2021/5/6

スパイクタンパク質自体が危険?  新型コロナウイルス
アメリカでワクチンの危険性を議会で証言した医者による警告

メモとして

〈引用開始〉

ナカムラクリニック のブログから
『ワクチン接種者は未接種者を病気にするだろうか?』(Can vaccinated people make the unvaccinated sick? Dr Palevsky explain; April 21, 2021)
「普通、ワクチンの作用について研究して深く理解するには、7年から10年、ときには15年もの年月がかかります。当局が『このワクチンは安全です』と認めたということは、安全性を確認するだけの十分な観察データがある、ということです。
しかしコロナワクチンについて、これは当てはまりません。
もうひとつのポイントは、そもそもこのワクチンは、ウイルス感染症に対するワクチンなのか、という点です。世界中がこれをSARS Cov2ウイルスから私たちを守るワクチンだと信じていますが、本当でしょうか。
ワクチンは、抗体を付けることを目的に打ちます。コロナワクチンなら、SARS Cov2ウイルスに対する抗体を得ることが目的なわけです。しかし、コロナワクチンの接種前にこの抗体の有無を調べますか?調べません。全員一律に打ちます。たとえば麻疹でも風疹でも、抗体の有無を調べ、抗体がなければ打つ。当たり前のことです。しかしコロナワクチンについては、なぜかその「当たり前」が通じない。
我々に分かっているのは、SARS Cov2ウイルスの一部(ということになっている)の遺伝情報です。その一部は“スパイクタンパク”と呼ばれています。遺伝情報の注入によって免疫をつけさせようという試みは、これまで例外なく失敗してきました。
つまり、我々はSARS Cov2の一部とされるスパイクタンパクを作る遺伝情報を体内に入れて、体に「この遺伝情報を参考にしてスパイクタンパクを作れ」と指示させようとしているわけです。これはメッセンジャーRNA技術と呼ばれています。
問題なのは、この安全性がまったく検証されていないということです。もっと言うと、スパイクタンパクの体内産生が始まったとして、その産生がきちんとストップするかどうか、そのあたりの検証もされていません。
自然界に存在するSARS Cov2ウイルスのスパイクタンパクは、血栓症のみならず、脳炎、神経症状、心臓発作、肺疾患、肝疾患、腎疾患、生殖障害を引き起こすことが分かっています。スパイクタンパクこそ、こうした全身症状を引き起こし、人々を病気にする根本原因だということが分かっているわけです。
さて、現状、我々が体内に注入しているのはスパイクタンパクの遺伝情報で、体に「この遺伝情報を参考にしてスパイクタンパクを作れ」と命じています。
スパイクタンパクが作られるということは、症状を作ることそのものです。副反応は偶然起こるのではありません。脳炎、神経症状、肺疾患、肝疾患、腎臓病、心臓発作、血栓症、生殖障害などが起こり得ることは、理屈を考えれば当然です。
しかも、スパイクタンパクの体内合成が始まったとして、それがストップするかどうかの研究もされていないのです。
スパイクタンパクはヒトの組織にダメージを与えます。また、スパイクタンパクは唾液、さらには肛門にも存在することが分かっています。我々には考えねばならないことがあります。「スパイクタンパクは、我々の呼気に含まれていないだろうか。汗をかいたら皮膚に出てくることはないか。もしそうなら、他人に接触感染させてしまう可能性は?」
すでに我々は、ワクチン接種者に血栓、流産、早産、不妊、脳卒中、心臓発作、自己免疫疾患、果ては死亡が起こることを数多く見ています。こうした症状が、ワクチン接種者の周囲にいる未接種者に出るのではないか。この可能性について真剣に考えなければなりません。

スパイクタンパクはSARS Cov2に特異的と言われています。つまり、体内でスパイクタンパクが作られるようになれば、そのスパイクタンパクを攻撃する抗体ができるはずです。
現在のところ、スパイクタンパクの産生が延々止まらず続くのかどうか、不明です。もし続くのなら、抗体産生も延々続くことになります。
実は最近、スパイクタンパクの遺伝情報はSARS Cov2ウイルスに特異的なものではないことが分かりつつあります。スパイクタンパクの遺伝情報は、体内のあちこちにある多くのタンパク質とよく似ているか、あるいはまったく同じだったりします。
これが何を意味するか、分かりますか?
スパイクタンパクの遺伝情報に対して作られた抗体が、体内の自分のタンパク組織を攻撃してしまうということです。これが自己免疫疾患を発症する理由です」

スパイクタンパクが呼気に含まれていれば、あるいは皮膚に分泌されれば、接触感染のリスクは確かにありそうだ。
狂牛病の異常プリオン、とまでは言わずとも、ワクチン接種者の体内で産生されるおかしなタンパク質が悪さをするという点では、狂牛病と似たような雰囲気はあるね。
コロナを本気で恐れて「自分や周囲の人々の健康を守るために」と思って打った人が、守るどころか、健康を破壊する。
善意が、真逆の結果を招いてしまうというところが、このワクチンの一番怖いところかもしれない。

〈引用終わり〉
14

2021/5/27  8:23

投稿者:人力
taku さん

私は「ワクチン接種の不自然さ」が非常に気になりま
す。新型コロナの豊富はワクチン接種の為に誇張されて
いる感が強い。

目的が「ワクチン接種」だと考えると、何がが起きれば
誰にメリットがあるのかを妄想したくなります。

経済的視点からは、感染の拡大で勝手に収束するであろ
うコロナ禍を、「ワクチンの普及で日常生活が回復す
る」という「エポック」にする事によって、一時的に消
費と経済を活性化させ、インフレ率をポンと上げるトリ
ガーとするのでは無いか・・。

「ワクチンをトリガーとして強引にサードインパクトを
起こそうというのか・・・」ってノリ。

2021/5/27  8:17

投稿者:人力
楽譜 さん

「ポストコロナ」・・・今に訪れる経済のサードインパ
クトの隠れ蓑に過ぎない・・・。FRB議長が「電子通貨
は可能だ」と発言していますね。

実際の話として、海外でも思った程は高齢者が亡くなっ
ていない。デザイナーズウイルスとしては、ちょっと迫
力に欠ける感有り。

私は「主目的は経済の破壊」という説で行きます。

2021/5/26  0:32

投稿者:taku
こんばんは。
すでにブログで語られた内容と重複しているかもしれま
せんが、気になる情報を見つけましたので貼り付けてお
きます。
「新型コロナワクチンは人間のすべての免疫能力を破壊
して人を死に導く」
https://indeep.jp/dr-bossche-said-this-is-a-genoc
ide/

2021/5/17  10:33

投稿者:楽譜
コロナ雑感
そもそもRNAを体に打ち込んでタンパクを作らせるのは立派な遺伝子治療。miRNAとかセンダイウイルスとかと同じ。既に難病で遺伝子治療は始まっているとはいえ、「だってコロナの時に打ったワクチンも遺伝治療だよ?」と言うことで今後国民の遺伝子治療に対するハードルはガクンと下がると思われる。
日本の陽性小児1662人のデータが出ました。勿論死亡はゼロ、9割は無治療で軽快(残りは解熱薬や、おそらくもともと喘息で使っていた薬)。イギリスにおける小児の解析と合わせても、変異株による違いは感染率のみ。とすると、これがもしデザイナーズであれば、その目的は高齢化社会の解消という可能性が高い。独りっ子政策により未曾有の高齢化社会社会を迎えるあの国の開発です。その場合はもう、これから毎年新しいコロナが流行るでしょう。
考えてみると「ポストコロナ」という言葉はおかしい。パンデミックは収束するものであって、本来時代は変わらない筈。この言葉を流行らせる理由、それは誰かは「この状態が無限に続く」ことを知ってるからなのではないでしょうか?

2021/5/17  4:43

投稿者:人力
楽譜 さん

私もmPNAワクチンは長期的影響を確認する必要が有る
と思います。「膠原病=自己免疫疾患」を引き起こす可能
性はゼロでは無い・・・と言うか充分に高いのでは?

2021/5/17  4:40

投稿者:人力
メルカッツ さん

mRNAワクチン、人に対する長期的影響を全く検討し
ていないのに、全世界でワクチン打ちまくり・・・。こ
れこそが新型コロナの「真の目的」としか思えません。

「人類補完計画」は既に発動しているのです・・・。
(BGMは例のティンパニーのやつ)

2021/5/17  4:35

投稿者:人力
ハノイの塔 さん

コロナウイルスは3つの傾倒に分類され、新型コロナや
SARSはスパイク蛋白質が細胞の指標タンパク質のACE2に
結合して細胞内に侵入します。

一方、従来の「ヒトコロナ」はaminopeptidase Nという
タンパク質に結合します。

新型コロナが受容体とするACE2は微量でも体内の様々な
臓器の細胞表面に発言しており、新型コロナウイルスは
これら微量のACE2を見つけ出す能力に長けているそうで
す。

但し、「ヒトコロナウイルス」と「新型コロナウイル
ス」が細胞内に入り込む為に使用するS1というタンパ
ク質は同一だそうで、普通の風邪の感染でS1に対して
免疫が働く人は、新型コロナウイルスに対して「交差免
疫」が働くそうです。だから、普通の人にとって新型コ
ロナウイスは脅威とは成り得ない「ただの風邪」。

では何故重症化するのか・・・新型コロナウイスに対す
る免疫は最初にT細胞系の自然免疫が有効に働きます
が、これが上手く働かない人が居る。要は自然免疫が低
下した人は、新型コロナウイスがT細胞に感染する速度
にT細胞免疫が追い付かず、サイトカインによってウイ
ルスを排除しようとした結果、IL6というサイトカイ
ンの暴走が起る。

重症化した人に抗体反応が有るのに、軽症者で抗体が検
出されないもの、普通は自然免疫によってウイルスが排
除される事を示しています。逆に、体が抗体を生産する
段階では、症状がしっかりと表れているという事になる
のでしょう。

これは新型コロナに特異的な事では無く、あらゆる感染
に共通した体の防御機能ですが、従来の免疫学は自然免
疫を軽視していた。或いは、新型コロナで何故か「感
染」と言われる、ウイルスが体内で増殖していな「感
作」という状態を従来のウイルス学は研究していなかっ
ただけだと思います。「症状も無い脅威?」を研究する
理由が無いからです。

2021/5/14  21:13

投稿者:メルカッツ
そもそも今回のコロナ、老人しか死なない。ですが、
厄介なスパイクタンパクが中に入っている時点で、
感染発病すると、後天的に免疫不完全な状態になる。
という研究結果が去年の二月頃から数か国で発表。
ワクチンの可能性も、HIV類似のため絶望的、
だったはず。それがmRNA型の生物兵器。

mRNA対応のワクチンは哺乳類で成功例は無く、
短期で効果があっても、猫は二年内に数十匹が全滅。
発病すれば治らないことが一年前に挙がってました。
ワクチンがにわかにその論文類を消し去りましたが、
怪しいですよね。
ファイザーやアストラは論文偽造だらけの会社。

人類が棺桶に半分脚を入れている可能性を、
常に念頭に置きましょう。

このままいくと、日本人以外は半減するかも…。
世界の嫌われ者のイスラエルなんぞは全滅確実。
という可能性が既にあり得るという事象そのものが、
実は真相だったりする。
ここ数年のイスラエルの二枚舌の嫌われぶりから、
実は現実だったりするかも。
対ワクチン開発中のハザードか、敢えてのハザードか、

サーズで世界の先端に近づいた武漢研究所が、
一体何を米国研究所とやっていたのか。

mRNAはDNAに影響があるからこそ、
活性型のワクチンは数年の治験が絶対必要。
胎盤形成への懸念などがゲイツ財団関係者から内ゲバ。
ただ、ゲイツ財団は既に負け組なのでしょう趨勢的に。


2021/5/14  21:12

投稿者:ハノイの塔
>スパイクタンパクはSARS Cov2に特異的…
いや、このスパイクってコロナの王冠のことでしょ?
だったら、新型も旧型もコロナウイルスはみんなスパイクタンパクを持ってるわけで、
SARSやMERSは致死率高いですが、旧型コロナは風邪と同じですよ。
そのスパイクタンパクは新型と旧型で形が違うように、
タンパク質の構造が違っているだけ。その構造の違いで毒性が変わっているのでしょう。
COVID-19のタンパク遺伝情報が危険というなら、旧型コロナのスパイク遺伝情報を
ワクチンに入れてやればいいんじゃないですかね。
…それだと抗体を作ってくれないのかな?
(しかし普通の風邪でも、人体は抗体を作ってウイルスをやっつけてくれるので
そんなことはないと思いますが…)

2021/5/13  21:09

投稿者:メルカッツ
人力さん、

ビタミンDによる腸内細菌で海藻成分などの接種が増えるなら、ビタミンも効くのかもしれませんが、
今のところビタミン効果云々よりも、
海藻を消化できるか否かの日本〜韓国の腸内細菌由来で、
米国の論文では、消化機能が無い人は直接投与、
みたいなことを試みて特許取ろうとしている人々が、
いたはずです。
日本人の場合は日頃からトロロ昆布とか昆布飴を、
沢山食べていれば消化量が増えるのかもしれませんが、
そんな系統の話はググって拾えてません。

RNA系疫病の重篤に効果がある論文だけはあるので、
日本人の場合はそれが一番の保険だと思います。
早期に亡くなる人が和食離れしていなかったか、
などの分析こそが、実は人類には有効な可能性大な感。

そもそもインフルエンザ(コロナ含む)での
日本人韓国人の致死率は米国などより桁違いに低い感。
そもそも発症しない。発症しても死ににくい。
近くに発症者がいると蔓延してしまう米国人とは相が異なる感。
それが日本脳炎ワクチンの結果、というオチも可能性在か?は不明ですが。

いづれにしろ、活性ワクチンはスパイクを作るわけで、
これは疑似コロナを広める+コロナ耐性を高めるだけ。
な実感です。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ