2021/2/10

コメント欄では長すぎるので、こちらで。  分類なし
鍛冶屋さん

「まだ金属通貨がーー!!」って言われそうなので捕捉
します。私も信用通貨は理解していますし、通貨が小口
の国債と同等のものである事も理解しています。通貨が
小口の国債であるならば、市中に流通する通貨は国債を
発行すればする程増える。

ならば財政を拡大すれする程、国民の資産は増えるの
か・・とい点ですが、MMT派も指摘する通り、供給制
約の範囲でという条件が有ります。これは即ち「インフ
レ率が上昇しない限り」という事になります。

インフレ率が単純に通貨供給量によって決まるのであれ
ば、マネタリーベースの調整や財政支出の調整でコント
ロール可能ですが、実際の世界はそれ程単純ではありま
せん。現に、異次元緩和の結果円安が進行した際に日銀
と財務省は1ドル125円を円安のボーダーラインとし
ていました。これ以上円安が進行すると輸入物価が上が
りインフレが進行してゼロ金利の維持が難しくなるから
です。この時は運よく原油価格が低下したのでインフレ
率の上昇は収まりましたが、財務省はダメ押しで消費税
率を引き上げて景気にも水を差しています。

為替は中長期的には定量的に動きますが、短期的には別
の要因でも変動します。「有事のドル買い」の様に、世
界情勢にも影響を受けますし、リーマンショック後の為
替市場の混乱の様に経済システムの影響も受ける。そし
て為替は勢いが付くと過剰に変動します。

通貨高は意図的に通貨を過剰発行すれば抑え込む事は可
能ですが、通貨安に政府も日銀も打つ手を持ちません。
一般的には金利を上げる事が通貨防衛となりますが、金
利が上ったら「ゼロ金利」という財政上のモラトリアム
が失われてしまいます。

MMT支持者がどう理解していようが、現在の状況で日
本で金利上昇は始まれば、財政の継続性が疑われて為替
市場で円は確実に売られます。当然、日本国債も売ら
れ、国債金利も上昇します。「日本は自国通貨建ての国
債だから破綻しない」と訴えた所で、円が下落するので
すから円建ての国債など持っているだけ損をします。

いやいや、日本国債の保有者は日本の金融機関だから大
丈夫とおっしゃりたいと思いますが、現在の日本国債市
場の売買における外国人投資家の比率は相当に高くなっ
ています。これは、為替変動による利益が得られない国
内の金融機関と違い、海外勢は円高による為替差益が期
待出来るからだと私は考えていますが、さらには先物の
売りポジションなど金利変動の有る長期国債では利益を
出す方法が存在するからです。

私はMMTはこの様な経済や貨幣システムの「動体」と
しての動きに非常に鈍感な理論だと捉えています。ドマ
クロ以上のマクロ経済学。

通貨危機などというのは非常に短期間にヒステリックに
進行し、それを利用して利益を得ようとするハイエナん
ぼ餌食になります。

国家の信用度は、その国の企業の信用に直結します。日
本政府が「国債ならいくらでも発行出来る」などと言い
出したら、海外の企業は日本の金融機関との取引を瞬時
に停止するでしょう。これも経済の現実だと思うのです
が如何でしょうか。

尤も、現在に日本政府と日銀の様に「ステルスMMT政
策」をこっそり実施する分には市場は寛容です。「こい
つらズルしてるーー!!」って騒ぐと金融市場が混乱し
て損するだけですから。さらにはコロナショックで世界
中が「日本化」してしまったので、今更中央銀行が国債
を引き受けた所で誰も文句は言いません。金融市場に資
金が流入する限りウェルカムだからです。

ただ、それ故に、市場は肥大化してやがて限界を迎えま
す。その時に様々な歪が一気に解放され、通貨システム
も当然混乱するハズです。ここで「ルールブレイカー」
が発動して、通貨システムは次のステージに変化すると
いうのが私の妄想です。
12

2021/2/12  9:11

投稿者:人力
一ブログ読者 さん

実はマネタリストとMMTって通貨の認識に違いがそんな
に無いのではと思い、新しい記事をアップしました。

政策的な問題点は全く同意です。絶対にクラウディング
アウトが起り、成長力を阻害します。もっと上手い方法
があると思いますが、デジタル通貨を利用したマイナス
金利などという方法はスマートかも知れません。

マネタリストもMMTも「供給サイドの経済学」ですが、
巨大な資産市場を抱える経済では悪影響の方が大きい。

主流派経済学はリフレ論当から限界を露呈しています
が、彼らもいつの間にやら積極財政派に鞍替えしてしま
った。シムス理論辺たりからでしょうか。その露払いと
してMMTは実は分かり易いが故に都合が良いのでしょ
う。シムス理論を一般の人に理解させるのは不可能に近
いですが「統一政府において政府の借金は日銀の資産と
相殺される」という説明は小学生でも分かる。

2021/2/12  7:23

投稿者:一ブログ読者
政治的な方は、理論的には法改正して日銀が半年おきに消費税率調整することにしたって別に構わない訳で、現実的には重大ですが妄想するときはどうでも良い話です。
経済的な方は、今の物価水準のまま平均的な日本人の預金額が一億円です、みたいなことは普通に考えて達成されないだろうな、と普通に考えると、低インフレ下でマネーストックを膨らませるのは「将来にツケ」ている感は否めません。
逆に、財政政策でのインフレコントロールが100%達成されるとすると、どこかで財政黒字化して政府の借金を減らすプロセスに移行せざるを得ず、けっきょくほどほどの物価/マネーストック比に収斂する、ということは言えるのかもしれません。それかえって過酷じゃね? も政治的に言えてしまうのですが。
もしくは、たとえば2%インフレになるMMT的な政策を採用した場合、絶対にマネーストックは2%も増えない、マイルドなインフレ税が大前提、という話なのかもしれません(ゼロ金利でバブルも抑制するということなら当たり前ですが)。国債残高を増やしながら政府債務/GDPを減らす(少なくとも増やさない)政策ということなら、前安倍政権がそれに近いことをやってはいた訳で、実現可能なのかもしれません。
いずれにせよ、潜在的にある購買力を政府が召し上げて歳出してしまう訳で、効果としては一種の資産課税以上のものではない。
まあ、マネーストックの調整なら利上げしつつ財政赤字とか利下げしつつ財政黒字とかで、実態経済に対して中立にできますし、素直に資産課税するとかマイナス金利貨幣とかオプションは色々ある訳で、MMT「的な政策」が唯一の最善手かと言われるとそれは違うなというくらい。

2021/2/12  7:23

投稿者:一ブログ読者
資産市場にトラップされているという言い方は良くなくて、トラップされているとしたら中銀当座預金(マネタリーベース)を裏打ちとした民間銀行預金(マネーストック)ではないでしょうか。

マネタリスト的な「期待に働きかける」みたいな話をなしにした場合、究極的にはQEは効きません(主流派経済学でも理論的にそうなるはず)。
アメリカはまだ「期待」が生きている(いずれまた利上げするだろう、ということ)状態ですが、日本やEUでは死んだかもしれない。
仮に生きていても、未来永劫ゼロ金利を政府が約束してしてまえば死にます。
ということは裏を返せば、中銀当座預金残高は直接的な景気変動の原因にならないので、金融政策はなんか死んでしまいましたが、財政だけでコントロールしてみせるよ……!

というのがMMT「的な政策」、ではないかなぁ(理論の整合性にはツッコミ入れないです、念の為)。
で、批判として、
現実問題として100%財政でっていうのは難しいから金融あった方が良い、という政治的な議論と、
無際限にマネーストック(マネタリーベースではなく)が増えるのが本当に良いのか? という経済的な議論が可能。
(続く)

2021/2/11  15:38

投稿者:人力
鍛冶屋さん

卵が先か鶏が先か程度の違いだとずっと書いています。天動説と地動説というのは、同じ自称を観測点を変えただけで「新発見」とか「真実」と言っている事に対する揶揄です。本、買ったは良いが本当に眠くなる。だって面白くないし、知的にゾクゾクしない。

結局MMTって外部が存在しないんです。人の思惑や悪意や欲望も無い。中央銀行が国債を全量買取すれば借金はチャラ、国債が増えた分だけ国民の資産が増える。

そんな都合の良い話を信じるほど幸せな人生を歩んではいません。通貨量が増えれば普通はインフレになりますが、円
もドルもそうなってはいません。ここに違和感を感じないのは不思議です。過剰供給力とか所得配分とか色々原因は有りますが、コレほどまでに発行された通貨は何処に行ってしまうのか?答えは簡単で資産市場にトラップされている。問題は市場が常に安定している訳では無いという点。むしろヒステリックです。

市場規模が小さければ一部の人達が損して終わりですが、預金や年金を投資て全ての国民がプレーヤーに強引に組み込まれています。

バブル崩壊は回を重ねる毎に破壊力を拡大しています。リーマン超級の危機が起きた時、その原因が通貨の過剰発行だと分かればそれを放置する事は世界の人々が許さない。

2021/2/11  7:43

投稿者:鍛冶屋。
人力さん。

結局読まないんですね・・・、まぁ分からない(分かりたくない)なら平行線も良いですが・・・、

>>ご持論の”税収が国債の金利支払額を超えたら財政は破綻する”のロジックは結局どうなったのでしょう...

この宿題だけでも解決しません?。

----------------------------------------
>私は主流派経済学者とMMTって同じことを言っているだけだと思います。
そも、”トンデモだ天動説だ呪文だ!”っと仰っていたのは人力さんです。いつの間にか、”同じこと”に変ってましたが・・・。
論者が別物と論じ、またそれを理解した多くの人が180度違うっとことと認識しているのですから、なぜ論を読んですらいない人力さんが否定するのですか?。


>日銀が全量買い入れに突入すれが財政は破綻しませんが、その状態で円を欲しがる人がどの程度居るか?私なら外貨で資産を守ろうとするでしょう。
もうこれ!↑ 主流派とMMTが同じ? まぁ〜ったく違うでしょう。欲しがる何も、日本国に帰属している以上”¥(国定通貨)は必要”です。
貨幣・通貨を”資産”とし見ている(としか見ていない)時点で、そうとう本質からかけ離れますよ。

2021/2/11  4:45

投稿者:人力
奔 さん

まあ、コメント欄で皆さんに攻撃されている通り、ズレて
いる妄想の様ですが・・・・私は常識論を書いているつも
りなのですが。

2021/2/11  2:46

投稿者:ドクダミ
久しぶりに覗いたら相変わらず経済分野での人力さんの
妄想はズレていますねぇ(笑)そこが面白いのだけれど
も(笑)

YouTubeの高橋洋一チャンネル「第95回 実は黒字!?
国債の仕組みをわかりやすく解説」で詳しく解説してい
ますのでご覧下さい。これ見ても国債や円が暴落すると
主張し続けるかも知れませんが(笑)
でもそれは自由です(笑)

https://www.youtube.com/watch?v=aTOUGm7vzSc


それから米ドルはFRB(連邦準備制度)というロスチャや
ロックフェラー系の民間銀行が株主となる組織が、米政
府から国債を引き受けて発行していますが、米ドルが紙
屑並みに暴落することもまずありえないでしょう。だっ
てそんなことになったら彼らや国際金融資本家たちが大
損してしまいますからねぇ。税収による利払いだけは確
実に増えていくので、米政府は通貨発行権を政府に取り
戻したいでしょうが、それをやろうとするとリンカーン
やケネディ大統領のように暗殺されてしまいます。こう
いう事実を知らない米国民が多いので大騒ぎにならない
のでしょう多分。

2021/2/10  20:41

投稿者:人力
鍛冶屋さん

私は主流派経済学者とMMTって同じことを言っているだけだと思います。卵が先か鶏が先かだけの違い。

MMTが特殊なのは中央銀行が国債を引き受ける事を前提にしているだけで、常識的な経済学者は法的に禁じられている財政ファイナンスを前提としていないだけ。

では財政ファイナンスが禁じ手でなくなり(既に事実上そうなっていますが)各国がコレを実行した場合どうなるのか?

ブサイクな犬コンテストとなって為替変動は起きないという説もありますが、私は資産市場に流入した過剰流動性によって超巨大なバブルが生まれ、市場は貪欲に増え続ける通貨を飲み込んでゆく。ただ、コレにも限界があるので「ハイパークラッシュ」が発生して、通貨の信用が失われると妄想しています。既にそうなり掛けている。

日銀が全量買い入れに突入すれが財政は破綻しませんが、その状態で円を欲しがる人がどの程度居るか?私なら外貨で資産を守ろうとするでしょう。キャピタルフライトは通貨の信用が低い国では日常ですし、自国通貨が混乱したロシアでは人々がドルを欲した。

まあ何度やり取りしても平行線ですが、私は通貨の信用は失われる時にはあっさりと無くなるものだと信じています。

そうそう、今年はマンションの理事長なのですが、修繕費のペイオフ対策をしました。以前は決済性口座の開設のハードルが高かったのですが、今は個人でも簡単に開設できます。いつのまにかペイオフが有名無実になっていますが、この情報ってあまり知られていません。当然金持ちは対策済みでしょう。

2021/2/10  20:32

投稿者:鍛冶屋。
>>供給制約の範囲でという条件が有ります。

>MMTに供給側の制約云々って、どこに書かれてるんですか?(MMT”的”には、貨幣供給力には制約がないってのが主論旨ですよ)。

↑これは失礼。経済としての”供給力制約”っと言う意味ですね、仰る通りかと。
まぁ、デフレの日本国には関係ありませんが。

2021/2/10  20:27

投稿者:人力
777さん

通貨定量説的にはドルの価値は仰る通り50円以下でしょう。一方、ドルは資産市場にトークンというかスコアーの役割を担い、ドルを持たずしてはプレーに参加出来ません。

だからドルの需要は資産市場が機能する限りは実力以上に旺盛で、ドルは発行量が過剰にも関わらず、値下がりしません。しかし、大規模な危機が発生すると資産市場でのドル需要も減りドル安が進行する。コレがリーマンショック後のドル安ですが、ドル独歩安を防ぐ為にギリシャ危機を仕掛けてユーロを攻撃したと私は妄想しています。あの時代の円高はよかった。輸入自転車が海外通販で現在の半額でしたから。


オーディオ機器が高いのは、庶民の憧れから、金持ちの道楽になったから。所得格差やデジタル化でオーディオなんて買うのは一部の金持ちだけ。需要が減れば本来価格は下がりますが、ターゲットがどんどん資産を増やす金持ちだから強気の価格設定の方が所有欲をそそります。

日用品の価格が比較には適当なので一般的にはビックマック指数が使われますが、私は北欧家具が意外に分かりやすいと感じています。20年間で価格がほぼ倍になりました。比較的インフレ率の高い北欧諸国と日本の物価の差が顕著に現れています。

一方他の商品は、新興国で生産されるので価格の調整シロが大きく、むしろインフレ率が高い国の物価を抑制しています。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ