2018/6/1

このマンガの続きが読みたい・・・『でゾルドル』  マンガ
 

クリックすると元のサイズで表示します

『デゾルデル』より

酔っ払って本屋に行くと、何故かマンガを買ってしまう私。翌朝になって、「こんなマンガ買ったっけ??」って思うのですが、実は「アタリ」が多い。

先日、机の上に転がっていたのは『デゾルドル』という作品。表紙の絵だけ見るの「何故、こんなのかっちゃたんだろう??」って作品ですが・・・「フランス最凶」と言われた傭兵団の団長の娘と、オルレアンの聖女ジャンヌ・ダルクを主人公にした歴史ファンタジー。

実は絵が・・・あまり上手く無い。いわゆる「今風」の絵では無い。話の展開も荒い・・・。ではこの作品がツマラナイのかと言えば・・・面白い。イヤ、チョー面白い。

100年戦争の当時、戦争の主役は傭兵達だった。彼らは戦闘の稼ぐ一方で、村々を襲い略奪と凌辱の限りを尽くす盗賊集団でもあった。”憤怒(ラ・イール)」と呼ばれたフランスで最強の傭兵団の団長には11歳になる娘が居る。彼女は戦闘に追従するも人を殺す事が出来ません。彼女は傭兵としては優し過ぎるのです。

そんな彼女を試す為に父親は一計を案じます。傭兵団が村を襲う前に、誰か一人でも村人の首を持ち帰ったら、その村の襲撃を中止してやろうと持ち掛けます。彼女は村に潜入しますが、そこで出会ったのは・・・後にジャンル・ダルクと呼ばれる様になる少女。

共に男装した少女二人の運命が動き始めます・・・。


というのが1巻の大まかな粗筋ですが、これから大きな歴史の流れが動き出します。

ところがです・・・ネットで「デゾルドル」と検索したら、こんなツイッターの画像がアップsれていました。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
岡児志太郎 Twitter より


エェェェーー、単行本第一巻が売れないから「打ち切り」になっちゃうのーーーー!!



これは看過できません。

確かに「今は」絵が上手い訳ではありませんが、もう少し「動き」が描ける様になれば「化ける」可能性を感じる絵柄です。「目力」のある画で魅力も感じます。(力強いタッチだけに、背景を描き過ぎるとゴチャゴチャします。こういう人は背景を省略した方が良いんですよね。)


ストーリテーリング作も突出して上手い訳ではありませんが、物語の筋はしっかりしていますし、何よりも「100年戦争」という世界史の教科書の数行でしか知らなかった出来事をビジュアルで見る事が出来るのは興味深い。特に、当時の戦争の暗部には興味をソソラレます。

私は「完成された作家」など面白くも何ともありません。こういう「作家の卵」が成長する様を見たいのです。



ですから、100年戦争に少しでも興味がある方は・・・買って!!
そして、私に、この物語の続きを読ませて下さい!!



ガンバレ、岡児志太郎!!


頼むよ、講談社のモーニング編集部



ちなみに1話目が公開されています。

第1話】 憤怒の姫君(前編)

2

2018/6/6  10:56

投稿者:人力
ごろごろ さん

オタクネタにオタク常連さん達以外からコメントを頂くと嬉しいです。『デゾルドル』は粗削りな作品ですから、一般の方にお勧めするのはどうかとも思いましたが、我々の様なオタクの重症者は、こういう作品を見付けるのが好きなんです。

歴史物のマンガで新作を特集しようと思っています。こりらは大人の鑑賞に堪えるラインナップを考えています。お楽しみに。

経済ネタにもどんどんご意見を頂けると嬉しいです。色々な視点を知る事が出来るのが、ブログを書く楽しみです。

2018/6/5  13:47

投稿者:ごろごろ
こんにちは、
以前、経済ネタにコメントさせていただいた事のある読者です
あのときは、煽るような失礼なコメントに対して丁寧な文章で応えて頂いた憶えがあるので
できればデゾルドル連載継続のために1000冊ほど注文したかったのですが、
第一話を読んで、自分には歴史ファンタジーどころか日曜のNHKの大河でも無理と気づき断念しました
具体的には終盤のジャンヌダルクの向こう側に主人公と傭兵の副長が幻覚を見てしまうシーンで萎えました
あれが主人公だけなら、まあエンタメ作品だからこういう味付けはアリと感じてたでしょうが、、、
史実がからんだストーリーを楽しむには歳をとったのか
歴史秘話ヒストリアとか塩野七生あたりまでしかうけいれられないようになってきました
とはいえ、とてもおもしろかったです、つづきは多忙なので読もうとは思いませんが

おじゃましました、今度は政治経済ネタで意見を書き込ませていただきたい
積極財政と為替の動きについては、いまだ人力様のおっしゃることに疑問を感じています

2018/6/4  5:35

投稿者:人力
ハノイの塔 さん

アマゾン、第一期は「完走」しました。あれはTVじゃ無理ですね。「食べ方」が下品なので子供に悪影響が・・・って前に暴力的過ぎますよね。

アマゾンってオリジナルの仮面ライダーシリーズでも、ちょっと異質な存在じゃないですか。アマゾンのジャングルから来た超人。「オレ、アマゾン。お前、友だち」みたいな感じ、好きでした。

そのオリジナルをここまで大胆に改作するのは、クーガーと同様ですが、TV放映で子供に見せる事を前提としていないので、カルトなバイオレンス作品に針を振り切っていますよね。何故か「監修」に小林靖子がクレジットされています。「母と子」というテーマは小林靖子の設定でしょう。全体の構成は『ウィッチ・ブレイド』に酷似しています。

バイオ企業から軍事用の生体兵器が逃亡し、それを企業側の生体兵器が討伐する・・、そこに母子の愛情を絡める。

劇場版のポスターを先日見かけて、そういえば2期を見ていなかったなと思っていました。1期目の後半がちょっとアレだったので、どうしようかと思っていましたが、観てみます。

2018/6/2  20:16

投稿者:ハノイの塔
この作家さんに限らず、売れなきゃ次はない、世界なので色々厳しいですね。
(そのへんは、ばくまん、を参照のこと)
当たり前と言えば、当たり前の話なんですが……。
出版社に「連載続けて」と手紙・メールを送るのも有効ではないかと。

話は変わりますが、仮面ライダー・アマゾンズ2ndシーズンがすごい!
このストーリー展開には正直しびれます。
しかし描写がアレなので、TVでは放送できないのではないかと。
(再編集すれば放映できるかもしれませんが、レンタルで見ているので、正直どっちでもいい。笑)

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ