2018/9/4

自衛隊が米軍に利用される・・・「普通の国」という罠  時事/金融危機
 

■ 「都合の良い同盟」は転機を迎えている ■

安倍首相は本気で改憲を実現する心意気の様です。「憲法改正」は自民党結党時からの悲願ですから、それを邪魔するヤツは党内でも許さないというのが、今回に異様な総裁選を正当化する理由なのでしょう。

ところで、「改憲」は自民党にとって何故悲願なのか?それは・・・

独立した軍隊を持ち、自衛権を確立して、アメリカの属国から独立する

第二次世界大戦でアメリカに敗れ、敗戦国としてアメリカの占領下に置かれた日本において、「アメリカからの独立」は悲願であり、憲法改正によって自主防衛を確立する事はその為の手段として不可欠だと考えたのです。


一方で実際の自民党と官僚機構は、「対米従属を日本の経済発展の代償」として受け入れて来ました。「日米同盟」が経済発展に欠かせないと考えたのです。

「日米同盟」とは米軍の軍事力に庇護される事により、国防予算を節約し、その分を経済成長に振り向けるという都合の良い同盟でした。

ところが、トランプ政権は日本のみならずヨーロッパ諸国にも軍事費を増やす事を要求しています。「そろそろ、自分の国は自分で守れ」と言っている様で、実はアメリカの財政が巨大な軍事費に耐えられなくなっている。

アメリカは今後、年金コストなどが財政を圧迫するので、どこかの時点で軍事費を削減しなければ財政状況の悪化が加速します。米国債の売れ行きに陰りが見えれば、ドルと米国債のリスクに注目が集まり、ドル安や米国債安が起こる可能性は低くありません。

最早、アメリカには日本やヨーロッパでの「相手に都合の良い軍事同盟」を維持する余力が無いのです。

■ 「自分の国は自分で守れ」を建前にして「戦争に手を貸してね」という本音が透ける ■

ネトウヨに限らず、左に傾いていた日本の世論は、近年ニュートラルになりつつあります。その中で「憲法改正」や「自主防衛」が議論の的になる事は自然な流れと言えます。

「自衛隊は違憲」とか「集団的自衛権や自主防衛は軍国化に繋がる」というお花畑左翼は別として、多くの国民が「自衛隊の存在を憲法に明記する事」は正しい事だと考える様になっています。私もそう考えます。

さらに「自分の国は自分で守る」という考え方にも、日本人としてのプライドをくすぐられます。多分、「自衛隊を憲法で国軍として認める」事を争点に憲法改正の是非を問う国民投票をした場合、憲法改正に賛成する国民は意外にも多いと私は考えます。

ただ、ネトウヨを始め憲法改正を支持する人達の目的は「自分の国を自分で守る」という米軍の排除、或いは影響力低下にあるはず。

しかし、一度憲法を改正して自衛隊を正式に国軍と認めた場合、アメリカは「集団的自衛権」や「同盟国の危機」を理由に自衛隊の「海外派兵」を強く要求して来るはずです。米国の財政負担を軽減する為に。

こうして「普通の国に成る」という悲願は「米軍の戦争に協力」する結果を生み出します。


■ アナクロな「普通の国」の幻想を振りまく日本会議はCIAの宣伝部隊? ■


「戦争が出来る普通の国」という解釈には二通りあります。

1) 米軍に頼らずに自国だけで自国を守る
2) 世界の警察としての米国に一方的に負担を強いる事を止める

ネトウヨを始め、多くの日本人は1)の様に考え憲法改正を支持しますが、自民党の幹部達や、官僚達は、2)が本当の米国の狙いである事に自覚的でしょう。

そこで米国や対米従属を良しとする政治家や官僚は「普通の国」の幻想を振りまく必要が有ります。そこで利用されているのが日本会議でしょう。

「成長の家」の若い活動家達が日本会議の前身を組織した時には、目的は戦前回帰だったのかも知れませんが、その運動は時が経つにつてて形骸化し、本人達も知らぬ間に「普通の国幻想」をばら撒くシステムに変質していると私は考えています。

もしかすると安倍首相ですら、その変質には気づいていないのかも知れません。

トランプ大統領や米国の権力者に頭を下げながら・・・「今に日本も普通の国になってやる」という幻想に浸っているのかも知れません。

だから憲法改正に固執し、総裁選で反逆者を許さない。「大儀は我に在り」と信じて疑わないのでしょう。

■ アメリカの要求を断れるかは、小学生でも分かる ■

仮に日本のトップ層が、「普通の国になってアメリカから真の独立を勝ち取る」と考えているにしても、日本の政治家や官僚機構がアメリカに表立って反旗を翻す事が出来ない事は小学生にだって分かります。アメリカの要求に日本はNOとは言え無い・・・。

これは当然石破氏にも分かっている事です。ただ、彼は元々、憲法改正の支持者ですから、安倍首相に抵抗して見せるのは、安倍首相の性急な憲法改正を牽制しているに過ぎないと私は見ています。

国民世論は未だ、「憲法改正」に躊躇する人達が大勢います。左巻きの方々や高齢者の大半は当然として、対米従属の事実に自覚的な知識の高い人の多くも、憲法改正によって自衛隊がアメリカの道具に使われる事を警戒しています。

憲法改正の機運が熟成する前に下手に国民投票を実施すれば、1/2以上の賛成が得られずに、当分の間「憲法改正が政治的タブー」になる可能性は否定出来ません。


石破氏は中途半端な改正案で国民投票が否決される事を恐れている・・・今回の何にメリットも無い出馬の裏には、こんな思惑が隠れているのかも知れません。(妄想です)


■ 安倍圧勝ならば、北朝鮮イベントが起きるハズ ■

2、3日前、私の住む浦安で「Jアラート」のテスト放送が流れていました。米朝緊張緩和が勧められ様とする今、北朝鮮への不安感を煽るのは地方自治体としてもドウヨ・・・と思ったのですが、多分、政府の支持でのテスト放送だと妄想しています。

自民党総裁選は安倍氏の圧勝に終わると思われますから、そこから憲法改正に一気に進むには、北朝鮮イベントが何としても必要。その時、Jアラートがしっかり発令される為に、事前チェックをしている・・・・なんて妄想は膨らむばかり。


アメリカの支配層もこのシナリオを支持するでしょう。約束を反故したとして、北朝鮮に強い軍事圧力を掛けて金王政を排除するも良し、温存して傀儡にするも良し(今でも傀儡だと思いますが)。


何れにしても、通常弾頭のノドンが日本領海に落下するだけで、憲法改正の機運は一気に盛り上がるでしょう。


いつもながらの妄想に過ぎませんが、私なら北朝鮮をそう使う・・・。



<追記> 8月29日はJアラートの全国一斉試験放送だった様ですね。


13


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ