2020/11/24

世界は裏では繋がっている・・・コレラの茶番が暴くもの  時事/金融危機


■ 陰謀は中学生の女子の3人組にも存在する ■

陰謀論者の多くは「アメリカ VS 米中」や「軍産複合 VS 隠れ多極主義」などという対立構造で世界を語る事を好みます。

一方で私は「世界は裏でズブズブに繋がっている」と妄想しています。先日のコメント欄に「陰謀など存在しない」的な書き込みを頂きましたが、「人が3人集まれば陰謀が生まれる」というのが私の持論です。

利益は誰かの犠牲の上に生まれるのですから、「結託」によって利益が拡大するならば、人は誰かを排除して簡単に結託する。

まして、ある程度の権力や財力を持った存在ならば、対立よりも結託した方が確実に利益を独占出来ます。世界にその様な勢力が有る事は、中学生の女子の3人組を観察していれば想像に難くない。


■ コロナの茶番から透けて見える世界 ■

新型コロナウイルス騒動は、世界が茶番で出来ている事を証明しています。

コロナ禍は完全に世界の経済破壊を狙って仕掛けられた茶番ですが、これにアメリカもロシアも中国も同調しています。

仮にアメリカが仕掛けた茶番ならば、ロシアや中国は、その茶番を暴いてアメリカや旧西側諸国の鼻を明かしてやれば良いだけです。しかし、中国もロシアも完全に茶番を演じる側の一員です。これは、世界が裏ではズブズブの関係である事を示しています。

新型コロナはグレートリセットの導火線ですが、金融緩和バブルの崩壊によって、やがて世界の金融システムや通貨システム、そして第二次世界大戦以来のアメリカの単独覇権が崩れ去ります。

この茶番に中露が同調するメリットは十分に有ります。


■ アメリカは連邦制で、各州の独立性は元々高い ■

米ドルや米国債の信用が失われた場合、債務を連邦政府に押し付けて、アメリカの諸州は連邦から独立する可能性は低くは無いと私は妄想しています。、いくつかの州が集まって「新連邦」を作る。その分断の仕掛がトランプだった。

カリフォルニアやその周辺諸州がいくつか集まるだけで、世界有数の経済力を持つ国家となります。通貨は「カリフォルニア・ロール」なんて名前だったら最高に愉快だ。

アメリカ合衆国が誕生する再に、諸州はミニ国家の様な存在でしたので、その独立性を保つ様に憲法を定めています。大統領選一つ取っても、各州でルールがバラバラなのはその為です。

アメリカ合衆国はドルと米国債という「借金」で成り立っていますが、合衆国の消滅で、その債務は消えてしまう。一方、アメリカの諸州の財政は健全です。州法によってEU諸国の様に赤字が厳しく制限されています。財政が赤字になりそうになると公共サービスを停止しても財政の健全性を守ろうとする。ゴミに収集が無くなったり、警察署が縮小になったり、舗装道路が砂利道になったりします。連邦から独立すれば、各州の財政は健全です。


■ ドルのリスクは世界が負っている ■

アメリカは紙切の借用書を世界に輸出して覇権を謳歌して来ました。ドルと米国債です。ドルと米国債のデフォルト・リスクは、その保有者が負っています。ドル建て資産もこれに準じるでしょう。

世界はあまりに多くの「空手形」がバラまかれてしまいましたがから、近々この手形は不渡りになる。それが「グレート・リセット」の始まり。


そんな未来を、アメリカも中国もロシアも共有している・・・。新型コロナの茶番劇から何を妄想するのかは人それぞれですが、私はロマンティックな陰謀を妄想して止みません。

11

2020/11/25  16:06

投稿者:人力
鍛冶屋さん

日本国政府保有の米国債は満期になってもロールオーバーを繰り返しているので召喚は逃げ水の様に遠のいて行く。「借りた金は返さない」「もっと貸せ」を繰り返しているのですけどね。フォートノックスに有るとされる日本国の金塊だって怪しいもんです。

デフォルトって歴史的にも現実的にもしょっ中起きている事で別に珍しく無いんですよ。世界経済を道連れにするなら米国のデフォルトは一番確実な手段でしょう。まさにリセット。

そりゃあ信用通貨は紙やデータですから発行額に限界はありませんが、歪みは金融市場と実体経済の間で発生します。データやスコアーとしての通貨と、サービスや物の代金としての通貨の価値の間の乖離が広がり、資産市場は大幅なインフレになる。バブルとも言いますが、これを崩壊させない妙案を世界は持ち合わせていません。これこそが問題で、お金はいくらでも刷れる訳では無いのです。これは基軸通貨国だろうが、自国通貨建の国債を発行していようが回避する事は、現状の通貨システムでは難しい。

2020/11/25  13:38

投稿者:鍛冶屋
人力さん。

なるほどなるほどなるほど。

そりゃもう取り込み詐欺・計画倒産ですな。もちろん言うまでもありませんが、”債務不履行”は”債務無効”ではありませんよね。当然、債権者は米国資産を差し押さえる権利があります。だからこその”連邦解体?”・・・、いやいや何処ぞの国の首相じゃないんですから、”前任者の約束事なぞ知らん!”が通じるはずはないでしょう(連邦解体=米軍も無くなるんですよ^^;)。まぁそうなれば、みな中華様に債権売っぱらって貸し剥がして貰いましょう。
そもそも人力さんの貨幣認識に穴があるので、残念ながらそんなオオカミが来るはずないんですけでね^^)。

2020/11/25  11:57

投稿者:人力
鍛冶屋さん

借りた金は返さないというのがヤツらの信条。

まあ無限国債も同じですが。

2020/11/25  11:19

投稿者:鍛冶屋
人力さん。

なるほどなるほど。
(さらなる)過剰発行によりインフレが起こるので、インフレかデフォルトかの二択を迫られるなら、政府はデフォルトを選ぶと。そういう認識でよいでしょうか?。

2020/11/25  10:35

投稿者:人力
鍛冶屋さん

アメリカ国債の金利は現状は低く抑えられていますが、
国債発行のタガはコロナ以降外れています。無制限に発
行される紙切れ(電子データ)に価値が有るとどこまで
市場が考えるのか。

又、アメリカ国内で暴動などが発生した場合、それでも
米ドルや米国債は安全資産と言えるのか。

市場が「疑問」を抱いた時、国債が売られ金利が急上
昇、場合によっては発散します。

FRBがドルを大量に刷って、米国債を買い支える事は
可能ですが、これは同時にドルの信用消失に繋がり、物
価が急激に上昇します。こうなる時点で普通はデフォル
トを宣言すると思うのですが。

米ドルも、その裏側とも言える米国債も既に過剰に発行
され過ぎていますが、それらを資産市場が貪欲に飲み込
んでいます。ここが崩れると、今の「過剰発行」のシス
テムは維持出来なくなります。

2020/11/25  10:15

投稿者:鍛冶屋
人力さん。

>国債償還を停止・・・
なるほど。
では、それをする”名目・お題目”は何とするのでしょう?。

2020/11/25  9:57

投稿者:人力
鍛冶屋 さん

その通りで、国債償還を停止というのが一般的でしょう。
後は連邦政府の消滅などという荒業も。

2020/11/25  7:10

投稿者:鍛冶屋
人力さん。

>ドルと米国債のデフォルト・リスク・・・
っとは、米国が国債の償還を拒否する、またはFRBが買取を拒否する事態というコトでしょうか?。

2020/11/24  18:08

投稿者:人力
777さん

バイデン、認知症って言われてますが、大統領の激務?に耐えられるのか?

国務長官、小粒な感じも受けますが、オバマ政権のケリー氏も小粒だった。多分単なるメッセンジャーだったのでしょう。ネタニヤフに殴られたとか、殴られないとか...。

財務長官でイエレン氏の名前が上がっていますが、最近の財務長官も軽量級。これもオバマ政権のルー氏以降の傾向でしょうか。

どうも最近のアメリカの閣僚って軽量級が多い印象。マトモに働いているのトランプ政権ではポンペオ国務長官だけの様な気もします。報道官なんてボンドガールかよ!!って突っ込みたくなる。

日本も官邸政治で大臣クラスの存在感が薄れていますが、どうも裏に影の政権でもあるんじゃないのと思える昨今のアメリカ政治。

2020/11/24  14:41

投稿者:777
ジェームズ いま民主党内でバイデン降ろしが加速して
いるようです。極左下院議員のAOCことアレクサンドリ
ア・オカシオ=コルテス等がすでにバイデン批判を開始
しています。

バイデン降ろしの筆頭のAOCは、隠れユダヤでBLM等の極
左団体の支援を受け、2018年28歳で下院選に当選した
「最凶」のレッテルが相応しい危険人物です。思想的に
は極左のバーニー・サンダースと同じく民主社会主義者
を標榜していますが、「ソ連建国の父」レーニンが唱え
た全ての極左に共通する、「目的はいかなる手段をも正
当化する」という原則に忠順で札付きのペテン師です。
実際、米国移民・関税執行局(ICE)の廃止を支持、2020
年全米暴動でICE職員がANTIFAやBLMに襲われた時、なん
と極左集団側を擁護し、ICE廃止を訴えました。

極左は国や政府を解体することしか考えてません。AOC
も民主社会主義者でもなんでもなく、ただの無政府主義
者で、不法移民を大量に入れて人種戦争を誘発し、「米
国自滅」をビジョンとしています。しかし、若くて美人
で若者に人気があるポピュリストですから、「民主党の
トランプ」として党内の極左革命家として圧倒的なリー
ダーシップを発揮し、今回の下院選も当選しています。
そんな彼女が反バイデンの狼煙をあげたわけです。バイ
デンは本人のペド疑惑に加えて、息子ハンターのペド疑
惑もありますから、彼女に噛みつかれたらひとたまりも
ありません。バイデンはすぐに引退に追い込まれ、副大
統領のカマラ・ハリスが来年アメリカ大統領になってい
ると思います。

実は、これは過去のスキャンダルの話ではありません。
民主党のエスタブリッシュメントの粛清につながる話で
す。トランプが大統領に就任して、共和党内のジョン・
マケイン等の旧エスタブリッシュメントが駆逐されたよ
うに、民主党もカマラ・ハリスを筆頭とした極左が党内
のエスタブリッシュメントを追放しようとしているので
す。


バイデンのような白人富裕層で、ディープステートの利
権を代表しているような者たちを追放するということ
は、今後のアメリカはユダヤのバックを受けた有色人種
が牛耳ることを意味します。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ