2019/1/8

FRBはバブル崩壊を防げるのか・・・問題は過剰流動性  時事/金融危機
 

■ 行き場を失いつつあるマネー ■


原油安 → 株安 → 米国債高(金利低下) → 長短金利逆転(逆イールドカーブ) → 株安

昨年後半からの市場の混乱は、最初は原油価格の下落にその兆候が表れました。原油先物市場は価格変動が大きいので過剰流動性の溜まり場となり易い。ここ10年を見ても原油価格は40ドル台から100ドル越えまで短期間で多くく変動を繰り返しています。

一方で原油は資源なので需給バランスの影響を受け易く、高値を維持していても景気の先行きに不安が観られると、先行して価格げ下落する傾向も有ります。

今回、原油価格に加熱感は無かったのですが、9月に74ドル代を付けた後は、ダラダラと値下がりを続け、48ドル台になっています。原因は景気先行き懸念や、米中貿易摩擦など色々と言われます。

原油市場から資金回避が発生すると、それに連動するかの様に昨年末に掛けて、株式市場から資金が回避し始め、それらは安全資産の米国債市場に流れ込みます。一時は3%台を付けていた10年債の金利が下がり始めます。(債権価格は上昇)

一方でFRBは着々と利上げを続けているので、昨年末には長短金利が逆転する逆イールドカーブが発生します。この長短金利の逆転ですが、原因は過剰流動性が米国債市場に流入した事なのに、市場は「景気の先行き懸念」を意識して、リスク市場からさらに資金が逃げ出す結果となっています。

■ FRBが利上げを停止すればバブルは崩壊しないのか ■

FRBのパウエル議長が利上げ停止を匂わせた事で市場は安定を取り戻したかに見えますが、ダウにしても日経平均にしても、ピークは明らかに過ぎてしまった。今後は上がる期待よりも、下がる恐怖が意識されます。

市場の混乱の原因はFRBの利上げですが、ではFRBが利上げを停止すれば資産市場は再び上昇に転じるのでしょうか?

答えはNOでしょう。

市場は既に「無根拠な期待」を失っています。今回のバブルはリーマンショック後に供給された大量のマネーが作り出したものですが、これが持続可能だとは市場参加者の誰もが思ってはいません。ただ、「行ける所までは行こう」という集団心理の様なものが市場を支えていたに過ぎません。

FRBは利上げを停止しても、余程の事が起きない限り、緩和的な政策を再開するとは思えません日本も欧州も同様です。最早、市場には「誰もが儲かる」程のマネーは供給されません。

過剰に供給された流動性を、いかに市場に徘徊させようとも、思う様な利益が出ない状況が続くと、「そろそろ」という意識が市場を支配します。ここでFRBが資金供給量を増やす様な事になると、むしろ市場は「終わりの始まり」の意識を強めます。「FRBが金融市場をコントロール出来なくなった」と市場が受け取るからです。


■ 後はカモを餌食にするだけ ■


目先の利く投資家は、既に利確していますが、ファンドや年金など運用を余儀なくされる資金と、損を取り戻そうとする個人投資家をカモにする為に、今後は荒い値動きが続くでしょう。

上昇が何日か続くと、ストンと大きな下落がやって来て、そして再び、チョコチョコと上昇しては大きく下げる。上がる時も、下げる時も微妙にタイミングをずらされるので、個人投資家の損失は膨らみます。


■ テスラとソフトバンク ■


今回の下落の切っ掛けはアップルの業績の下方修正だと言われています。しかし、私は大暴落の引き金を引くのはテスラでは無いかと妄想しています。

テスラはモデル3のバックオーダーを大量に抱えていますが、未だテスラを手にしていない予約客は1000ドル、日本円では15万の予約金をテスラに預けています。これが当座のテスラの運転資金を支えていました。

しかし、景気減速が意識され、株価が下がり、原油安から電気自動車のメリットも後退すると、そろそろモデル3のキャンセルが大量に出始めるかも知れません。そうなると、テスラの経営危機が再び囁かれる様になり、株価の下落幅も大きくなります。既に昨年までに1/4強のキャンセルが出ている様です。

昨年中頃には経営破綻が現実化していたとマスク氏本人が明かしていますが、株価が下落し始めると、テスラが資金繰りの為の売却した株が下落に拍車を掛け、そこを空売勢に狙われます。昨年の株式公開中止騒動は、そうなる事を予測しての行動だと思いますが、結果はリスクを残したまま。

テスラは2020年までに中国に工場を建設するとぶち上げましたが・・・トランプがこれを看過するのか・・・。何となく、アドバルーンの様な気がします。

バブルの崩壊の最大の原因は「夢の剥落」ですが、まさにアメリカンドリームの象徴だったテスラは、夢の終焉の切っ掛けには「丁度良い」アイコンかも知れません。

日本ではソフトバンクが似た存在では?
9


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ