2019/11/13

何故、今頃追及されるのか・・・桜を見る会  時事/金融危機
 

■ 皆、知ってって言わなかった事 ■

総理主催の「桜を見る会」が、「税金を使た後援会接待」では無いかと追及されています。

共産党の田村智子議員の国会質疑が秀逸でした。時折、笑いを誘いながらも、外堀からジワジワと埋めて行き、首相が答弁すると、それを否定する情報をすぐに提示する・・・。下手な刑事ドラマよりも面白かった。(質問者席の後ろの女性議員の反応も良かったです。お茶の間代表みたいで。)

安倍首相の招待客の数は800人を超えるそうです。国民にも分かり易い「政治の私物化」事件ですから、メディアが煽れば安倍政権は耐えられないでしょうが・・・きっとそうは成らない。

毎年、芸能人も含め多くの有名人が参加する事で、ニュースにもなっている桜を見る会。「首相主催の会」に呼ばれたという名誉と、「有名人に会える」という実利がセットになって「魅力」を高めています。

「桜を見る会」が与党議員の後援会の接待の場になっている事ぐらいは、野党議員とて以前より知っていたでしょう。(チケットの横流しも横行しているみたいで、ブローカーが議員のパーティー券とセットで8万円で売っているなどの情報もネットにはチラホラ)

民主党政権時代も「桜を見る会」は催されており、当時政権政党だった民主党議員も後援会関係者を招待していると報道されています。

要は、「桜を見る会」は税金を使った後援会接待の場である事は、野党も以前より知っていた訳で、当然、共産党も今回初めてその実態を知った訳ではありません。何故、今回、共産党がこの問題を「今さら」持ち出して来たのか・・・その事の方が私は気になります。

■ 国会における与野党の阿吽の呼吸 ■

国会の流れを観ていると、第二次安倍政権になってから、以前だったら「内閣総辞職級」の疑惑が出て来ても、野党が政権を追い込み切れないケースが続いています。

1) 週刊誌で疑惑が報じられる

2) 国会の初期に疑惑の追及が始まる
3) 最初はメディアを含め、問題が重要視される
4) 官僚などから情報が野党にリークされる

5) リーク情報は「決定的証拠」であるが、警察も検察もそれを証拠と認めない
6) 一応、地検特捜部が捜査に入るが、むしろ証拠資料の流出を防ぐ役割を果たす

7) 野党は調査委員会なで官僚を追及するが、のらりくらりと逃げられる

8) だんだんと、ニュース性を失い、国民の興味も薄らぐ

9) ネトウヨを中心に「だらしない野党が悪い」という風潮が流布される

最初のうちこそは、野党の疑惑追及は安倍政権にプレッシャーを掛けはしますが、結局追及し切れなかった野党の支持率が失われます。そして内閣支持率が上る・・・。

疑惑の追及を、官僚と警察や検察が一体となって妨害しており、メディアもそれに加担しているのですから、野党が追及仕切れないのは当たり前です。この事自体が、既に民主主義が機能していない事を象徴しているのに、それを問題視する国民はあまりに少ない。

さらに・・・野党は追及に手心を加えている節が有ります。

モリカケ問題にしても、各省庁から資料提出を待つばかりで、独自の調査を敢えてしていません。資金の流れを調べたり、工事費の見積もりを精査すれば、政府を追い込む事は可能でしたが、彼らは敢えてこれを怠っています。個人のジャーナリストや、ブロガーなどは、かなりいい線まで、これらを調べていました。その様な情報がネットに転がっていても、野党はそれを利用する事をしません。

■ 決定的に安倍首相を追い込める「火炎瓶事件」は追及しない野党 ■

モリカケ事件は首相の関与の証明は、やや難しい事件です。ただ、財務省が組織ぐるみで隠蔽した為に、むしろ首相の関与がクローズアップされてしまった。(尤も、安倍首相が「私か私の妻が関与していたら、首相を辞し、議員も辞職します」と言い切ってしまったから財務省は慌てた訳ですが・・・)

モリカケ問題よりも、国民に分かり易い問題は「ケチって火炎瓶事件」でしょう。

安倍首相の事務所が地元の地方選挙で、支持する議員を勝たせる為に、暴力団関係者に依頼して選挙妨害をした事件です。この時、妨害を働いた者に約束の金額を払わなかった為に、自宅や事務所に火炎瓶を投げ込まれた。

この事件、火炎瓶を投げ込んだ犯人の法廷で、安倍事務所の依頼によって選挙妨害があった事を裁判官も認めています。

週刊誌などでは報道されている「ケチって火炎瓶」事件ですが、大手メディアも、野党も、この事件に触れる事はしません。もし仮にNHKで報道されたら、一発で政権崩壊は間違い無しです。(山本太郎氏は国会で追及していましたが、報道され無ければ、無かった事に等しい)

この様に、野党は「弱小だから政府を追い込めない」のでは無く、「政府を追い込む振りをする」事が国会での役割の様に見えます。

■ 誰が得をしているのだろう ■

1) 疑惑を追及される安倍首相や自民党にはダメージ
2) 疑惑を追及仕切れなかった野党にもダメージ

一見、双方にダメージがあって、誰が得をしているのか分かりませんが・・・一連の騒動を裏で操っている者は莫大な利益を得ます。それはアメリカであり、世界の経営者。

1) 安倍首相を野党やメディアを使って追い込む
2) 野党やメディアを黙らせる条件で、日本に不利や条件を飲ませる
3) 逆らえば「逮捕されるぞ」と脅す

首相を始め、政治家達の情報を収集するのは諜報活動の基本です。盗聴や、ハッキング、そして議員秘書ら協力者によって、日本の政治家の情報は日々、諜報機関に集まって来ます。(妄想)

議員などという職業は、叩けば埃の出る身ですから、余程潔癖な人で無い限り、弱みを握られれば逆らう事は出来ません。

もし、本当に潔癖な方が居たならば、家族をネタに脅せば良いだけです。「お孫さん、カワイイですね」なんて、とある筋から言われたならば・・・それに逆らえる人は居ないでしょう。

まあ、偶に正義感が仇となって、自殺する議員や、自殺する記者が居る訳ですが、これらは「見せしめ」として絶大な効果が有ります。


■ 政治とは最初からハンディーを負ったゲームで何かを勝ち取る頭脳戦 ■

私は日本の政治とは「最初から大きなハンディーを負ったゲーム」だと考えています。

かつての日本の自民党の政治家達は、「政争」を繰り返している様に見せながら、権力を上手にたらい回しにしながら、アメリカの要求が集中する事を避けて来た。そして、官僚達は、阿吽の呼吸で、法案作成の段階で、アメリカの要求を無効化して来ました。

野党もこのシステムの中に組み込まれていました。55年体制においては、野党は自民党のブレーキ役として、まともに機能していました。

■ 私は小沢一郎を疑っている ■

この日本ならではの「絶妙なシステム」を壊したのは小沢一郎でしょう。彼は、小選挙区制を推進して55年体制を破壊し、自民党議員も党の執行部に逆らえない状態を作った。野党の弱体化も彼が原因とも言えます。半自民勢力を民主党に集結させてから、内部崩壊させた。

「2大政党制の実現」と言えば聞こえが良いですが、日本独自の「談合政治」機能を失わせたが故に、自公の国会独占や、安倍一強体制が生まれた。

■ 安倍首相はモリカケ事件以降、突然変わった ■


一方、第二次安倍内閣は、発足当時はアメリカに冷遇されていました。当時、海外メディアは安倍首相の背後にアナクロ組織の「日本会議」が存在し、安倍首相は日本を戦前の軍国主義に戻す事を目的にした首相だと疑っていました。

確かに安倍首相が唱える「戦後レジュームからの脱却」は「米国の傀儡からの脱却」と言い換える事が出来ます。これは、地方で圧倒的な権力を持つ「保守派=日本会議支持者」の悲願かと。


だから、第一次安倍内閣は短命に終わり、第二次安倍内閣にも、アメリカは距離を置いていた。

日米首脳会談もなかか開かれず、オバマは安倍首相に冷たかった。(イスラエルのネタニヤフ首相もオバマに避けられていましたが・・・)

そんな日米関係が改善したのは、モリカケ事件以降だと私は考えています。一方的に安倍首相がアメリカの要求を飲み始めます。そして、トランプに至っては・・・。


「安倍4選」も噂され始めた昨今、疑惑のデパートたる安倍首相は、世界の経営者には便利な道具に成り果てたのか・・・それとも密かに「戦後レジュームからの脱却」を遂行するのか・・・「バカの振りをした信長作戦」という可能性も皆無では無く・・・・それ故に「陰謀脳」がワクワクしてしまいます。

10

2019/11/18  5:15

投稿者:人力
ゆうこ さん

お久しぶりです。

民主党政権時代は2回中止されいます。一回は東日本大震災の後。そして、もう一回は北朝鮮の弾道弾の危険性を考慮した中止です。

名簿の公開が出来ないのは、個人情報の保護も理由でしょうが、反社会勢力が参加していた事がバレるのを危惧している事も一因かと。ネットには「桜を見る会」に参加しているヤ〇ザさんや、菅官房長官と悪手しているコワモテの方の写真がアップされています。まあ、政治とヤ〇ザは切っても切れない関係ですから・・・。

2019/11/17  21:59

投稿者:ゆうこ
桜を見る会は1952年から発足したんですって(へー)
当時は吉田茂か?懐刀は白洲次郎?
何人くらいでやったのかな?

wikiに詳しく書いてあります・民主党時代はなぜか鳩山由紀夫さんだけが桜を見る会を催してます
税金で賄うっていうのも当時からの決め事みたいですね

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ