2010/3/18

トヨタに伸びるロスチャイルドの触手  時事/金融危機


クリックすると元のサイズで表示します


■ トヨタは何故叩かれるのか? ■

米議会によるトヨタ叩きは、GM破綻の頃から予測された事態です。
一般的に考えれば、GMやクライスラーなど税金を投入して救済した米自動車産業の経営を後押しする為に、最も勢いのあるトヨタの売り上げを減らそうという戦略です。
80年代であれば、関税を引き上げて外国車を市場から締め出す事も出来ましたが、自由貿易を他国に押し付けている都合上、あからさまな保護主義を打ち出す事は出来ません。さらに、トヨタを始め日本車の多くは米国内で生産された米国車です。これを関税で締め出す事は出来ません。そこで、「安全性というトヨタ神話」を切り崩す戦略に出たのでしょう。

■ 公聴会の議長は何とジェイ・ロックフェラー ■

社長自ら米国に赴いて弁明するという事態に発展してトヨタ叩きですが、その米議会の公聴会の議長を務めていたのがジェイ・ロックフェラーです。
ジェイ・ロックフェラーはゴールドマンサックスを所有する、アメリカのロスチャイルド派の頭目です。

実は、ジェイ・ロクフェラーとトヨタの関係は深く、学生時代に日本に留学して親日家の仮面を被るジェイは、豊田創業家とも個人的に親しいと言われています。トヨタの部品工場をアメリカに最初に誘致したのもジェイです。

■ トヨタ叩きで得をしたフォードと日産 ■

トヨタ叩きで得をしたのは、GMやクライスラーでは無くフォードです。売り上げが40%以上増えています。さらに日産も米国内での売り上げを2お%以上伸ばしています。

フォードはご存知の通り、ロスチャイルド系の自動車会社です。日産を支配するルノーもロスチャイルド系と言われています。フォードはリーマンショックの1年前の2006年に銀行団から大量の資金調達をして、金融危機での痛手をGMやクライスラーより受けていません。

■ トヨタを手中に収めたいロスチャイルド ■

ジェイ・ロックフェラーは何故今になって旧知のトヨタを叩くのでしょうか?
彼は民主党の上院議員ですから、国内的にはビック3を救済するパフォーマンスと考えられます。国民の不満の捌け口をトヨタに向けた訳です。

しかし、それとて表向きの理由で、本当の目的はトヨタをロスチャイルドの手中に収める事でしょう。

ご存知の如く、トヨタの財務状態は健全で、巨大な内部保留を有しています。金融からトヨタを攻める事は出来ません。そこで、販売を妨害してジリジリとトヨタを締め上げる手に出たのでしょう。

■ レクサスからプリウスへ ■

レクサスから始まった騒動ですが、現在はプリウスの急加速問題に摩り替わっています。レクサスはアメリカにおいてトヨタのドル箱です。レクサスの信用失墜はトヨタの経営にとって痛手です。

しかし、プリウスは世界においてトヨタ=ハイブリッド=ECOを印象付ける、最重要車種です。レクサスの信用失墜以上にプリウスの信用失墜はトヨタにとっては痛手です。
「世界最高水準のハイブリット技術は、実は不完全であった」という演出はトヨタの喉元に突きつけられてナイフです。

■ 調査の仮定で流出するハイブリット技術 ■

ロスチャイルドは原子力を牛耳り、地球温暖化を演出して石油資本であるロックフェラーを切り崩す事に躍起になっています。トヨタのハイブリット技術は彼らにとっては、喉から手が出そうなくらい欲しい技術です。

ハイブリット車で欠陥が相次げば、トヨタは米国の捜査当局に相当な技術資料を開示せざるを得ません。ブラックボックス化されたような制御系のプログラムも開示する必要に迫られるでしょう。

ハイブリットの技術のコアは、回生ブレーキの制御技術です。このソフトを手に入れてしまえば、ある程度の技術力のある会社は、比較的容易に高い燃費のハイブリット車を開発する事が出来ます。

■ 経営危機に追い込む事も出来る ■

トヨタがこれらの技術の開示を拒めば、アメリカはトヨタを米市場から締め出す事も出来ます。そうなればトヨタの経営は一瞬で破綻します。

確かにアメリカ国内にはトヨタの工場が多数あり、それらの州ではトヨタを擁護する声も高まるでしょう。しかし、トヨタの欠陥を大量に捏造し、トヨタが社会的に背徳企業だというレッテルを貼る事は容易です。そうなれば、全米からトヨタの退場を求める声が噴出するでしょう。

トヨタに道は残されていません。ロスチャイルドの軍門に既に下っているのです。リコールまでのトヨタの動きが鈍く見えたのは、こういった事態回避への日本政府や米政府への根回しに追われていたのでしょう。

■ 小沢一郎はトヨタを助けない ■

トヨタは当然日本国政府にも救援を要請しています。しかし、小沢一郎はロスチャイルドのエージェントですがから、政府が積極的に米国と交渉する事は無いでしょう。

トヨタは懇意にしていたジェイに裏切られて、さぞ落胆している事でしょう。ジェイがトヨタ問題を拡大しても、あるいは収束させても、トヨタはジェイ・ロックフェラーに頭が上がらなくなってしまいそうです・・・。

10

2013/8/26  1:06

投稿者:人力
Hang off+ さん

私は車はそれ程詳しく無いのですが、ボルトは当初直列式で開発が進んでいましたが、遊星ギアーを採用して並列式に変更されたと報道されていました。

どの時点で設計変更されたかにもよりますが、ここら辺の関係はどうなのでしょうか?

ハイブリットの技術は回生ブレーキの制御プログラムの技術だと思うのですが、ハイブリットで先行したトヨタはそこら変の技術蓄積はそれなりにあったのでは無いでしょうか。アメリカが興味を持つならば、そこら変かと思うのですが。(素人考えで恐縮です)

テスラの件は「不可解」の一言に尽きます。

トヨタがパクリ企業である事は否定はしません。隠蔽体質である事もご指摘の通りなのでしょう。ただ、それとは別に、アメリカの一連のトヨタ叩きには、異様なものを感じたのも事実です。陰謀論者なので、ついついその裏にある物を妄想してしまいます。

単なる妄想だと、受け流していただければ幸いです。

2013/8/25  19:06

投稿者:Hang off+
>この事件によて流出した技術がGMのボルトなどに反映されている

指摘した内容を理解出来てないようですね。
技術が流出しても特許が有るので使えないのです。
流出していなくとも、後発が同じ技術を使う事は出来ないのです。
そもそも、ハイブリッド車自体トヨタは発案も実用化も初ではないですよ。
要するにアナタの論では、流出した技術を盗んでるのはトヨタになりますよ。

もうひとつ、技術流出を懸念するのにテスラやGMと組んだりあちこちにTHSを提供しているのは?
特にテスラには多額の開発資金、技術、製品まで与えましたよ。
それも、アノ暴走騒ぎに真っ最中にね。技術流出を懸念しながら、やってる行為は盗んでください。
盗む為の資金は私どもが出します。と言うなんとも傑作な事に 笑

相手側の米やGMに盗んだと言うのなら、トヨタF1での盗人ぶりや レクサスベンツ
ストリームウィッシュ等の件はどうなるんですか?

トヨタが他社から盗む技術や造形が有るとしても、その逆は無いのです。




http://minkara.carview.co.jp/userid/985301/blog/

2013/8/19  13:46

投稿者:人力
Hang off+ さん

ブログを少し拝読しました。トヨタがお嫌いなのですね。私もトヨタ車は魅力を感じませんし、ハイブリットには否定的です。

http://green.ap.teacup.com/pekepon/147.html
http://green.ap.teacup.com/pekepon/145.html
http://green.ap.teacup.com/pekepon/43.html

メディアもハイブリットを持ち上げ過ぎですよね。信越化学がリチウムイオン電池の容量を数倍にする新電極を発表していますが、これが車搭用バッテリーに採用されると、今までダメダメだった電気自動車の実用性が一気に高まります。

ハイブリットは低燃費のガソリン車と電気自動車の両方から板挟みになって消える、過渡的な技術では無いかと思います。マツダの技術は凄いですね。ガソリンエンジンに携わって来た技術者の意地を感じます。

尤も、新型電池は小型のモバイル用から実用化が進み、車搭用に投入されるまでは時間が掛かるのでしょうか。

2013/8/19  13:00

投稿者:人力
Hang off+ さん

元々、陰謀論ブログなので、根拠など無いのですが、世界的な金融資本家と米国内でのロックフェラーの退潮と、ゴールドマンサックスのオーナーでもある、ジェイ・ロックフェラーの絡みで、この事件の背景を妄想してみました。

ロックフェラー VS ロスチャイルドという陰謀論ではお馴染みの対立構図自体が間違いなのかも知れませんが、国債金融資本がこのどちらかの陣営に属してその傘下の企業を資本の面からコントロールしているという妄想で自動車業界を眺めたらどうなるのかな?と。

特に、イギリスのジェイコブ・ロスチャイルドとアメリカのジェイ・ロックフェラーが連携して色々と画策しているという噂があった時期ですし。

さらに小沢一郎近辺にロスチャイルドの勢力がチラホラなどという噂もありましたし。

GMの倒産事態は、高すぎる年金負担や負債を踏み倒す上で不可避であったと考えます。その後のV時回復は、これらの負担から解放された事と、中国などでの生産が好調な事が原因では無いでしょか。

トヨタはこの事件でアメリカで大きな損失を被りましたし、この事件によて流出した技術がGMのボルトなどに反映されているのでは無いでしょうか。

Hang off+さんが教えて下さった事、調べてみます。また、面白そうなのでブログも拝見させてい頂きます。

ご指摘、ありがとうございます。

2013/8/19  6:37

投稿者:Hang off+
よく、こんな妄想のデタラメを記事に出来ましたね。
GM破綻の頃から予測された事態ならば、税金投入前にやってるはず
トヨタの売り上げを減らそうという戦略なのに、原因不明のまま収束宣言。
収束宣言後NASAが電子制御欠陥を発見したが、政府会見は開かれず学会でのみ発表。
欠陥は共和党時代から隠蔽され続けていたのは明らかで、死亡者数、保険会社、米トヨタトップジムプレスさえも本社に警告していたのに隠蔽し続けていたのですけどね。

トヨタ欠陥問題を暴けば、共和党は過去グルになり隠蔽した責任追求され
民主党はトヨタ票を失う(選挙前に強引にケリをつけたのはそのため)
欠陥問題のもみ消しの引き換えにテスラやヌーミーに多額の資金や技術、製品を流し込み
スレーター元運輸長官の国際天下り

トヨタの欠陥隠蔽工作のネタ等 米での暴走欠陥問題以前から腐る程ありますよ。
小沢一郎の件だって、谷亮子を使ってやってたじゃないですか。

小沢一郎はロスチャイルドのエージェント? どこからそんなデマを?笑
小泉純一郎や直嶋、石原こそトヨタのエージェントでしょ。
原発推進の筆頭ですよ。トヨタも原子力産業協会の会員で原発推進してますしね。

まあ、突っ込みどころ満載のデマ記事なので私のブログで晒しものにして上げます。


http://minkara.carview.co.jp/userid/985301/blog/

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ