2021/4/23

戦争代替としての「コロナ禍」・・・リセットの口実  時事/金融危機
 

■ 「行き過ぎた経済」と過剰債務 ■

陰謀論的には「コロナ禍」は仕組まれたもの以外に、このバカげた事態の納得出来る理由が見当たりません。では、何故こんな茶番が必要なのか・・・。

過去にも「世界大恐慌」など、「行き過ぎた経済活動の破綻」が起きた事が有りました。当時も現在同様にグローバル化は帝国主義経済圏の中で相当に進んでいた。

「行き過ぎた経済活動の破綻」とは「過剰債務」と言い換える事が出来る。世界大恐慌の引き金となったのは、NY株式市場の大暴落ですが、個人が信用取引で過剰債務を抱え込んでいた。国家も日本を始め戦争によって過剰債務を抱えており、国債の消化に苦慮していました。

現在も非常に似た状況で、肥大化し過ぎた金融部門と、リーマンショックとコロナ禍によって財政を拡大した政府部門が過剰債務を抱えています。

■ 戦争のドサクサで借金をチャラにする ■

「世界大恐慌」に際しては、各国は一時は「金兌換」を復活して通貨防衛に走りましたが、日本は高橋是清が金兌換を停止して、日銀が国債を買い入れる政策を発動します。日銀の国債買い入れは緊急処置として、将来的んは銀行に国債を購入させる予定でしたが、安定財源を確保したい軍部は226事件を起こして、高橋是清を殺害し、国債買い入れは継続されます。こうして、日本は軍備拡張に歯止めが掛からなくなり、戦争へと突入して行きます。

戦争によって大量の国債や軍債が発行されますが、国民はせっせと国債や軍債を買い込んだ。軍国切手などを発売して、子供の小遣いまでも巻き上げた。

政府の借金(国債)は国民の資産となった訳ですが、戦後、政府の借金は高インフレによってチャラにされた。母方の曽祖父は、せっせと働いて稼いだお金で国債や軍債を購入し「ここかrく見える山は全部買える」と豪語していたそうですが、戦後、それらは無価値となってしまった。尤も、軍債を購入している時点でも過剰発行されたものなので、価値など無かったのですが、統制経済化では物価は固定され、インフレは闇市場で観測されるのみでした。

この様に「過剰債務」はいずれ「借金チャラ」によって解消されますが、その切っ掛けに「戦争」が便利に使われて来ました。

一般的には「経済が破綻したから経済圏拡大と資源獲得の戦争が起きた」と表現されますが、陰謀論的には「戦争を起こして、破綻を起こしたシステムを破壊した」と考えられます。


■ 「コロナ禍」という現在の戦争と「統制経済」 ■

「コロナ禍」によって世界の経済はストップしています。どの国も政府がお金をバラマキまくっているので、経済が回っている様に錯覚していますが、個人商店を始め、経営は既に成り立っていません。

日本では昨年5月から不渡りを2回出しても「倒産」と認定されない様に法改正がされましたが、手形が落ちない企業がゴロゴロしています。

政府が国債を発行して、国民や企業にお金を配り、それによって経済が回っていますが、これはハッキリ言って「統制経済」と同義です。コロナ禍でもGDPの減少率はある程度抑えられていますが、それは政府支出によって支えられている。


バイデン政権にななって、アメリカは中国への風当たりを強めています。これをして、「米中戦争か?」などと言う人も居ますが、既に現状が「コロナ戦争」である事に気付く人は少ない。


■ 「戦争」による徹底的な破壊が「リセット」には不可欠 ■

戦争を「悪」と決めつけている人達には理解出来ない事ですが、戦争には多くのメリットがあります。

1)不効率化した既存システムの破壊
2)古い製造設備の破壊
3)余分な人口の削減
4)政府債務をインフレで解消する

戦争による破壊は、次の成長への原動力となる事が多い。日本の戦後復興が良い例でしょう。

現在は「行き過ぎた資本主義」が袋小路に入り込んだ時代です。主流派経済学は、経済成長の為にお金をバラマキ続けましたが、それはバブルの生成と破壊を繰り返す結果を生み出した。

リーマンショックによって破壊の影響は、金融や通貨システムそのものを脅かす様になり、コロナ禍によるバラマキによって、崩壊は確実なものとなりつつある。これを結果と考えるのが常識人ですが、陰謀論者はこれを「目的」と考える。


■ 国民を徹底的に苦しめる緊急事態宣言 ■

日本でも3度目の緊急事態宣言が出され様としていますが、「飲食店でのアルコール提供の禁止(昼間も含む)」や「百貨店への休業要請の検討」など、かなりキビシイものとなっています。

一方で世間を見渡せば、CPR陽性者は増えていますが、電車で咳をする人は殆ど居ません。重症者や死者が増えていても、その殆どは後期高齢者です。コロナ以外の要因でも、亡くなるリスクは高い。

国民もコロナ慣れして、「怖がって見せる」のがマナーとなっていますが、心の中ではコロナを恐れてはいません。マスクこそしてはいますが、高齢者も含め、普通に外出して、電車にも乗っています。

結局、政府も自治体も、やらなくても良い「緊急事態宣言」を政治的パフォーマンスとして利用しているに過ぎません。その代償は非常に高く付きますが、何故かそれは無視されています。


■ 「戦時に生きている」という危機感を持て ■

「コロナが終われば」というのは「戦争が終われば」と同義ですが・・・第二次世界大戦の結果起きたのは高率のインフレでした。

多分、「コロナが終わった」時、同様にインフレ率は上昇します。経済成長が予測されるからです。既に市場はそれを織り込み済みですが、音楽が鳴り続ける限り、市場は動き続けます。

株式市場の値動きが激しくなっていますが・・・崩壊はまだ遠い雷鳴程度。


23

2021/5/17  4:51

投稿者:人力
鍛冶屋。 さん

日本国債の金利が3%になると結構危険ですよ。民間の
国債保有者は含み損が拡大するので、国債を手放さざる
を得なくなります。当然、新規発行される国債も危険な
ので、手を出せません。ここで、市場を通じた国債消化
が不可能となるので、現在の日銀法の縛りの中では、日
本の国債発行は不可能となります。

尤も、そうなったら日銀法を改正して、日銀が国債を直
接引き受ければ良い訳で、同時に日銀は市中の国債の全
量買い入れを宣言すれば、国債金利はゼロに戻ります。

尤も、事ここに至れば、為替市場で円の下落が相当に進
み、1ドル200円などという事になれば、輸入物価は
現在の2倍になり、インフレもそれなるに進みます。

「輸出が増えるからイイ」というバカも多いのですが、
現在の日本人の多くはサービス業に従事しています。物
価の上昇は短期的に進行しますから、輸出増のメリット
が国民に波及する前に、一般に人達に生活はインフレに
よって相当苦しくなります。特に低所得者は生活が破綻
します。


<その2>

「バブルは発生していない」・・・このブログの何処を
お読みになられているのか・・・「バブルは資産市場で
発生している」、「資金が資産市場にトラップされるの
で、実体経済はバブル化しない」「資産市場のバブル崩
壊に実体経済が壊滅的な影響を受ける」。

これらは、このブログの主張の本題です。

2021/5/16  9:45

投稿者:鍛冶屋。
>インフレ(金利上昇)と低金利(金融緩和)バブルの崩壊と実体経済への影響は今更説明不要かと。
いえ、ご教示をお願いします。
現在、0金利政策下でも実体経済はバブル化していません。経済浮沈は貨幣(金利)現象であるとする人力さん論に反します。それは何故ですか?。

>国債の利払い費画税収を超えると財政破綻というのは、財政の継続性の問題ですが、
上では、”税収が国債利払い額を超えたら財政破綻”のお答えになっていません。何故に税収がボーダーラインなのか?を、ご教示下さい。

>現在の用にゼロ金利やマイナス金利で国債を発行出来る環境下では財政破綻は起こりません。
では、国債金利が何%になると財政は破綻するのですか?、10%ですか?20%ですか?。
例えば、日本の国債金利が30%なったら、もう日本政府はその金利を支払うことが出来なくなるのですか?。
もしそうなら、それは何故ですか?。

2021/5/10  15:39

投稿者:人力
鍛冶屋。さん

インフレ(金利上昇)と低金利(金融緩和)バブルの崩壊と実体経済への影響は今更説明不要かと。

国債の利払い費画税収を超えると財政破綻というのは、財政の継続性の問題ですが、現在の用にゼロ金利やマイナス金利で国債を発行出来る環境下では財政破綻は起こりません。ただ、この状態に永続性が有れば「無限国債」が可能となり中央銀行が発行する通貨は政府通貨と同義になります。

コレはコレで理論的には問題は無いのですが「政治的権力を維持する為にいくらでも発行出来る通貨」の末路は「通貨
の信用の喪失」というのが従来のパターンでした。

コレは基本的に高率のインフレを伴い、経済と家計に皺寄せが生じます。

2021/5/10  8:31

投稿者:鍛冶屋。
人力さん。

>ただ、金利上昇・・・低金利に慣れ切った経済は崩壊する。
なぜ、金利が上昇すると”(実態?)経済が崩壊”するのですか?。
そのロジックは?。

また、以下のお話と・・・
>>私はMMT的政策に移行するとしても、崩壊を経験した後
>だと考えています。
>まだゆってる・・・^^;)。
>だ・か・ら、”MMT的政策”ってなんなのですか?。
>では現在は非MMT的なんですよね、それってどんなシステムなのですか?。

前々々・・・の宿題
”国債の支払利息が税収を超えれば、財政が崩壊する”
のロジックをご教示願っている2件、どなったのでしょうか?。

2021/5/6  10:30

投稿者:人力
鍛冶屋。 さん

何度も書いていますが、私は日本国内のインフレ率をあ
まり気にしていません。世界に影響を与えるのはアメリ
カのインフレ率と金利。

インフレが悪とは私も思いませんが、想像を絶する過剰
流動性を抱え、金利水準が極端に低下した経済では、金
利上昇は致命的です。

鍛冶屋さんは実体経済の事を書かれる事が多いのです
が、私は資産市場の動向にしか興味はありません。何故
なら、資産市場の規模は金融システムや通貨システムを
不安定にするほど大きくなり過ぎているからです。

ただ、金利上昇に関しては、その切っ掛けは実体経済の
物価だったりする事も確かですが、金利はそれを先どっ
て過剰に上昇するハズです。そして、低金利に慣れ切っ
た経済は崩壊する。

但し、人間も世界も存在し続ける訳で、崩壊は終わりで
あり、始まりでもあります。だから私はそれ程悲観はし
ていません。但し・・・仕事は無くなるでしょうから、
住宅ローンを抱える身としては・・・・。

2021/5/6  10:24

投稿者:人力
楽譜 さん

どうやら昨年は例年よりも3万人日本の死者は少なかった
そうで・・・コロナが流行している間は日本の少子高齢化
が進む・・・これはこれで、コロナ以上に恐ろしい。

2021/5/6  10:22

投稿者:人力
ゆうこ さん

ワクチン、多分厚労省が必死で抵抗しているのでしょう。
まあ、それも空しい抵抗になりつつありますが・・・。

2021/5/6  10:21

投稿者:人力
777 さん

世界大恐慌の引き金、諸説様々ですが、結果はアメリカ
の土着企業が金融資本家の傘下に収まった。日本のバブ
ル崩壊やアジア通貨危機も同様です。

累進税率、所得再配分の観点からは最高税率は高い方が
好ましい。現在は世界的に累進税率が下がる傾向が世界
的に顕著で、結果的に個人消費が抑制されてしまいまし
た。既に資産家の多くは自分達で消費し得るより遥かに
多くの資産を独占しており、多くが資産市場に滞留して
います。これが資本主義の限界の一因ですが、彼らは政
治的なパワーがありますから、これを手放す事はしませ
んし、税率が上れば、国家という枠組みを平気で捨てま
す。既にタックスヘブンに資産を逃避させても居る。

資本主義の限界とは、国民国家の限界でもあると考えて
います。国家はかつては国民の資産と生命を守り、国民
は納税と兵役で国家を支えた。

現在、国家や政府は資産家と国民の板挟みとなり、まと
もに機能していません。これは日本のみならず、アメリ
カとて同様でしょう。グレートリセットはここら辺にも
破壊と再構築のメスが入るかも知れません。

2021/5/6  10:11

投稿者:人力
陰謀論作家 さん

ユーチューバーが小学生男子の人気な職業7位だそうで
すが・・・世も末と嘆くべきか、時代が変わったと納得
すべきか・・・。

朝日新聞が陰謀論の特集を組んで「陰謀論潰し」に躍起
になっていますが、新聞を購読する様な中高年が陰謀論
に染まるのを防ぎたいのでしょう。スマホを使い始める
と、中高年でも様々な情報に触れる様になり、「ネトウ
ヨ化」する人と「陰謀論にハマる」人が増えます。

私自身も、当初は陰謀論に懐疑的でしたが、新型インフ
ルエンザのWHOの対応を切っ掛けに、陰謀論を肯定する
様になりました。

2021/4/27  10:15

投稿者:楽譜
大変です、日本ではコロナによる死者が1万人を超えました。
これはワンシーズンのインフルエンザによる死亡に匹敵する数字です。

あれ?コロナってもう2シーズン分では?‥しかも今シーズンのインフルエンザ、死亡者の報告ありましたっけ?今シーズンは既に厚労省の定期報告も終了してますが‥
スウェーデンはトリアージを使いこなし、ポストコロナの医療費抑制に成功、しかもGDP下げ率もヨーロッパで抜きん出て低い‥

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ