2016/7/18

恐らく2年以内に崩壊する世界経済・・・その後を妄想する  時事/金融危機
 

■ 既に確定的となった「金融緩和バブルの崩壊」 ■

「現在の世界経済が金融緩和バブルである」とずっと私は指摘してきましたが、多くのアナリスト達は「バブルの兆候は見られない」とか「まだバブルとは言えない」と発言してきました。

しかし、先のイギリスのEU離脱問題から世界経済の破綻の兆候が鮮明になり始めています。最早、市場関係者で「金融緩和バブルの崩壊」を意識していない人は居ないのではないでしょうか。

1) リーマンショック後の各国の金融緩和で、不動産市場、新興国市場、原油を始めとする現物市場の価格が上昇(バブル化)
2) 2015年12月の米利上げを前に、新興国市場、原油、現物市場から資金が逃げる

3) 原油価格の下落でシェール関連企業のジャンク債のデフォルト率が15%を超える

4) 加熱した新興国投資と不動産投資でイタリアやスペインの銀行が不良債権が増大
5) イギリスのブレイクジットによってイギリスの不動産ファンドが事実上破たんする

↑現在はココ

6) ジャンク債のデフォルト率が徐々に高まる
7) 不動産市場の価格下落がヨーロッパ、日本、アジアに波及する(資金流入の減少)
8) イタリアやスペインの銀行で取付け騒ぎが起こり、銀行の健全性に対する疑念が拡大

↑多分、秋頃にはここまで進む

9) 不動産の下落傾向が世界的に顕著になり不動産投資信託(REIT)から資金逃避が加速
10) EU圏内の銀行救済に各国政府が乗り出すが、COCO債などが破綻する
11) 金融株が危機的な株価になり、金融危機の兆候が世界的に顕在化する

12) アメリカは大統領選に目が向き、金融危機に対する適切な対応が遅れる
13) FRBが12月の利上げを見送り、QEの再開を示唆する

↑多分、今年末にはここまで進む

14) FRBのQE再開示唆によってリーマンショック以降の緩和的金融政策の限界が意識される
15) FRB、ECB,日銀の緩和発表に市場はネガティブに反応し始める
16) 社債市場で金利上昇が顕著となり、株式市場は売り一色となる
17) ギリシャ、スペイン、ポルトガル、イタリア、フランスの国債金利が急騰する

↑多分、来年3月はこんな感じ

18) 日本国債の金利が僅かに上昇に転じる
19) 国債金利上昇に日本株市場が敏感に反応して、日本株が大きく売り込まれる
20) 世界的に債権金利が上昇して株価が暴落し、「金融危機」が本格化する

↑多分4月頃にはこんな感じに

21) 金融危機対応に際し、EUと米英日本の足並みが乱れる
22) ユーロ危機が再発するが、円も同時に下落する
23) ドルとポンド、スイスフランが買われる

・・・まあ、こうなると新興国バブルも完全に崩壊で中国も含めてボロボロになっている事でしょう。後は米英の資本家達が暴落した市場で「収穫」を初めるかと・・・。


「来年の事を言うと鬼が笑う」と言いますので、大いに笑っていただきた所ですが・・・。

■ 「金融崩壊後の世界」の妄想の方が楽しい ■

私はリーマンショック後ずっと「第二のリーマンショック」を妄想して来ましたが、それが現実的になった今は、「金融崩壊後の世界」を妄想する事に新たな楽しみを見つけています。(自虐的ですが)

多分、金融危機と並行してアジアと中東で安全保障上の危機が高まるでしょう。

1) 中国国内の経済崩壊で中国国内で暴動が頻発
2)国内の不満から目を逸らす為に、尖閣諸島周辺や南沙諸島周辺で中国軍が挑発的な行動を取る
3)自衛隊や東南アジア諸国の軍隊が中国軍と対峙して緊張が高まる

4)ISISのテロがシリア意外で過激化し、シーア派とスンニ派の対立が各国で高まる
5)サウジアラビアのシーア派問題でサウジとイランの間で緊張が高まる
6)イランがホルムズ海峡の封鎖を示唆する
7)NATO軍が中東有事の準備に入る

パターンA

有事のドル買い、米国債買いが発生してアメリカの独り勝ち

パターンB
ドルを含めた通貨全体の信用問題が発生し、世界は新たな通貨システムの構築に入る


まあ、東京オリンピックどころでは無くなっていそうな予感が・・・・・。


何れにしても「資産家」と呼ばれている方々はリスク資産を処分されている事でしょう。これから相場は荒い値動きを繰り返しながら崩壊に進みますが、損をした個人はむしろ逆転を狙ってスッカラカンになるのはギャンブルと同じ。プロの方も含めて勝者は居ませんが、既に勝ち組は逃げた後というのが現在の状況では?


本日は思いきりネガティブな妄想に耽ってしまいました。

23

2016/8/16  5:15

投稿者:人力
123 さん

長くなったので下から続きます。

現在の戦争はエネルギーの要である中東を結託させない
為に仕掛けられていますが、戦争というリアルが有る事
で、「国家が国民を守る」という幻想が維持される事に
役立ちます。

グローバル化した個人や企業は既に国家を必要とせず、
むしろ国家を利用する存在ですが、大多数の国民が国家
を否定してしまうと、世界の経営が成り立たなくなりま
す。

ちょっと纏まりの無い話になってしまいましたが、私達
が心の拠り所とし、守ろうとしている国家こそが、私達
を世界の経営者に従属させる装置とも言えます。そして
国家の正当性の根拠として民主主義や国民主権を利用し
ています。但し、それで多くの国民は老後まで安心して
暮らせるので、このシステムを敢えて壊す必要も感じら
れません。ただ、国家が企業に従属すると格差が拡大
し、最後は国民の暴動によって国家が崩壊します。

私は世界の経営者が資本主義が内抱する「いきすぎた資
本主義による自壊」をどうコントロールするのか興味が
あります。

2016/8/16  5:12

投稿者:人力
123 さん

ネット時代に私達は従来知り得なかった情報にアクセス
できる様になり、世界が学校やニュースで教えられる様
な単純な物で無い事を知る事が可能になりました。

その結果、「世界は巨大な力を持った「組織」によって
動かされている」という陰謀論に多くの人が行き付きま
した。アメリカや中国といった国家の枠を超えた「共同
謀議」が存在すると気づいたのです。その最たる物が
「イルミナティー」でしょう。

しかし、私はロスチャイルドやイルミナティーといいう
分かり易い記号を読み解こうとする「陰謀論」は危険だ
と感じています。どうも名だたる「陰謀論者」の発言は
「分かり易い敵」を作る事で、人々の憎悪の対象を「陰
謀論的アイドル」に敢えて向けさせている様に感じられ
ます。

私は「陰謀論者」ですが、視点をあまり複雑にせずに、
因果律を反対に見る様にだけ心がけています。普通はあ
る事象が起きればその原因があって、事象は原因によっ
て引き起こされた結果と見なされます。

しかし、普通に考えれば結果は誰かが目的を持って引き
起こしたものである、偶然では無く蓋然の確率の方が高
いはずです。

しかし、歴史や国際関係や経済危機などは「偶然の産
物」と思い込まされています。「○○の結果○○になっ
てしまった」と解説されます。

ここにこそ大きな問題が潜んでいます。富や権力を持つ
者達はバカではありませんから、バラバラに行動するよ
りは結託した方が利益が拡大する事を良く知っているは
ずです。相場を思う様に動かしたり、国家間の争いや共
闘を演出してみせたりする事だって容易いはずです。

当然、お互いに相手を出し抜く場面もあるでしょうが、
基本的には結託した方が確実に利益にありつけます。

こういうシンプルなルールの中で世界は動いており、世
界の経営者は彼らの利益を最大化すると同時に、利益の
源泉である世界がる程度平和で安定する方向に調整を続
けていると私は妄想しています。

第二次大戦までは国家間の戦争が利益の調整の為や、世
界構造の変革の為に利用されてきましたが、東西冷戦と
核配備によって大国間の全面戦争は起こり得なくなりま
した。

2016/8/15  23:58

投稿者:123
人力さんは、陰謀論をルサンチマンであり、失敗を他者に転嫁したいがためにしている。とおっしゃいますが、それは違うと思います。
彼らは社会のせいにしたいのだというのは、ポジショントークではないでしょうか。
人は、何かのきっかけでふと社会の裏側をかいま見るときがあります。それを見て、純粋な好奇心から、表舞台から深く掘り下げた社会の深層を知りたいと思うものです。
ちょうど、オタクが何かの作品に感銘を受けたとき、それを創った人の人となりを調べたり、同じテーマの別作品をあたってみたり、と深く掘り下げる姿勢に通じると思います。
社会の底辺にあっても、陰謀論に興味を持つのはルサンチマンなんかじゃありません。可哀想な目で見るから、そう映るんだと思いますが。
それに、社会の裏側を強制的に歩かされている人間もいます。その人に全ての責任を押し付けるのも、「社会のせいだ」と同じくらい乱暴だと思います。

2016/7/20  12:07

投稿者:人力
ゆうこ さん

日本国債市場の現状の最大のウィークポイントは「流動
性の枯渇」ですよね。日銀の買い付けに対して売却され
る国債の量が枯渇し始めた為に20年債までもが金利が
マイナスになる異常事態です。

この状況で国債金利は上昇し難いのですが、国債の大量
売りが発生すれば国債金利の反転も有り得ます。

現在販売される日本国債は日銀と外資が主に買っていま
すが、外資は円高が進行する限りにおいて、マイナス金
利の国債でも利益を出す事が出来ます。これが円安に転
じると、日本国債を手放し始めます。これを日銀が買い
入れる限りにおいて国債金利の上昇は起こりませんが、
マイナス金利をあまり深堀りし過ぎると、流石に受給の
緩みが生じれば金利が反転します。

ここで国内の金融機関や生保がどう反応するかが重要な
ポイントで、南欧債を筆頭に世界的に国債への信用が揺
らいでいる場合、日本国債の金利を日銀がコントロール
出来ない状況が生じる可能性はゼロでは無いか
と・・・。

そうなると財政の継続性への疑念が急拡大して、日本国
内で一気にリスクオフのムードが高まるかも知れませ
ん。ただ、国内に資金の逃げ場が無くなるので、海外逃
避が発生して円安が加速するはずです。ここで、外資も
一気の日本株を売り抜ける日経平均8000円台などと
いう事態にも鳴り得るかと。(当然、空売りを絡めt下
暴落を演出されるのですが)

日本株市場の7割が外国人投資家と言われていますが、
GPIFやゆうちょ資金が株価を買い支えている間は、彼ら
は売ってはちょっと買戻して相場を維持するはずです。

タイミングとしてはGPIFの損失が新聞などで大きく報道
されてGPIFやゆうちょや日銀の株の買い入れに制約が掛
る時かなと・・・。

2016/7/19  21:27

投稿者:ゆうこ
18) 日本国債の金利が僅かに上昇に転じる
19) 国債金利上昇に日本株市場が敏感に反応して、日本株が大きく売り込まれる
20) 世界的に債権金利が上昇して株価が暴落し、「金融危機」が本格化する

↑多分4月頃にはこんな感じに


果たしてその時に買うだけの国債が市場にあるのか?とも思ってみました
これから毎年発行する国債は市場を通さず日銀引き受けのような感じになるという話がまことしやかに言われています

したがって誰も国債を買わなくても日銀は買いマスから上がらないでしょうね・・・日本における国債市場は半分は死んでいます・・・

2016/7/19  11:01

投稿者:人力
ぎんやんま さん

ネットを中心とした陰謀論というのは現代のルサンチマン
としてある種の「ガス抜き」として機能している様に感じ
ています。なんか妄想するとスッキリする。

巷の所謂「陰謀論」は「自分が貧しいのは○○のせいだ」
と心の中で糾弾して満足してしまいがちですが、善悪とい
う概念の向こう側にある「クールな何か」を知りたくて、
日々妄想を膨らめています。自然科学の様な視点で社会の
裏側を観察出来たらと・・・。

ただ、陰謀論というのは無根拠ですから、結局は真実には
辿り着けなません。結構、虚しい遊びですよね。

2016/7/19  6:32

投稿者:ぎんやんま
人力さんの陰謀論毎度楽しみに読まさせてもらってます。
徹底したネガティブシンキングと純真さの欠片もない妄想的な疑い深さ、最高です♪
我が国のトップクラスの位置にいる官僚や日銀の政策委員など、日本の国益を担う方々(一応政治家も入れときますか)もそんな徹底したネガティブさと世の資産家達の裏を取れる想像力としたたかさはあると思いたい今日この頃です。
世界規模で考えたら大多数の国の経済が好況なんてのは考えられないわけで、陰謀論的には世界的な好況が始まる頃にはすでに著名資産家や米英などの仕込みや収奪シナリオが決まっているということなんですね。




2016/7/19  3:09

投稿者:人力
ハノイの塔 さん

先進各国の成長力は1980年代から既に十分に低下してお
り、バブル無くしては経済成長やイノベーションを生み
出せないというのがサマーズやクルーグマンの最近の主
張です。どうやらバブルは意図的に作られていると私は
感じています。

一方でリーマンショック後の金融緩和によって資金が新
興国に流れ込み、新興国のインフラや経済を大きく進歩
させた事を見逃してはいけないと思います。世界の中央
銀行は金利やバブルを使って世界経済の資金循環をダイ
ナミックにコントロールしているのでしょう。ただ、最
後はバブル崩壊後に「ハゲタカ」がゴッソリと持って行
くという本来の目的を達成する事も忘れてはいないでし
ょう。

2016/7/18  17:55

投稿者:ハノイの塔
金融緩和策そのものが、紙幣をジャブジャブ発行して
自国通貨安を狙い、その安くなった株や不動産を
買ってもらおうというのだから、バブル誘導策以外の
何ものでもありません。
「まだバブルの兆候は見えない」というのは、単に
金融緩和策が失敗した、と言ってるだけです。

しかし現実に円安で株価は上昇したのですから、
バブルの効果は出ています。
それを「兆候が見えない」というのは、その人たちの目が
節穴だと言ってるようなものでしょう。

バブル崩壊のきっかけが何なのかわかりませんが、
NYダウ最高値更新、なんてのが続くと、
いつかポッキリ折れそうで、不安になりますね。
世の中、良い事はそうそう続かないもので…(笑)


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ