2019/7/24

バブルが最後の膨張期に....最後の逃げ時  時事/金融危機

ダウもs&pも上がる上がる。

最後の売り時、逃げ時でしょう。ここから先は、相場以外にショックでいつでも崩れるパターン。中東情勢とかね。市場を眺めているだけでは回避不能だから、素人はソロソロ撤退した方が良い。

問題は投資なんか無関係な庶民の資産が最終的にに逃げ遅れる事。ゆうちょ、農林中金、地銀、メガバンク、投資信託などが一斉にカモられる。

こういう時は現金が強い。普通預金か本当に現金化してた貸金庫かタンスの中。
14

2019/8/1  22:25

投稿者:ぎんやんま
鍛冶屋さん

素人の何気ない疑問に答えていただきありがとうございます。
いろんな主観の入った概説(不作為に見た概説ですからソースは求めないで下さい)を読んだ感じで言えばMMT論とは名前の通り貨幣の本質についての一つの理論ですよね。
なので現状を追認するかのように今後もインフレ及び財政破綻はしないとか、財政破綻論者のようにいやいやそれは遠からず起きるはずだといった
議論になるのは当然でしょう。
理論が正しいかどうかを立証するには実証実験が必要ですから。
なので理論は理論だけにはとどまらず正しさを立証したいとの欲求に進展していくんだと思います。
偶然?にも日本は既に実証実験中のような状態になっていますがMMT論からいえば相当にブレーキ踏みながらの状態だと思います。
MMT論を支持する人たちの中には「youたちもっとブレーキ緩めちゃいなよ」的に実験をさらに推進していこうとする者が少なくないのも事実だと思いますが各国の為政者もそんなに単純ではないのでしょうね。
各国中央銀行の仮想通貨への警戒感などを見てもMMT理論など論外な感じにも見えます。
逆にやったもん勝ちな感じもありますけどね。
戦争や危機を起こす、隣国の成長を阻害する、まじめに人材レベルの向上を促すなど相対的な国力増強方策の一つとして有効であるならこれもアリなんですかね。

ともかく、結論ありきの議論は主張のお披露目だけに終わってしまい、betterなものは生まれませんし盛り上がりません。確定されていないであろう事象の認識を間違いだと断定して正す(諭す?)というスタンスも同様だと思っています。
何でも盲信ってのが一番怖いんですよ、人間万事塞翁が馬です。
なので鍛冶屋さん、人力さんとは議論ではなく思考実験チックな感じ希望です(笑)

2019/7/31  10:50

投稿者:鍛冶屋
こんにちは 人力さん。

ご返答をいただきありがとうございます。
主流派(古典派)経済学が、バブルやイノベーションや発展を生み出すと言う見解は興味深いです(正直、えぇ〜??そんなアホなっと思います ^^;)。
それらのお説についても、是非お披露目ください(是非論じましょう!)。
>中規模の政府が理想・・・とはちょっと抽象的すぎますが、こちらも自分的にも思うところがありますので、見識・記事を期待しています。


あまりに話を広げすぎるのも話がとっ散らかるので、MMTの理論的な是非を争点にしませんか。
MMTをトンデモ論・暴論・偽論と卑下される人力さんの、”ここの見解はおかしい、本当はこうだろう”・”その流れは間違っている、実際はこうだ”っといった、理論の矛盾を付いての批判を期待しています。

2019/7/31  7:08

投稿者:人力
鍛冶屋さん
私はバブルの温床となると主流派経済学に否定的ですが、一方でバブルがイノベーションや発展を生み出す事を否定しません。

新自由主義的な小さな政府にも否定的で適切なな所得再配分機能を有する中規模の政府が理想だと考えています。一方で社会主義的な非効率な大きな政府は怠け者と、政府に寄生して甘い汁を吸う輩の温床となるので唾棄すべきものだと考えます。

一応ご質問にあったので私の立ち位置をご説明しました。

2019/7/30  22:28

投稿者:鍛冶屋
人力さんはお忙しそうですので、先にReさせてください。


>ぎんやんまさん

>MMTが天下の暴論かどうかはともかく、前提として
>「過度なインフレが起きなければ」とか
>「まだ日本は破綻していないじゃないか」など事象が
>現実化した時のことを考えると
>かなりリスクの高い理論だというのはわかりますね。

皆さんここで分かったつもりになってしうから、結局分からない(理解してもらえない)ままに流言飛語が広まってしまうのでしょうね。
マスゴミも、”MMTを実行すると(^^;)どうしてインフレになるのか?”や、そも”国が破綻する”とはどういう状況なか?を言いませんよね。まぁどっちもおきようがない事ので、言える(説明できる)分けがないのですが。


出来れば↓の人力さん宛のReもお読み頂きたいのですが...。
MMTはあくまでも純粋理論であり、それを実行する・実行しない”とか戦略的・戦術的理論ではありません。

MMTは現代における、

”貨幣とはなんぞや?” =貨幣の本質
”貨幣は誰が作る(どうやって増える)のか?” =信用創造・銀行と財政のシステム
”貨幣を貨幣たらしめているものは何か” =租税貨幣論

などなどの事柄(つまり現代においてお金って何?)を分かりやすく”説明”しただけものであり、まさに”現代(の)貨幣(に関する)理論”です。
ですから改めて”実行”するまでもなく、政府も銀行も企業も我々国民も、普通に使用しているシステムなのです。

2019/7/30  22:27

投稿者:鍛冶屋
---------------------------------------

>・・・ケルトン教授やレイ教授もインタビューなどで
>さらっとおっしゃってます。国家の財政状況など国民の
>不安感を増幅させるようなものはいっそ隠しておいた方が
>いいかもってこともさらっと言ってましたね。
そのインタビューはネットで見れますか?。
できれば自分も拝見したいので、もし出展元わかれば教えて頂けませんでしょうか。

自分が拝見した動画でケルトン教授が、”赤字国債とは、通貨発行量の記録である(それ以上ものではない)”と仰っていましたが、まさにコレ! 目から鱗が落ちる言葉でした。ホントいったい誰が、”赤字国債”=”借金”って言い出したんだろう?。


>ただ赤字国債を乱発してきたこれまでの予算との違いが
>わからないんですよ。
MMTと財政拡大政策は”直接”には関係ないのですがそれは置いておいて、違いがお分かりならないのは当然、だって同じものなのでですから。

小泉さんが首相になる前は”普通”になされて来た、本来苦しい時こそ”政府”がイタミをともなうって事を、今は”民間(国民)”に押し付けているだけです。
MMTを施政の反映とするなら(反映させるも何もないのですが・・・)、資本主義社会において常識的な事を普通にしましょうよって事です。


>日本って緊縮財政し過ぎな国でしたっけ?(笑)
こちら→https://www.nippon-num.com/ で、日本の様々な指標が見れます。
色々なグラフを並べてみれば、日本の転換期が何時だったのか?・これからどうなっていくのか?が見れて面白い(怖い)ですよ。

2019/7/30  6:20

投稿者:ぎんやんま
横からごめんなさい。
MMTが天下の暴論かどうかはともかく、前提として「過度なインフレが起きなければ」とか「まだ日本は破綻していないじゃないか」など事象が現実化した時のことを考えるとかなりリスクの高い理論だというのはわかりますね。これらはケルトン教授やレイ教授もインタビューなどでさらっとおっしゃってます。国家の財政状況など国民の不安感を増幅させるようなものはいっそ隠しておいた方がいいかもってこともさらっと言ってましたね。
このさらっと言うのが実に怖い(笑)
日本の実質的な成長力が世界に対して相対的に低下していく中で生活レベルや公共サービスを維持しあまつさえ向上させていく方策として魅惑的ではあります。
ただ赤字国債を乱発してきたこれまでの予算との違いがわからないんですよ。日本って緊縮財政し過ぎな国でしたっけ?(笑)

2019/7/29  11:21

投稿者:鍛冶屋
>老人ホーム探しなどでバタついて・・・・
ごくろうさまです。
落ち着かれましたら、ぜひ詳しい記事にして頂ければありがたいです。

自分も、以前近場で何件かあたってみたのですが、正直もう何を基準に考えれば良いのか分からなくなっています。


>先日ケルトン教授が来日して、色々と???な発言をされて>いったので、MMT熱も冷め始めている様ですが。
人力さん的に、何が?・何処が? だったのかを是非。

印象だけや根拠なしにただ揶揄するのではなく、”ここがおかしい、それはこうだろう”っと、論旨・論拠を持っての批判を期待しています。

また、MMTは虚偽とされる人力さんご提唱論においての、
・貨幣とはなんぞや?、公債発行・償還プロセスは?
・信用創造とは?
・税の役割・意義 などなど
もぜひお聞かせください。

2019/7/29  3:09

投稿者:人力
鍛冶屋 さん

ちょっと老人ホーム探しなどでバタついているので、又改めて記事にします。

先日ケルトン教授が来日して、色々と???な発言をされていったので、MMT熱も冷め始めている様ですが。

2019/7/29  3:02

投稿者:人力
はぬまん さん

スイカなど電子マネーや、クレジットカードで支払う事が多くなると、小銭ジャラジャラというのは煩わしく感じますよね。

私も自転車で出かける時に、スイカと1000円札一枚で出かけた事が在りますが・・・自転車のトラブルでローカル線に乗ろうと思ったらスイカが使えなかった・・・。目的駅まで現金が60円足りず、事情を話して改札を通してもらい、後から郵送で60円を送金しました。

万が一、強烈な太陽嵐が地球を襲い、コンピューターネットワークが破壊された場合、電子系の決済が一切出来ないなったりしたら、現金にプレミアムが付いたりして・・・。500円玉貯金が宝の山になるかも知れません。

2019/7/27  16:34

投稿者:鍛冶屋
>「金は紙切れなんだから、どうなろうと同じ」、
>「なければ幾らでも刷れば良い」・・・・世の中、
>そんなに単純には出来ていないと思いますよ。
そうですね、そんな単純なものでは無いと思います。
もちろん(まともな)MMTerさん方々も、そんな暴論を提唱されておられる方はいらっしゃいません。
”MMT=異端”っと決め付け、その内容・理論を精査されていない方の謗りに過ぎません。

人力さん、本当にMMTの内容をご理解なさってます?。


>実際に大規模なバブル崩壊は実体経済を痛めつけるので、
>多くの人が失業する事になります。
人力さん論では、だから実体経済の規模をわざわざ小さく(疲弊)させ、いつ起こるのか?・起こるかどうかもわからない危機の影響を極力被らないように(無理!)しよう…って政策をしてるって事なんでしょう?。
本当に施政者がそんなこと考えてるなら、メッチャ怖いですな^^;)。


>MMT的な政策では、政府が国債を大量発行してこれを日銀がファイナンスし、
>失業者にお金をバラまく事が推奨されますが・・・
その施策案は、MMTerの何方が提唱されてるのでしょうか?。
そもMMTには、ただお金をばらまけば景気が回復する・・・なんて論は何処にも無いはずですが、もしや私が認知してないだけでしょうか?。
もし出展あれば、ぜひ教えてください_(__)_。

少なくとも中野さん・藤井さん・三橋さん系統の論者では、バラマキ政策は悪手とし、民主党時代の子ども手当なぞも批判なさっておいでですよ。
とうぜん、自分もそう思います。BIなども同様で、それがシステム的に可能であるかどうかと、じゃぁそれをすべきかどうかの論は全く別でしょう。

--------------------------------------------

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ