2020/2/17

新型コロナより怖いQE4・・・毎月600億どる  時事/金融危機
 

■ 新型コロナ騒動もへっちゃらな市場 ■

新型コロナウイルス騒ぎに若干の動揺は見せたものの、株式市場はなかなか強気です。米にしてみれば「海の向こうのウイルス騒ぎ」なので、「材料」程度にしか見ていない。

ところで、この強気相場、何を隠そうFRBのQE4が支えています。FRBは利下げにばかり注目が集まりますが、実は昨年から資産購入を再開しています。(それまでは売却していた)

最初は、「ちょっとだけよ・・」と始めた資産購入ですが、現在は600億ドル/月の規模で、今年の第二四半期まで継続する事を発表しています。日本円にして6兆円/月を越える規模。

これ、日銀やECBが資産買い入れを縮小する影響を相殺する形で始まった可能性が高い。日銀は既に大量の日本国債を抱え、購入額を増やす事が難しい。さらに、日本もECBも金利が下がり過ぎてしまい、色々と弊害が出ています。そこで、FRBはちゃかり資産購入を再開しましたが、決してこれを「QE4」とは呼びません。

■ 「QE4」でバブル化する市場と、新型コロナパニック ■

現状、米国市場が新型コロナウイルスを楽観視しているのは米国内での感染が拡大していないから。しかし、CDCは5都市で新型コロナウイルスの簡易検査キットを配布を開始するなど、既に
アメリカ国内でも感染が拡大している可能性が有ります。

経路としてはハワイが疑わしいと言われています。中国人観光客が多いですから。日本人でもハワイから帰国して発症した方が居ます。アメリカ人はハワイ大好きですから・・・ハワイで感染が広がれば、全米にお持ち帰りです。

たいして怖いウイルスでは在りませんが、米国内で感染が拡大すると、市場は混乱するハズです。一番恐ろしいのが、QE4バブルで水膨れした市場がオーバーシュートする事。風船をパンパンにして針で刺すと一気に破裂します。

■ 今度のブラックスワンは王冠を被った姿で現れる? ■

リーマンショック以来、各中央銀行は量的緩和という物量投入で市場を復活させ、さらに拡大させて来ました。気づけばダウが3万ドル目前と、随分と高い所まで登って来てしまいした。一方でウィワークの例を見るまでも無く、足元はだいぶ怪しくなって来ています。コロコロと小石が転げ落ち始めています。

そろそろ頂上でご来光・・・そんな夢を見る方も多いでしょうが、頂上に表れるのは後光が差したブロッケンのバケモノかも知れません。

後光は「王冠=コロナ」かも知れません。


出来る事なら感染したく無いコロナウイルス(症状よりも社会的にヤバイ)ですが、感染しなくとも危険がイッパイ。
10

2020/2/18  14:01

投稿者:777
新型コロナウィルスの細菌兵器説

病気を引き起こしているコロナウィルスはアメリカが中国向けに開発した細菌兵器ではないかとささやかれてきた。こうした疑惑に中国政府は触れたがらないようだが、ロシア軍の専門家はそうした疑惑を指摘している。 2002年より前、問題のコロナウィルスが動物から人間へ感染することはなかったという。

2001年9月11日にニューヨークの世界貿易センターとバージニア州アーリントンの国防総省本部庁舎(ペンタゴン)が攻撃され、ジョージ・W・ブッシュ政権が国内の収容所化と国外での侵略戦争を本格させた後、こうしたコロナウィルスは動物から人間へ移るようになったわけだ。 


SARSが流行している最中、2003年3月にアメリカ軍は属国軍を引き連れてイラクを先制攻撃した。 新型コロナウィルスの件ではアメリカ国防省の​DARPA​(国防高等研究計画局)やDTRA(国防脅威削減局)が注目されている。両機関は2018年からコロナウィルスのコウモリからヒトへの感染に関する研究を進めてきたからだ。

DARPAと関係の深いアメリカのデューク大学が中国の武漢大学と提携、2018年にデューク崑山大学を開設していることも注目されている。 ロシアはアメリカがロシアの周辺、つまりウクライナ、アゼルバイジャン、アルメニア、カザフスタン、キルギスタン、モルドバ、タジキスタン、ウズベキスタン、ジョージアで細菌兵器の研究施設を建設していると批判してきた。 カザフスタンやキルギスタンは中国の周辺国でもあるが、それだけでなく、アフガニスタン、パキスタン、台湾、フィリピン、韓国、そして日本にもアメリカ国防総省の影響下にある細菌に関する研究施設が存在しているというが、​アメリカの関与を疑わせる事実はそれにとどまらない​という指摘がある。
 
例えば、​「弱毒化されたコロナウィルス」に関するアメリカの特許​が2018年に認められている。特許を申請した​ピルブライト研究所の主要出資者​はWHO(世界保健機関)、EC(欧州委員会)、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ基金など。 

また、2019年3月にはカナダのNML(ナショナル細菌研究所)から中国へ非常に毒性の強いウィルスが秘密裏に運ばれ、中国当局から抗議され、7月にはそのNMLから中国人研究者が追い出される。

2020/2/17  19:01

投稿者:777
コロナウイルス最新情報 2020-02-16 

武漢の医師が「2度目の感染が多発」しており、2度目の感染時に突然死することが多いと報告 

中国の医師たちは、武漢コロナウイルスに再感染した時にはさらに致命的になると述べる 2020/02/14

このウイルスは免疫を作り出す代わりに、人に再感染させ、致命的な心臓発作を早める可能性がある。

中国武漢市の最前線にいる医師によると、新型コロナウイルス(COVID-19)は 1度感染した後、2度目に感染する可能性があり、その場合、心不全による死亡につながることがあると述べた。

これは、流行の中心にある湖北省武漢で働いている医師によって主張されている。武漢の医師の一人は、英国に住んでいる親戚と連絡を取り、台湾ニュースに伝えられた。

その医師は、このことを発表した場合、中国当局から報復される可能性があることを考慮して、匿名で発表するように求めた。武漢ウイルスについて最初に警告を発した武漢の医師は、当初、中国当局から叱責されていた。
台湾ニュースに送られたメッセージでは、医師は以下のように述べている。

「この新型コロナウイルスは 2度目に感染する可能性が非常に高い。自分の免疫系によって回復した人たちが少数ながらいるが、治療に使用する医薬品が心臓組織に損傷を与えており、2回目に感染すると、最初に感染した際の抗体が役に立たずに悪化し、心不全による突然死に至る」

このウイルスは最大 24日間症状のない潜伏期間があるため、感染したことがわからないまま感染が拡大されているという。

また、武漢の医師は、新型コロナウイルスの検査で「偽陰性」(陽性なのに陰性という結果が出る)はかなり一般的であるという。

医師は、「ウイルスは検査キットを欺く能力があることが示されている。たとえば、 CTスキャンでは両方の肺が完全に感染していることが示されていた患者が、検査では 4回続けて陰性を示した。5回目のテストで初めて陽性と出た」と台湾ニュースに述べた。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ