2021/1/15

貴重な病床が軽症者で埋まっている...若年層にPCR検査をする愚  新型コロナウイルス
■ 緊急事態宣言の目的は医療崩壊を防ぐ事 ■

人々が不自由を強いられ、経済を崩壊させる緊急事態宣言が何故必要になるかと言えば、重傷者を収容する病床が枯渇するる可能性が高いから。

1) 民間の病院はコロナ患者を受け入れると院内感染が起きて経営が破綻するので、集中治療室や感染病床に空きがあってもコロナ患者を受け入れる病院は少ない。

2)治療の必要の無い軽症の感染者が感染症病床を占拠している。


1)の問題に関しては国が重傷者患者様ベット一床当たり1950万円、一般のコロナ患者向け病床1床当たり前900万円の補助金を出す事で、民間病院の負担を軽減する政策を始めました。

問題は2)のケースです。


■ 民間のPCR検査が無駄を量産している ■

現在、保健所が指定した発熱外来のほかに、民間のクリニックなどもPCR検査を実施しています。

1)クリニックで検体を採取
2)郵送で検査期間に送付
3)検査結果がクリニックに知らされる
4)陽性者に通知をする
5)ネット診断で簡単な診断をする

6)クリニックが保健所に連絡をする
7)保健所が患者に連絡をして病状を聞き取る

ここから問題が発生します。

8)不安に駆られた患者が入院を希望する
9)入院の為に病状を大袈裟に申告する
10)軽症であるにも関わらず入院の判断が下される。


昨年5月頃までは、発熱してもなかなかPCR検査まで辿り着けませんでしたが、現在は民間の病院で簡単に検査を受けられます。60歳以上の方など、軽い風邪程度の症状でもPCR検査を受けます。そのうちの2割程度が陽性となる様ですが、重い症状の人は少ない。
しかし、「家族や身近な人を感染させたく無い」「軽い基礎疾患を持っていて重症化が心配」「一人暮らしで自主隔離をすると生活が出来なくなる」と言った理由から入院を望む人は後を断ちません。

本来なら発熱外来の医師が入院が必要かどうか診断してから、入院か感染者施設か自宅療養かを決定していました。

クリニックなどは陽性者を見つけた後、ネット診断で済ませてしまう所も多い様で、不安に駆られた患者が保健所に入院を希望して電話を掛けるケースも多いようです。「呼吸が苦しい」など「誇張された自己申告」を受けた保健所職員が入院先を探す事もが多い。

保健所職員も入院したいとゴネル陽性者に時間を取られたく無いので、軽症の可能性のある患者も、入院が必要として処理するケースも多いでしょう。こうして貴重な病床が軽症の感染者に占拠されて行きます。

ネットやニュースには「コロナ陽性が判明して症状も非常に苦しかったのに入院させてくれなかった」という情報が氾濫していますが、インフルエンザだって発症すれば相当に苦しい。しかし多くの人は5日程寝ていれば自然に回復します。新型コロナの毒性はインフル以下ですから、多少症状が出て発熱しても、ハイリスクの方以外は直ぐに症状は軽くなります。

■ 無駄な軽症者の処理に追われ在宅療養者の異変に気付けない ■

マスコミが在宅療養者中の患者も大勢亡くなったと大騒ぎをするので悪循環は更に加速します。

在宅より入院を希望する患者が増える事で、保健所職員が収容先探しで忙殺されて、自宅療養患者への定時連絡を怠るケースが増えて来たのです。これにより容態の変化に気付けずに自宅で亡くなる人が出てきてのdr

■ 感染者の多い地域では若年者の検査は減らすべき ■

首都圏や大阪などでは市中の至る所にウイルスがウジャウジャ居ます。クラスター対策で感染拡大を防げるなどというのは最初から妄想に過ぎません。

実際に昨年の1月から3月は現在より余程多くの人が渇いた咳をして、熱で汗ばんだ顔で電車に乗っていました。完全に市中感染が広がっていましたが、PCR検査をクラスター に限定していたので、市中感染は無いことにされてしまった。

所が現在はPCR検査を広範に行っているので市中感染の広がりがリアルにわかります。東京都も神奈川県も、既にクラスター対策は無意味と判断して若年層へのPCR検査の積極的な追跡の中止を決定しています。

これは非常に意味のある事で、会社などで感染者が見つかっても、濃厚接触者濃厚調査が行われなくなります。企業は一人の感染者からイモヅル式に感染者が見つかってもクラスター認定をされる事を一番恐れていたので朗報です。

若年層への強制的なPCR検査を中止した事で、「感染の社会制裁」のリスクが軽減すると同時に、無駄な入院による医療資源の枯渇も防げます。

昨年5月までの対策に戻っただけとも言えますが、PCR検査を増やせと要求したのは国民とマスコミです。結果、医療が逼迫し、緊急事態宣言によって経済がふ再び壊滅的な被害を被りました。

■ 病院と高齢者施設で死者が量産される ■

体力が弱った人から優先的に命を奪う新型コロナウイルスですが、病院や高齢者施設にウイルスが侵入すると集団感染が起こりやすく、重傷者や死者も多く発生します。

これだけ市中感染が広がると、病院や高齢者施設にもウイルスは軽々と侵入します。これを防ぐ手立ては皆無です。

何処かで「確実に助からない人=後期高齢者の重症者で二つ以上の重度ので基礎疾患を持つ人」への治療を中止しなければ、貴重な集中治療室がコロナ以外の疾患に使えなくなります。

そろそろ、政府はスエーデンの様な「トリアージ」の選択を迫られるでしょう。政治に対して幼稚な日本では、これは政権の命取りになります。ですからトリアージが現場の医師や家族に委ねられる事になるでしょう。コレは医師にとって非常にストレスであったとイタリアの医師が語っていました。

「真面目に信仰して真面目に働いてきたきてきた高齢者と、自堕落な生活で基礎疾患が悪化した患者の何方を救うべきか....」

確かにコレは難しい問題です。

13

2021/1/25  20:40

投稿者:かめ
検査送り先が東京なので…三重の10人感染は計上されず
https://www.asahi.com/articles/ASP1T621DP1TONFB01
2.html

三重県の陽性者が東京で計上されてたらしいです。これ
はレアケースなのか、それとも数多くあるのか、実態を
知りたいところです。

2021/1/20  18:28

投稿者:人力

まあ、初めからワキの甘いヤラセなので。特に東アジアは高齢者も中々お亡くなりにならないので、老衰で亡くなってもPCR陽性ならばコロナ死がいっちょ上がりって訳で。欧米も似たような事をやっているけど、あっちは確かに超過死亡率が大きく上昇しているので「存在しない」訳では無いようです。

日本は誰も気づかなければウイルスの存在すら気づかずにインフルエンザの死者数に入っていたでしょう。

咳をする人が少し増えてますが「咳の風邪が流行っている」と言う認識に普通ならなるはずです。これを「凶悪ウィルス」に仕立て上げるのは骨が折れますが、こんなペテンに騙される国民が悪いと私は感じています。学校の算数の授業で寝てたんだろうね。

2021/1/20  15:15

投稿者:陰謀論作家
自分は一波のときからコロナ関連の数字は信じてなかっ
たが、最近の重傷者と死亡者の数がおかしい。 二回目
の地域指定での緊急事態宣言から今日まで、なぜか例外
なく絶対に重傷者数に対しての死亡者数が10パーセント
を守っていると言う不可解な数字が出てる謎。
分からないのはもうひとつ。 感染者数と重傷者数と死
亡者数は二波辺りから「毎日」報じられるようになって
るが、例えば今日の感染者数は潜伏期間があるから二週
間前の数字ってことになるの? なら重傷者は感染して
誰もが同じ期間を経て重症化するの? そして誰もが同
じ期間を経て死亡するの?
そうじゃないと毎日同じ比率を守ることはできない。 
もうコレ、コロナ感染じゃなくて死ぬまでの期間が最初
から決まってる貞子の呪いとしか思えない。
重症化速度と重症化での死亡するまでの速度(期間)が
常に毎日同じ比率で推移してるのが信じられない。


2021/1/16  19:49

投稿者:かめ
吉村知事の「PCR陽性イコール感染者ではない」発言
に関連して、「最近のPCRは新型コロナに絞ってあり、
他のウイルスや残骸を検知することは、ほぼほぼ無い。
PER陽性=新型コロナ陽性でほぼほぼ間違いない。」と
の真偽不明の意見を見かけました。

PCR検査キットもメーカーによっての差はあるでしょう
から、私なりにいくつかの説明書を見てみましたが、い
まいち判断できず。実際の現場でどのメーカーが採用さ
れているのか不明。

人力さん、なにかご存じですか?どう思われます?

2021/1/16  9:30

投稿者:人力
777さん

ファイザー製ワクチンは高熱を出す人も居るらしいので、高齢者で亡くなる方も当然出るのでしょう。

ワクチンを打たなければコロナで死ぬかもしれない、ワクチンを打ったらワクチンで死ぬかもしれない....究極の選択ですが、コロナの死者数の方が圧倒的に多いので、高齢者はワクチンを接種する方が生存率は高い。

若い人はコロナで死ぬ事はないので、得体の知れないワクチンを接種するより、コロナに感染して免疫記憶を獲得する方が安全です。アレルギー持っている人は、ワクチン接種を断る理由になるので、勝ち組。

2021/1/15  13:54

投稿者:777
人殺しファイザー製薬

ノルウェーでファイザー社とバイオエヌテック社の
ワクチン接種後に23人が死亡した。
ノルウェー医学エージェンシーが発表した。

全ての死亡事例は免疫力の下がった
80歳以上の高齢者で確認された。

同機関は「通常の副作用が高齢者では
病気のより深刻な経過の原因となった恐れがある」と説
明した。

今後同様の事故を避ける為、
国立保健研究所は重症の高齢患者への
ワクチン接種の推奨を若干変更する。

11月27日、ノルウェーではファイザー社と
バイオエヌテック社の製薬による
市民へのワクチン接種が開始され
オスローの高齢者施設の入居者がまず対象となった。
ノルウェーでは既に合計2万5000人超がワクチン接種を
受けている。

12月9日、ファイザー社製ワクチン治験中に
6人が死亡していたと明らかになった。

また、ファイザー社製ワクチンを接種した
88歳のイスラエル人男性が死亡したと12月31日に公開さ
れた。

1月6日、ノルウェーの一カ所の老人ホームで
ワクチンの接種から数日後に2人の入居者が
相次いで死亡するケースが確認されたと報じられた。

2021/1/15  12:46

投稿者:人力
777さん

スエーデンで「高齢者見殺し政策」に反対している人の多くがアラブ系の移民でしょう。家族の関係が深く高齢者を敬うアラブ人からすれば、合理的なスエーデンの家族感は馴染めないでしょう。福祉が充実しているが故に、親世代と同居することも無く、子供が年老いた親の面倒を見る必要がないスエーデンでは自ずと親子が独立した存在です。

一方、イタリアなど南欧諸国は大家族制度で家長の権限は絶大です。コレも弊害が多くシルバー世代が富の多くを独占し、若年者は貧しく、失業率も高い。

日本も核家族化が進み、高齢者が子供の世話にならない選択をする様にりましたが、儒教の影響で高齢者は大切にされます。高齢者の政治的権限も強い。

普段はそれでも問題有りませんが「非常事態」に当たり、高齢者の命と若者の将来を天秤にかけたら時、果たして天秤はどちらに傾くべき七日。

昔は高齢者は大事にされる一方で慎みを知っていました。果たして現在の高齢者はどうなのか... 。「いつまでの長生きしたい」という生物の根本的願望に対して、昔の人は抑制が働いていた。今は、その判断が出来なくなり、本能が勝るまで脳が老化する状態まで寿命が伸びてしまいました。命の選択を自らが出来ないのです。コレを幸福と呼んで良いものか私には疑問です。ベットに寝たきりの余生など私は要らない。だから運動して心臓を鍛えて、ピンピンコロリを目指します。

2021/1/15  10:52

投稿者:777
定年になった人間は速やかに死んで貰うのが良いという
欧米人の価値観

【現場から、新型コロナ危機】スウェーデンで見捨てら
れた高齢者

厳しいロックダウンを行わないなど独自の新型コロナウ
イルス対策を貫くスウェーデン。その一方で、多くの高
齢者が治療さえ受けられずに亡くなっている実態を取材
しました。

 認知症のため高齢者施設に入所していたジュリアナさ
んの叔父、モーゼスさん(72)は今年4月、新型コロ
ナウイルスへの感染が確認され、4日後にそのまま施設
で亡くなりました。

 「医師は『持病のある高齢の感染者は病院で治療を受
けられないことになっている』と。叔父が亡くなった
時、私は何時間も泣いて眠れませんでした。でも次の
日、『コロナだけのせいじゃない』と直感したんです」
(ジュリアナさん)

 「持続可能な対策をとるべき」として、厳しいロック
ダウンを一貫して行っていないスウェーデン。こうした
政府の対策を市民のおよそ7割が支持しています。


 ジュリアナさんも、テレビ電話でモーゼスさんの様子
を見た時、施設の感染対策の緩さに眼を疑ったといいま
す。
 「全てが普段どおりでした。コロナなどないかのよう
に職員はマスクも手袋もしていませんでした」(ジュリ
アナさん)

 さらに、施設側は家族に相談もなく緩和ケアに切り替
え、モーゼスさんにモルヒネを打ちました。
 「施設が緩和ケアをした理由は分かりません。でも叔
父は生贄にされたんだと確信しています」(ジュリアナ
さん)

 これはモーゼスさんだけの話ではありません。
 「施設がしっかり患者の状態を調べもせず、親族にも
知らせずに緩和ケアの決定を行ったケースが多く見られ
ました」(イングヴェ・グスタフソン教授〔高齢者医療
が専門〕)

 ジュリアナさんは、スウェーデンの高齢者が見捨てら
れていることを知ってほしいと話します。
 「最も腹立たしいのは政府は承知のうえで高齢者を犠
牲にしていること。私の叔父だけでなく、多くの高齢者
が同じように扱われているんです」(ジュリアナさん)

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ