2021/7/19

圧倒的な映像と圧倒的な駄作感・・・『竜とそばかすの姫』  アニメ
 

クリックすると元のサイズで表示します
『竜とそばかすの姫』より


ここから下は未見の方はご遠慮下さい。



■ 圧倒的なんだよ・・・ ■

未見の方が多いと思いますので、あまり細かくは書きません。

「圧倒的な映像表現が随所にちりばめられた、圧倒的な駄作」 以上。



冒頭15分のバーチャル空間の映像だけで観に行く価値は十分あり、

駅での「グラナダの奇跡」の進化系を観るだけで往年のファンには嬉しい。

なのに、何故か、観終わった後にに圧倒的なガッカリ観が襲って来る・・・・


脚本だよね・・・。


細田監督は『美女と野獣』をやりたかったと語っている様ですが、マンマじゃねぇーか!!

捻れよ・・・。



さらに・・・野獣の正体は・・・おい、これあり得んだろう・・・。

父ちゃん、モブキャラじゃねぇーか!!?

母ちゃん、何であそこで激流に挑むの?

おい、男子高校生二人・・・君ら物語に絡んでいないじゃん、「時かけ要員」ですか?

コーラスのオバちゃん達誰だよ・・・って、何で歌えない娘が市民コーラスに居るの???

おい、サックス吹いてる美少女・・・カワイイじゃん・・・

カヌー男子、お前主人公とどういう関係だよ・・・説明無いじゃん・・・・。


■ 脚本の役割 ■

カンヌで濱口監督が脚本賞を受賞しています。村上春樹の原作を映画化した「ドライブ・マイ・カー」による受賞です。

文章としては完成の域に達していると思われる村上春樹の原作を映像表現にするに当たり、脚本は「取捨選択と補足」を要求されます。(未見なので詳しくは分かりませんが)

例えば、原作では時系列で進行している物語を、クライマックスからスタートさせる手法は一般的です。観客は飽きやすいので、最初に掴みが無いと「つまらない」と感じるからです。

或いは、文章を映像化するに当たり、セリフを大幅に削る事も在ります。映像で説明出来る所は映像に任せた方が効果的な場合も多いからです。

登場人物をマルっと削る事も在ります。映画の尺に合わせる為に不要なエピソードを削る為です。或いは主人公が男性から女性に変わる事も在ります。『夏美のホタル』がこの例で、原作は男性が主人公でしたが、映画では有村架純が主人公となっています。

この様に、映像作品における脚本家の役割は非常に大きい。特にオリジナル作品の場合は、物語の全てが脚本家に委ねられています。

■ 「必然性」と「偶然性」そして「必要性」のバランス ■

上の書いた様な事は、脚本の技術的な問題に過ぎません。

脚本に限らず物語に必要なのは「必然性」と「偶然性」そして「必要性」のバランスだと私は考えています。

例えばラノベやアニメ作品がバカにされる原因となる「ご都合主義」ですが、これは「必然性の欠如」と言い換える事が出来ます。物語の進行上は「必要性」が高いのですが、「必然性」が低いので、視聴者や読者はそれを「唐突」で「ご都合主義」と感じる。

やはり作品に納得を得る為には、登場人物やプロットに「必然性」は不可欠です。ある人物が搭乗するならば、その人物が登場する「必然性」が必要です。物語の進行にその人物が不可欠であると納得する必要がある。

この場合、ランクには色々あります。ゲームの「村人A」の様な登場人物も居ますが、これも物語の進行には不可欠です。物語の分岐に関わっているからです。これは「名脇役」などと呼ばれる人達が演じる事が多い。思わせ振りな態度や視線で、一瞬で不穏な空気を作ったりする事が要求されたりします。

一方「クラスメイトA」あるいは「モブキャラ」はあまり物語には重要では在りません。これは「背景」として機能するだけで、物語の進行に関わらないからです。

もう少し重要な登場人物になると、物語の進行に不可欠で、主人公の行動に強く影響を与えます。当然、登場時間も長くなります。

これらの「必要性」と「必然性」が満たされている事が、物語の最低限のルールです。


■ 「偶然性」はスパイス ■

「偶然性」は物語のスパイスとして機能します。

例えば、「刑事と犯人が偶然出会っていた」んどという設定はテッパンです。さらに心惹かれて合っていたなんて展開は私的な好物です。

但し、「偶然性」にも禁則はあります。例えば連続殺人犯が偶々職質で見つかってしまうのはNG。「偶然の連発」もNGでしょう。(これツマラナイ推理ものでありがち)

「偶然」は「伏線」としても重要です。一見、物語に関係の無い人物が、実は裏で物語に大きく絡んでいたなんていうのは良く使われる手法です。読者や視聴者は、登場人物の全てに注意を配らないと、「伏線回収のアハ感」が得られない。上手な伏線が張られた作品は読後や視聴後の満足度も高い。

一方で、「こいつ怪しい」とか「実はこの人が裏で絡んでいる」と思われた人物が、ただの登場人物Aだった時の失望も大きい。少なくともその人物が物語に絡めば納得もしますが、結構登場時間が長かったり、主人公にとって重要な存在なのに、「出て来ただけ」だと興ざめします。


■ 重要なシーンをどう繋いでゆくか ■

ハリウッド映画の脚本は観客を飽きさせない為に3分に1回は笑わせたり、ハラハラさせたりする必要が有ると言われています。しかし、私はそれが優秀な脚本だとは思いません。むしろダメな脚本。

優秀な脚本とは、最後のクライマックスを盛り上げる為にコツコツと伏線を積み上げ、登場人物を掘り下げ、物語の帰結としてのラストへの「必然性のレール」を敷く行為だと考えます。

物語全体としてダラダラしない為に、重要なシーンをしっかりと描き、その間のシーンで主人公の性格や物語の背景を掘り下げる様な地味なシーンで上手に繋ぐ事こそ脚本家の手腕だとも言えます。

尤も、意図的にこの約束に反する事で成立する物語がある事も理解しています。「裏切りの快感」で成立するトリッキーな作品ですが、面白いけれど名作とは成り難い。


■ 細田監督は断片的なシーンは天才的 ■

細田監督は、単体のシーンの構築に関しては天才的な監督です。人物の配置や動かし方。寄りや引きのバランスや、その崩し方など、映像表現としては今作でも驚きの連続です。

一方で、物語をスムーズに展開させる事は苦手かも知れません。「ドレミと魔女をやめた魔女」などでは、この「違和感」が演出として非常に効果的ではありましたが、それは脚本がしっかりしていて、全体として物語が上手く収束するからこそ生きるす。

個性的な監督には同様の傾向があり、『のんのんびより』の川面監督なども物語をスムースに流す事が苦手な様です。吉田玲子の緩急自在の脚本の上で川面監督の個性が輝く。

細田監督も「サマータイム」ではしっかりした脚本によって彼の優れた演出が支えられていた。登場人物はとても多い作品ですが、親戚の人達のキャラクターがしっかりと描かれ、それぞれに物語の推進力として機能していました。私、この作品は劇場で5回位い観ました。本当に素晴らしい作品でした。

しかし、『竜とそばかす姫』では、圧倒的な映像や演出に鳥肌は立ちますが・・・・物語としては不満だらけです。


■ 制作会議の初回プロットを大金で映画化した様な作品 ■

今作では細田監督は脚本も担当していますが、オリジナルなので原作者でもあります。ここに最近の『バケモノの子』以来の細田作品の問題が有ります。


多分、監督が頭を捻って彼が考える「大人から子供まで楽しめる物語」をスタッフに提示していると思いますが、本来なら制作会議の初回で提示されるプロット的なものをブラッシュアップせずに脚本にしている。

きちんとした制作現場ならば、「この登場人物は必要なるのか」とか「この展開はもっと捻りが必要」だとか、「ここは分かり難いからシーンを加えよう」などと脚本家に注文が付いて、何回も書き直しをした後に制作に取り掛かる。それがされていないのでしょう。

これによく似た制作現場を皆さんもご存じでしょう。そう、スタジオジブリです。原作も脚本も宮崎駿がクレジットされていますが、彼の場合はいきなり絵コンテから始まる様です。制作が始まってもラストが決まっていないなんていつもの事。だから後期の作品は、物語の途中から、がらりと内容が変わってしまったり、ドタバタ劇になってしまう事が多い。


■ 観るべきか、観ないべきか ■

色々と酷評してしまいましたが、私は『竜とそばかすの姫』を劇場で観るべきか、観ない方が良いかと聞かれたら、ライトなファンは観るべきと答えます。普通に観る分には、後期宮崎アニメ程度には楽しめます。開始後15分の映像だけで満足するでしょう。

では、コアな方から聞かれたらどう答えるか・・・「やはり観るべき」と答えるでしょう。例え断片的であっても、バーチャル空間の演出は圧倒的であり、ディズニーアニメに真っ向からチャレンジした結果も見届ける必要を感じます。

特に書割的なシーンが連続する城へ通じるシーンなどは、アニメならではの演出でゾクゾクします。

そして『天気の子』と同様に、どんなに素晴らしい映像や演出であっても、脚本が破綻していたら物語としては成り立たない事を確認するだけでも、観る価値がある作品だと思います。


■ 『虹色ほたる』『がっこうぐらし!』『神様になった日』を見返している ■

偶々2013年のアニメ映画『虹色ほたる』がアマゾンで観れるので、観てみましたが・・・「高畑勲作品??」と思うほどに素晴らしく5回も観てしまいました。コンパクトな物語ですが、丁寧に描かれていて物語として破綻が無い。さらに動画がもう鳥肌もので、実写から書き起こしたロトスコープかと思う程、子供の動きがリアルです。

『がっこうぐらし!』も偶々見直していますが、「構成の勝利」としか言いようの無い作品。原作を褒めるべきなのでしょうが、脚本も見事。

『神様になった日』は聖地巡礼に行ったので見直していますが、一見、「ご都合主義の連続」の代表格の麻枝准の脚本は、何故か最後の感動に見事に収束して行きます。ゲーム作家ゆえの手法と思えますが、1話に普通の作品の3話分程度の内容が凝縮されており、「言葉が強い」ので、強引に物語の展開に視聴者を引きずり込む力はパナイ。(麻枝作品としては感動が薄いですが、やっぱロリは生理的に無理かも)


TV局がタイアップして予算を贅沢に欠けられる大作が駄作を量産する一方で、少ない予算をやりくりする為に、しっかりとした脚本で制作に挑む事で名作化する作品があるのも事実。


『竜とそばかす姫』・・・実は素材は素晴らしいので、きちんとした脚本家で観てみたかった。それだけが残念でなりません。



最後に・・・「主人公がゲロを吐くアニメは傑作」という私の中のジンクスが崩れました。
2

2021/8/3  3:50

投稿者:人力
一ブログ読者 さん

そう、映像は鳥肌ものなんですよね。楽曲も素晴らし
い。1回聴いただけで、メロディーが頭に残ります。中
村佳穂って情感過剰で森進一タイプの歌手で私は好きに
なれなかったのですが、壮大なサウンドプロダクトによ
って彼女の魅力が新たに掘り起こされた感じがします。

一方、設定と脚本の酷さは壊滅的です。特に竜の正体が
児童虐待を受けている子供と言う点、その竜にベルが何
故か思いを寄せてしまうという説明不足。

さらには、DVの現場をネット越しに見たスズを一人で東
京に送り出すコーラス隊の方々の大人としての常識の無
さ。断片的な情報で、広い街から偶々DVを受けた子供
に出合うという無理の在る設定、そして、彼らの父親が
スズの希薄に負けてDVを止めるであろうと思わせるシ
ーンの薄さ(女子高生に凄まれただけでDVが終わると
も到底思えないし、「僕も頑張る」という子供が親に対
して何かが出来る訳が無い)

ここら辺の妙にシリアスに振った設定が全て中途半端に
物語から浮いていますが、これは「化け物の子」でも顕
著に出ていた細田脚本の悪い癖です。ここだけ直せば、
なかり納得し易い作品になりますが、物語のクライマッ
クスがここにあるので、作品としては崩壊してしまう。

・・・・誰か、細田さんに脚本書くなって言える人居な
いのでしょうか・・・。

2021/7/29  22:43

投稿者:一ブログ読者
『竜とそばかすの姫』、評価が難しい映画だと思いまし
た。
脚本は駄目だけど、それで感動が損なわれているかとい
うと、意外と損なわれてはいない。
断片が上手くつなぎ合わせられていて、アトラクション
として成立していれば、それはもう、
「こういうのもあり」
の範疇では……?

という気持ちにさせてくる映画でした。
全体としては豪華なアトラクション以上のものではない
ので、ここに良質な脚本があればとは思うのだけど、
設定の悪さと引き換えにたくさんの絵面の良いシーンを
得ているので、脚本まともにしたらアトラクションとし
ては地味になりそう。
むしろアトラクションとしてちゃんと豪華なおかげで、
お客さんはなんか壮大な素晴らしい物語を見た気になっ
て感動してたりもするみたいなので、
下手にそっちに振ると改悪になりそうです。もうやっぱ
り「こういうのもあり」だし「これはこのままで」では
ないか。

この「破綻してるけど、してない」感じ、安直な感想で
すが現代社会の空気感がよく出ているような。

2021/7/28  2:55

投稿者:人力
私が説明するより、以下の説明が一番分かり易いかと。

//www.jsri.or.jp/publish/review/pdf/6104/02.pdf

尤も私はインフレが本格化する前に、金融市場が崩壊し
て、リーマンショック時と同様に、通貨に対する不信感
から貨幣価値が損なわれると考えています。その方が感
覚的に理解し易い。

「将来的な増税がインフレ率に作用する」などというの
は経済学者の数式の上での話で、一般的な人は意識すら
していませんから。


後、MMTを批判すると「主流派経済学を指示してい
る」と勘違いされるので、一応書いておきます。

私は「通貨発行が需要を創造する」という主流派経済学
も、「財政支出が需要を創造する」というMMTも、実
はどちらもブドゥー(おまじない)だと考えています。

両者とも巨大な資産市場を敢えて無視しています。現在
の世界では、手っ取り早くお金を増やそうとすれば、資
産市場に余剰資金をぶっ込めば良い。金利がゼロの世界
ではビジネス投資よりもマネーゲーム投資の方が儲かる
からです。

結果的にマネタリーベースの拡大は、富裕層の資産を増
やすだけで貧富の差は拡大する。

MMTが主張する様に貧乏人にお金を配ると、1回は消
費に使われますが、使われたお金は人々の手を渡って最
後は富裕層の元に集まってしまいます。昔は累進課税や
キャピタルゲイン課税である程度の均衡を取っていまし
たが、現在ではこのスタビウライザーは壊されていま
す。

だからマーケットはどんどん肥大化して、最後は自分自
身を破壊してしまう。

2021/7/27  17:17

投稿者:鍛冶屋。
人力さん。

>鍛冶屋さんには面白いものが私にはイマイチだった・・・「地球は滅亡しました」
妖精さんの話でしょうか? ありましたねぇ。
あれもラノベ⇛アニメ化の作品ですが、やはり歴史・時代・社会背景やキャラ立ちなどなどの設定に、凝って凝って凝って・・・たお話しでしたっけ。主人公”わたし”の級友(Y)の声が沢城みゆきさんで、彼女のファンになった作品でもありました。

----------------------------------------

カリンゴン氏の動画を見られていかがでしたか?。
是非ご感想をお聞かせ下さい。


>MMT、確かに池田氏の記事も記憶にありますが、それ以外も参考にしています。
(でも、まんまじゃないですか^^;)では結局、人力さんの誤ったMMT解釈はどっから来てるんですか?、なんで秘密なんですか?。

>この問題も平行線なので・・・
どこがどう平行線なんですか?、こと「貨幣論」関しては答えは出てますよね。ってか答えも何も、MMTは実務をそのまんま示してるだけなので、それ以外に何がるんですか?。
それとも、あくまでも金属主義・貨幣商品論(⇐池田氏談)を主張し続けられるんでしょうか?。

>今後金利上昇がアメリカで起きるかどうかで結論が出るのでは?
ですからね人力さん、何度も何度も何度も・・・言っていますが、金利がどうこうなる(誰かがどうこうする)のとMMT(=貨幣論=貨幣とはなにか?)とは関係無いんですって!。
金利がどうのとか、それらはあくまでも市場原理または財政政策・金融政策の「結果」であり、貨幣・財政の「システム」がそうだからではないんですって!!。
どうして、そこを分けて考えられないのんでしょうねぇ...。

ずっとMMTが論理的に間違っている(実際のシステムはそうなっていない)っと仰っていますが、それならそれでいつものやゆりじゃなく、いっぺんちゃんとご持論を論理的に説明してくださいよ。もしくは、それを示しておられる論(⇐人力さんのネタ元)をご紹介してくださいませんか。

2021/7/27  12:19

投稿者:人力
カラカラ さん

「良い絵」とか「ヌルヌル動く」というのはアニメの技術的なクオリティーで「評価され易いポイント」ですよね。取り敢えず「大作だからそこだけは押さえてるておこう」という意識がはたらき易い。

一方、脚本の良し悪しって一般的には評価が難しい。特に「先生」の首に鈴を付けるのは、発言力のあるプロデューサーが居ないと無理でしょう。一方、製作委員会制の出資者は「無難な出来栄え」になる様に集団無意識が働いてしまう。炎上は避けたい… そんな意識から「無難が一番」となってしまう。富野や宮崎、庵野など一部の人しか我を主張し続ける事は難しい。監督もスポンサーもスタッフも何となく「無難でない」事を避けるうちに作画演出だけに力が入った作品が出来上がる。

私は「未来のミライ」って最後以外はチャレンジしていたと思います。ステップフロアーの画面移動にとことん拘った演出でストーリーもそれの上手く乗っかっていた。東京駅からのシーンが全てを台無しにしてしまいましたが、あそこで脚本がしっかりしていれば…。無い物ねだりでは有りますが。

2021/7/27  12:07

投稿者:人力
鍛冶屋さん

まあ、趣味の好みは色々なので、鍛冶屋さんには面白いものが私にはイマイチだったってのは鍛冶屋さんがここにコメントを送り始めて頂いた10年前からも良く有りましたよね。「地球は滅亡しました」とか(確かそんな題名だった様な)。その逆も多かった。
MMT、確かに池田氏の記事も記憶にありますが、それ以外も参考にしています。この問題も平行線なので今後金利上昇がアメリカで起きるかどうかで結論が出るのでは?それがコントロール不能で通貨価値が大幅に下落すれば従来の経済学が正しかった。一方、インフレを何らかの方法(例えば預金準備率の引き上げなど)で抑制できれば、従来の経済学は間違っていたで宜しいかと。

日本で金利上昇が起きるかどうかですが、国民が預金を引き出す様な自体のなるかどうかだと思います。ドルの暴落とか信用危機が発生すれば銀行不安が日本でも発生するので地銀が何行か債務超過になれば引き出し騒ぎは起こり得る。コレをバンクホリデーみたいな方法で強引に押さえ込んで、預金封鎖、上限金利決定、預金準備率引き上げなどで強引に対応する事は可能です。さらにキャピタルフライトも禁止すれば良い。

後は1ヶ月の引き出し額の上限を決めて、新円切替でタンス預金を炙り出す。戦後日本の取った政策ですが、各国が同じ対策をして、協調して電子通貨ベースの新通貨体制に移行すればインフレをある程度抑制出来るかも知れません。ただ海外の人が大人しくコレに従うかは?

2021/7/26  19:00

投稿者:カラカラ
映画で大事なのは『脚本』と編集、そしてカットする勇気。
と言う事を「映画大好きポンポさん」で知りました。
『良い画』ばかりに気を取られると本質を見失ってしまいます。

2021/7/26  17:35

投稿者:鍛冶屋。
人力さん。

自分はもともと、「スーパーカブ」も「無職転生・・・」も原作を読んでいたので。

>結構設定的に無理をしている所に…ラノベ系、なろう系は「それを問わない」不問律の上に成立する分野
それは違うかな。ですから、そこはバランスですよ。「スーパーカブ」は、現実・現代世界を舞台にしているだけに、その設定やプロットがあまりに偶然性(非現実的・ご都合主義的)過ぎてつまんない。

>モノローグで涙腺ウルウルしなかった人・・・
それは原作を読ん、”くっだらねぇ話”であることを知ってたから。それを、あのボンヤァ〜っとした画や寝ぼけキャラで白々しい叙情感を出してる”だけ”ってのがなんかむかつく^^;)。

>「無職転生」・・・ある種のカタロシスに達しなかった。
「無職転生・・」は原作がともかく面白い&カッコイイ!。面白いラノベでもアニメ化するとつまんない、また尺のせいで面白くなる前には終わっちゃことが殆どなので、正直この作品にも期待してなかったんですが、ホント良い意味で裏切られました。エピソードを端折ったりしていない(むしろ丁寧化してる)から展開が鈍重に感じられるのでしょうが、流れを知っている者にとっては毎話ウキウキワクワクです!。人力さんも、お時間あれば原作も読んで見られることをお勧めします(本編終了後の「蛇足編」もお父さん必読)。


●ネタ元はアゴラかぁ・・・

"アゴラチャンネル反論A(225)〜MMTは金利を無視してる?【経済の仕組み】"
https://www.youtube.com/watch?v=LmC1MbRPQpo
カリンゴンの怪獣でもわかる経済のお話

先日配信されたカリンゴン氏の動画↑を見て、反論元がこりゃまさに人力さんの貨幣論・財政論そのものだなぁっと。以前、何度お願いしても教えてもらえなかった人力さんのMMT解釈のネタ元(これは、ネタ元が有料記事だったからなんですか?)は、池田信夫氏だったんですね。そう言えば人力さんは、池田信夫リスペクターでしたっけ、いやぁ納得納得^^)。
該当記事と思われるものも読んでみたのですが、途中から有料(¥1マソだと!)になってるので全文は見れませんでした・・・まぁどうせ察して汁ですけれど。
しかし10年ぶりくらいでアゴラの記事を読みましたが、相変わらず池田氏の文章力(日本語力)は酷いもんだなぁ...。

2021/7/26  13:37

投稿者:人力
ゆうこ さん

しっかり山伏峠と山中湖で観戦して来ました。

自治体も警察もそれ程厳しくは無かったです。事故が起きない事には配慮していましたが。

ちなみに、オリンピックコースをキャンプ道具満載の自転車で走りました。キツかった….。

2021/7/26  13:34

投稿者:人力
鍛冶屋 さん

「無職転生」私的には声優の芸ばかりに関心する作品でした。話途中の最終話という事もありますが、ある種のカタロシスに達しなかった。

「スーパーカブ」は細かい所を突っ込んだら負けの作品。小熊ちゃんを包む北杜市の空気や自然を感じ、彼女の主観で周囲の人や物を感じないと「ご都合主義」という批判が当然出てくる。

要は1話目の「親も居ない、友達も居ない、やりたい事も無い」というモノローグで涙腺ウルウルしなかった人は入り込めない。「親いなくて一人暮らし出来るの?」とか「施設に入所するんじゃ無いの」って思っちゃった人は負けなんです。

コレ全ての物語に言える事で、結構設定的に無理をしている所に対して「とりあえずは納得して次の展開は?」という姿勢は不可欠かと。特にラノベ系、なろう系は「それを問わない」不問律の上に成立する分野かと。

「スーパーカブ」はちょっとリアル寄りの作品だから、この不問律を忘れがちになるのかも知れません。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ