだが、気のせいだろう
か?
さらに今回は中国が尖閣でウロウロしたりして、ひょ
っとして彼らは安倍応援団ではないかと感じるのだが
どうなんだろう。

憲法改正だって彼らが「応援」してくれればできちゃ
いますね。迷惑な話ですよ。

2016/7/14  3:30

投稿者:けろけろっぴ
ヒラリーが親中政権になるとか本気で言ってるのです
か?
大統領など金融資本の神輿、というのが人力さんの持
論でしょう。

なのでヒラリーがかつて親中だろうが何だろうが大統
領になれば基本的に個人のパーソナリティなんぞ関係
ありません。
そのため過去の中国からの賄賂などは今のうちにバラ
しておくわけです。そうすればヒラリーはその疑いを
払拭する為に中国に対し厳しくやらざるをえないので
すから。

同じ文脈で仮にトランプが大統領になるとすれば、丸
くなったつまらないトランプになってるでしょう。

安倍首相だって同じですな。ウルトラナショナリスト
なんてもう海外マスコミは言わなくなってますね。よ
ーするに海外からみるといつのまにか穏健保守という
区分になってるわけで。(日本の左翼は馬鹿なんでい
まだに極右と思ってるようだがw)

2016/7/12  3:51

投稿者:人力
ハノイの塔 さん

現実的には憲法9条は解釈改憲されている訳で、改憲し
ようが、しまいがあまり変わらないのかも知れません
ね。ただ、有事法制など法体系の問題として憲法9条が
有る事で整合性を取る事が難しくなったり、戦争や戦闘
を前提とした法整備に制約が掛る事も事実かと・・・。

アメリカは戦後日本の再軍拡を警戒して憲法9条を日本
に課します。しかし、朝鮮戦争の勃発で、日本に再軍備
を要求しました。これを吉田茂は日本にそんな国力は無
いとして、警察予備隊でお茶を濁し、歴代自民党内閣は
これに倣って軍備よりもインフラ投資など経済発展を優
先します。NATO諸国も似た様な考え方で、イギリスを覗
けばGDPに占める軍事予算はアメリカの要求を満たしま
せん。(ドイツなどは特に低い様ですね)

日本もヨーロッパもアメリカの軍事力にタダ乗りしてい
た訳ですが・・・どうやらアメリカの財政がそれを許さ
ない状況になりつつある様で・・・。日本の貿易黒字も
将来的には縮小する中で、将来的には米国債購入という
税金も減る訳で、アメリカとしては自分の事は自分で守
れと・・・。

そんな流れの中でも憲法改正議論なので9条の改正は当
然マストになるかと思われますが、実際の国民のハード
ルは高いですから、尖閣有事の発生を心配してしまいま
す。

2016/7/11  20:29

投稿者:ハノイの塔
憲法9条を改定する必要なんて、全くありませんよ。

「集団的自衛権」があるため、日本の自衛隊は海外で
アメリカの下僕となって戦争することができます。
従って、アメリカにとって9条を改定する意味は全くありません。
アメリカにとって9条改定は不必要=改定しなくていい
ということです。

ちなみに、憲法よりも安保条約のほうが上位にくるので、
アメリカにとって必要ない=憲法改定不要、はまさに真実です。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ