2019/9/18

サウジの石油施設攻撃より怖い内閣改造  時事/金融危機
サウジの石油施設攻撃、
仕掛けが雑なので、
陰謀大好きの私の琴線に触れない。

それよりも安倍内閣の地味な閣僚の経歴方が面白い。
「出がらし」なんて思ったら大間違いで、
かなり毒のある内閣。

小泉進次郎に衆目を集める裏で
何が画策されるのか?

自衛隊の湾岸派遣は憲法を改正せずとも可能であるが、
国民の抵抗感は大きいはず。

コレを派遣やむなしとするには、
原油供給に対する国民の危機感が必要。

その意味で、原発反対の小泉の入閣は都合が良い。
原油が高くなったから、原発を動かせという世論を抑え込める。
リベラルを自称するメディアはまんまと乗せられ、
結果として自衛隊の湾岸派遣のハードルを下げる事になる。

ボルトンを追い出したかに見えるトランプ、
しかし後任も軍事産業から登用。

ボルトンは旗ふり役で、
ここからは実務派の仕事という訳か?


「トランプは軍産複合体と戦っている」という
安いシナリオに飛びつくロマンチストの陰謀論者も多いが、
世の中そんなに甘くない。


「イランは超えてはいけない一線を超えた」
「神の鉄槌が下る時だ。」
そう、トランプがツイートしても誰も驚かないだろう


ただ、それまでにはまだ時間が必要。
それは、アメリカ経済脱中国というプロセス。
生産施設を中国、韓国から
タイやインドネシアやベトナムに移転して、
「チャイナフリー」「コリアフリー」を達成すれば、
アメリカは中東で中露と対峙する事が出来る。

一方でドルへの攻撃も当然予想されるので、
リーマン級以上の危機と、米中露の対立はセットだ。
多分、経済危機が先行し、
その混乱の中で中東で戦端が開かれる。

原油価格高騰はドル安に歯止めを掛ける。

お粗末なサウジアラビアの石油施設攻撃であるが、
妄想のネタにはなる。




本日はスマホでポチポチと入力。
9

2019/9/25  6:46

投稿者:人力
12月の子 さん

ほぼほぼ私と同じ見立てです。

気になるのはドルや既存通貨システムの行方。アメリカと中国が対立すれば、米国債の需給バランスが大きく崩れます。アメリカは中国保有の米国債を凍結すると予想されますが、中国はベルギーなどを通して米国債を売り浴びせるかも知れない。

多分、ドルの信用危機に発展すると思われますが、既存通貨や金融システムが先進国の成長の限界を作っているならば、これを機会に、通貨の電子化が一気に進む可能性も有ります。原油価格が高騰したならば、新通貨の価値の裏打ちに原油価格を組み込む事も出来ます。現在のSDRの様な通貨バスケットにコモディティーを組み込んだシステムが出来るかも知れません。

2019/9/24  7:36

投稿者:12月の子
>安いシナリオに飛びつくロマンチストの陰謀論者
そんなに甘くないと自分も思います。
ディープステートは、得意の「ディバイド&ルール」と
して新たな冷戦体制を構築しているのではないか。
自らを右派左派に分けて。
トランプを大統領にしたのは誰なのかを考えれば、それ
は明快なことでは?

第二次安倍政権の誕生、ネットや海外での妙な日本持ち
上げ言論、第二次大戦の真の事情の拡散やそれによる日
本の若者たちの右傾化、トランプ政権の誕生、韓国極左
政権の誕生と反日激化、日本による半導体3品目の対韓
輸出規制とマイクロン・テクノロジーの台湾工場拡張の
妙な時期的一致、アメリカの台湾への武器供与拡大と香
港民主化デモ激化、そのすべてが一本の線でキレイに繋
がっているように思います。

アチソンラインは対馬まで下げられ、やがてアメリカは
「ストロング・ジャパン」を謳い出すでしょう。
いずれは自衛隊基地に米軍の核ミサイルが配備されるの
でしょうし、自衛隊の国軍化もなされ、在日米軍は戦力
としては縮小され、ヘッドクォーターとしての役割にな
るのでしょう。

かつてのGHQたる横田基地(現在でも在日米空軍総司
令部、国連軍東アジア方面司令部があり、中東での戦闘
時もNATOの基地からではなく横田から航空戦力は送ら
れるし、ほとんど米軍の地球東半分のヘッドクォーター
の役割を持つと言っても過言ではない要所)に自衛隊が
入り、米軍と自衛隊の一体化が顕著になった時から、な
んだこれは、と思ってたんですが。

安倍とトランプ、ディープステートの同じサイドの役
者、と考えればそりゃ仲良くして当たり前かと。

2019/9/19  11:08

投稿者:人力
龍一さん

ネットの情報も玉石混淆で、ネットを利用した情報操作も始まっているので、ネット情報へのリテラシーも問われる時代ですよね。

ただ、ネットに頻繁にアクセスする人達の世界観が既存メディアの描く世界観からずれ始めており、令和新撰組やN党はそこに上手にアピールしています。。

山本太郎氏は政治パフォーマーとしての才能があり人を惹きつける魅力が有ります。

一方、立花氏はネットのアンギラメディアの代表者みたいな存在で、裏情報を提供する事で信用を得る手段を用いていますが、私個人としては、手段を選ばぬ政治手法と、攻撃性を堅持する事で支持を集める「ネットゴロ」の様に写ります。令和もN党も、既存野党の枠組みに揺さぶりを掛ける存在ですが、結果的にに野党に流れる浮動票の受け皿となる事で、既存野党の弱体化を早め、自公が有利になる結果を意味出しています。そしてメディアがこれらの2党の報道を増やした分は、既存野党に関する報道が減って、更に既存野党の存在感が薄れるというスパイラルが発生しています。

立花氏は日本会議の影もチラついていて、暴露は本当だけれども信用して良いかは注意が必要だと私は判断しています。維新の会に似た存在で、主張と目的が別なのかなと感じます。

大阪維新会は保守の皮を被った同和系集団でしたが、右傾化が著しい日本では支持を集め易い。福島の汚染水問題も仮に大阪で放出を受け入れるとなると、その利益の多くは産廃業界に流れ、維新の利権になる。

立花氏の映像では有りませんが、既存メディアを疑う人達に対して、ネットメディアは新たなる罠を仕掛け始めており、この匂いを嗅ぎ分けてイロイロと妄想するのも陰謀論の新たな楽しみになっています。

「全てを疑う」という立ち位置が陰謀論者。あくまでも遊びであって、ポジションを取ると遊びで無くなるので注意が必要です。

2019/9/18  18:40

投稿者:龍一
私は今年からテレビを見なくなりました。
ユーチューブ主体で情報を収集しています。
地上波、新聞から情報収集していてはダメだと思います。

これを見てください。
https://www.youtube.com/watch?v=wYtg9iF_Myc

時代はすごい勢いで変わっています。ニュースの裏を暴くのは大変かもしれ
ませんが、これからも頑張ってください。

2019/9/18  13:27

投稿者:人力
777さん

第二次世界対戦の直前も、世界恐慌以降、植民地によるブロック経済が強固になり、その利害の対立から大戦へと発展した。ドイツやイタリアや日本などの遅れてやって来た帝国主義国家の分け前が少なかった事が原因かと。

核の時代に大国間の全面戦争は出来ませんが、アメリカ一国の世界覇権は終わり、ブロック内での連邦国家の時代がやって来る。EUで実験し、危機を利用して推進する。

ブロック内での労働力の移動が自由になると、資本家は儲かる。

2019/9/18  11:33

投稿者:777
ボルトンはユダヤ系の統一政府を目指すグローバリスト

トランプは american first の民族主義の帝国主義者

中国は一帯一路で chinese first の帝国主義

イギリスは昔の大英帝国復活を目指しているし


これからは19世紀に流行ったブロック経済の復活の時代ですね



明らかに方針が変わっています。
元には戻らないでしょう。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ