2019/5/1

「令和」最初のアドベンチャー・・・目指せ「聖地・城端」  自転車/マラソン
 
■ 目指せ アニメ聖地 「城端」 ■

改元に伴い10連休となった今年のゴールデンウィーク。「令和」記念として、何かいつもと違う事をやりたい・・・。でも、好きな事で達成したい・・・そこで思いつきました。

「自転車に乗って、PA.WORKS の本拠地、富山県の城端に行こう!!」



富山県南砺市城端に本社を置くPA.WORKSは、『true tears』や、『花咲くいろは』など、「聖地巡礼」ブームの火付け役とも言える作品を製作しています。

作品の多くに、PA.WORKSの本社のある城端周辺の風景が描かれていて、訪れるファンも多い。『花咲くいろは』の舞台となった金沢の「湯湧温泉」も城端から、そう遠くは無い場所にあります。


クリックすると元のサイズで表示します
『true tears』より


そして、2017年公開の『サクラクエスト』は、城端をモデルにした「間野山」の地域振興に奔走する5人の女性を描き、作品はまさに城端の景色をを中心の展開されます。

クリックすると元のサイズで表示します
『サクラクエスト』より




家内の実家の飛騨高山に近い事もあり、家内の帰省の時に立ち寄ろうと思っていましたが、せかくの10連休なので、自転車で城端まで行けるかチャレンジしてみます。

ルートは下の通り。

1日目 浦安 → 直江津

一昨年挫折した、東京から直江津を一日で走るコース。白根山の噴火以来、通行止めになっていた草津から渋峠に至る国道が開通したので、渋峠にチャレンジするつもりでしたが、噴火警戒レベル2のままなので屋根の無い乗り物は通行できません。

仕方ないので、浅間山を間近に見られる「二度上げ峠」から「嬬恋」「菅平」を超えるルートを引いてみました。距離300km、獲得標高2700mのタフなコースです。平坦な関東平野を夜中から明け方に抜け、高崎から山間部に入ります。前半でどれだけ脚を残せるかがカギ。





2日目 直江津 → 氷見

直江津で一泊した後は、『true tears』の聖地の一つである、富山県の「氷見」を目指します。途中、「親知らず子知らず」など景勝地を通るので、ゆっくりと景色を堪能しながら走る予定。

実は氷見は藤子不二雄(A)先生の出身地でもあります。さらには2006年からビックコミックスピリッツで連載されていた原秀則の漫画『ほしのふるまち』の聖地でもあります。(行政は後者二つの聖地を前面に押し出しています)



3日目 富山 → 城端

富山市内で一泊した後は、いよいよ城端に向かいます。途中、高岡に立ち寄ります。ここも『true tears』のヒロインの一人、アイちゃんのお店のある場所です。最近のアニメ映画『君の膵臓を食べたい』の聖地でもあります。





1日目が強行軍ですが、ギア付きの自転車なので、トラブルが無ければ夕方には直江津に到着できるでしょう。問題は二日目に脚が残っているかどうか・・・。どれだけ強度を上げずに走れるかがポイントとなります。風向き次第かと・・・。




さて、「令和最初」の「人力・聖地巡礼」。果たして達成は成るのか・・・・。結果はGW最終日頃にアップします・


<追記>

実は、一番の楽しみはPA.WORKSの本社を訪ねる事だったりします。連休中でお休みかとは思いますが、チラっと中など拝見出来たら最高かなと。まあ、無理だとは思いますが、どなたか、関係者の方、このブログをお読みになっていないかな・・・。
4

2019/5/7  3:42

投稿者:人力
ゆうこ さん

山は高く、谷は深く、厳しい戦いでしたが、勝利しました!!

2019/5/7  3:41

投稿者:人力
よたろう さん

オリジンのNHK版、OPとED付きの30分枠だと見易い感じがしました。

江戸川の新しい橋、完成したのですね。誰得?って感じの場所に掛かる橋ですが、よたろうさん得の橋だったのですね!!

2019/5/2  17:15

投稿者:ゆうこ
うーん!自転車で無理だと思う(笑)
山は高いよ谷は深いよ・・・頑張りすぎないように!

2019/5/1  13:54

投稿者:よたろう
『Fairy goneはご覧にならないのですか?』

私は進撃の巨人と被っているのでパスしました、しかも漫画版は別冊マガジン連載でそちらとも被ってます。
しかも別マガは盗作疑惑のある「かつて神だった獣たちへ」も連載されています…カオスだ…

令和になりましたが、私は相変わらず3連休以上休めず飛び石なので家に籠り積んでたガンプラを仕上げました。
平成のうちに何とか「リアルグレード(RG)ユニコーンガンダム」が完成です。
RGシリーズの初期はパーツの脱落や過度なアレンジが好きでは無かったのですが最近では改良も進み
デザインも原作寄りになっているので中級者なら手を伸ばしてみるのも一興ですね、塗装も墨入れ程度で十分です。
夏に発売の控える「νガンダム」の出来もかなり良さそうです、既存のHGUCの完成度が高いだけに越えるのは難しいと思われましたが。
1/144サイズの決定版になるやもしれません…令和に及んでも昭和最後のガンダムが持て囃される状況ですがw
ガンダムオリジンの地上波放送も始まりましたし宇宙世紀はまだまだ消費されそうです…

とはいえたまには少し運動をと思い自転車で川沿いを伝い妙典まで赴き買い物を済ませようと思ったのですが。
東西線車両基地傍で工事を続けていた「妙典橋」が3月末に開通していたようなのでさらに脚を延ばしクリーンスパで一風呂浴びました。
普段なら送迎バス頼りでしたがこの橋からなら駅から徒歩で行くのも一興ですね、外環道も完成しこの行徳近辺のインフラも変貌しそうです。
まぁ、人力様程のライダーなら旧道沿いだろうが357沿いだろうが関係ないでしょうがw

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ