2021/7/16

効きすぎるワクチンの弊害・・・T細胞免疫の低下  新型コロナウイルス
 

■ mRNAワクチンを接種すると免疫が低下する? ■

ワクチン接種が進むと感染が拡大する・・・現在、東南アジア各国で起きている現象です。

最新の研究から

1) ワクチン接種でスパイクタンパク質に結合する抗体を作るB細胞免疫は上昇する

2) ワクチンを接種すると、より広範なウイルスや異物を貪食するT細胞の活性が低下する

3) 自然感染した人はT細胞の活性の低下は観られない

4) 自然感染した人にワクチンを接種するとT細胞の活性が低下する

5) ワクチン接種後2日目のNKキラー細胞の数がガクンと低下する


上記の事から、以下の考察が可能です


1) 東アジア人は元々T細胞免疫で新型コロナウイルスに対応していた

2) ワクチン接種によってT細胞の活性が低下してしまった

3) ワクチン接種によってNKキラー細胞数も一時的に低下した

4) 1回目のワクチン接種直後は東アジア人は接種前よりコロナウイルスに感染し易くなる

5) ワクチン接種後に感染した人がスプリッターとなって感染を拡大させる

6) ワクチン接種者はその後スパイクタンパク質の抗体生産により重症化はしない

7) ワクチン非接種の高齢者を中心に重症者や死者が増える


デルタ株の拡大が感染拡大の原因と報道されていますが、インドの感染爆発はイギリス株によって起こった事が分かっています。


■ ワクチン1回接種後しばらくは感染し易くなるが重症化は押さえられる■


ワクチンを1回接種した人は「ワクチンを打ったから」という気の緩みで行動規制を緩和しがちですが、実はワクチン接種後1週間程は、コロナウイルスに感染し易い状態になっています。

ただ、感染してもワクチンが抗体を作り出し始めるので、重症化は防がれる。そして、ワクチン接種後の感染は、ワクチンの2回目接種と同じ効果により、抗体値を上昇させる可能性も有ります。

ワクチンの接種率の低い段階で、1回接種後の感染者が活動を活発化させると、ワクチン非接種の高齢者などに感染が広がる可能性が高い。その中から一定の割合で重症化する人達が現れる。

アジアは人口が多い国く医療が脆弱な国が多いので、感染拡大が起り始めると医療崩壊が起り易い。

ワクチン接種前まで、アジア各国ではT細胞免疫によってコロナの感染や、感染拡大が防がれていた可能性が高い。感染してウイルスをまき散らす人も少ないので、感染がなかなか広がり難かった。

そこにワクチン1回接種の感染者が増えたので、微妙なバランスで防がれていた感染が、何かの閾値を超える形で拡大したのでしょう。


■ ハイリスクの高齢者がワクチン接種を完了すれば脅威は低下する ■

日本でも現在感染が拡大していますが、ワクチン接種との関係があるかも知れません。但し、高齢者のワクチン接種がある程度進んでいるので、重症者や死者数は抑制されます。

イスラエルやイギリスなどワクチン接種が進んだ国も現在感染が再拡大しています。イスラエルでは6月中旬に感染者が底打ちした後に、再び感染が拡大し始め、現在は実行再生産数が2を超えて感染が拡大中です。

クリックすると元のサイズで表示します


但し、ワクチンによって重症化率は押さえられているので、イギリス同様に重症者や死者は抑制されるでしょう。この点においてはワクチン戦略は成功したと言えます。


■ デルタ株は若者でも重症化する? ■

イギリスやイスラエルで感染の再拡大の原因となっているのはデルタ株と呼ばれる変異種です。新型コロナワクチンはデルタ株の感染を抑止出来ていない様です。ファイザーのmRNAワクチンを2回接種したケースで60%の感染を防ぐとされています。40%は感染する。

イギリスでは、1回接種を優先したので、若者の多くが高齢者よりも感染し易い状態に置かれていて感染が拡大したとされています。イスラエルもワクチンの2回接種は57%程ですから、若者を中心に1回接種の人達が感染を拡大させている可能性が高い。

「デルタ株は若者でも重症化する」と報道されていますが、ワクチンの1回接種によって若者の重症化率が上昇した可能性は否定出来ません。T細胞やNKキラー細胞の活性がワクチンによって低下しているからです。

一方、二回接種が完了している高齢者の重症化率は押さえられており、全体としてのウイルスのリスクは低下しています。


■ 1回目のワクチンを接種した日本の高齢者は2回目の接種を受けた方が良い ■

日本のおいては、高齢者もコロナ感染で重症化するリスクは低かったので、ワクチンのリスクとのバランスは微妙でした。

しかし、1回ワクチンを接種してしまうと、今まで感染を防いでいたT細胞免疫が低下してしまうので、ワクチンを2回接種して抗体をしっかりと獲得する必要が生じます。

確かに2回目接種後の副反応というリスクは在りますが、そもそもハイリスクの高齢者はコロナで死ぬか、ワクチンで死ぬかという選択を迫られていますから、リスクとメリットのバランスはそれ程悪いものでは無いでしょう。(悪い言い方をすれば、コロナ感染で死ななかったハイリスクの方をワクチンは刈り取っている)

一方、コロナに感染すらしなかった高齢者はワクチンにもある程度の耐性があるでしょうから、2回接種するメリットは大きい。(宝くじの様な確率で、ワクチンが大当たりするかも知れませんが、その時は諦めるしか無い)


■ ワクチンを接種した人は別の感染症に注意が必要 ■

冒頭の話題に戻りますが、mRNAワクチンは新型コロナのスパイクタンパク質に特化したワクチンで、高効率に抗体を生産させます。一方でT細胞免疫は低下しているので、新型コロナウイス以外の感染症には脆弱になっている可能性が有ります。

例えば、肺炎球菌やインフルエンザや、従来のmRNAワクチンが全く効力を示さない変異型の新型コロナなどに対しては防御が薄くなっています。


■ 冬季のコロナワクチン接種のルーティーン化はインフル死者を増やす? ■

新型コロナワクチンはウイルスの変異とのイタチこっごになるでしょう。毎年、ワクチンの効かない変異型が現れ、それに対応したワクチンが開発される。高齢者を中心に、毎年のワクチン接種が一般化する可能性は高い。

しかし、このワクチンを接種すればする程、T細胞免疫が抑制されるので、新型コロナウイルス以外の感染症に罹るリスクは増大します。例えばインフルエンザに感染し易くなるなど・・。

これは高齢者に限らず、若い程もで同様でしょう。

■ ワクチンを接種してしまったら、気持ちの切り替えがを! ■


ここまで読んで、ワクチンを接種した方が良いのか、しない方が良いのか分からなくなってしまった人は多いでしょう。

私は陰謀論者ですから自分や家族には「怪しいワクチンは接種したく無い」と考えています。「ワクチン押し」が異常だから、何か裏が在るに違いない。


一方、陰謀論を信じていない人にとっては、ワクチンを接種するかしないかは切実な問題となっています。


1) 帰省して田舎の両親に会いに行けない
2) 高齢者施設に入っている親に面会出来ない

3) 仕事の関係でワクチン接種が推奨されている
4) 海外出張がある

上記の様な理由でワクチン接種を選択された方も多いでしょう。我が家でも医療関係者の家内と娘は接種せざるを得なかった。


ワクチンの副反応で重度障害や死亡するリスクは宝くじが当たる程度の確率ですから、これらの人はワクチン接種を選択するしか無いでしょう。

しかし、「効き過ぎる不自然なワクチン」の効果としてT細胞免疫はしばらく定下する事は確かです。しかし、これが永続的かと言えば、多分、抗体値の低下と共にT細胞免疫の活性は回復すると思われます。人間の身体はそれ程ヤワでは無いからです。

要は低下した免疫を再び鍛え直せば良いだけ。健康な食事と生活を心掛け、免疫力を高めた状態で様々な菌やウイルスに触れる事が重要です。


マスクや手指の除菌は、ワクチン接種直後には重要ですが、抗体を獲得した後には、免疫の再訓練を邪魔します。

日本人は潔癖な民族ですから、マスクは「マナー」として定着しそうですが・・・・。
10

2021/7/21  22:54

投稿者:メルカッツ
今、殲滅を問題にするなら、
中国ワクチン接種者と、欧米三社ワクチンの非接種者の
み生残る世界。
当然、欧州は壊滅、破綻。米国は上層部は生き残るでし
ょう。早ければ二年後。
中国やインドは大半は残るでしょう。

先進国が破綻して富は世界に分散し、欧州はほとんど共
産化、
ここぞとばかりに中国が韓国台湾を併合。
沖縄と横浜が中国と米国の闘争の防衛線に。

欧州の人は血が古いから淘汰されていく流れは、
もしかすると人類の保存作用が潜在的にあったりするの
かも。

ユダヤが入った日本。イスラエルは消えてもユダヤ血脈
は京都に根付いており、
どこかで決起され世界の中心となる出来事がおきるのや
も。

愚直に海藻を喰って、ワクチン二次感染とコロナ感染に
戦っていくしか、
文明の保存はできないかと。
極論、半数の人しか接種してなければ、良し悪し別とし
て半数は残留。
一夫一婦制を無くして人口生産すればすぐもとに戻りま
すよ。
そうすることで雑種強勢にもなるし。

それにしても、何故こんなワクチンがまかり通るのか。
政府厚生省のファイザーへの疑い文書からすると、安全
を明らかに疑っている。
単に、自民党の現政権が生残るための仕掛けと、
それを忖度しただけの特別試験治験認可なら、誰のため
に無駄死するのか。
五千万人分の追加ワクチンを契約って、1兆円?10兆
円?
誰の血税だよ。そんな血税で自分が死ぬ毒を買ってくれ
てるわけだ。
マスコミも野党も知ってて質問もしなければ報道もしな
い忖度社会なんすかねぇ。
そこに矜持は、あるんかぁ?〜って笑けてきますね。

2021/7/21  12:29

投稿者:人力
メルカッツさん

コロナウイルスがハイリスクを淘汰した後の生き残りのリスクを持った人達をワクチンで殲滅。そんなコンボ技にも見えます。

「世界の人類が多すぎる」というのは説明不足で「年金によって財政負担になる高齢者と、医療費の負担となると病気持ち」が多すぎるのでしょう。

そして今後増えるであろう途上国人口は、理想的な消費者になり得ず、世界を不安定化させる。だから減らそう….。

2021/7/19  22:32

投稿者:メルカッツ
他頁リンクから有症事例
米国
https://earthreview.net/9048-deaths-438441-other-i
njuries-reported-0702/
欧州
https://earthreview.net/17503-deaths-reported-euro
pean-database-of-vaccines/

いづれも報告集計に挙がっているのは数分の一だろうと
のことなので、
仮に倍の被害者が最低存在するとして、
欧州で百万人あたり40人程度
米国で百万人あたり20人程度の接種死亡者か。
有症事例では欧州では千人で4人。は初期症状としては
ヤバイ数字。

これで新陳代謝が数順してきた時に免疫過剰がどう出る
か。

また、
https://indeep.jp/infections-are-exploding-in-high
ly-vaccinated-countries/

ワクチンは重篤化しないためのものなので、
感染が増えて云々というのはナンセンスな感じはします
が、
少なくともイギリスはここにきて死亡者が増加中。
死亡者且つ最近七日間の増加の表示で、英、南ア、日だ
けにすると見やすく。
https://web.sapmed.ac.jp/canmol/coronavirus/death.
html?dmin=2020/07/18&s=y&n=j&f=y&y=0&c=1

アナフィラキシー、免疫過剰、見えない怖さが今そこに
あります。
何せ動物実験はやってないまま人間で試験治験が始まっ
てしまった各ワクチン。
肝臓腎臓脾臓などの臓器や脳、女性の子宮への集中残留
は、
免疫系臓器はやむなしとして、既に人間の根本中枢へも
残留する事実はあり。

あと二年くらい打つのは待つべきです。死亡率の高い年
代以外の人は。
政権維持のために高額な血税を投入した分を、廃棄する
ことになるから接種。
というのは筋違いでしょう。
いくらの血税なのか、それを現政権が承認したのかをマ
スコミは明らかにすべき。
そうしてはじめて正直な議論が始まるのだと思います。

SNSはまだしも、普通のネットでデマは存在しないで
しょう。
ソースのリンクが付いていれば、辿れば真意はわかるわ
けですから。
でなければ世界の医者や生物学者が絶対反対を表明しな
いでしょう。

で、これからどうなるのか。
とはいえ、残留ワクチンも含めてイベルメクチンで虫下
しされるらしいので、
最悪の時には、イベルメクチン接種ということになるか
もしれません。
但しその場合、イベルメクチンは欠品間違いなしでしょ
う…。

2021/7/17  16:40

投稿者:人力
Takuさん

果たしてどれだけの人が亡くなっているのか、超過死亡にはっきりと現れるのか、それとも誤差の範囲なのか?

死者数から被害を類推するにも、普通の死因との切り分けが素人には不可能です。

副反応審査会の因果関係を評価できずと、判断する材料が少ないというのは、彼ら自身も同じ問題を抱えているのかも知れません。Twitterの書き込みは戦慄するものも多いセス氏、厚労省から流出したとされる160ページ以上に上る副反応一覧も怖い内容がならんで居ますが、それがワクチンが原因だと断定する決めてが我々には存在しない。薬害訴訟の典型的なパターンですね。

2021/7/17  16:32

投稿者:人力
メルカッツさん

いつも情報をありがとうございます。

薬害訴訟で各国政府が転覆するのではないかとワクワク(おっと)する一方で、大規模な陰謀程発覚しない法則が今回も発動するのだろうという諦めが上回ります。

今回の記事は「大人の節度」を持って書いてみました。ワクチン接種を拒否する事が出来ない人達は、将来的な健康に不安を感じている人も多いと思いますが、「接種組は敵」という反ワクチン派の姿勢にも問題があると思います。

仮に将来的なリスクを負わざるを得なくなったら何が出来るのか?これからは反ワクチン派の情報収集力はこちらも重要になってきますよね。

結構怪しい自然食や自然療法の方達がビジネスチャンスを窺っているようで、こちらにも注意が必要ですね。

2021/7/17  0:14

投稿者:taku
新型コロナワクチン接種被害を発信したツイートを集め
た@na98731312のツイッターアカウントの7月12日(月)か
ら7月14日(水)までに記載されたた死亡人数と重篤人数
を集計してみました。
このわずか3日で
死亡者109人
重症者62人
という結果でした。
20代と記載された死亡者情報も6人ありました。

この3日間分の集計だけでも数時間を要したため、5月か
ら集められているツイート情報を全部集計するにはかな
りの日数を要しそうなのであきらめましたが、
この数字で類推すると、これまでコロナワクチンで少な
くても1000人以上の死亡情報がツイートされているので
はないかと感じます。
さらにツイートされるのは氷山の一角でしょうから、実
際のワクチン被害はさらにその数倍に達するものと推定
されます。
重症者まで加えるとさらに増えてとんでもない数になっ
てるような気がします。

いくつかツイッターアカウントを確認してもみました
が、
ほとんどが日常的に使われているアカウントばかりで、
もデマらしきものを発信している人たちではありません
でした。

2021/7/17  0:03

投稿者:メルカッツ
従来のインフルエンザ対策で、何故ワクチン打ちます?
保菌or感染者になっても、重篤化しないための予行演習
ですよね?
だけど活性ワクチン、動物実験の治験ないですよね。

そもそも、ワクチン打ってんのにPCR検査で隔離さ
れ、製造業が破綻は茶番。
アストラゼネカのワクチンが怪しいだけですよね。

生存人類の5%は何らかのアナフィラキシーを持つ。
今回の劇薬PEGだけでなく、ウイルスタンパクについ
ても。
つまり、複数のアナフィラキシーに対しワクチンは重複
で人を蝕む。
結果、一万人に一人くらいは死亡。
ワクチンとして犯罪扱いされるべき事象かと

今回、欧米のコロナ死亡率から強制接種の国も発生。
問題は副反応での死亡者も多い
既に欧州で4億人前後が接種、80万人が重篤に近い状
態。
それは短期的ワクチンとして、安全なのか?。

それを知った上で且つ国から接種で死んでも保証されな
いことを念頭に

緑十字のときと同じ。懸念を薬剤メーカへ叩きつけてお
いて、結局、
国費投じ、一人ひとりの判断に委ね、死亡保証を免れる
問題が出たら、企業の全責任でお取り潰し。

極論、詐欺ですね。厚労省の矜持は何処に
あなたがたは正ですか?政治家に忖度するレベルです
か?
接種遅延が努力ではなく、阻止するのが矜持かと

一万人に一人で親や子が死んで、恨まない国民はいるの
か?。
ましてや、二年後に猫が全滅した事実を伏せ、
人間も全滅しました。の責任は個人の責任?厚労省です
よね?

責任取れやしない政治屋が、強制に近いような声明を出
すな。
官僚は矜持を示せ
ホロコースト罪を、今一度、自分がギロチンに遭う姿を
浮かべて正直に話せ
といいたい
知らないというなら、調べるべきでしょう担当者なんだ
から

東京都の医師弁護士の500人近い訴えは、それ以上のデ
ータを提供しているハズ
https://www.youtube.com/watch?v=l5Of2746bz8
https://www.afpbb.com/articles/-/3354946

で、既に、マスコミの一次ソース以外は、グーグル等で
は拾えない報道管制状態に…。
https://www.sanspo.com/article/20210624-IOQJULJCVR
MBXMZXIDJG6SDUHA/

人類存亡に対して、真実を封印する理由は無いはず
猫は全滅しました。人間は全滅しないんですか?厚労省
の人々の矜持に聞きますが


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ