2020/2/20

ウイルスより問題は政府の対応力・・・強毒性のウイルスの感染を防げるのか?  時事/金融危機
 

■ 福島の放射線の風評被害に似ている新型コロナウイルス被害 ■

今回の新型ウイルスに対する世界的な混乱は、福島原発事故の風評被害に似ています。

原発事故の風評被害は「年間1mSvの放射線でも危険」とする国際射線防護委員会(ICRP)の「厳しすぎる防護基準」が作り出した被害です。

同様に、新型コロナウイルス騒動は、「指定感染症の指定による過剰な対策」が生み出した混乱だと言えます。今回の流行後に統計的なデータが出ますが、結果的に「インフルエンザ並かそれ以下の脅威」と認定されるでしょう。

■ 弱毒性ゆえに感染力が高い新型コロナウイルス ■

新型コロナウイルスが中国の武漢を中心に流行してしまった原因は、初期対応の悪さもさる事ながら、このウイルスの毒性の低い事に起因しています。

感染しても症状の出ない「不顕性感染」が多く、発症しても軽症なので人々は普通に生活します。しかし、発症していなくても他人を感染させる能力があるウイルスらしいので、感染はこれらの健康な人や、軽症の人を通じて通じて、あっと言う間に広がって行きます。

これが毒性の強いウイルスだと、発症者は動き回る事が出来ませんし、感染した事も明確になりますから適切に隔離される事で、ウイルスの拡散は限定的です。

■ 日本のSARSが流入した場合、政府は感染拡大を防げるのか ■

今回の新型コロナウイルスは、潜伏期間の長さと、症状が出にくい事で感染拡大を防ぐ事が難しいウイルスである事は前述の通りです。しかし、今回の対策で、日本の感染予防における問題点も見えて来ました。

1) アメリカの米疾病対策センター(CDC)の様な専門の部署が無い
2) 政治的思惑が感染予防に影響を与える

厚生労働省の中にも感染の専門家は居ますが、彼らに感染予防の強い権限は与えられていないでしょう。だから、アドバイスは出来ても命令は出来ない。彼らが正しい「提言」をしたとしても、厚労省内の上級官僚がそれをそのまま実行しないケースは多いはずです。さらに、現在の官僚を、政治家の顔色を見ながら行動しますから、クルーズ船のケースの様に「信じられない」結果が生まれます。

この様に、日本の感染予防は、専門家、或いは専門部署に権限が与えられていない為、「ウイルス流入」という事態に、実効的に対応する事が出来ません。

新型インフルエンザや、新型コロナウイスの様な弱毒性のウイルスでは、問題は有りません。かし強毒性の鳥インフルエンザや、SARSやMARSの様な致死率の高いウイスで現状の対応力では、ウイルスの流入も、感染拡大も防ぐ事が出来ずに、国民に少なからぬ犠牲者が出るでしょう。

「天然ウイスス」以外にも「生物兵器の流出」という事態も起こり得ます。ウイルスが兵器となる以上、ウイルス対策は「安全保障問題」に他なりません。

クルーズ船内では「レッドゾーン(感染危険地帯)と、グリーンゾーン(安全地帯)」の線引きう明確、或いは、その運用が徹底されずに感染が拡大したと指摘されています。現場に感染症対策の専門家が居て、その人がある程度の権限で現場を指揮したならば、こんな初歩的なミスは起こり得ません。


今回のウイルスがSARSや、MARSだったならば・・・そう考えると背筋が寒くなります。


政治家の介入にもある程度対抗出来るウイス対策の専門機関・・・私は必要だと思います。


・・・・ただ、彼らがウイルスビジネスの手先とならない保証は無い。これが問題。

「国民全員、インフルエンザワクチンを接種しろ」だの、「若い男女は、子宮頸がんワイクチンは強制接種だ」などと言い出しそうなので・・・国民にとっては、現状の方が好ましいかも知れません。
6

2020/2/20  12:37

投稿者:777
今起きてる流れ 分かってない人が多すぎる

2週間前に出た陰性の結果を受けて、本日下船…その後横浜駅と東京駅で解散!

なかには、そのまま友人と待ち合わせをして、お寿司屋さんに行ったとのこと。

素晴らしぃ。
厚労省の新型コロちゃん拡散計画。
かなり上手くいってるようです。
おめでとうございます。

それにしてもこれ。

今夏の五輪「ロンドン開催を」=新型肺炎で市長選候補名乗り

ロンドン五輪の閉会式=2012年8月、ロンドン(AFP時事)
【ロンドン時事】5月に行われるロンドン市長選の主要2候補が19日、日本での新型肺炎の感染拡大を理由に今夏の東京五輪が中止となった場合を念頭に、2012年の五輪が開かれたロンドンでの代替開催の誘致に名乗りを上げた。

国政与党・保守党公認候補として出馬するショーン・ベイリー氏はツイッターで「2020年、ロンドンは再び五輪を開催できる」と宣言。

「われわれにはインフラと経験がある。そして(新型)コロナウイルスの発生により、世界はわれわれの介入を必要とするかもしれない」と東京五輪中止の可能性に言及。

「市長として、私はロンドンが呼び掛けに応え、五輪を開催する準備があると明確にする」と表明した。

一方、サディク・カーン現ロンドン市長(国政最大野党・労働党)の広報担当者も地域紙シティーAMに「万が一求められた場合には、ロンドンは過去そうしてきたように、積極的な行動を取るために最善を尽くすだろう」と代替開催を示唆した。 


東京オリンピック開催中止はもはや時間の問題でしょう。



今回の騒動はもうすぐ収束するでしょう。
中国でも収束しはじめた。
日本では広まらないでしょう。
そんなことを言ってる方も時々見受けるのですが。
そういう人は流れが分かってない。
今起きてる流れ。

2020/2/20  10:29

投稿者:777
新型コロナウイルスがアジアで広がるにつれて、世界各国で東アジア人が排除されたり、差別されたりするようになっている。

たとえば、フランス・パリ郊外の日本食レストランの窓に「コロナウイルス、出ていけ」と落書きされたり、面と向かって「俺に近づくな、ウイルス野郎」と言われたりしたという事象が次々と上がっている。

ニューヨークではアジア系の女性を見た黒人男性が「俺に近づくな」と女性を罵りながら殴りつけるような事件も起きていた。

イタリアのサンタチェチ―リア国立音楽院は「すべての東洋人へのレッスンを中止する」と発表して「それは差別ではないのか」「いや自己防衛だ」と問題になった。

ドイツではアジア人が電車やバスに乗ると、まわりの白人がみんな席を立って消えてしまったり、あからさまに嫌悪の表情を浮かべたりしている。またアジア人が近づくと無言で去って行ったりする。また欧米各国でアジア人はタクシーも乗車拒否されるようになっている。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ