2021/1/11

PCRが見つけているんは本当にコロナか?・・・特異度99%  新型コロナウイルス
 

■ 普通の風邪コロナウイルスはPCR検査で陽性になるのでは? ■

PCR検査の陽性者がウナギの乗りですが、街中や電車の中で咳き込む人は、昨年の1ー3月に比べると非常に少ない。本当にコロナが流行しているのか・・・私は少し疑問に思っています。

そこで先日のPCR検査が陽性判定してしまうウイルスや細菌をもう一度見てみましょう。

インフルエンザ A型
インフルエンザ B型
RSウイルス B型 (普通の風邪のウイルス)
RSウイルス タイプ3 タイプ7 (普通の風邪のウイルス)
パラインフルエンザウイルス  (インフルエンザとは別の風邪様、インフルエンザ様症状)
マイコプラズマ (肺炎を起こす細菌)
肺炎クラミジア (肺炎を起こす細菌)

これ、意外な事に新型コロナウイルスの最も近縁である普通の風邪コロナのウイルスが入っていません。これは不自然です。もしかすると風邪コロナに対してはかなりの高率で陽性を示すのでは無いか?

■ コロナ以外のウイルスに陽性反応を示す場合、特異度はどうなるのか? ■

現在使用されてうるPCR検査キットの特異度は99%です。このキットが陽性を示すウイルスや細菌に感染していない人が100人検査をして一人の擬陽性が出る。

問題は、仮にこのキットが陽性を示す新型コロナ以外の感染症に感染していた場合で、どの程度の確率で陽性になるのか、説明書には書かれていません。日本はアメリカでは増幅回数を40回程度とする事で、ギンギンに検査の感度を高くしていますから、コロナ以外のウイルスや細菌で陽性反応を示す確率も高くなっているはずです。(WHOは増幅回数が多すぎると警告しています)

確かに新型コロナウイルスの感染は、インフルエンザや他の風邪コロナウイルスの感染を抑制しますが、それらの感染が皆無という訳ではありません。風邪コロナは冬季に流行します。

特異度99%というのは、このキットで陽性反応を示す他のウイルスや細菌も全く無い状態の数字ですので、実際に新型コロナウイルス以外で陽性を示すケースは100人に一人よりは増える可能性が高い。

尤も、現在の優勢は新型コロナウイルスには変わりは無いので、8割程度は新型コロナを検出していると見るべきなのかも知れません。

■ 何度も感染するから、何回でも新型コロナウイルス騒動は起こす事が可能 ■

新型コロナウイルスの第三波などと呼ばれる今回の感染拡大。多分、第一波で感染した人もでウイリスが体内に侵入したらPCR検査で陽性反応が出るでしょう。

新型コロナウイルスは無症状や軽症では抗体が作られません。但し、T細胞などが免疫を記憶しているので、普通は1度感染すればある程度の免疫が獲得できます。

しかし、二日酔いなどで免疫が低下すると再び感染する可能性が有ります。これは特別な事では有りません。普通の風邪コロナと同じだと思えば良いのです。風邪は身体が冷えた時や、二日酔いの時に掛かり易い。

多分、ワクチンを接種してもインフルエンザ同様に有効は3カ月から6カ月でしょうから、ワクチンを接種しても翌年の感染リスクはそれなりに高い。インフルエンザなどはワクチンを毎年接種している人が、毎年インフルエンザに罹ったりします。現在インフルエンザのワクチン接種の推奨理由は「症状を軽くする」という点にあり、「感染を予防する」訳では有りません。

結局、大規模なPCR検査を続ける限り、新型コロナウイルス騒動は何年でも何度でも作り出す事が可能です。新型コロナ騒動はPCR検査が作り出した悪夢なのです。
12

2021/1/13  4:27

投稿者:人力
陰謀論作家 さん

昨年3月末に東京オリンピックの1年延期が決定しまし
た。それまでは、政府も東京都もPCR検査を殆ど実施せ
ずに「コロナを隠蔽」していました。

オリンピック延期が決まると、政治的な責任追及を逃れ
る為に小池都知事が「オーバーシュート」などと言い出
して国に緊急事態宣言を迫った。この頃から日本のPC
R検査件数も増え始めます。

東洋の島国でコロナが流行していないというのは「日本
の奇跡」などと言われていましたが、2019年の12
〜2020年の3月は空咳をする人が電車でもオフィスでも
多く、皆さんインフルの検査をして陰性だったのでオフ
ィスに出て来ていました。もうオフィス全体でゴホンゴ
ホンやっていた。私も昨年の成人式の日に発熱して、そ
の後、乾いた咳がしつこく残りました。

ゲノム解析では日本に新型コロナが浸入したのは9月頃
で、これはヨーロッパでも同様です。2019年12月
に亡くなったフランス人からも新型コロナウイルスが検
出されています。

この様に新型コロナウイルスは武漢で発見されるより前
に世界で既に流行していました。アメリカの2019年
のインフル死亡者は例年より多かったのですが、この中
に新型コロナの感染者が少なからず含まれていたハズで
す。

現在も日本や東アジアにおいては新型コロナウイルスは
大した脅威では有りませんし、専門家をそれを認めてい
ます。しかし、「世界が崩壊に向けて足並みを揃える」
事が重要で、日本の抜け駆けは許されません。

中国だけが無症状の陽性者を「感染者」の統計から外し
て、正常の対応をしています。

2021/1/13  4:16

投稿者:人力
ハノイの塔 さん

内容が複雑なので記事にしました。参考にして下さい。

2021/1/13  0:22

投稿者:陰謀論作家
・・・最初は検査せず、特に対策執らなかった日本が急
に検査強化したでしょう?(ほんとうに検査してるの
か? 集計は正しいのか怪しいが)

その理由が分からない。 でも考えてみた・・・・最初
に思ったのは世界中で日本だけが感染者数が少ないって
いう話だったので、WHOとか各国の医療関係者が参考の
ため視察に来るって言う話しが聞こえてきたので、何も
してないだけっていう事実がばれると恥ずかしいから慌
てて検査やりだした・・・・・これが一案。

その後に考えたのが・・・・これが当たってると思うけ
ど、コロナ不況で株価が下がってるの? 株価を下げて
下げて政治家とか株屋が株を大量に安く買うために、敢
えてコロナで不況、株安に誘導してる・・・・だって他
に思いつかないモン。

2021/1/12  16:43

投稿者:ハノイの塔
さすが人力さん、実にわかりやすい。
要は、ウイルス数が1000倍に増えても、蛍光解析で測定する
光の量が1000倍になるわけじゃない、ということですね。
(当たり前といえば、当たり前か…)
結局、サイクル数30とサイクル数40では、陽性率が1.33倍になる
というのが正解のようですね。

2021/1/12  15:26

投稿者:777
退院半年、7割超に後遺症 武漢の患者、中国で研究結果
朝日新聞社 2021/01/12


 新型コロナウイルスの感染が最初に拡大した中国・武
漢市の医師らでつくる研究チームが、拠点病院の患者約
1700人の7割以上に退院から半年が経っても後遺症とみ
られる症状があったとの研究結果を英医学誌ランセット
(電子版)に発表した。新型コロナをめぐっては、世界
各地で後遺症が報告されている。

 発表は1月8日付。同市で最も早くから患者を受け入れ
た「金銀潭病院」の医師らが参加した研究チームは、昨
年1月〜5月に退院した人を対象に、退院日からおよそ半
年がたった時点で診察と身体検査、6分間の歩行テスト
を実施。結果が得られた約1700人のうち、何らかの症状
があった人は76%に上った。

 最も多かったのは「倦怠(けんたい)感や筋力低下」
(63%)で、「睡眠障害」(26%)、「不安やうつ」(2
3%)が続いた。こうした傾向は「SARS(重症急性呼吸器
症候群)患者の追跡調査と一致する」としている。「脱
毛」(22%)や「嗅覚(きゅうかく)異状」(11%)も比
較的高い割合を示した。

 さらに約350人に肺機能の検査をしたところ、入院中
に高機能機器による酸素吸入治療を受けた重症患者の5
6%は肺機能が低下していた。酸素吸入をしなかった人で
も肺の機能低下は22%に上ったという。

 武漢市では昨年3月までの約3カ月の間に感染が拡大
し、確認された発病者が約5万人、死者が3869人に上っ
た。5月に住民全員のPCR検査が実施され、6月以降は無
症状者も含めて新たな市中感染者は確認されていない。
(瀋陽=平井良和)

2021/1/12  3:00

投稿者:人力
メルカッツ さん

人工的なウイルスだとすると・・・性能が微妙ですが、微
妙が故に「安心して使える」のかも知れません。

2021/1/12  2:57

投稿者:人力
ハノイの塔 さん

原理的には倍々なので、遺伝子断片の増殖は、増殖回数
30回と40回では2の10乗違う事になります。

遺伝子の検出は蛍光解析で行うので、光ディテクターの
検出限界が閾値となります。原理的にはウイルス6個で
検出可能ですが、実際には理論通りとは限りません。

WHOも増幅回数に関して警告を出していましたが、アメ
リカでは増幅回数を政府に問いただしても、なかなか回
答が得られなかった様です。ここら辺が今回のコロナ騒
動の核心かも知れません。

比較的軽症の東アジアやアフリカ諸国に対してヨーロッ
パ、北アメリカ、南アメリカ、ロシアなどでは明らかに
死亡率が高い。人種的な特徴と、肥満率双方の影響と思
われますが、日本人はラッキーだったのか、或いは中国
がその様に開発したのか、あるいは世界の経営者が仕組
んだ事なのかは神のみぞ知るですね。

2021/1/11  21:43

投稿者:メルカッツ
この新型コロナ、
新しい所得分配の手段と完全に割り切ってしまえば、
中国米国で生物研究された対象としては、
興味深い病原だったということか。
エイズHIVなども高齢で抑制剤が効かなくなる病。
感染力からしても防ぎようが無いものならば、
かつての結核や天然痘のように、
気にせず人生を日々全うする。それでよいのでは。

去年の今頃、コロナHIVの生物兵器として、
解析結果が出回ってましたが、どうなってんでしょう。
まだまだ隠されているPCR結果などあるでしょうし。
コロナに一喜一憂する時間や人々そのものが、
ムダに思える昨今

それでも欧米の致死率は異常。病原特性は怪しい。
発信源であり且つ証拠隠滅をすすめる中国への、
非難と先進国への脱皮を世界で結託して進めるべきか。

2021/1/11  21:00

投稿者:ハノイの塔
変異種の感染力1.7倍って、まったく根拠のない数字でしょ?
なぜこの数字が独り歩きしてるのか、さっぱりわかりません。
感染力といっても結局、感染者数で見るしかないわけで、
ロックダウンしただけで条件が変わるし、当然温度湿度によっても変動する。
(温度湿度は重要なんですが、なぜか誰もそれを言わない)
日本は第一波と第三波で、1日の感染者数が10倍違いますが、
いま日本で流行ってるのは感染力10倍の変異種かといったら、
馬鹿いうなと言われて終わりです(笑)

さてPCR検査のサイクル数ですが、いまだにサイクル数で陽性率は変わらない、
とか間違ったことを言う人がいて困ります。
サイクル数30とサイクル数40では、後者の陽性者は33%増えるのか?
よくわからないのが、1サイクルでウイルスをどれだけ増幅しているかですが、
仮に2倍とすると、サイクル数30とサイクル数31で陽性者が2倍増える??
サイクル数30と40では、2の10乗でなんと1024倍になる?
明らかにそうはならないと思いますが、真実の値はどこにあるのか? 知りたいですねぇ。

2021/1/11  17:34

投稿者:人力
777さん

変異ウイルスは感染力は強く子供でも感染する様ですが、一方で毒性が強いというエビデンスは有りません。
一本鎖のRNAウイルスは変異する事が当たり前で、だからこそ風邪コロナも毎年感染します。ただ、変異したとしても元は同じウィルスなので免疫記憶はある程度有効に働きます。

ただ新型も含めコロナウイルスはあまりに毒性が弱いので抗体が出来難い。これをして免疫が獲得できないと考えるのは間違いで、白血球などの細胞免疫はしっかり獲得していますし、上気道などの粘膜感染では抗体などの液性免疫より細胞免疫の方が有効に働きます。

日本はロックダウンをしていないので都市部の住民はほぼ1回は新型コロナに感染していると思われます。

その結果、昨年の第1波よりも、発熱する人も、咳をする人も圧倒的に少ない。

今コロナを怖がらなければいけないのは、自宅に閉じこもっていた高齢者や、高齢者施設や病院でウイルスから隔離されていた人たちです。

この方々は元々ハイリスクなので感染したらそれなりに重症化し、最悪は死に至るでしょう。これを防ぐ事はロックダウンでは不可能です。

何度も書きますが高齢者と医療は切り離せないので、ここから感染は広がります。

自然の摂理として免疫が弱れば新型コロナ以外のリスク、それこそ普通の風邪でも亡くなります。「風邪は万病の元」と昔から言われる様に。

神奈川県も東京都も高齢者以外の感染追跡を放棄しました。ウイルスはそこら中にウジャウジャ居るのでトレースは既に無意味だからです。

体力の落ちた高齢者は神か仏に祈るしか無い。ただ90代でも元気な人は感染しても鼻水程度で治るみたいですね。所詮はチンケなウイルスです。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ