2017/4/5

『平成元禄原発心中』  時事/金融危機
 

花魁  あちきは借金のある身。それを身請とは旦那も酔狂なお人。

旦那  なあに、借金さえなくなれば、お前は宝も同然。我が家の将来は安泰というもの。


<数年後>


奥方  あなた、アタシにまだ借金があると言う御仁が何人も訪ねてくるんです・・・。

旦那  またか・・・いったいお前は幾ら借金を作ったんだ?

奥方  それが・・・最近、アタシが出した店の方が上手くいかなくて・・・。

旦那  ちょっと帳簿を持っておいで。

奥方  おはずかしい内容ですが・・・


・・・旦那、にわかに青ざめ、額からは冷や汗が・・・


旦那  ちょっと、これはどういう事なんだ。これじゃあ私の本業まで潰れちゃうよ・・・。

奥方  それが、まだ隠し帳簿があって・・・

旦那  もうだめだ。繁盛している店をいくつか売っても払いきれたもんじゃない・・・。

奥方  いっその事、アタシを離縁してください・・。

旦那  それは出来ん・・・。お前を身請けしたのはある方に頼まれたから・・・。


<柳の枝が風にゆれる大川のほとり・・・>

旦那  おまえ、覚悟はいいかい。

奥方  あなたとなら地獄の果てまでもご一緒に・・・。


・・・ザブン
・・・身も凍る冷たい水に奥方を突き落とし、続いて後を追う旦那・・・


<数刻後>


通行人  おい、あんたしっかりしろ!!

奥方   あれ、あたしは、いったい・・・

通行人  可哀そうに、こんなに冷え切って。家に来て温まるといい。


<通行人の家>

奥方   お風呂まで頂いて、すっかり温まりました。

通行人  それは良かった。一時はどうなる事かと・・

・・・・おいおい、これはとんだ上玉じゃないか・・・

通行人  なんで身投げしたかは聞くだけやぼだ。
     行く当てが無ければ、しばらくは家に居るといい

奥方   それはご親切に・・・。

・・・・・おやおや、この御仁も酔狂な方だこと。今度はこのお方のご厄介になろうかね・・。




色々と不思議な東芝とWH問題。

多分、結果的には東芝は経営破綻で解体。キレイな身になったWHは韓国?企業に押し付けられて復活となるでしょう。

不可解なのはWHの内部告発から東芝の粉飾が明らかになった事。これでは「抱き着き心中」じゃないか・・・。まさに毒婦の様な企業です。WH、恐るべし。
12

2017/4/7  12:37

投稿者:人力
よたろう さん

ラスボスと思われていたマクギリスが意外にあっさりと退場して私も???と思いました。もう一ひねり欲しかった所。ただ、シャーの最後のダメダメ感も凄かったじゃないですか。「ララーは私のお母さん・・・」・・あれには目が点になった。ガンダムの伝統ですかね。

私は最終話の「素直さ」が好きです。現実的に一歩一歩理想に近づき、清濁併せ呑む。それを肯定的に描く。日本のアニメに意外にも無かった感じがします。

鉄華団の面々は「熱すぎて」感情移入できず、ジュリエッタに共感を覚えてしまったり・・ガエリオが好きだったり、イオクのバカが潰されてスッキリしたり・・・成長したアトラにドキドキしたり・・・本筋と関係ない所に惹かれる困ったアニメでした。

戦闘シーンが魅力的だったのは初回のガンダム登場前までですかね。人型兵器の肉弾戦って、ちょっと萎えます。そもそもロボットが人型である意味・・・おーーーと、ここを突っ込むと日本のロボットアニメファン全てを敵に回してしまいますね。個人的には「顔」が着いていると萎えます。だから、ファーストガンダムの最後の頭無しには萌えます。

『幼女戦記』観てみよう!!

2017/4/6  7:21

投稿者:よたろう
>『オルフェンス』の最終3話は素晴らしと思います。特に最終話は良くできていた。

私はそこが一番雑でおざなりだと感じてしまいました、マクギリスが脚本の都合で急にバカになる展開は人力様が嫌うSEEDと同類ですよ。
別にバッドエンドは構いません、「機動戦士ガンダム0080」は名作です、オルフェンズその過程が雑なんですよ。
リアルな社会情勢とは申しますが終盤の数話でwikiや現代戦史の聞きかじった内容をコピペしただけですし…

これなら前期アニメでは「幼女戦記」の方がリアルな世界大戦の流れを分かりやすくエンタメ、ドラマ性を盛り込みながら巧みに描けてますよ。
タイトルで誤解を受けそうですが実際の内容はイゼッタとは180°作風の異なる硬派な作品です。
神を恐れぬターニャちゃん、復讐の芽は徹底的に潰せと豪語するターニャちゃん。
ここ最近では清々しい程のダークヒーローっぷりでしたね。

2017/4/6  6:01

投稿者:人力
ローレライ さん

実は・・・中国で原発事故が目的だったりして・・・。当然制御プログラムには、こっそりと・・・。

2017/4/6  5:59

投稿者:人力
よたろう さん

『オルフェンス』、不要なのはガンダム!!

『オルフェンス』の最終3話は素晴らしと思います。特に最終話は良くできていた。倒そうとした敵こそが現実的な平和を守っている・・・実際の世の中はそんなものです。そして純粋な理想主義者が戦争を求める。

この作品、ガンダムやロボットという要素を取り去れば、アフリカや中東の現実の近い。非常に社会性の高い作品ですが、それを生身のテロとして描くのは子供番組?では無理。内容的には深夜帯で13話で、ドロドロのテロ戦争で描けば良かった。当然ロボットやガンダム抜きで「ヒューマンデブリの自爆テロ」なんて内容で・・。

ただ、岡田麿里も長井龍雪も、テロはテーマであって創作の原動力足りえない。だから作品全体が空虚になってしまいます。

そこ行くと富野は「バカな人間は全滅してしまえばいい」という信念が有ります。人間はクズだ、アニメを見るやつはゴミだ、それを作って喜んでいるオレは人間として最低だ!!・・・この破壊衝動がシャーにシンクロして大成功したのがファーストガンダム。

基本的に岡田麿里は「ドロドロ恋愛脳」だから、そういう作品以外は無理なんでしょう。そしてオルフェンスはシノとヤマギの関係でしか岡田の魅力は感じられなかった・・・。

そう思いながら『True Tears』を見直しています。やっぱ何回観ても良いわ・・。

2017/4/5  19:20

投稿者:ローレライ
『WHの美味しい所』はグラマンに食べられた跡ですがWHの加圧式原子炉は元々『原子力船』のエンジンなのが肝ですね!『よたろう さん』、『オルフェンズ』は『ガンダムで真田丸』でしたね。

2017/4/5  12:50

投稿者:よたろう
『平成日5ガンダム心中』

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」終了をもちまして
毎日放送土日プライムタイムのアニメ枠は消滅と相成りまし
た。
長井&岡田は見事に番組枠ごとガンダムと心中しましたとさ

マリーってやっぱり感性“だけ”の物書きですね、人力様は「ガ
ンダム」という題材が悪いとかつて擁護しましたが看破でき
ません。
シナリオライター、特にシリーズ構成ともなると求められる
資質は感性よりも物語を纏め上げる「論理的思考」と「豊富
な知識量あるいは知識欲」だと思います。
要はシロバコの舞茸しめじやりーちゃんみたいな人物が(少
なくとも努にとって)優良なライターであるのでしょう、だ
から迷家は失敗した。
彼女はガンダムはおろかロボットアニメや戦記物、SFに対し
てあまりにも不勉強で不真面目でした。
せめてライターではなく原作者一本で活動すべきです。

以上、原発とは一切関係ないエイハブリアクターの話でした

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ