2018/8/31

日本会議というカモフラージュ・・・どっちもどっちの総裁選  時事/金融危機
 

■ 王者が挑戦者を必死に排除する不思議な光景 ■


自民党総裁選がスタートしましたが、安倍首相と石破元幹事長の一騎打ちになりそうです。

数々のスキャンダルが発覚するも、ある程度の支持率を保ち、景気も底堅く推移する状況では現職の安倍首相が3選を果たす事が確実視されています。

この様な状況で安倍首相に対抗しても勝ち目が有りませんから、普通の総裁選ならば対立候補は「出馬する事に意味がある」「次の総裁選を見越して出馬する」などと、総裁選を盛り上げる為の出馬になる事が多い。

この様な、勝負が見えている総裁選では、従来の首相であれば「胸を貸す」鷹揚さを持って相手候補に対し、自身の大物ぶりをアピールするのが常でした。

「自民党総裁は党内の選挙で決める」事になっているのですから、対立候補が立候補しない方が異常ですし、選挙後は多少のシコリが残ったとしても、党を挙げて一丸となって政策運営に当たる事は、自民党の伝統でもあります。

ところが、安倍首相は対立候補の立候補すら力ずくで潰しています。「禅譲」と噂される岸田氏に立候補を思い止まらせる事は予想された事ですが、前々から立候補の意向を示していた石破氏に対して「裏切り者」だとか、「干してやる」的な発言をするとは、どう考えても常軌を逸しています。

私には「小物ぶりのアピール」にしか見えない。


■ 疑心暗鬼に苛まれる首相? ■

安倍首相が執拗に対立候補の立候補を潰そうとするのには理由があるハズ。

多分、安倍首相は「自信が無い」のでしょう。

安倍首相は小選挙区制の元、党の執行部によって国会議員の公認権を握っていますから、表立って逆らう議員はほとんど居ません。村上議員と竹下派の参議院議員ぐらいでしょう。それでも首相は不安で仕方無いのかも知れません。

もし、万が一、思いの外、多くのの議員が裏切ったらどうしよう・・・
地方の議員や党員が、自分を支持しなかったらどうしよう・・・。

最高権力者でありながら、日々こんな不安に苛まれているのかも知れません。だから、対立候補が立候補する事自体を怖がる。

■ 首相の座と、権力が存在証明となっていないか? ■

政治家としの血筋は良いが、学力の方は・・・優秀とは言えないと伝わる安倍首相。真相は私などには知る由も有りませんが、首相の職務をいい加減にやっているかと言えば、むしろ以前の首相達よりも頑張っていると私は思います。

英語のスピーチも、人目をはばかる事無く、スピーチライターが書いた原稿を練習している様です。この真摯さには頭が下がります。

ただ、仮にそのモチベーションの原動力が「海外で首相として英語でスピーチする俺って凄く無い?」って自己満足に由来するものであるならば、その努力は自分の為であって、国民の為ではありません。

同様にトランプ大統領との友達演出でも、「トランプと対等に話が出来る俺って最高じゃね」なんて思っているのなら、国民にとっては悲劇です。まあ、先の訪米の際に通商交渉を巡りトランプ大統領は「パールハーバーを忘れていないぞ」と安倍氏を恫喝したとワシントンポストがリークしていますから、決して対等な話し合いの相手では無い事は凡そ見当は付きますが。(日本人の誰が首相をやても変わりませんが・・・)

何れにしても、安倍首相にとって、「首相の座」は自身の存在証明として重要な意味を持っているのかもしれません。だから首相の座にレンメンとしがみ付く?


■ 小物が権力を持つ時 ■

お花畑左翼の方達は「安倍独裁」とか「ファシスト安倍」といったレッテル貼りに余念が有りませんが、私は安倍首相は「便利に使われているだけ」という気がします。

今井尚哉氏との関係を見ても、安倍氏は自分に味方してくれる人には信頼を寄せる素直な性格の持ち主の様です。これは取り巻きにとっては「担ぎ易い」神輿です。妙に暴れる事も無く、重さも軽い。

こうして日本会議の様なカルト集団が、経産省の官僚が、経団連の幹部が、アメリカの政府要人が、安倍首相を上手に担いでいるのが、安倍政権の実体なのかも知れません。そして「首相の座」が約束される事で、安倍首相は取り巻きの意見を尊重する。

実は、権力は大物が持った時よりも、小物が持った時の方が暴走し易い。ヒットラーの様に一見、歴史上の大物の様な人物でも、実は小物が故に権力の強化を図り、その継続の為に強権で対立する者を抑え込んだ例も多いハズ。

その意味においては「安倍=ヒットラー」などというプラカードを掲げてデモを繰り返す方達も、案外的外れでは無いのかも知れません。

尤も、安倍氏が大者か小者かは、お会いした事が無いので皆目分かりませんが。

■ カルトに洗脳されていないかが心配になる ■

先日の夏休みの再にも、一日だけ東京に戻り、日本会議のイベントに参加した安倍首相。日本会議や統〇教会との関係は浅からぬものが在ると噂されます。

さらに、父親の代から、自称宗教家を頼りにしている安倍首相。実は政治家や企業の経営者は、占い師の様なアドバイザーを信じている方は多い。自分でどうしても決断できないケースで、彼らを頼るのでしょう。

ただ、怖いのは、こういった宗教家や占い師を「妄信」してしまうケース。首相などは精神的に重圧がかかる仕事ですから、どうしも決断を他人に任せたくなる。これが過剰になれば、一種の洗脳と同じで、国家の運営が、無責任な宗教家や占い師の影響を受ける事になります。

占いを信じて会社を危機に落とした経営者も少なからず居ます。信心は大切ですが、一国の首相が占い師の言いなりなんて事態で無い事を祈ります。


■ 石破氏が自民党を割らないのなら、所詮は同じ穴のムジナだから? ■

総裁選を通して「抵抗勢力」のレッテルが貼られるであろ石破氏と彼の支持者ですが、本来は自民を離党して新党を立ち上げた方が有権者には分かり易い。

現状の政治の最大の問題が自公連立により議会の寡占なのですから、離党する事が安倍首相や、その背後に居る勢力に対する最大の牽制になります。

この簡単な手を使わない石破氏を、私は信用して良いのか判断に迷っています。「安倍 VS
石破」も、所詮は万が一安倍首相がスキャンダルで失脚した時の為の布石ではないのか・・・
そなな妄想に浸りながら総裁選の成り行きを楽しむのも、陰謀論の遊びの一つ。


■ 謎のカルト集団の日本会議って、集金システムじゃないのか ■

ところで安倍首相にも影響力を持つと噂される「日本会議」ですが、私は「集金・集票システム」では無いかと妄想しています。

地方の有力者には保守的な思想の方も多く、戦前の日本を懐かしむ方も多い。又、未だに一皮剥けば(剥かなくても)男尊女卑思想の持主も多い。

「戦前の正しい日本を取り戻す」という日本会議の思想は、日本の長い歴史を振り返れば、とても浅薄な思想や理想に過ぎませんが、地方の有力者には、こういった思想に共鳴する方が多いのでは無いか。

様は「日本会議」などというのは集金や集票のパフォーマンスでしか無く、安倍首相が憲法改正を急ぐ本当の理由は、アメリカの自衛隊の海外派遣要求だと私は見ています。

元々、中身の薄い日本会議などは、国内向けのカモフラージュに過ぎない。だから、あんな時代遅れの目的を堂々と掲げているのでしょう。

私達は「パフォーマンス」の日本会議に根拠の無い不安を覚えるよりは、自衛隊の海外派遣と戦闘参加という、戦後日本の平和感を根本的に覆す事態に、正面から向き合うべきなのですが・・・どうも日本会議のパフォーマンスによって煙に巻かれている感じかして仕方ありません。

石破氏も日本会議には関係の深い方ですし、安倍氏よりも筋金入りの軍事オタクだし、さらにはキャンディーズの大ファンだったし・・・そう考えるとどっちもどっちの総裁選だなぁ・・・。

14

2018/8/31  20:00

投稿者:一ブログ読者
日本の影の支配者も、自らの利権はそう簡単に譲り渡さな
いはず。
「日本売り」になるのであれば、都合よく緊縮派の石破さ
んが躍り出て、通貨防衛と緊縮財政をやる手筈なのでは?
それはそれで、庶民にはちっとも嬉しくありませんが。

2018/8/31  14:58

投稿者:人力
一ブログ読者 さん

仮に、第二のリーマンショックが近いうちに起きるならば、アベノミクスに失敗の烙印が押され、異次元緩和と拡大した財政のツケを国民は払う事になりますよね。

そんな可能性がゼロで無い状況で、本心からお山の大将に成りたい政治家が居るのか・・・私も疑問です。確かに安倍首相は3選するかも知れませんが、自分のケツを自分で拭く事になるのでしょう。麻生氏もセットですね。

ただ、彼らに任せておくと、日本の「叩き売り」に発展しそうで怖いですよね。IMFが乗り込んで来て財閥系企業が解体されて外資が群がる様が目に浮かぶ。

下手をしなくても安倍首相はこのまま行けば宇野首相を抑えて戦後最悪の総理大臣のポジションに躍り出ると私は妄想しています。

利口な小泉氏はさっさとトンズラし、〇〇な安倍首相は首相という地位にレンメンとして・・・。麻生氏は逃げたいでしょうが、ロスチャに安倍のお守りをしろと命令されたとか、されないとか・・・。

2018/8/31  13:18

投稿者:一ブログ読者
安倍3選の道を開いたのは二階さんです。
二階さんは小泉さんが二期満了で逃げ切った後、その尻
拭いで自民党政権がグダグダに崩壊していくのを一番近
くで見ていた人。
「おまえは師匠みたいには逃げさせない、自分で詰め腹
切って収めろや」
という強い意思を感じます……。
安倍さんもさすがにハメられたのに気づいてて、ナーバ
スなのでは。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ