2020/11/6

今期アニメ・・・オススメ  分類なし

■ 『安達としまむら』がとにかく素晴らしい ■

私はオタクを自称する55歳のオヤジですが、マンガもアニメも雑食系。

BL系もソフトなものであればOKですし、女子同士がキャッキャ・ウフフする作品も嫌いでは有りません。志村貴子や佐原ミズなど、何故かBOOK OFFに売られずに本棚に残っています。(我が家は本棚が小さいので、マンガが増えるとBOOK OFF行きになる作品が多い)

そんな私の今期アニメのオススメはこちら。

クリックすると元のサイズで表示します
『安達としまむら』より

「入間人間」のライトノベル作品を手塚プロがアニメ化していますが、もう女子高生の太腿に・・・、おっと、女子高生同士のフワフワとした関係にうっとりしてしまいます。

『やがて君になる』も同姓への憧れを描く素晴らしい作品でしたが、『安達としまむら』はもっとソフトで不定形でフワフワしている。

「入間人間」のラノベが面白いとは聞いていましたが、これ程までとは。そして、フワフワの作品を手塚プロが手掛ける意外性。宇宙の描写などの「火の鳥」などの手塚プロらしさが伺えますが、その表現は緻密。京アニと、新海誠を吸収した、新時代の手塚プロ作品と言えます。

とにかく、何がスゴイのか言葉では表現できないのですすが、コミ障の女子高生二人の他愛の無い日常をスケッチの様に描きますが、下手なミニシアター系の映画の数百倍は素晴らしい。



クリックすると元のサイズで表示します
『トニカクカワイイ』より

『ハヤテのごとく!』の畑健二郎原作マンガのアニメ化です。一見すると「今時、こんなアニメがあっていいのか」とうい古臭い絵柄。そして他愛の無い内容。・・・でも、これが本当に素晴らしいんです。

頭脳明晰な主人公が、命を救ってくれた女子に一目惚れ。学力優秀ながらも高校にも行かずに、アルバイトをしながら彼女を捜す日々。彼が18才になった時、アパートのチャイムを鳴らす音が。ドアを開けると探しあぐねていた彼女が立っていた。彼女はお嫁さんになる為に彼の元を訪れたのです。

かぐや姫と、つるの恩返しのような変身譚を合体させた様な内容ですが、とにかくカワイイ。純粋な恋愛を一歩ずつ進める二人をニヤニヤしながら家内と観ています。家内の今期の一番のお気に入り。

この作品の魅力は「正しさ」にあると思います。様々なマンガやアニメが氾濫する中で、不変な価値は「正しさ」にある事から目を逸らしていない。「お互いを思い合う気持ち」があれば幸せに暮らせる・・・・。『鬼滅の刃』の評論でも書きましたが、今の時代、若い人達が求める物語は「正しい物語」なのかも知れません。




クリックすると元のサイズで表示します
『体操ザムライ』より

『ゾンビランドサガ』の村越繁がシリーズ構成。もう脚本の魅力がさく裂デス。

かつては日本体操界を背負った男が、年齢的な壁に当たって引退を決意します。しかし・・・会見の席で彼は「私は体操を引退しま・・・せん!」と言ってしまった。そこから彼の復活が始まるのか。

『ゾンビランドサガ』程のぶっ飛び感は有りませんが、とにかく台詞の魅力にあふれています。ドラマの作りも丁寧。話の内容は地味ですが、グイグイと引き付ける作品です。「この作品を観ない人は成敗しまぁース!!」


クリックすると元のサイズで表示します
『いわかける』より

『弱虫ペダル』の女子高生フリークライミング版。

「女子高生」+「マイナースポーツ」という組み合わせは『ロングライダース』や『ユル△キャン』や『ヤマノススメ』や、さらには『放課後堤防部』まで様々あれど、フリークライミングは盲点だった。(サイドカーレースというのも面白かったですが)

男の世界と思われている登山ですが、山ガールのブーム以降、女性の登山者は相当に増えています。登山→クライミングにハマる女子も少なからず居る。フリークライミングは力と体の柔軟性が重要な競技なので、女性にも向いている。体重の軽さも武器になります。

パズル系のゲームでは大会で有償経験もある女子高生が、部活選びで出会ったフリークライミングでその才能を開花させます。壁をパズルに見立ててコースを見つけ出す。スポーツとは無縁だった彼女のトレーニングとチャレンジが始まります。

地味になりそうな内容ですが、ライバル達の強いキャラで面白く観れてしまいます。弱ぺダ的な戦略ですね。それと、この作品の見どころは腹筋。



この他では、今期は「お兄様」もご活躍ですね。

以上、今期のオススメアニメでした。
4

2020/11/9  17:20

投稿者:ハノイの塔
悪玉、東京MXで見ればいいのに、と思いましたが、千葉県でしたね。
でもBSアンテナがあれば、BS日テレで毎週木曜に見られます。
しかしなんとラグリンのマドカ(CV石原夏織)嬢のファンだったとは。珍しく一緒です(笑)
あと、似た声質の小見川千明嬢のファンでもあります(笑)

今期のオススメ追加ですが、
・熊クマ、と・神達に拾われた、が、ゆるふわ系でホッとするのが良い。
あと人を選ぶのが・無能なナナ…暗殺教室+学園ロンパ、といった作品で
私も全面的に好きなわけではありません。が、最後まで見る予定。
神様になった、も最後まで見る予定ですが、麻雀回は第4話で、
3話じゃないですね(だからオタクはうざいと言われる。笑)

2020/11/9  12:30

投稿者:人力
ハノイの塔 さん

おすすめ作品が食い違うのは「いつもの事」じゃないで
すか。それなのに、皆さん、コメントまで下さるので嬉
しい。私もスルーしていた作品を観る切っ掛けとなって
います。

「キミ僕、最後の戦」・・・実はコレ好きです。そう、
まさにロミオとジュリエット。ラグリンのマドカちゃん
の声が久々に聴けますね。

「悪玉ドライブ」・・・フジTV系はFOD入っていないか
ら見れないんです。韓国、漫画家も面白い作家がチラホ
ラ・・・。

2020/11/9  12:25

投稿者:人力
ゆうこ さん

『安達としまむら』・・・好きとか嫌いでは無く「凄
い」と感じる作品。女の子同士がイチャイチャしている
事を生理的に許せるのはJC,JKまででしょう。この時期
の女子はとにかく「引っ付いている」印象があります。
この「引っ付く」があまり性的な意味合いを持たないの
はJKまででしょう。『安達としまむら』は少し性的な匂
いを感じさせますが、それがトランスジェンダーと言う
よりは「性的な未分化」という呼び方が相応しい。異性
の男性を好きになった瞬間に霧散してしまう様な、儚い
感情だからこそ、魅力的に感じる。

池田理代子って『ベルばら』しか思い浮かばないや。
後、本人の仮装の様なドレス姿。

2020/11/9  12:18

投稿者:人力
鍛冶屋さん

『神様になった日』、開始30秒切りしていたのです
が・・・鍛冶屋さんが薦めてくれたので1話から観てみ
たら、なんと麻枝 准(まえだ じゅん)の作品だったの
ですね。

「中二病」を絵にかいた様な作品を作る脚本家ですが、
本業はゲームライター。数々の名作を世に送り出してい
ます。(ゲームやらないのでよく知らん)

『Charlotte』(2016年・P.A WORKS)が私的には相当に
好きな作品で、前半のバカらしい内容から、後半のシリ
アスな展開は想像すらできません。もう最終一話は泣け
て泣けて・・・。『神様になった日』も後半の超シリア
ス展開が楽しみです。ハンカチ準備して待っています。

麻枝 准(まえだ じゅん)って多才で、自分で音楽まで
作っちゃう人ですが、彼の作品を好きかどうかが、「真
正オタク」かどうかのリトマス試験紙では無いか。「オ
タク的メンタル」にダイレクトにアプローチして来ます
が、をれを持っていない人には全く心に響かない作品。

しかし、毎度毎度、麻雀が出て来ますね。3話の麻雀回
はルールが分からない私でも大笑い。完全に本人の趣味
で作っている作品ですが、麻枝作品はP.Aの裏定番とも
言えまる。

2020/11/6  17:22

投稿者:ハノイの塔
あれあれ、上記4作品のうち「トニカワ」以外は視聴を止めちゃった。
一致率わずかに25%じゃありませんか、非常に寂しい。
ちなみに4作品とも、異世界、魔法、転生、SFといったキーワードが出てこない。
(これは偶然でしょうか?)
私の今期おすすめは「アサルトリリ」
魔法少女+マリ見てという作品で、とにかく百合っぽさが最高。
あとロミオとジュリエット+ローマの休日風の「キミ僕、最後の戦」も良い。
あとは、ごちうさ3期目、魔王城、悪玉ドライブ、も面白いです。
意外なところでは韓国漫画原作のノブレス、女性キャラが一人しかいませんが
もう韓国侮れないなぁ、というくらいには面白い。

2020/11/6  14:00

投稿者:ゆうこ
安達としまむらは確かにすごい作品ですね。読んだ人の感想blogを読んで唸りました。哲学的だわ(笑)昔池田理代子の「お兄様へ」とも違う女の子をイチャイチャ作品ですね。池田理代子のお兄様へはフランスでも一時放送されましたが子供に相応しくないと中止に成りました。アニメは手塚プロダクションが手掛けました。

2020/11/6  10:59

投稿者:鍛冶屋
”神様になった日”の4話(前後は知らねど...)が堪らんかったです^^)。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ