2020/2/15

完全に後手に回ったウイルス対策・・・水際よりも市中感染の対策が重要だった  時事/金融危機
 

■ 1月の上旬にはウイルスは日本に持ち込まれていた ■

昨日から渡航歴の無い方々の新型コロナウイルスの感染が複数発見され、既に国内で「市中感染」が広がっている可能性が高い。

時系列で振り返ってみます。


12月31日 武漢で原因不明の肺炎

1月7日 新型コロナウイルスと判明

1月12日 中国で初の死者を確認

1月13日 中国以外で初の感染確認

1月16日 国内初の感染確認

1月23日 武漢封鎖


1月27日 中国人の団体ツアー旅行が禁止に

1月28日 日本人の感染者を初確認

1月31日 WHOが緊急事態宣言


2月1日 日本で「指定感染症」・・・湖北省からの入国を禁止


多分、武漢の市内にウイルスが蔓延したのは1月に入ってからですが、武漢が封鎖される1月23日までは、武漢からの観光客は普通に日本国内に入国出来ました。この時点でウイルスが日本に持ち込まれた事は、武漢からの観光客を乗せたバスの運転手が感染した事でも明確です。

政府はこの時点で、日本国内でヒトからヒトに感染が広がる「市中感染」を視野に対策を始めなければいけなかった。

しかし、ダイアモンドプリンセス号の例を見るまでもも無く、政府の対策は「水際対策」に偏っていました。

■ 中国からの入国を禁止しなかった「無策」 ■

中国政府は1月28日に中国から海外への団体旅行を禁止していますが、ビジネス旅行や個人旅行は規制していません。

又、日本は2月1日から湖北省からの入国を禁止していますが、中国の外の地域からの入国は野放しです。(現在は浙江省からの入国も禁止されている)

さらに、入国に際しては「14日居ないに湖北省、或いは浙江省に滞在した事はありますか」というアンケートを記入するだけです。高い渡航費用を払って日本まで来て、正直に記入して追い返される人がどれだけ居るでしょうか・・・。

アメリカやシンガポールなど多くの国が、入国禁止の対象を中国全土に広げているのに対して、日本は未だに湖北省と浙江省のみを規制しているだけです。

多分、4月の習近平主席の来日を気遣ての事と思いますが、「安全保障」の観点から危機感が無さすぎます。

■ テーマパークで戯れる国民の危機感の低さ ■

中国からの観光客が減ったとは言え、東京の近くの巨大テーマパークには依然、中国人の姿がチラホラと見受けられます。そして、多くの日本人が何の危機感も無く集まっています。

私はネトウヨでは在りませんから「中国人は帰れ」とは言いませんが、政府が中国人の入国を禁止する事に異論を唱える事はしません。

確かに観光地やデパートなどへの影響は大きいですが、ウイルスの感染拠点となって風評被害が発生して観光客が寄り付かなくなるリスクを考えれば、やはり中国人の入国は規制すべきでした。

尤も、1月の時点で既にウイルスは持ち込まれていたので、2月に入ってから中国人の入国を規制しても、現在始まりつつある「市中感染」は防げなかったでしょう。


■ 日本よりも徹底した対策をしているシンガポールですら市中感染が防げない ■

シンガポールは中国全土からの入国を禁止するなど、日本よりも対策が徹底しています。しかし、日本同様に中国からの旅行者が多いので、日本に先んじて市中感染が拡大しています。

シンガポールでは感染者が発生した地域を公開し、感染者が発生した職場を14日間在宅勤務とするなど、感染対策が日本よりも徹底しています。それでも市中感染の拡大に歯止めが掛かりません。

シンガポールと日本の共通点は地下鉄など公共交通機関を国民が多く利用している点。他のアジア諸国に比べ「閉鎖空間でのウイルスの感染リスク」が高い。


■ 日本で感染が拡大すると、日本が入国規制のリストに入る可能性も ■

昨日から「市中感染」のフェーズに入った事で、諸外国の方々は日本人の入国に抵抗を覚える様になるでしょう。中国へ投稿歴の無い感染者が100人単位で増える様ならば(クルーズ船を除き)、世界の国々は日本からの入国に何等かの制限を掛ける可能性が有ります。

感染者数は中国の例を見るまでも無く「指数関数的」に増加します。1週間ごとに感染者数が一桁増えて行きます。来週は十人単位、再来週は百人単位で感染者が発生するかも知れません。

特に、日本は中国に比べても、国内の感染予防が無策でしたから、来週に入ると、だいぶ混乱すると思います。

■ RNA型ウイルスに効果のある抗ウイルス薬 ■

新型コロナウイルスに感染しても多くの方はインフルエンザ程度の症状ですが、若い方でも、それなりの確率で重症化するのが、このウイルスの危険な所です。

2003年のSARDSの治験から、中国ではエイズウイルスの抗ウイルス薬のいくつかが効果があると分かっていました。中国以外の国でも、重篤な患者に対してエイズの抗ウイルス薬が投与され効果を発揮しています。さらにエボラ出血熱の抗ウイルス薬も効果を発揮したとの報告もある様です。

日本では富士フィルムの子会社の富山化学工業の開発した開発した「RNA依存性RNAポリメラーゼ阻害剤」の「アビガン」に期待が集まっている様です。「アビガン」はインフルエンザ用に開発されましたが、エボラ出血熱など、その他のRNA型ウイルスにも効果を発揮する様です。ただ、催奇性が確認されているので、妊婦への投与は出来ません。

現在、世界の大手製薬会社の多くが、中国と共同で様々な抗ウイルス薬の効果を調べており、また、新型コロナウイルスの遺伝構造を解析して、その活動を阻害する薬の製造に乗り出しています。

抗ウイルス薬から、新型コロナウイルスに効果のあるものが特定されれば、重症患者の死亡率を下げる事が出来ます。


■ 出社するかどうかの判断が難しい ■

昨日から感染が明らかになった方々の多くは、インフルエンザだと思って病院を受診して陰性と判断され、自宅に戻されて症状が悪化したと思われます。現に、3つの病院を受診した方もいらっしゃいます。

現在の厚生労働省の指針では、湖北省や浙江省に滞在履歴のある人だけが、新型コロナウイルス検査対象でしたから、取りこぼされている感染者はまだまだ居るはず。

こうなると、インフルエンザ様の症状のある人は、咳が止まらない人など、インフルエンザでは無いけれど、新型コロナウイルスの疑いもある人の登校や出社の判断が難しい。簡易検査キットが開発されていないので、一般の病院での検査が出来ないのです。

「新型コロナウイルスかも知れないので会社休みます」と言える人は心臓に毛が生えている人でしょう。下手をすれば「職場閉鎖」の原因となってしまいますから、普通の人は咳止めを飲んで、マスクをして会社に行ってしまう・・・。

それこそ、政府が大事を取って「咳の症状の強い人は2週間の在宅勤務」と決めでもしない限り、職場や電車での感染拡大を止める事は出来ません。


■ オリンピックへの影響が気になる ■

私は「安倍政権はコロナウイルス対策を失敗してオリンピック延期、ザマァ!!」なんて言う偏狭な人達の仲間になりたくありませんが、しかし、新型コロナウイルスの感染の拡大具合によってはオリンピックへ影響が出るかも知れません。

6月までに感染が収束しなければ、海外の観光客が日本に来なくなるかも知れません。仮に7月まで長引いたならば、オリンピックは中止か延期になるでしょう。観客も選手も、感染が怖くて日本に来れませんから。

普通は気温が高くなれば、コロナウイルスによる風邪は下火になります。新型ウイルスが同様な性質である事を望みます。

9

2020/2/17  10:36

投稿者:人力
ハノイの塔さん

アメリカのCDCが新型コロナウイルスの検査キットを5都市に配布すると決めた様ですね。ハワイルートが疑われているみたいですね。

アメリカ人、ハワイ好きですものね。ただ、ハワイで感染しているとなると・・・「暖かくても活動するウイルス」の可能性も高くなります。東南アジアで拡散しているので、オリンピックは本当にヤバイ状況になるかも知れません。そうなると、破廉恥な安倍政権も終了で、私としてはOKなのですが・・・。もう「桜を見る会」の質疑を聞くのは苦痛。あんな言い訳、幼稚園児だって親に怒られますよ・・・。

2020/2/17  10:13

投稿者:ハノイの塔
アメリカのインフルエンザ、コロナも混じっているという噂がありますが、
本当だったら、米国への渡航禁止、米国民の入国禁止、も実施する必要があるはずですが
なぜかそういう声は聞こえてきません。
(これもトランプ氏への忖度か?)
トランプさんも、テロで自国民が一人でも死ぬとヒステリックになるくせに、
病気で大量に国民が死んでも、あまり気にしないらしい。

2020/2/17  8:56

投稿者:人力
ゆうこ さん

「検査をしなければ感染者は居ない」・・・まあ、普通は軽症なので、社会的混乱や経済への影響を考えたら利口なやり方だと思います。

高齢者施設や院内感染が始まると、クルーズ船状態がそこかしこで起こる訳で、私もしばらくは父の入っている老人ホームには行かない様にします。

アメリカのインフルエンザ、酷い状況の様ですが、新型インフルの時のアメリカの致死率が高かった。原因は医療保険にあると考えます。貧乏人は重症化するまで病院に行かないでしょう。そして、ジャンクフードばかり食べている彼らは、元々健康では無い。

それにしても、感染拡大を警戒しているクルーズ船内で感染者がどんどん増える事から、このウイルスの感染力の強さが伺い知れます。クルーズ船はまさに「実験室」と言えるでしょう。

中国では抗ウイルス薬などの臨床試験が6件始まっている様です。中国もまさに巨大な「実験室」と化しています。

湖北省や浙江省以外でのアウトブレークが始まると、世界経済が吹っ飛びます。「中国、ザマァ!!」なんて言っているネトウヨさん達の命運も中国が握っている・・・。皮肉なものですね。

2020/2/17  8:47

投稿者:人力
777さん

閉鎖されている武漢の状況は相当に酷いのでしょう。日本のクルーズ船も5人の重症者が出ていますが、老人が多いという事と、高ストレス下に置かれている事を考えると、重症化率はそれ程高く無いのではないか。

市中感染の経路が分からないものは2次感染、3次感染が始まっているからで、感染しても症状が出なかったり、軽かったりするので、広がり具合が把握出来ない。さらに、政府は本気で検査をする気が無い。

まあ、あまり本気で対策を始めると、経済がヤバイ事になるので、匙加減と言った所なのでしょう。後は頭を抱えて暖かくなるのを待つだけ・・・まさに神頼みですが、安倍政権は妙に運が良いので、大事には至らない・・・。

2020/2/17  7:18

投稿者:ゆうこ
アメリカのビジネスライクがよく出ている(笑)

>16日、米CBSテレビに出演したNIHのアンソニー・ファウチ国立アレルギー・感染症研究所長は「約40人が感染した。彼らはどこにも行かない。日本の病院に入院する。症状のある人は、退避する飛行機に乗れない」と話した。
> 退避機で帰国した米国人は米軍基地内でまた14日間の検疫措置を受ける。「船内の感染力を見ると、ホットスポットにいるようなものだからだ」と理解を求めた。


待ちきれず救援(笑)何かの冗談でしょ?40人も一緒に連れていって、治してあげなさい(笑)
武漢で置いてきぼり食らった留学生とおんなじだわ。
結局もうひとつのドイツ国籍があったので、ドイツ大使館に連絡を取ったら武漢から30キロとか離れているけど、途中まで歩いて来られるならとバスも出してくれた。やっぱりね。もうインフルエンザで一杯一杯なんでしょう。

2020/2/16  13:39

投稿者:777
中国ウイルスショックで世界経済吹き飛び、日本でも600万人感染のおそれ

2月15日現在中国全土で約6.6万人、なくなった人は1500人だがもはや信じる人は誰もいなくなった。




発表している中国政府や湖北省のの役人自身ですら「これは検査した人数だけです」と言っているほどです。

後に中国政府は臨床診断で感染と判断した人も感染者に含めたが、これも「CTスキャンした人だけ」だそうです。

武漢ではほとんどの感染者は高熱を発しているのに病院をたらいまわしにされ、外出禁止なので外に出たら拘束されている。


こうした状況なので本当の感染者は少なく見ても中国政府発表の10倍、多ければ100倍以上に達している。

2つめの出来事は中国政府による言論統制で、武漢や湖北省から情報発信していたユーチューバーは2月初めに全員拘束され交信が途絶えました。

習近平に忖度する安倍首相

日本政府と厚労省は、「厚労省が許可した者以外検査するな」と保健所に命令しているので、実際の感染者数は発表の10倍以上でしょう。

安倍首相は「全力で防止する」と言ったが、実際には武漢ウイルスが発覚した1月20日から何もしていません。

その理由はおそらく中国から情報統制の要請があったからで、河野防衛大臣は「訪中時に日本国内の情報統制を要請された」と証言している。

河野大臣によると中国側は4月の習近平訪日の条件として「日本国内の情報統制」を要求し、日本が応じなければ訪日中止を示唆した。

安倍首相は新型ウイルス防止より習近平訪日を優先し、いかなる入国防止策もとってはならないと指示した。

武漢から投稿していて中国政府に拘束されたユーチューバーの動画を貼ります

投稿者が生きている可能性は低く、この動画もすぐ消されるのかも知れません


公安に拘束され、今も生きている可能性は限りなくゼロ
https://www.youtube.com/watch?v=vlV4PthwuNo&feature=emb_title

方斌もこの後公安に拘束された
https://www.youtube.com/watch?v=2iHkOutu2no&feature=emb_title

2020/2/15  21:58

投稿者:ゆうこ
物凄くお久しぶりです・・・

人類は今日までウイルスとの戦いでした。勝った人だけが抗体を得ることができます。中国では完全に治った人の血液から抗体をもらって回復した例が出てきました。
今回は日本が嵐のように感染すれば200万人くらいは言っちゃいますかね?致死率1%で2万人・・そりゃ高すぎる・・
エボラ出血熱でも有効だった、富山化学のアビガンでも放出してもらいましょうか?(備蓄してるって噂だから)

でも不思議ですよね‥今年はインフルエンザもう収束なんです(笑)アメリカはインフルB型のあたり年ですでに12000人ほど肺炎で亡くなっているようです。アメリカのCDCが発表してます。これを日本に当てはめて人口比で言ったら4000人くらいで日本でも多いほうですね。でも新型の出てくる年は日本だって10000人くらいは亡くなります。

いづれにしても梅雨には何が何でもいなくなりますから(理由は湿気でウィルスが重くなる)それまでの我慢かしら。それとまじめに人数をカウントしているの多分日本とシンガポールくらいだと思いますよ(笑)ほかのアジアの国は知らんかおですね。

2020/2/15  17:03

投稿者:777
投資家をやっていると、「統計」というものがどれくらい良い加減なのかが骨身に染みている。あらゆる意図的な操作が可能であり、しかも意図しない誤りが大量に存在しているからである。

新型ウィルスの日本の患者数も実態を反映したものではない。


日本の患者数は正しいか

厚生省によれば、新型ウィルスの懸念があり保健所に連絡すべきなのは「14日以内に湖北省または浙江省への渡航歴がある方、あるいはこれらの方と接触された方」だそうである。それ以外の疑わしい症例については普通の病気と同じように最寄りのかかりつけ医に行くようにということになっている。保健所に報告された例については上記のウィルス検査で検査するということらしい。

問題は、この検査方法だと国内感染の症例が確認される可能性がほとんど皆無であるということである。国内での感染が起こっていても普通の肺炎や風邪のように診断されてしまう。診断とは先ず病原を疑い、それから検査することで行われるため、新型ウィルスの可能性がそもそも疑われなければ新型ウィルスが確認されることはないのである。

これは実質的には「国内感染がほぼ絶対に確認されない」検査体制である。菅官房長官は「新型肺炎が国内流行と判断する疫学的情報が集まっているわけではない」としている。国内感染を確認しない体制になっているのだから、当たり前である。

しかし例外的に上記の体制でも新型ウィルス感染が確認されるケースがある。現時点では10%以下とされている死亡例に至るなど重症化した場合である。そこでようやく普通のウィルスではないと気づくことになり、検査が行われる。


国内初の死亡例の意味

神奈川県で亡くなった80代女性は1月22日から倦怠感など症状が出始め、2月1日に肺炎と診断され入院、重症化したため12日に新型コロナウィルスの検査を行ったが、そのまま亡くなり、その後に陽性が確認されたという。

この話の問題点は国内で感染が広がり死亡例が出るまで国内感染は計測されない仕組みになっていたということである。亡くなった女性も国内感染が十分ありうるという前提で医療がなされていれば助かっただろう。

実際に感染しているものの新型ウィルスの症例だと疑われていないケースが背景に多数存在している。

2020/2/15  13:42

投稿者:777
医療関係者が湖北省だけで1400人も感染したという発表があり、医師の多くも感染したのが分かった。

これまでも現地のユーチューバーは「医師が倒れている」「出勤する医師がどんどん減っている」と伝えていました。

中国は医師を武漢に派遣したというが、実際は現地の医師からは「同僚が次々に倒れて日に日に減っている」と言っています。

武漢市から生の情報を伝えるのは数名のユーチューバーだけだったが、2月12日までに「デマを流した」として全員が公安に連行された。

従って現在武漢市内から情報を伝える手段はなくなり、何が起きているのか分からない状況です。

日本のクルーズ船の感染率は約5%だが、おそらく武漢市の感染率もこれに近く、人口1400万人なら70万人になる。

湖北省の人口は約6000万人なので、5%は300万人、今後中国全体が5%になると14億人だから7000万人が感染します。

現在アメリカで流行している「旧型インフルエンザ」では約2000万人が感染したので人口3.2億人の6.25%が感染しました。

日本国内の感染者は船と飛行機を除いて21人、この数日で中国人と接点がない人も感染している。

和歌山の医師や医師に接触した患者、千葉県のITエンジニアなどは日本人同士で感染した疑いが強い。

中国の例では初期の発表の10倍から100倍の感染者が存在したので、日本国内にも数百人以上の感染が存在すると考えられます。

厚生労働省は「許可した者以外に検査するな」と検査禁止令を出し、感染者数が増えないように工作しています。

空港職員が感染を訴えているのに、厚労省が検査を拒否した例もあった(その後感染していたのが分かった)

こういう杜撰な防止体制を見ると、日本でも感染者が数千人や数万人に増えるのではないかと想像せざるを得ません。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ