2021/4/15

世界のアジェンダとしてのワクチン接種  新型コロナウイルス
 

■ 厚労省も逃げ切れなかった ■

厚労省の官僚は、どうにかしてワクチン接種を先延ばしして、国民にワクチンを接種させない様にしたかった(妄想)。しかし、変異ウイルスの拡散と(実際の脅威ではありませんが)、オリンピック開催の為に、日本でもワクチン接種は避ける事が出来なくなっています。

■ 若い人程、副反応が強い ■

娘は看護師なので、ワクチン接種は半ば強制でした。1回目の接種は「何とも無かった」のですが、2回目で38度を超える発熱と倦怠感に見舞われたそうです。解熱鎮痛剤のカロナールを服用して安静にしていたら1日で症状は収まったと言います。友人も38.5℃の発熱があったそうです。

別の病院の噂も聞いていますが、やはり「看護師がバタバタと倒れている」と聞いています。これ、実際に倒れたのでは無く、発熱で短期的に仕事に就けなかった事の比喩表現だと思いますが。

ファイザー製のmRNAワクチンは免疫賦活効果が従来ワクチンに比べて非常に高い事が特徴です。

ワクチンは指標タンパク質だけでは免疫賦活効果が乏しい事が多い。これを補う為に、免疫細胞を摂取部位に引き寄せる免疫賦活剤(アジュバンド)が従来は用いられています。不活化ワクチンなどでは、ワクチンの含まれる指標タンパク質以外の「タンパク質」がアジュバンドの役割を果たしていると考えられています。

ファイザーのmRNAワクチンは、ワクチンの塩基配列の中に、免疫を活性化さえる要素がコードされている事を示唆します。toll受容体の一種で有るTNR7を生成するという情報が在ります。

マクロファージの表面にあるTLRと呼ばれる分子は、マクロファージがウイルスや細菌を貪食した後のDNAやRNAの断片と結合して、サイトカイン(炎症物質)を産生したり、情報伝達物質などの産生を促し、Tリンパ球を活性化させ、免疫応答を誘導したりします。

TNR7は一本鎖のウイルスに対して有効に働きます。ファイザーのmRNAワクチンはTNR7と、コロナウイルスのRNAの断片で出来ている様です。

ワクチン接種によって細胞内に取り込まれたmRNAは、リボゾームの中でウイルスの指標タンパク質とTNR7を大量に生成していると考えられます。生成されたRNAの断片tpTNR7は結合して、免疫細胞を活性化せたり、サイトカインを分泌させたり、インターフェロンを生成させたりする様です。

本来はマクロファージがウイルスに遭遇してそれを貪食するという確率的な現象に依存してたTNR7の活性化を、RNA合成によって効率的に行う事により、通常のワクチンよりも強い、炎症や発熱などの副反応が出るのでしょう。

副反応の発生頻度は圧倒的に若い人に多く、これは免疫の活性が高い為と考えられます。


■ TNR7と自己免疫疾患の可能性 ■

通常TNR7はマクロファージの表面に分布して、マクロファージの貪食とリンクして働いています。

1)マクロファージが異物と判断したウイルスや細菌を貪食する
2)ウイルスや細菌のRNAやDNAやタンパク質の一部がマクロファージの表面に提示される
3)TNRが特定の塩基配列に反応して結合する
4)結合したTNRが免疫を活性化させる

mRNAワクチンがTNRを生成する部分をコードされているとすると、マクロファージと関係無い場所でTNRが活動できる様態になります。この際い遊離したTNRがウイルスのRNAの断片と結合する場合は問題ありませんが、仮に、人の体内に普通に存在するRNAの断片と結合した場合に問題が発生します。TNRによって活性化された免疫は、本来人が体内に持つRNAを指標に攻撃を始める可能性が有ります。これを「自己免疫疾患」と言います。

mRNAワクチンの副反応は短期的には、発熱などの免疫賦活の過程で発生する普通の副反応がほとんどです。しかし、仮に上記の様なプロセスで自己免疫疾患が引き起こされると、長期に渡り、軽い炎症反応が続いたり、何となく気分が優れない状態が続いたりします。

■ 受精卵への免疫系の攻撃 ■

精子や受精卵に対する免疫系の攻撃が不妊の原因になる事が在ります。何等かの理由で精子や受精卵を「異物」として、免疫系が攻撃してしまうのです。これも自己免疫疾患の一種と考える事が出来ます。

ワクチンの副作用による免疫系の異常がその原因になり得る可能性は否定できません。これは必ず起こるという意味では無く、可能性としてゼロでは無いという意味において。


■ 人が要らなくなる時代 ■

陰謀論的には新型コロナウイルスとワクチンの大量摂取は「意図的に起こされている」と確信しています。

その目的の一つが、現在の金融システムと通貨システムの破壊による「グレートリセット」である事は、もうすぐ証明されるでしょう。現在の通貨システムは、既に限界に達し得ています。制度を作り替える為に、既存のシステムを徹底的に破壊する必要が在ります。

一方で治験も終わっていない新型のmRNAワクチンの大量摂取は、別の目的に為に実施されていると私は妄想しています。

ずばり、その目的は「人口抑制」。AI化と自動化の時代に多くの人々は失業します。失業者は「国家の重荷」であり、「国家の重荷となる国民は少ない方が良い」と考える事は合理的です。成長する国家は「無駄な人口」が少ない国となるでしょう。


人口抑制の手段として、戦争や飢餓によって人口を減らすよりは、ワクチンによってこっそり妊娠率を下げて将来の人口を抑制する方が人道的でスマートです。同時にコロナで高齢者を淘汰して、人工動態のバランスも取る。


陰謀論的には、合理的でスマートな方法だと言えます。



あ、でも高齢者の方はワクチンを接種した方が良いですよ。副反応も強くは出ませんし、コロナに対して免疫も付きますから(多分、半年間程度)。そして・・何より、子作りは終わっていますから。
16

2021/4/17  10:05

投稿者:777
2021.04.17
COVIDワクチンの危険性が明確になる中、日本は不都合
な事実を隠して接種を強行

 アメリカのCDC(疾病予防管理センター)とFDA(食品
医薬品局)が共同で運用している​VAERS(ワクチン有害
事象報告システム)への報告​によると、COVID-19(2019
年-コロナウイルス感染症)ワクチンの接種から48時間
以内に死亡した人の数は4月8日現在、2602名に達した。
この数値は医療機関による自主的な報告を集計したもの
であり、実際の死亡者数は遙かに多いはずだ。



 現在、ジョンソン・アンド・ジョンソンが製造してい
るウイルス・ベクター(遺伝子の運び屋)を用いたCOVI
D-19ワクチンの安全性が問題になっているが、この製品
だけが問題なのではない。mRNA(メッセンジャーRNA)
の技術を使ったBioNTech/ファイザーやモデルナの製品
も少なからぬ人が死亡、深刻な副反応が報告されてい
る。

 ウイルス・ベクターを利用したワクチンを接種すると
発疹、血管炎、皮膚炎、関節痛などの副反応があると指
摘されていたが、それを上回る症状が出ているようだ。
mRNA技術を使った製品は良く言って「遺伝子治療」であ
り、「ワクチン」と呼べないとする人もいる。

 すでに「薬害」のレベルに到達しているが、それでも
西側の私的権力は「ワクチン」の接種を強行し、「デジ
タル・ワクチン・パスポート」を導入し、ひとりひとり
の行動を監視、規制するシステムを築こうとしている。
それと同時に、寿命が尽きようとしている資本主義を生
きながらえさせるため、「資本主義の大々的なリセッ
ト」も宣言された。人口削減も目論まれている。

 COVID-19ワクチンが大きな問題を抱えていることが明
確になってきたが、まだ日本では接種がそれほど進んで
いない。本来なら接種を見直すべきなのだが、政治家、
官僚、「専門家」、マスコミなど支配システムに従属し
ている人びとは「都合の悪い情報」を隠し、大規模な生
体実験を進めようとしている。

2021/4/15  21:04

投稿者:777
ワクチン接種完了後も5800人が感染 米CDC発表
2021/04/15 15:08CNN.co.jp

ワクチン接種完了後も5800人が感染 米CDC発表

全米のワクチン接種者のうち約5800人が新型コロナ
に感染したとCDCが発表した/Jens Schlueter/Getty
Images

(CNN.co.jp)

(CNN) 米国で新型コロナウイルスに対するワクチ
ンの接種を完了した人のうち約5800人が新型コロナ
に感染したことがわかった。米疾病対策センター(CD
C)がCNNに明らかにした。

一部では重症者も出ているほか、74人が死亡した。3
96人は接種後に入院が必要となった。

今回の数字はワクチンが現実世界でどのように有効なの
かを示すCDCからの初のデータとなる。また、ワクチ
ンが重い疾患や死を完全には予防できないことも示して
いる。

CDCはCNNに対し、今までのところ、人口構成やワ
クチンの特性で予期せぬパターンは見つかっていないと
述べた。

CDCのデータをCNNが分析したところによれば、こ
れまでのところ米国人の約7700万人がワクチン接種
を終えている。死者などに関する事例の報告は、ワクチ
ン接種の日々の報告と時間差があるため直近の事例が反
映されていない可能性がある。

ワクチン接種を完了しても新型コロナウイルスに感染す
るというのは予期されていなかったわけではない。ワク
チンは感染予防に100%の有効性があるわけではな
く、数千万人がワクチン接種をすれば、こうした事例は
さらに報告されるだろう。

ファイザーとビオンテックのワクチンは治験での有効性
は95%だった。今月上旬に発表された米国での実際の
データでは6カ月にわたって91%超の有効性が示され
た。

モデルナのワクチンは治験での有効性は94%で、実際
のデータでは90%の有効性が示された。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のワクチン
は世界全体で行った治験での有効性は66%で、米国で
の有効性は72%だった。

CDCはどういった人物がワクチン接種後でも感染しや
すいのか手がかりを見つけようとしている。すべての年
齢層で感染が報告されているが、60歳以上が40%あ
まりを占める。65%が女性で、29%が無症状だった
という。

2021/4/15  13:21

投稿者:一ブログ読者
英米の実績を見ると、ワクチンそのものはなかなか良さ
そうです。長期的な副作用は当然まだわからないわけで
すが。それなりの人口が摂取を受ければ、流行を抑え込
める代物ではあるのでしょう。
日本の輸入スケジュールを考えると、夏頃までにはそれ
なりの数が国民に行き渡ると想定されます。しかも輸入
担当は河野太郎。
オリンピック中止で菅政権退陣でもこれで選挙には勝て
る、てことなのかなぁ。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ