2020/2/14

国会封鎖....s新型コロナウイルス  新型コロナウイルス
 
菅官房長官は本日の定例会見で次の様に発表しました

「安倍総理は3日前から微熱が続き、本朝8時に38度の高熱を発し入院。検査の結果、新型コロナウイルスの感染が確認されました。また、首相と「ペッペ」とツバを掛け合う程の論戦を戦わせていた黒岩議員も昨日、同ウイルスの感染が確認されたとの情報が入っています。

よって、通常国会は本日から14日間は休会とし、予算委員会に参加していた議員、彼らと濃厚接触のあった関係者、内閣府職員のウイルス検査を迅速に実施し、感染者は然るべき施設に収容いたします。

尚、この会見の記者の皆様方におかれましても、検査を受けて頂き、陰性であっても今後発熱等の症状がある時は、然るべき機関にて検査うを受けて頂く事になります。」


尚、国会議員の検査が実施され、共産党の田村議員、立憲民主党の辻本議員が陽性反応であったとの情報も入っています。


2月14日  毎朝新聞より




首相官邸

官房長官   総理、お加減はいかがですが?

首相     あ、熱あるっていうの嘘だから。

官房長官   それは良かったです。

首相     国会もメディアもウルサイ連中は皆、陽性にして隔離してしまえばいい。

官房長官   しかし、あまりアカラサマだと国民が不審に思うのでは?

首相     官房長官、君、熱っぽい顔していないかい?官邸担当の医者を呼ぼうか?

官房長官   イエイエ、ご心配には及びません。ちょっと部屋が暑いだけですから。

首相     しかしこれで「桜を見る会」からもしばらく開放されるな。

官房長官   ウイルス対策は手心を加えてありますから、そろそろ感染者が増える頃かと。

首相     これで世間はウイルス一色だ。





........という夢を見ました...。



■ 抜け穴だらけの防疫 ■

クルーズ船に3000人の乗員乗客を隔離するなど無駄な「やっている感」の演出に余念の無い安倍政権。一方で中国からの渡航者の規制は「14日以内に湖北省を訪れましたか?」というアンケートだけ。これ自己申告ですから、わざわざ日本まで来て○と答える旅行者は居ません。

結果的に中国からのビジネスや個人旅行は規制される事が無いので、感染者が日本に入国する事は容易です。尤も、一月の時点で湖北省からの観光客は大勢日本にいらしていたので、既に日本でウイルスは拡散しています。

中国に渡航歴の無い方の発症が確認され、死者も出ています。

これで政府や厚生労働省を責めるのはお門違いで、潜伏期間の長い感染力の強いウイルスを水際で食い止める事は100%不可能です。

■ 独裁国家中国のパワーと、民主国家日本の弱み  ■


中国は習主席が先頭に立って、かなり強権的な防疫体制を敷いています。情報公開も積極的です。

一方、日本政府は「水際対策が効果を発している」という願望にすがるだけで、既にウイルスが蔓延しつつある現実から目を逸らしています。新たに感染が確認された非渡航者への感染ルートを当たるよりも、インフルエンザ様症状を訴えた患者に積極的に新型コロナウイルス検査を実施すべき時期にあると私は考えます。

尤も、検査をしなければ患者は発生しないので、このまま春の到来をジッと待ち続ける作戦なのかも知れません。「桜を見る会」のスピンとしては最高のネタですから。

老人以外は大した驚異とはならいウイルスですから、それが利口なのかも知れません。
2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ