2020/6/1

アメリカの真のリスク・・・「RIOT」  時事/金融危機
  

■ オバマの為に不満を飲み込んだアフリカ系アメリカ人たち ■

ミネアポリスでの警官による黒人殺害を切っ掛けに、全米30都市で暴動が発生しています。

私は常々、アメリカの最大のリスクは「RIOT」(暴動)だと書いて来ました。

リーマンショックの後にオバマ大統領が誕生したのには意味が有ります。それは「黒人暴動を防ぐ」事。(妄想)

リーマンショック時の政権はブッシュJr.でしたが、黒人達は彼を好きでは無かった。そんな折、リーマンショックで経済は悪化して失業率もウナギ登りでしたから、黒人達の不満は高まります。暴動も何回も起きていますが、それでも大規模化しなかったのは「黒人大統領への期待」。黒人達は、大統領の為に不満を飲み込んだ。


■ 明らかの火に油を注いでいるトランプ ■

今回の景観による黒人殺害は明らかに警官に責任が有る。彼は即罷免され、第三級殺人罪で訴追されます。

無抵抗の容疑者を後ろ手に縛り、頸部を膝で圧迫して「苦しいから緩めてくれ、息が出来ない」と訴える容疑者の首に延々と体重を乗せ続けるショキングな映像はネットやTVで瞬く間に全米や世界に拡散します。

以前から警官による黒人殺害は度々起きているアメリカですが、銃を取り出す様な不振な挙動から警官が発砲するケースも多い。しかし、今回は明らかに、容疑者は無力化されており、警官は「過剰」な行為を行っています。この行為は黒人のみならず、白人からも批判が多い。

コロナによってストレスが高まっていた所に、「黒人虐殺」の映像ですから、アフリカ系アメリカ人達の怒りは頂点に達します。ミネアポリスばかりでは無く、ロサンゼルスのダウンタウンやビバリーヒルズでも放火や強奪が発生し、夜間の外出禁止令が出ています。


これに対してトランプは「州軍は良くやっていいる」「連邦軍の派遣も辞さない」とツイッターで火に油を注いでいます。一見、リーダーとして相応しく無い言動ですが、彼のこの発言を喜ぶ連中がアメリカには沢山居ます。特に、南部の貧乏な白人などは「ヤツラの脳味噌をブチマケテやれ!!ヒャッハーーー!!」って感じで盛り上がっている事でしょう。

■ 今回の暴動は直ぐに収束するが、アメリカには絶えず暴動のリスクに晒されている ■

今回の暴動はやがて収束するでしょう。しかし、コロナ後の世界で「リーマン超級」の経済危機が発生したら、アメリカの社会の不安定さは増します。

今回は暴徒達は銃で警官や州警察に発砲する様な事態には至っていませんが、警官隊や州軍が黒人を殺害したら、報復としてビルの上から発砲する輩も現れるかも知れません。そして、それは黒人とは限らない。州軍の銃撃で倒れる黒人達を見たい白人の仕業かも知れないし、あるいはオズワルド宜しく「暴動と内乱を求めた誰か」の仕業かも知れません。

アメリカのアキレス腱とも言える「人種問題」ですが、アメリカのダウンタウンを歩いた事のある人には、ピンと張りつめた緊張感の中で暮らしている彼らの「恐怖」が理解できるはずです。「黒人が襲って来たらどうしよう・・・」これは多くのアメリカの白人が共通に抱える「恐怖」なのです。

リーマンショックやコロナショックで、アメリカで売り上げを伸ばすのは「縦断」と「スパムハム」。スパムハムは肉食の彼らの保存食。いざとなったら地下室に籠って銃で徹底的に応戦して家族を守る。これが銃社会のアメリカでは普通の考え方なのです。


それが分かっているが故に、暴徒達も決して銃を発砲する事はありません。これこそが、アメリカの「最後の一線」なのです。
5

2020/6/1  19:44

投稿者:777
2020年5月31日。トランプ大統領はリベラル暴力集団『アンティファ』を「テロ組織に指定する」と述べた。

「アンティファ」とは「アンチ・ファシスト(Anti-fascists)」を短く言った言葉である。

アンティファは、「ファシスト」を敵として狙いを定め、ファシスト的なものを暴力で制圧しようとするグループだ。今の欧米では、このアンティファの標的になっているのが保守派のグループや個人である。

「多様性を守れ!」「差別反対!」と叫びながら自分の主張とは相反する保守派を襲撃し、暴力で叩きのめしていく。言って見れば暴力団やギャングと同じだ。暴力団やギャングなのだが、標的が保守派なのである。

アメリカではドナルド・トランプ大統領の登場からこの「アンティファ」の活動が過激化している。

その根底は、移民政策を厳格化し、民主党を激しく攻撃し、白人至上主義に理解を示すトランプ大統領への憎悪から生まれてきている。トランプ大統領を憎み、トランプ大統領の支持者を憎み、そしてその存在を認めない。

つまり、多様性を認めない。

アンティファはトランプ支持者をパイプで殴りつけたり、ツバを吐いたり、トランプ支持の人々に卵を投げつけたり、水をかけたりするようなことを日常的に行っている。そして、リベラルなマスコミがそれを擁護するのである。

保守派はすべて「ナチス」呼ばわりされており、「ナチスには何をやってもいい。もっと殴れ」とアンティファは叫ぶ。

『ナチスを殴っても社会的規範は壊れない。社会的規範は、他者を根絶したい人間たちに言論の機会を与えた時に壊れる』

アメリカのマスコミはトランプ大統領をナチスになぞらえるのが好きで、トランプ大統領はヒトラーの再来で、トランプ支持者はナチスの親衛隊に似ているとか、そんな話をよく引き合いに出して、トランプ大統領の支持が危険であることをしばしば訴えている。

2020/6/1  12:29

投稿者:777
アメリカの白人排除政策 受験・就職・昇進で差別される白人男性

アメリカの白人男性は社会から排除されている。
能力や学歴が同じなら白人を差別しなければならない、と法律で決められているからです。

アメリカでは有色人種の大学合格枠が決められていて、同じ成績なら必ず白人を不合格にしています。

企業の採用や昇進でも白人は差別され、中でも女性が優遇されるので、白人男性は競争に参加できない社会になっています。

2016年にオバマ元米大統領の娘マリアが、ハーバード大学に入学したのが話題になっていました。

アメリカの主要都市もどんどん白人が減少していて、発言力が日々縮小し、オバマ大統領が誕生しました。

オバマの娘は父親と同じハーバード大学に入学したが、親のコネで入学したといわれています、

親が黒人で富裕層、権力者なら、学力が劣っていてもハーバードに入学でき、一生を保証される。
アメリカはそんな社会になった。

アメリカの白人にとってさらに状況を悪くしているのが「人種差別と性差別」で、有色人種を差別している訳ではありません。

アメリカでは「有色人種」「移民」「女性」を優遇する政策が取られていて、あからさまに白人男性を排除します。大学受験で同じ評価のアフリカ移民の女性と、白人男性がいたら、100%白人男性が不合格になります。

もし大学が同じ成績の白人男性を合格させ、アフリカ女性を不合格にしたら、裁判で訴えられて大学は負ける。

逆アパルトヘイトと呼ぶべき政策には「アファーマティブ・アクション」という名前が付いていて、表向きは弱者の救済措置になっています。

政治の世界でも白人男性は差別され、女性と有色人種がどんどん増えています。テレビを見ているとアメリカの報道官とか長官の多くが女性か有色人種ですが、白人男性を制限する政策だからでした。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ