2020/10/21

日本でもコロナ死者は水増しされている・・・厚労省通達  新型コロナウイルス
 

■ 日本でもコロナ死者が水増しされている ■

厚労省は6月18日に、各度道府県の衛生主管部に対して、次の様な事務連絡を発信しています。

新型コロナウイルス感染症患者の急変及び死亡時の連絡について(厚労省元ページのリンク)

○ 新型コロナウイルス感染症の陽性者であって、入院中や療養中に亡くなっ
た方については、厳密な死因を問わず、「死亡者数」として全数を公表するよ
うお願いいたします。
なお、新型コロナウイルス感染症を死因とするものの数を都道府県等が峻別
できた場合に、別途、新型コロナウイルス感染症を死因とする死亡者数を内数
として、公表することは差し支えありません。


趣旨は、都道府県別の差の有る新型コロナの死者数の基準を統一する為となっていますが、新型コロナ陽性者であれば、死因が心筋梗塞など別の病気でも、一応「コロナ死者」としてカウント出来る。

これ、アメリカ議会でも問題として取り上げられていた事です。アメリカでは新型コロナ感染の治療で人工呼吸器を使う治療をした場合、500万円近い補助金が支払われるので、コロナ以外の死者もコロナ死者とするインセンティブが病院側に働くというオマケ付きです。コロナ隠線でも陽性として報告すれば病院は儲かる。

日本でアメリカの様なモラルハザードが発生するとは思えませんが、それでもコロナ死者数は水増しされていると考える事が妥当でしょう。

■ 重症者数も水増しされている ■

東京都はコロナ陽性者でも、集中治療の原因がコロナ以外の場合は、新型コロナ重症者にカウントしていませんでしたが、厚労省がこれらも新型コロナの重症者にカウントする様に指導し、重症者数が増えました。

これに対して「コロナ脳」たちは「東京は重症者数を少なく報告していた」と非難していますが、アホです・・・。

PCR検査をすれば、少なからぬ数の新型コロナ陽性者が見つかります。病院は集団感染(集団曝露と言った方が適切)が起こり易いので、別の疾患で重症化している患者にPCRを実施すれば、ある程度の確率でPCR陽性になる可能性が有ります。

例えばくも膜下出血で集中治療室に収容されている患者に、念のためPCR検査をしたらコロナ陽性だった・・・。普通ならば、こんな患者を「新型コロナ重症者」として報告はしませんが、国が「重症者にカウントしろ」と言っているのだから、報告せざるを得ません。

実は日本でも新型コロナウイルスの重症者を治療には補助金が出ます。

診療報酬の特例的な対応 (二次補正とは別途の措置)
・ 重症・中等症の新型コロナ患者への診療の評価の見直し(3倍に引き上げ)
・ 重症・中等症の新型コロナ患者の範囲の見直し(医学的な見地から引続き管理が必要な者を追加)等


診療報酬が3倍に「特盛」になるのです。さらに、病状が回復して軽症となっても「経過観察の必用が有る」とされる人の診療報酬も3倍。

制度を悪用しようとしれば、新型コロナのPCR陽性者で、別の疾患でICUに入っている患者を「新型コロナ重症者」と報告すれば、病院の利益を水増しする事が可能です。コロナ患者受け入れで病院は一般の患者や手術が減って経営的に苦しいので、制度を都合良く解釈する病院があったとしても不思議では有りません。厚労省もコロナ重症者数が増えるので「お目こぼし」している可能性は否定出来ません。

■ コロナが様々な疾患の原因になるのでは無く、そう見えるだけ ■

コロナが様々な疾患や障害の原因になるという報告が相次いでいますが、これ因果関係が逆のケースも多いでしょう。

1) 主となる疾患が発生する
2) PCR検査で新型コロナ陽性と確認される
3) 「新型コロナが主となる疾患を引き起こした」と発表する

この場合は、「新型コロナはとても怖いウイルス」という思い込みや、「新型コロナウイルスの新たな影響を発見したい」という医学的野心が働いくと考える事が出来ます。

一方、次の様なケースもあるでしょう。

1) 主たる疾病が発生する
2) PCR検査で新型コロナ陽性と確認される
3) これらが合わせて「新型コロナによる疾病」として報告される
4) 新型コロナによる別の疾病の発生を調べている研究者が事例としてカウントする

研究者の功名心から発生するケースも有りますが、アメリカであ新型コロナの統計情報を病院向けに発信していた企業が、意図的に誤ったデータを提供していて告発されています。

良心的に解釈すれば「新型コロナウイルスは怖い」という医者や研究者の思い込みが、別の疾患の原因も新型コロナウイルスの影響かも知れないと、ウイルスを過大評価させている。

悪意を持って解釈すれば、「新型コロナウイルスを利用して名を上げてやろう」という研究者が、「何でもかんでも新型コロナウイルスが原因」という研究を発表している。これ、「地球温暖化」と同じですね。本来なら査読で引っ掛かるのですが、新型コロナに関しては、緊急性が優先され、査読前論文がチェックも無く公開されています。


■ 情報リテラシーとコロナパニック ■

ある年代から上の世代は、TVなどの報道を疑いもせずに受け入れる傾向が強い。彼らはメディアの「新型コロナウイルスは恐ろしいウイルスだ」という報道を無警戒に受け入れてしまう。

一方、「情報勝者」を自称するネット世代ですが、無意識のうちに「新型コロナウイルスの影響は報道されているよりも怖い」という視点から情報を集める傾向が有ります。これは人間が本能的に「危険の情報を優先して集める」習性がある事に起因するでしょう。身を守る為には危険な情報の優先度が高くなります。

実は報道機関は、コロナの危険性と安全性をきちんと伝えているのですが、視聴者の多くは「危険性」をより強くインプットします。

ネットも同様で「怖く無い」情報も沢山有るのですが、ネット民の多くは「怖い情報」を選択的に集めています。

こうして、「新型コロナは怖い」という「情報のバケモノ」が生まれ、どんどん肥大化しています。


当ブログでは777さんがコメント欄で「コロナは怖い」という情報を色々見つけて来て報告して下さるので、「コロナは安全」という情報を選択的に集める傾向のある私としては、バランスが取れると考えています。


私がいくら「新型コロナウイルスはチンケなウイルス」と書いた所で、「コロナは怖い」と思い込む人達の検索には引っ掛かる事もしません。当ブログも初期の「新型コロナは怖い」という記事のアクセス数は凄かった・・・。


「ネット特有の情報伝達のクセ」を上手に利用すれば、戦争だって起こす事は可能です。現に昨今の人々は、どんどん「過激」になっています。アメリカが良い例でしょう。選挙の結果や、トランプのアジテーションやインティファのテロによって内戦だって起こり得る。(これ、アメリカで本気で心配されています)。


話題が「コロナの水増し」からズレてしまいましたが、「情報の細かな査定」の例として、「コロナ重症者や死者の数」は良い例かと思い取り上げました。



おっと、自分が妄想の世界に生きる陰謀論者である事を忘れていました・・・・。
13

2020/11/2  21:53

投稿者:メルカッツ
そもそもの議論の根底に、軽症で治った人が、
再発せず数年生きられるというデータはありません。
プリンセス号で自衛隊病院が開示したデータは、
後遺症の懸念はゼロではない可能性。
また、3月頃に色々報告されていた研究結果は、
ウイルス内にHIV基が存在する細菌兵器の可能性。
HIV基が外に出ればエイズですから、長くは生きられません。
ようは60過ぎたら軽症者の人も再発して重篤致死も。

体の中に菌が残る可能性は数年過ぎないと予後不明。

重篤者が死ぬ以外、軽症だから永らえられるとは、
実は何処にもデータは無いはず。
所詮は風邪もどきなので、
70才近くまでは生きられるとは思いますが、
今、発症した人が、その頃に再度蔓延させる危険性。

PCRという技術が、世界に巻いた
懐疑性疾病シンドローム、ともいうべきか。
実際、経済的に殺されていっている人は相当数。

2020/10/26  21:48

投稿者:人力
そろそろタオルを投げ入れる頃合いでしょうか。

777さんはイロイロ分かっていらしてお書きになられていると思いますが、このブログの読者の多くは「チンケなコロナなんて怖くない」という方達なので、余り怖がらないと思います。

大友秋生氏(女氏?)が有益な情報を沢山書いて下さっていたのでストップを掛けずにいましたが、そろそろお開きということですお願いします。

次はアニメ記事にしようかな。今期アニメのオススメかな。

2020/10/26  20:42

投稿者:ハノイの塔
まったくねえ。
>若い軽症者も5年で死ぬ運命だよ
そんなのウソに決まってるでしょうが。
もしこれを読んだ感染者のかたが絶望しておかしな行動に走ったりしたら
どう責任を取るおつもりでしょうか?
だいたい5年で全員亡くなるとしたら、半年たった現在でその兆候が出てなければおかしい。
(単純計算では2.5年で50%亡くなるはず)
半年前に約2万人いた感染者のうちで、今頃死亡した人なんていますかね。
阪神・藤波なんて、先日自己最速をマークしたばかりで
むしろコロナ感染前より調子が良い。

2020/10/26  17:43

投稿者:777
新型コロナ、英研究「女性は男性よりも後遺症残りやす
い」
22日 10時08分
 新型コロナウイルスに感染した患者のうち、女性の方
が男性よりも症状が長期化したり、後遺症が残ったりし
やすいとの研究結果を、イギリスの大学の研究チームが
発表しました。

 これは、イギリスの大学「キングス・カレッジ・ロン
ドン」の研究チームが21日に発表したものです。

 研究チームは、新型コロナウイルスの症状や経過を記
録するアプリのデータをもとにして、およそ4200人
の患者を対象に調査を行いました。その結果、調査した
患者のほとんどは11日以内に症状が改善しましたが、
およそ5%は2か月以上、息切れなどの症状が回復しな
かったり、集中力の低下などの後遺症に苦しんだりして
いたということです。こうした傾向は、高齢者を除け
ば、女性の方が男性よりも50%ほど強くなることもわ
かったということです。

 また、最初の1週間に発熱や咳、味覚を失うなどより
多くの症状を経験した患者や高齢の患者も同様のリスク
が高いとしています。

 長期化・後遺症リスクが高いグループが明らかになっ
たことについて、研究メンバーのスティーブス博士は、
「感染の第1波で得た知識を生かし、第2波では早めに
対処することで後遺症を減らすことが重要」だとコメン
トしています。

______


女性は 3年で死んで、男性は 5年は生きられるという事
でしょうか。

2020/10/26  15:22

投稿者:大友秋生

間質性肺炎を正しく理解しましょう

「間質性肺炎は致死率100%の病気である」などという
記載が付け加えられてしまっている記事が散見されてい
ます。

間質性肺炎の代表として語られることの多い「特発性肺
線維症」は、致死率は確かに低くない病気です(しかし
現在では肺の線維化を抑える抗線維化薬が出ており、以
前と比べて治療方法が出てきてはいます)。一方「特発
性器質化肺炎」は治療(内服や点滴のステロイド薬)の
効果が高く、致命的になることはあまりありません。


一方原因がわかる間質性肺疾患では、例外はあるにせよ
その原因が取り除かれることで改善できることも多いも
のです(膠原病肺であれば膠原病の治療により小康状態
となるケースは多いですし、急性過敏性肺炎はそのアレ
ルゲンから離れるだけで改善するとされています)。

一般的に肺の炎症が長期化し線維組織に置き換わってし
まうケースでは、元の正常な肺組織に戻ることはないた
め、間質性肺疾患の予後は悪くなるとされています。
しかし今回の新型コロナウイルスによる間質性肺炎も軽
症の場合は自然に改善する場合が多いと報告されてお
り、いわゆる肺が線維化を起こしやすいとまでは言えな
い病気ではないかと思っています(ただ重症化、長期化
することで肺が線維に置き換わってしまうケースはある
と思います。その場合は慢性呼吸不全などの後遺症が残
る可能性はあるかもしれません)。

というわけで、決して「コロナは間質性肺炎だから致死
率が100%である」という事実はありません。

2020/10/26  15:11

投稿者:大友秋生
777さん ちゃんと自分の投稿読んでますか
特発性肺炎は原因不明の肺炎のことを言うんですよ
コロナはコロナウイルスでしょ
自己免疫疾患でなくても細菌やウイルスで炎症は起きま


ステロイドは自己免疫疾患以外でも普通の感染症性炎症
でも使います

この岐阜大学の人は自分は自己免疫疾患患者でもともと
肝臓や腎臓が繊維化してると書いてますね

一般人には何の関係もないことです



>コロナ肺炎も、どうやら同じようなメカニズムなの
で、ステロイド(オルベスコ吸入薬)に効果が認められ
る。


炎症の起こる理由(メカニズム) −CREST/さきがけ
「慢性 ...
www.jst.go.jp › 戦略的創造研究推進事業
例えば細菌やウイルス(一種の異物です)が体の中に侵
入しようとした時に、​さまざまな細胞などの生体内成分
がその排除に働いた結果が炎症性反応です


ステロイドホルモン - Wikipedia
ja.wikipedia.org › wiki › ステロイドホルモン
炎症性疾患の治療のために用いられる、いわゆる「ステ
ロイド」は、ステロイド​ホルモンを配合した薬品(ステ
ロイド剤)のことである


2020/10/25  22:52

投稿者:大友秋生
だーかーらー治るのw



COVID-19患者はT細胞の数が激減
学術誌『Infectious Diseases』に掲載された論文によ
ると、COVID-19患者の血液のなかでは、総T細胞数(CD3
+T)、ヘルパーT細胞(CD4+T)、キラーT細胞(CD8+
T)、ナチュラルキラー細胞が有意に減少することがわ
かった。注目すべきは、ヘルパーT細胞の減少は比較的
ゆるやかだったが、キラーT細胞のほうは著しく減少し
たことである。

また、COVID-19患者において「ヘルパーT細胞(CD4+
T)/キラーT細胞(CD8+T)」の比率が著しく上昇したこ
とから、キラーT細胞のほうがより新型コロナウイルス
に影響されやすいものと考えられている。つまり、COVI
D-19を発症すると、ウイルスに対抗するはずの“免疫の
戦士”の数がどんどん減ってしまうのだ。

T細胞の数が回復するとウイルスを撃退できる?
それではCOVID-19から回復すると、T細胞の数も元通り
になるのだろうか? 研究チームがCOVID-19の陽性患者2
3人を2週間フォローアップしたところ、回復して陰性判
定を受けた患者の総T細胞数、ヘルパーT細胞数、キラー
T細胞数に著しい改善がみられたという。

2020/10/25  13:57

投稿者:大友秋生
ダメ押ししときましょう


新型コロナ「第二波がこない」スウェーデン、現地日本
人医師の証言
8/19(水) 7:00

2019年にはスウェーデンにおける70歳以上の高齢者は約
150万人であった。スウェーデンの新型コロナ感染症に
よる死亡者の90%が70歳以上の高齢者であり、死亡した
高齢者の約80%が要介護者である。

スウェーデンで高齢者を中心に死亡者が多く出たのは、
介護施設でのクラスターが多発し、自宅に住む高齢者へ
もヘルパーを介して感染が持ち込まれたためである。

多くの犠牲者が出た介護施設であるが、介護施設の入居
者の過半数は認知症を患っており、残りは、基礎疾患を
複数持つ全身状態の良くない高齢者である。入居してか
ら死亡するまでの期間は比較的短いことが知られてい
る。入居期間が中央値で2年前後というこのデータは、
予後が長い認知症患者を含むため、認知症以外の患者に
関してはさらに短くなる。

同様に認知症の患者を含んだデータであるが、入居後18
カ月までに約40%が死亡することがわかっている。介護
施設の入居者は予後が良くないという理由により、社会
庁は、介護施設での感染者は原則として病院には搬送し
ないとする指示を出していた。

一方で、新型コロナ感染症による死亡者の平均年齢は、
現時点での社会庁の統計によると83歳であり、2019年の
スウェーデンの平均寿命は83.1歳である。

そのため、新型コロナウイルス感染により、死亡が若干
前倒しになっただけだとする見方もある。もしそうであ
るとすれば、長期的には超過死亡率は相殺されてくるは
ずである。例年よりも多かった死亡者数は、現在では、
例年以下にまで減少している。

実際、超過死亡率は低下し、ロックダウンをした他のEU
諸国と比べても、超過死亡率は多いとは言えない。

宮川絢子スウェーデン・カロリンスカ大学病院・泌尿器
外科勤務。

Forbes JAPAN 編集部

2020/10/25  8:50

投稿者:陰謀論作家
コロナウイルス騒動の辺りから、自分の周りで急に老け
た人が増えたような気がする・・・。

これは白人から見たら若く見える期間が長い東洋人を妬
んで老化スイッチを稼動させるウイルスをばら撒いたの
では?(特に若い人でもおでこの皺深くなった人が「急
に」増えたような気がする)

2020/10/25  8:01

投稿者:777
若い軽症者も5年で死ぬ運命だよ。
年寄りはすぐに死ぬというだけさ:

「新型コロナウイルス肺炎は間質性肺炎」岐阜大学 犬
房春彦 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=QIKeQ_JQlfc&featur
e=emb_title

実は、私は間質性肺炎に罹患していて、その恐怖を身を
もって体験している。

 間質性肺炎は、致死率100%の病気である。

 ただし、死ぬまで平均で5〜7年程度、ときには10年近
く生きる人もいる。

 この病気は進行性で、一度、罹患すると、じわじわと
呼吸機能が低下して、5年程度で死亡するのが普通であ
る。

 原因としては、一種の自己免疫障害で膠原病などに近
い。私のように、肝臓や腎臓に繊維化の基礎疾患がある
と、肺にも連鎖してコラーゲン繊維化が起きやすくな
る。

 コロナ肺炎も、どうやら同じようなメカニズムなの
で、ステロイド(オルベスコ吸入薬)に効果が認められ
る。

 ということは、この病気も、肺間質細胞の繊維化をも
たらしていることを意味している。

 つまり、新型コロナウイルス肺炎は、仮に治癒しても
完治は望めず、じわじわと進行して最後には命を奪う、
致死率100%の極めて深刻な病気ということになる。

 今、コロナ肺炎を治療して退院した人も、数年後に死
亡することを意味している。
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-1083.htm
l


特発性間質性肺炎 

肺は肺胞というブドウの房状の小さな袋がたくさん集ま
ってできています。間質性肺炎は、肺胞の壁に炎症や損
傷が起こり、壁が厚く硬くなるため(線維化)、酸素を
取り込みにくくなる病気です。間質性肺炎の原因は様々
ですが、原因不明のものを特発性間質性肺炎(IIPs)と
総称します。


【予後】

 IPFは一般的には徐々に肺の線維化が進行していく病
気で、平均生存期間は欧米の報告では診断確定から28〜
52ヶ月、わが国の報告では初診時から61〜69ヶ月とされ
ていますが、病状の経過は患者さんによって様々です。
特発性非特異性間質性肺炎や特発性器質化肺炎は一般に
治療がよく効きますが、中には徐々に悪化していく場合
もあります。
https://www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?co
ntent_id=20

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ