2021/7/19

追い詰められるであろう「反ワクチン派」・・・自衛が必要かも知れない  新型コロナウイルス
 
■ ワクチン接種の義務化に対してワクチン反対派が暴徒化したフランス ■

<訂正>

デモと暴動の動画を貼っていましたが、デモ隊の服装が真冬の恰好だったので、この動画はイエローベストの時のものですね。コロナワクチンの暴動というタイトルでネットに上がっていたので、私も騙されました。ワクチンのデモは、もう少し平和的で、一部で警官隊に投石が発生している程度との事です。訂正してお詫びします。



フランスでは医療機関と高齢者施設で働く人々にワクチン接種を義務付け、遊園地やコンサート会場、レストランやショッピングセンターで、それぞれワクチンを接種した証明や検査による陰性証明の提示を義務づける方針を示しました。長距離移動でも同様の証明書の提示が求められる様です。

これに対して、ワクチン接種の義務化に反対する人達がデモを起こし、一部が暴徒化して警官隊に投石したり、放火をしたりしています。

フランスは元々、日本と並ぶ「ワクチン嫌い」の国ですが、新型コロナワクチンの接種率は54.8%(1回接種を含む)と半数以上の国民がワクチンを接種しています。

クリックすると元のサイズで表示します
フランスのワクチン接種状況(7/15まで)

■ ワクチン接種が6割に達すると接種が進まなくなる ■

上のフランスの接種グラフからも分かる様にワクチン接種は鈍化しています。どこの国でもワクチン接種が6割に達すると接種が横ばいになる傾向が見られる様です。欧米では新型コロナウイルスの死者は日本の20倍程度(人口比)ですから、日本など比べ物にならない程コロナウイルスは脅威ですが、それでも4割の人がワクチンを拒絶する傾向がある。

クリックすると元のサイズで表示します
アメリカのワクチン接種状況(7/15まで)

アメリカも同様で、東京オリンピックの取材で大挙して入国したアメリカの取材スタッフの約半数がワクチン未接種の様です。これはアメリカ国内の接種状況をほぼ反映しています。

マクロン大統領が今回打ち出した「長距離移動での証明書の提示」はバカンスシーズンを意識したものですが、「バカンスを楽しみたいならばワクチンを打て」という圧力とも言えます。

■ ワクチン反対派は陰謀論者? ■

この様な「ワクチンの義務化」に対して、ワクチン接種に反対する人達がデモを起こし、一部暴徒化した。映像を見る限り、若い方が多く、それ程裕福そうにも見えません。世界的に「ワクチン反対派=陰謀論者」というレッテル貼りが行われていますが、これはあながち間違いではありません。

トランプ大統領以降、陰謀論は若者や貧困層を中心に拡大を続けています。ネットの「噂」が拡大再生産される形で広がり続けています。貧困層は「自分達が貧しいのは金持ちや政府が搾取しているからだ」というルサンチマンが在ります(間違いではありませんが)。このルサンチマンと陰謀論は非常に親和性が高い。

「ワクチンは世界政府の人口削減計画」という噂は陰謀論界隈では10年以上前から広まっていましたが、新型コロナワクチンはまさに「陰謀論の筋書き通り」に進行している様に見えます。

一方で表のメディアや各国政府は、「反コロナはバカな陰謀論の妄想」というレッテル貼りで、科学的、統計的知識に裏付けされた「正当なワクチン懐疑論」までも「ウソ」として排斥しています。

■ ワクチン推進派と反ワクチン派で二分される世界 ■

日本人は同調圧力に弱いので反ワクチンの方でも、職場などで接種を半ば強制されればワクチンを接種される方が殆どでしょう。しかし、アメリカでは医療スタッフや消防士や介護職でも5割の人はワクチンを拒絶しています。

この様なワクチンを打たない人々に対して、世界の国々では「ワクチン義務化」の動きが出ています。医療スタッフや介護施設職員がメインですが、段々と拡大して行くでしょう。

ワクチン接種の圧力が高まる中で、反ワクチン派の一部は暴徒化します。フランスだけで無くギリシャでもデモが発生しています。

自由を重んじる欧米の国々では、ワクチン接種者でもワクチンを打ちたく無い人達への理解は高い。しかし、反ワクチン派の反抗が過激化すると、ワクチンを接種した人の中から、「お前らがワクチンを打たないからコロナ禍が収束しないんだ」という反感が生まれます。現にメディアはその様に誘導しています。

こうして、世界はだんだんとワクチンを接種した人と、ワクチンを接種していない人に2文化されて行き、その対立は深まるでしょう。


■ 日本はこれから対立が深まる? ■

クリックすると元のサイズで表示します
日本のワクチン接種状況(7/15)

高齢者を中心に急ピッチでワクチン接種が進んだ日本の接種率は32.4%(一回接種含む)です。未だ接種率が鈍化すると思われる6割接種には遠い。

60才以上の方が1回目接種が終わった感じで、職域接種以外では、50代以下の接種は8月に入ってから本格化するでしょう。ワクチンの供給も不足気味なので、接種率6割に達するのは10月頃かも知れません。

一方、デルタ株に対して従来ワクチンの感染予防効果が25%程度しか無い事が分かっり始めました。重症予防効果も予想されていたよりも低い様です。

「ワクチンを接種しても感染する」事が知れ渡り始めると、ワクチン懐疑派は増えるはずです。職域接種などで若い人の副反応をリアルで見聞きし、ワクチン接種後の死者の報道などが増えるので当然の反応です。

職場などでも「若いヤツラが調子に乗ってワクチンも打たないのに感染している」という声がチラホラ聞こえますが、コロナ禍の収束が長引けば長引く程、ワクチン接種者の非接種者への反感は高まります。メディアも意図的に誘導します。


■ 抗体証明が必要になるかも知れない ■

職場などでもワクチン接種の圧力が高まると思いますが、これに対してワクチンを打ちたく無い人は何等かの「対抗手段」が必要になるかも知れません。

陰性証明書はその一つですが、日々感染リスクがある中で、効果は短期的です。毎週提出しろなどと言われたら、負担もバカになりません。

一部医療機関ではコロナのスパイクタンパク質に対しる抗体検査をしている様ですが、こちらの方が有効でしょう。但し、コロナに感染して居なければ抗体は出来ない事になっているので、「お前コロナに罹っていたのかよ!!」というお叱りを受ける可能性も高い。

何れにしても、何等かの対抗策を講じておかないと、「ワクチンを打たないヤツは陰謀論に脳を冒された危険なヤツ」というレッテル貼りをされ、職場で居心地が悪くなる可能性が高い。
15

2021/8/3  3:40

投稿者:人力
楽譜さん

遅レス失礼。

エボラはともかくとして、デルタ株の感染の広がりは現
実の物として、身近にヒシヒシと近づいています。「あ
の人が熱が出た」などという噂が仕事先で飛び交ってい
ます。

昨年3月頃、或いは5月末に似た状況ですが、当時はP
CR検査の件数が極端に少なかったので、今よりも多く
の感染者が居た事が見逃されています。(故意にです
が)

若者昨年、今年とコロナに感染する機会は十分にあった
のに、デルタ株の感染が広がっているという事は、デル
タ株は旧型コロナの感染者(無症状や軽い症状の方が多
い)でも再感染する事を示唆しています。

これはデルタ株に従来ワクチンの効果が無い事でも分か
る様に、従来株の感染で出来た抗体は、デルタ株に対し
て効果が薄いのでしょう。

一方、自然感染はスパイクタンパク質以外のウイルスの
タンパク質に対する免疫も獲得しているハズですから、
デルタ株に対しても何等かの免疫反応が在るはずで、T
細胞免疫がその役割を担っている可能性が高い。(キラ
ーT細胞など)

私の周囲にもゴホンゴホン咳をする人がチラホラ居
て・・「こいつコロナだな」と勝手に想像しています
が、私は全然感染する気配すら無いので、昨年1月に獲
得した免疫がデルタ株にも有効に働いていると勝手に解
釈しています。

だんだんと、「ワクチンを打て圧力」が高まって来まし
たが、IgG抗体は感染後1年ではレベルが下がってい
るので、どうにかしてT細胞免疫の測定をしてくれる所
が無いか探していますが、神戸大学などが検査キットを
用いて疫学的な血清検査はしていますが、商業ベースで
「免疫証明」を発行してくれる医療機関や検査機関は未
だ無い様です。

抗体検査を行う所は沢山ありますが、主目的はワクチン
による抗体がしっかり出来ているかの確認です。

感染しても抗体すら作らない様なチンケなウイルスの免
疫獲得を証明するのは、カナカナに難しい。

2021/8/3  3:28

投稿者:人力
メルカッツ さん

遅レス失礼。CDCも「ワクチン接種でもマスクをする様
に推奨する」と方針を変え、ワクチン接種者がデルタ株
のスプレッダーになっている可能性を示唆しました。こ
れはミネソタ州のデータが元になっている様ですが、新
規感染者の70%以上がワクチン接種者だった。

イギリスでは、コロナの新規死亡者において、ワクチン
2回接種者は非接種者に比べ6倍の死亡率というデータ
が出ています。これは接種者に高齢者が多く、非接種者
に若者が多い事から単純に比較する事は問題が有ります
が、少なくともワクチン神話は崩れつつある様です。

2021/7/29  15:42

投稿者:楽譜
さて、ひょっとしたら、政治家も官僚も馬鹿なのではなく、「エボラクラスの本当のパンデミックに備えて、コロナという御しやすいウィルスで、壮大な社会実験してやろうぜ」としているのかも知れません。
だとしたら、1ヶ月後の他界者数、これ程価値のあるデータはありません。過去のピーク時には、約一ヶ月後に他界者数のピークが来ます。治療の甲斐なく…という事でしょう。
さて若者感染主体の今回、1ヶ月後はどうなるでしょうか?

2021/7/27  1:27

投稿者:メルカッツ
ワクチン、δ株に対しては効果ゼロ以下かも
https://earthreview.net/uk-corona-cases-hit-record
-high-in-six-months-0722-2021/
七割近い人が接種、しかし未接種と同じくらいに死亡
いやいや、同じ以上に、既に重篤化は接種者中心。
免疫過剰が当初から懸念されるアストラゼネカの英国

米国は、ファイザ、モデ、JJの死亡者数の内ゲバ。
https://indeep.jp/reasons-for-deaths-of-more-than-
hundreds-of-thousands/
ワクチン接種の直接の死亡率は既に高く、
更に、免疫過剰の危険はまだ統計途上。
打つことは、短命リスク以外に全く無し。

mNRA系の接種で猫が全滅。人間ではない、は事実、
しかし哺乳類生存実績が無いまま人間で試験治験中。
ということを知った上で、
人に薦めるなり強要するすることは、
相手の死への責任を負うということ。を知るべき。

接種、誰のために誰が何をしたいのか?

欧州人はインフルエンザには弱くリスク承知、
は対岸の問題で放っておいて、
湾岸アジアの人々は待つべき。死亡率は矮小。
で、
接種がスーパースプレッダーを産む懸念が最近の話
接種率増加と感染爆発が連動する各国

死亡率が連動しなければ接種効果、で済む処ですが、
接種先進国のイギリスが反して七月から増加、
再ロックアウト近しか。

そうなったら
ワクチン頼みの既にジリ安気味の株価が再び暴落。
既に論者シナリオ通りの恐れ。
接種の危険の正式暴露は、オリンピック直後?

老人接種はリスクより効果期待が勝る、は善として、
生殖機能者には危険
既に接種した人には…、
イベルメクチン配ってデトックスに期待の治験は存在

何の忖度か?接種正式死亡者は日本は今もって0人
コロナ死亡者の大半が65才以上、リスクは何処に?
50才以下の人に接種を薦める、定量的な理由は?
情報処理能力が試されている
単にそれだけの出来事の感。

ワクチン頼み、そんなことより
免疫力をつける食生活を先ず政府は謳うべきだし、
咳クシャミをする時は、
不織布マスクをしてても利き手の肘で口を覆う。
平手で口を覆ってしまったら防疫としてすぐ手を洗う
30分に一回は水を飲む。
不特定接触が常な場合は手を水で洗う。
防疫、
政府は何も謳ってません。無政府とはこういう状態。
信じても救われませんし、
接種で死んでも保証もないどころか、研究対象…

2021/7/21  12:21

投稿者:人力
777さん

私が世界の経営者だったら、ワクチンを拒否するような疑り深い人達こそ淘汰したいと考える。実は今接種されているワクチンは来るべき本当のパンデミックの抗体を作っているのかもしれません。陰謀脳は全滅….どうでしょう素晴らしいプランだと思いませんか?

2021/7/21  1:09

投稿者:777
「来年の4〜6月に人が大量に死ぬ」ジェームズ斉藤がバ
チカン関係者から忠告された理由とは? コロナワクチ
ンと第三次世界大戦の闇! 2021.07.17

ジェームズ 先日、某国諜報機関の任務の関係でロック
ダウン下の欧州訪問時にバチカン関係者と会ったんです
が、「来年の4〜6月には気をつけろ」と言われたんで
す。「人が大量に死ぬ」と。

──どういうことですか?

ジェームズ コロナワクチンに原因があるようですね。
いま世界のあちこちでワクチンが大量に打たれています
が、本当の効果が出るのがその時期らしいです。

2021/7/19  13:46

投稿者:777
「ワクチン」の危険性を知る人が増えているようだ。
「ワクチン」の接種を取りやめたという話を聞くように
なった。データを見ても、接種数が急減している。供給
の問題ではないだろう。
「COVID-19(2019年-コロナウイルス感染症)」の副作
用は深刻だ。血液循環システムにダメージを与えて梗塞
や出血をもたらし、脳神経を攻撃して麻痺させ、⾎栓性
⾎⼩板減少性紫斑病、そして心筋の炎症を起こす若者の
存在も無視できなくなっている。

 これらは短期間で現れた副作用だが、長期的に何が起
こるかは不明である。何しろ安全性を確認する作業を怠
り、「緊急事態」という名目で集団接種を強行している
のだ。大規模な「生体実験」を行っているとも言える。

 現段階でも長期的に懸念されていることはある。「mR
NAワクチン」で使われているLNP(脂質ナノ粒子)は人
体に有害なのだが、投与されたLNPは肝臓、脾臓、副
腎、そして卵巣に分布すると報告されているのだ。

 特に懸念されているのは、LNPが卵巣に分布するとい
う事実。量は微量なので心配しなくて大丈夫だと主張す
る人もいるが、ごく微量であろうと存在してはいけない
物質がある。LNPが卵子に影響、不妊につながることは
否定できないのだ。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ