2020/9/29

コロナバブルのピーク・・・ルールは常に変わる  時事/金融危機
 

■ オオカミ少年になってしまう訳 ■

リーマンショック後、何度も「バブル崩壊」を予測し、その都度外している当ブログ。「逆指標」とまで言われていますが、その原因は「ルールが変わる」から。

今回のコロナ禍の対策を見ても分かる様に、中央銀行は大きな危機が起きる度、或いはそれ予測される度に金融緩和の規模を拡大して来ました。

リーマンショック後にはFRBもECBも量的緩和に踏み込み、コロナ禍ではリスク資産の大規模な買い入れに手を染めた。FRBは直接ジャンク債まで買い支え、ECBはマイナス金利で金融機関を使って間接的に相場を支えています。

これは平時では「タブー」とされている事ですが、緊急事態が発生する度に、中央銀行は「掟破り」を繰り返して来ました。この「掟破り」を事前に知っていたインサイダーは、相場の混乱によって暴利を得る事が出来ます。

■ ルールを変え続ければバブルは崩壊しない? ■

コロナ緩和で資産市場はバブルを拡大しています。米株が史上最高値を更新するなど、実体経済とは完全に縁が切れ、金融緩和を反映するだけの市場となっています。当然、緩和縮小で崩壊するのは目に見えていますから、中央銀行は出口を模索する事すら出来ない。

では、永遠に出口は来ないのか・・・・。これはインフレ率次第です。日本と日銀の実験では、インフレ率は適度に抑制されています。実体経済が冷え込み、資産市場が過熱化している限り、資金は資産市場で運用され、景気を刺激する事が出来ません。労働者も貧乏なので消費は冷え込みインフレ率は低位で安定します。

一方で資産市場は明らかに過熱し、各国中央銀行がお金をバラマキ続ける事に「何か変」と人々が感じ始めると、相場の維持は難しくなります。誰もが「バブルだ」と思った時にバブルは崩壊します。まあ、〇〇ショックなどと呼ばれる予測不明の「黒い白鳥」が原因にされてしまいますが。

■ スマホアプリの「ロビンフット」によって加熱する米株市場 ■

米株の高値の原因に「ロビンフット」というスマホの株取引のアプリが普及した事が指摘されています。コロナ禍で巣ごもりするアメリカの若者は、支給された給付金を、ロビンフットを通して株式市場で運用して小遣い稼ぎをしているのです。小口取引が主体ですが、ゲーム感覚で利益が得られるので、かつての日本のデイトレーダーが大量に発生した様な状況が米株の好調を支えています。

ロビンフットは高値株も集団で購入出来るので一人当たりの投資額は少額です。「amazonを1ドル購入しよう。ポチっとナ」って感じ。彼らはGAFAなどIT系の企業を好むので、IT株がバブル化しています。

テスラも大好き。さらに、コロナで経営破綻仕掛けた全米2位のレンタカー会社「Hertz」の株が下がったら「いつもお世話になっているからガンバレHertz、ポチっとナ!」っとやる始末。おかげでHertzの株は爆上げ、それを敏感に察知したAIがさらに大量の資金を投入という形で、倒産仕掛けている企業の株価が回復、さらには新株まで発行する始末。ロビンフットは顧客の投資動向のビックデータを投資ファンドに売却する事で利益を得ています。その為、取引の手数料はタダ。ネット証券の革命では有りますが・・・これがコロナ禍のアメリカの株高を支えているのだから恐ろしいとしか言いようが有りません。

一方で、ロビンフットは信用取引も出来るので、火傷をする若者も当然出ています。自殺者も出初めています。ロビンフットの本社は一部のガラスを防弾ガラスにしたとか・・・。「非常にイライラした顧客対策」だそうですが・・・将来、小遣い稼ぎが一転して「スッテンテン」になった若者の群れが襲って来る事を予測しているのかも知れません。(Youtubeに銃で殴り込みを掛けたYoutuberが居る国ですからね。)


■ バブルは個人の資金を食った時点で終わる ■

世界恐慌の時にケネディーの父親は、靴磨きの少年が株を話をするのを聞いて、持ち株を全て売り払ったと伝わります。これは意図的な嘘で、ウォール街は株式投資用の短期資金の金利を引き上げる事で、NY株式市場を大暴落させる事に成功します。

バブルの仕掛け人経ちは、利確しなければ利益は得られません。バブル相場を演出し、個人の資金が市場に流入したら、彼らは売り抜けを図ります。市場が維持出来る間は、適当にボラティリティを操作して何度も儲けを出しますが、それが限界に達したと判断したら、暴落でぼろ儲けをするポジションを積み上げて市場を崩壊させます。

ロビンフットなどで個人の個人資金まで集め始めた市場は、相当にヤバイ状況にあると私は考えます。例えば、米政府の給付金が減る様な常用で、市場への資金流入が減り、むしろ利確する人が増えるので、市場は不安定化します。

FRBの金融緩和の動向ばかり見ていると、この様な市場の変化を見落とす事になります。

■ コロナ禍を永続させたいウォール街 ■

コロナ禍でズタボロの世界の実態経済ですが、ウォール街はコロナ禍の長期化を望んでいます。現在の資金循環の多くは、コロナ対策の資金によって支えられているからです。彼らはマスコミを使って、コロナの脅威を煽り続けます。

一方で今の状況が続けば続く程、崩壊の規模は巨大化しあます。既に、次の危機では通貨システム自体の在り方が問われるでしょう。(通貨と国債の信用危機)


■ 地震予知に似ているバブル崩壊予知 ■


「いつか大地震がやって来る」と「いつかバブル崩壊がやって来る」というのは100%真実ですが、「いつ」を予測する事は不可能に近い。「地震予知」は世界的に無意味とされています。「いつ」が確定できない限り、混乱を招くだけだからです。同様に「バブルの崩壊の予測」も無意味です。結果的に「当たる」人は居るかも知れませんが「いつ」を当てる事は「確率的」な問題でしか有りません。「今後2年の間に70%の確率でバブルが崩壊する」・・・こんな予測は短期の投資家には無意味です。

バブル崩壊予知より地震予知の方が精度が高いかも知れません。何故なら、バブル崩壊の原因が人為的なものであるならば、それは誰にも予測出来ないからです。

例えばFRBが金利を引き上げるとか、例えばECBがマイナス金利を止めるとか、日銀総裁が異次元緩和の敗北を認めるとか・・・・このタイミングは人為的に決められるので、自然災害よりも予測が難しい。

■ 分散投資のワナ ■

個人向けの資産セミナーでは「分散投資によるリスクヘッジ」が勧められている様です。「株だけでは無くて、債券投資とセットにしましょう。」など、初歩的なリスクヘッジから、「金は危機に強いですから金FETに投資しましょう」などという怪しげな物まで、素人を騙すのは簡単です。

為替リスクを理解していない人も多いので、投資が全てドル建てなんて怖いケースも存在します。だって、国内市場で運用してもロクな金利は付かないのですから。そして、為替リスクをヘッジした商品は金利がショボいので、個人は知らず知らずの内に為替リスクを背負い込んでいます。「分散投資しているから大丈夫よね」と言う人は危ない。そもそも彼らの保有する金融商品は、危機が発生した時に瞬時に売り抜ける事が出来ずに価格が暴落します。


流石に、最近はブラジル・レアル建てアメリカ国債とか、トルコリラ建てなどという投資は素人にも危険だと認識されていますが、金利のワナはそこかしこに隠れています。

リーマンショックの際には1ドル80円を切りましたが、こんな円高が再び襲って来たら、日本の個人の投資は莫大な損失を抱える事になります。リーマンショックの時には塩漬けでだいぶ値を戻した商品も有りますが、「リーマン超級」に耐えられるかは疑問が残ります。

■ アメリカのIT企業にはご用心 ■

もし仮にコロナバブルが崩壊したら、最も危険なのはアメリカのIT株。これは既にバブルを多くのアナリストが指摘していますが、「値上がりするから買われる」というバブルの典型となっています。

GAFA辺りは残るでしょうが、テスラなどは地上から消えて無くなる可能性も有る。あるアメリカの電動トラックのベンチャー企業は、下り坂を自重で走る試作車を撮影して資金集めをしていた事が発覚しています。この位、アメリカのITやベンチャーの状況はクレージーな事態になっています。とにかく目新しければお金が集まって来ます。

実車が開発前に先行販売をして資金を集めるテスラは、なかなか「やり手」ですが、同時に綱渡りです。コロナ危機に際して、金持ちが焼け太りしている間は問題有りませんが、金持ちが被害を被る危機に際しては一番脆い。

後、製薬会社の株もコロナバブルですから危険です。コロナが単なる風邪だと分かれば大幅に値を下げます。金融危機などでコロナから世間の興味が失われた時点でオシマイでしょう。

■ 「まだ大丈夫」が利益を生み出すけれど・・・ ■

バブルが崩壊するまでは「波に乗った」人が勝ち組です。「まだ大丈夫」が利益を生みだします。

しかし、市場のルールは「9割が損をして1割が得をする」。

1割の逃げ切った人が「儲かった、売り逃げた」と吹聴し、それが拡散する一方で、損をした人達は口を閉ざします。これ、競馬や宝くじみたいな物。下手をしたら、大きな金融危機よりも、期待値では競馬の方が良かったりするかも知れません。


チキンは一生利益を手に入れる事が出来ませんが、チャレンジはリスクとセット。そして、そのリスクが見えない状況こそがバブルなのだと私は考えます。


それでも多くの方は、「まだまだ行ける」と考えているのでしょう。既に通過して来たリスクポイントの期待値が70%だったとしたら、何回かの危機の後に勝ち残る可能性はかなり低いと思うのですが・・・。


投資とは縁の無い素人のヤッカミでは有りますが・・・・。GPIFとかゆうちょ銀行とか、農林中金とか地銀とか、本当に大丈夫かよ・・・・。

19

2020/10/7  9:11

投稿者:人力
大友秋生 さん

「おおらか」な安倍政権時代と違い、新政権下では政治
的な記事が書き難い・・・。安倍政権時代が懐かし
い・・・。

実務派の菅首相だけに、根回しも万全で、番記者の懇談
会を非公開で行うなど情報統制にも抜かりが無い。政治
部は政府に逆らいませんが、社会部が色々と書きたてて
いる・・・そんな状況です。

まあ、国内情勢は自民党内の勢力争いがしばらく面白い
ですが、国際情勢は色々とキナ臭い。旧ソ連圏で様々な
仕込みが発動し始めている様ですし、米中対立にそろそ
ろ日本とその周辺国も巻き込まれつつある。

大統領選挙は私はデキレースだと妄想しています。多
分、いくつかの州で再集計が要求され、両陣営が勝利宣
言を出す様な結果になると妄想しています。トランプは
分断を煽り、米国内ではデモが過激化するでしょう。例
えば、反トランプの過激派の裏の中露が居るなどと非難
して、米中対立が先鋭化する可能性は高い。

東アジアで局地的な衝突が起きれば、十分に「黒い白
鳥」に成り得る。

とにかく、先が読めない状況ですが、良からぬ状況に追
い込まれている空気感だけは伝わって来ます。

2020/10/6  23:37

投稿者:大友秋生
菅首相 任命拒否とか中国の留学生のビザ停止とか
やりますね〜  自分を総理にしてくれた田中角栄の寝
首を欠いた中曽根さんみたいになりそう

2020/10/5  10:38

投稿者:大友秋生
河合夫妻が◯一◯◯というのはガセですね
人力さんアベガーですねもうw

2020/10/4  14:02

投稿者:人力
大友秋生 さん

副島氏の最近のブログが興味深い。ウソか本当かは分かり
ませんが・・・。黒川氏を巡る官邸と検察の対立は久しぶ
りに面白かったですが、検察の背後には米国の影がチラつ
きますし・・・。

2020/10/4  13:12

投稿者:大友秋生
ーはイチなんですね 
〇〇教〇ということか 自己解決

2020/10/3  21:25

投稿者:大友秋生
>この件の深層は◯一◯◯だとの噂も

えー 伏字すぎてちょっと何言ってるかわかりません
ヒントください

2020/10/3  6:35

投稿者:人力
大友秋生さん

この件の深層は◯一◯◯だとの噂も。まあ、自民党中枢や官邸に捜査が及ぶかどうかはアメリカさん次第でしょう。

2020/10/2  21:26

投稿者:大友秋生
来ましたよww
すべては親中派潰しに通ず

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4092530.
html
河井案里被告裁判 広島県議「案里被告が『二階幹事長
から』と証言」
10月2日 14時10分

2020/10/2  11:37

投稿者:鍛冶屋
えぇ〜今更感が・・・まぁいいっけど--;)

----------------------------------------
そろさろ秋アニメがはじまりましたね!。
今春・夏編は殆ど観てませんでしたので、楽しみにしています。おすすめ・注目株などありましたら是非!。

2020/10/1  10:02

投稿者:大友秋生
これこれw


2020/2/29
自己免疫疾患のある人は重症化する・・・コロナウイル
スで危険な人


2020/3/1 19:23
投稿者:大友秋生
まあ 中国のパンデミックが収まりかけたタイミングで
韓国とイタリアで急に増え始めるとか 株価を下げるた
めのやらせですね(笑)

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ