2020/3/31

有益なサイトのご紹介・・・各国の人工100万人当たりの死者数グラフ  新型コロナウイルス
 

クリックすると元のサイズで表示します

人口あたりの新型コロナウイルス死者数の推移(国別) より

上のグラフは、ボランティアで各国の感染者数と人工100万人当たりの死者数をグラフ化して下さっているサイトからお借りしました。

自分で国を選んで表示させる事が出来、スクロールでグラフの時間軸のレンジも変える事が出来る超便利なグラフです。(ハラショー!!)


注目点

1) 韓国とイタリアは同時期に死者数が増大した
2) 現在は韓国が2人/100万人、イタリアが20人/100万人と、イタリアが韓国の約10倍

3) イギリスとアメリカはイタリア、韓国から約20日遅れで死者数が増大開始
4) 死者数の増加の割合はイタリアよりも早い
5) この二国はイタリアとほぼ同じ経緯を辿るはずで医療崩壊を起こす

6) 日本はアメリカやイギリスと死者数の増大のスタートはほぼ一緒
7) 増加率は韓国を下回っている


上記項目から考えられる日本の今後の状況

<楽観的予測>

1) 日本は積極的なPCR検査を行わず感染者の実態が全く把握出来ていなかった

2) 高齢者などが新型コロナウイルスの感染で肺炎などで亡くなっても「原因不明の肺炎」
   とされて新型コロナウイルスの死者にカウントされていない

3) 韓国と日本は同時期に感染が拡大しているので、韓国の死者数が凡その参考になる

4) 韓国は死者数の増加が頭打ちになり始めているのでピークアウトも近い

5) 韓国よりルーズな対策しかしていない日本は、韓国より早くピークアウトしていた
   可能性が有る


<悲観的予測>

1) 日本は積極的なPCR検査をせずとも感染が抑え込まれていた

2) 3月の海外旅行者の大量帰国によって感染拡大が本格的に始まった

3) 日本もイギリスやアメリカを後追いする形で感染拡大と死者数の増大が起る

4) 日本でも人工の6割の7600万人が感染して、その内の1%の76万人が死亡する


■ 潜在的感染者を焙り出してはイケナイ ■

私は楽観的予測の方が科学的に納得出来ます。政府は積極的なPCR検査をせずに、緩やかな感染拡大を容認していました。これは、スエーデンなども同様で、強毒性で無い感染症に対して、医療
崩壊を起こす事無く「集団免疫」を付けるには一番有効な手段です。

下手にPCR検査をすると、不安に駆られた国民が検査を行い、隠れ感染者を掘り出してしまうので、感染症用のベットが直ぐに一杯になり、医療崩壊が起ります。だから積極検査を行わないという厚生労働総の方針は正しかった。

ただ、日本では政府はスエーデン程信頼されていないので、「感染は拡大していない」と嘘を言い続けないと、国民がヒステリックになり、「こっそり集団免疫」作戦は失敗します。


小池都知事を始め、政府も「緊急事態宣言」をチラつかせて「引き締め」に転じた理由は、国会などで追及されてCPR検査を拡大せざるを得なくなり、感染者数が数字的に増大する事で医療崩壊
が起きる事を防ぐ為でしょう。

既に日本の感染はピークアウトか、それに近い状態ですが、感染者はある程度まとまった人数で発生するので、検査が拡大すると医療崩壊を起こします。

政府は発熱があても直ぐには病院には行かず、自宅で様子を見る様にと指導しており、感染の疑われる人も、仕事をされている方は、職場に迷惑が掛かるので検査は控えるでしょう。病院関係者も、感染が疑われる患者が来ても軽症ならば検査は避けたい。風評で経営が圧迫されるからです。

■ 敢えて「恐ろしい表現」で国民を脅し、PCR検査を抑止する作戦 ■

都や政府が「徹底した対策」を訴え、「ロックダウン」や「緊急事態宣言」をチラつかせる事で、「感染したら社会的にヤバイ」という圧力を強め、軽症の感染者が検査を受ける事を抑止しています。これは「賢い選択」です。

日本人は個人の権利よりも会社や家族や自分を取り巻く社会の利益を優先する傾向に有りますから、「感染が発覚したら〇〇に迷惑が掛かる」というプレッシャーは効果的です。


■ 全ては「チンケな毒性」を把握していなければ出来ない選択 ■

厚生労働省が「こっそり集団免疫」作成を遂行するに当たり、問題となるのがウイルスの毒性です。

SARSやMARS、エボラ出血熱の様な高い毒性のウイルスでは集団免疫が獲得される前に医療崩壊が起らなくとも、火葬場の前に長い列が出来てしまいます。

だから、厚生労働省も政府も、新型コロナウイスの流行初期より、このウイルスが「チンケな毒性」である事は把握していた可能性が高い。

ダイアモンドプリンセス号は、その実証実験の場とされた可能性が有り、ここでの感染実態から、政府はこのウイルスが「チンケな毒性」である事を確証した事でしょう。


感染の専門家達も、感染初期の頃は「インフルエンザ同等や、それより弱い症状の人がほとんど」と「チンケな毒性」を示唆していましたが・・・何故か東京オリンピックの延期が決まると「とても危険なウイルス」、「緊急事態宣言が必用」と、掌返しの発言に転じます。


今回紹介させて頂いたサイトで、日本の死者数をモニターしていれば3週間後には、「楽観」が正しかったのか「悲観」が正しかったのかが判明するでしょう。そして楽観が正しかったならば、厚生労働省が最初から「チンケな毒性」を把握していた事が証明されます。(陰謀論的に)



政府と専門家達の「ウイリス怖い怖い」への突然の変節は、陰謀脳を刺激して止みませんが、これはひとまず無視します。
7

2020/4/1  9:10

投稿者:人力
777 さん

池田信夫氏の本日のブログ読まれました。BCGと新型コロナの相関は高いみたいですね。

どうやら、金持ちでBCGを接種していない国がヤバイらしい・・・。アメリカとか・・・。

アジアやアフリカで死亡率が低いのは、様々な菌やウイルスに触れる機会が多く、免疫が強化状態に在るから。こんなチンケなウイルスで死んだりしないんです。

日本も高齢者が若かりし頃は「貧しい国」だった。だから結核菌に感染する機会も多くあったでしょう。

私の同年代や少し下の世代でもBCGを接種して居ない人って結構居ました。理由はツベルクリン反応が最初から陽転していた、要は軽く結核に罹っていたというもの。そういう人って、健康な人が多い。むしろ健康過ぎて、ハシカとかオタフクとか風疹に罹っていないらしい・・・。

結核菌ってもしかして最強かも。感染者は癌にならないと言うし・・・・。

2020/3/31  19:21

投稿者:777
これで癌患者がバタバタ死に始めるね

国立がんセンター新たに2人の感染確認 新規外来も中止
2020/03/31

© 朝日新聞社 国立がん研究センター中央病院=東京都中央区

 看護師2人が新型コロナウイルスに感染した、国立がん研究センター中央病院(東京都中央区)は31日、新たに医師と看護師がそれぞれ感染していたと発表した。同病院での感染者は計4人となった。新たに感染した2人は27日に感染が確認された看護師2人と同じ病棟に出入りしたり、勤務したりしていたという。同病院は31日から新規の外来や入院の患者の受け入れを中止した。再診の患者の診察は通常通り行うという。

 同病院では、看護師2人の感染が確認されてから、接触があった患者63人、職員95人の計158人を対象にウイルス検査することにしている。このうち、30日時点で患者39人、職員21人の検査を終えた。

 感染が確認されたのは、30代の男性医師と20代の女性看護師の2人。医師は27日に感染が確認された看護師が勤務していた病棟に出入りし、外来と手術も担当。22日夜から24日にかけて吐き気の症状があったが、30日まで勤務していたという。同日、検査の結果が出て以降、自宅待機している。看護師も同じ病棟で26日まで勤務しており、同日仕事を終えた後に38度台の熱が出て病院を受診。その日に熱は下がったが、以後自宅待機している。

2020/3/31  14:25

投稿者:人力
ハノイの塔さん

誤) ダスピターニア
正) スパシーボ

学生時代、ロシアにはスラブ系美女が沢山居ると聞きつけ、友人達とロシア語を勉強しようテキストを買った。

ズバーシビッチ こんにちは。ハラショー(まあ、すごい、素敵)、ダスピターニア(さよなら)、スパシーボ(ありがとう)の4文字と「ボッツ. カランダッシュ」(コレは鉛筆です)と「イクラ」(いくら)だけが記憶に残った。二重母音で玉砕した。

30年経過して、ありがとう と さようなら を間違えた。

それでロシア旅行はどうしたかって?10代は妖精の様なスラブ美女が10年後にどうなるか知って中止しました。

2020/3/31  13:17

投稿者:777
医学誌ランセットに掲載された湖北省の臨床データに関する論文

「湖北省のひとつの病院のデータでは、102人の入院患者のほぼすべてが、中国伝統医療の漢方薬《だけ》で回復した」

■上海医師会の新型ウイルスコロナ患者に対する治療計画の概要

・抗ウイルス薬
・プロバイオティクスの投与(腸内の微生物環境を改善する)
・ビタミンCの大量投与
・経鼻等での栄養補給
・マスク酸素療法
・免疫調節薬
・中国伝統医学の活用(漢方、ハーブ等)

抗ウイルス療法などと組み合わせて、中国伝統医学(一般に TCM と呼ばれます)を用いるというニュアンスに見えますが、ところが、ランセットの論文によれば、

「中国伝統医療を単独で使用したほうが治療成績が良い」ことがわかった。

抗ウイルス薬を使用した場合と比較して、中国伝統医療の漢方単独のほうが、症状と発熱がさらに短くなることが示されたとあります。ただし、重症患者は、抗ウイルス薬と組み合わせる治療となっていたようです。

私は今でも、中国の感染終息の状況をほとんど信じてはいませんが、「治療に関しては」中国伝統医療、つまり漢方を徹底的に導入した「中国の医師団たちの努力」が実っている部分がありそうです。

ランセットの論文を見る限り、現在の中国の新型コロナウイルスの治療成績は確かに「世界と比べてダントツに良い」可能性があります。



ランセットにこの論文が掲載されたのは、3月13日のことでしたが、3月25日からオンラインでも閲覧できるようになっていました。

・Traditional Chinese medicine for COVID-19 treatment
 (COVID-19治療のために使われた伝統的な漢方薬)

この中国伝統医療の煎じ薬の名前は、英語で「 Qingfei Paidu 」と記されているのですが、漢字では、「清肺排毒(シンセイ・パイドゥ)」となるようです。肺から毒を排出してきれいにする作用という意味ですかね。


今回の配合を見ていますと、古代の中国人はすごいものだなあと改めて感嘆しますけれど、少なくとも中国では、現在でも、この漢方が新型コロナウイルス患者に対して非常に効果的であるようです。

2020/3/31  12:31

投稿者:人力
ハノイの塔さん

ダスピターニア!!

2020/3/31  12:04

投稿者:ハノイの塔
ハラショー! 素晴らしい。私も人力さんさんの楽観的予測に
全面的に賛成します。さすがアニメ・ファンて賢いなあ(笑)
では私もひとつ紹介。
>https://www.ft.com/coronavirus-latest
これ国別の死者数も出てて、非常に参考になります。
ただやたらcookie承認を求めてくるのがウザイ。私は無視してますが。
もうひとつ東洋経済のサイト。
>https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/
ここで一日の重症者数と死者数がわかる。
ちなみに3/24の感染者増大から1週間たちましたが、
重症者数、死者数に変化なし。
重症者が増えてないということは、一週間後の死者数も増えない
ということなので、今後一週間以内に死者数が爆発することはないでしょう。

ちなみに「放射脳」に関してだけは、人力さんと意見が正反対ですが、
理由は簡単、放射能を恐れても経済的リスクは発生しない。
逆にコロナを恐れることで発生する経済的リスクは甚大。
持病持ちの高齢者や糖尿病患者の健康と、日本経済のどちらを選択するかといえば
答えは日本経済しかあり得ないでしょう。
自粛・自粛で映画館が潰れてアニメ映画が見られなくなったら、どうしてくれる(怒)

2020/3/31  10:39

投稿者:人力
厚労省の方へのアドバイス(大きなお世話ですが)


高齢者施設などへのウイルスの持ち込みを防ぐ手立てとしては、職員の抗体検査が有効です。

抗体を持っている職員をPCR検査に掛けて、ウイルスの保持者で無い事を確認してから職場に投入する。本当は感染して居ない職員は「感染促進プログラム」として感染者と合宿生活を2週間送り、しっかり免疫を付けるなどするとベストなのですが、流石に中国でもこの方法は認められないでしょう。北朝鮮ならあり得ますが・・・。

厚労省は高齢者施設への感染防止の有効な手立てを取らなければ、下手をすると「ウイルスを高齢者対策に利用した」などと在らぬ嫌疑を掛けられますから、優秀な官僚の方々は、この際、実効性の高い感染防止策を策定するべきでしょう。

2020/3/31  10:30

投稿者:人力
777 さん

か新型コロナに対する反応は、福島第一原発事故時の放射線に対する反応に似ています。あの時はお花畑の方々が「放射脳」に犯されて、必用以上に危機を煽った。

今回は面白い事に高橋洋一氏ら、安倍応援団の方々や、ネトウヨから「ウイルス対策が甘い」という意見が出ています。彼らは「中国人の入国拒否を出来なかった安倍政権への失望」によって不安を煽る急先鋒となっています。そして、面白い事に、保障問題などへの要求を見ていると、ネトウヨの化けの皮が剥がれて「実はお花畑左翼」と大差無い「クレクレ・タコラ」集団である事が露呈してしまった。安倍政権自体が隠れバラマキ主義政権でしたから、ネトウヨとの親和性は高い。


ところで、糖尿病など基礎疾患の有る患者は、特に気を付けて生活されていると思います。高齢者が多いでしょうから、外出を控え、買い物や飲食も宅配を利用されている方も居るでしょう。

感染力の強いウイルスを社会的に封じ込める事は中国の様な独裁国家でも不可能で、中国は今、海外からのウイルスの逆輸入の恐怖に晒されています。

この様な状況で、被害を最小源に防ぐ手立ては、ハイリスクの社会からの隔離が最有効です。幸い、日本やスエーデンは核家族化が進んで、老人二人世帯、独居老人世帯が多い。これも南欧諸国などの3世代同居の大家族の国々と致死率の違いを生む要因とも言われています。

残念な事に、高齢者施設などハイリスクの方が多い施設へのウイルスの完全な遮断は不可能ですが、これらの施設で集団感染が拡大する前に、国家を上げて、「新型コロナウイルスによる高齢者の死は、インフルエンザ感染による死と何ら変わらない」という議論を深め、医療崩壊の前にトリアージの基準を明確にする事が、今、最も政治に必要とされている事だと思います。


「高齢者を見殺しにするのか!!」という世論が大勢を占めるのならば、そんな程度の低い国民だらけの国は、ウイルスで無くとも何れ衰退する運命が決まっています。

ただ、問題は、「高齢者のトリアージ」という政治的リスクを犯せる政治家が居ない事。安倍首相は小池都知に先鞭を付けてもらいたいでしょう。私は小池百合子の強い言葉には説得力があるので、今回は期待しています。


いずれにしても、日本人の死亡率は異常に低いというのが私の実感です。原因は後か

2020/3/31  9:38

投稿者:777
糖尿病患者は半数が死ぬ運命にある

肺疾患の患者よりも、糖尿病の患者の方が、新型コロナウイルスで命を落としている比率が高い。つまり、新型コロナウイルスは糖尿病患者が最も危険なのである。

日本には「糖尿病が強く疑われる人」を含めると1000万人近い糖尿病患者がいる。新型コロナウイルスがもし日本で爆発的に流行すると、この1000万人の人が生命の危機に直結する

糖尿病などの基礎疾患があると自然治癒よりも悪化するスピードが勝っているので、どうしても死亡率が高まってしまうのである。

もっと悪いことがある。特別な感染症病床は限られているので、もし新型コロナウイルスの患者が爆発的に増えると一気に医療崩壊を起こしてしまうのだ。感染症病床は、すでに3月31日現在時点で44.9%の使用率となっている。

危険なのは「大阪」「神奈川県」「千葉県」である。病床数よりも患者数の方が圧倒的に多くなってしまっており、エリア的な医療崩壊が起きつつあるからだ。

東京も感染者が毎日数十名単位で増えているのだから、今のままでいくと1週間も経たずして病床数が足りなくなる可能性も出てきている。

新型コロナウイルスが爆発的流行すると糖尿病患者は次々と重篤化していくのだが、臨床工学技士は全国で1万4378人しかおらず、人工呼吸器は2万8197台しかなく、ECMO(体外式膜型人工肺)は1412台しかない。(一般社団法人 日本呼吸療法医学会 公益社団法人 日本臨床工学技士会 2020年2月回答)

重篤化する確率が高い患者:720万人。
人工呼吸器:2万8197台。
ECMO(体外式膜型人工肺):1412台。

もし日本国内で感染爆発が起きたら、10分の1の糖尿病患者が感染しただけでも地獄絵図になる


すでにベッド数の確保ができなくなっており、医師も看護師も足りず、人工呼吸器も不足しており、ほぼ医療崩壊前夜の様相になっているからだ。医療崩壊すると、「助からないと思われる患者」の治療は必然的に後回しにされる。

助からない患者に手をかけていると、助かる患者が重篤化してしまうので、助かりそうな患者を先に助けるという合理的判断がそこに働くからだ。医療崩壊が起きている現場では、すでにそうなっているのである


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ