2021/10/22

低成長でもインフルは起きる・・・天然ガスや原油の高騰というリスク  時事/金融危機
 

■ 成長率がゼロ近傍の日本ではインフレは起こらない? ■

財務官僚と高市氏の論争で、最大の論点は「日本でインフレが発生するかどうか」という点。

政治家は短期的視野で「人気取り」の為にバラマキ財政を継続させたいので、「政府と日銀は統一政府なので、国債はいくらでも発行できる」「ゼロ金利下では国債は永久的に借り換えし続けられる」と主張します。これは通貨発行と国債発行の制度的には正しい。

しかし、前提条件として「国債金利がゼロ近傍(マイナスを含む)である事」が不可欠です。現状の日本ではインフレ率はゼロ近傍で安定しているたで、国債金利に上層圧力は掛かっていませんでした。

しかし、天然ガスの高騰が原油価格にも影響を与え、世界的にインフレ圧力が高まっている事より、欧米の市場はインフレを予測し始め、米国の金利も上昇し始めています。

日本は原油や天然ガスをほぼ輸入に頼っているので、これらの値上がりは、物価に影響を与えます。エネルギーコストのみならず、原油を多くの製品の原料となるので、コストプッシュインフレが起り易くなります。

コロナの生産や物流の低下で既に食品などでは多くの値上げが実施されていますが、原油価格の上昇は、もっと広範な値上がりを促します。

コロナで需要は低迷してる中でも、しっかりインフレは発生しています。


■ 通貨安によるインフレ懸念 ■

資源価格の上昇の他にも、日本でインフレが発生する要因があります。それが「円安」です。


クリックすると元のサイズで表示します

上はドル/円の長期チャートですが、円安が進行している事が分かります。敢えて長期チャートを示したのは、日銀が異次元緩和を打ち出した2014年後半から円安が進行して1ドル125円まで円安が進みました。1ドル125円が当時の日銀の介入ポイントだった。

異次元緩和で日本のインフレ率が上昇し始めましたが、その主要因は実は原油価格の上昇だった。リーマンショック後に狂った様に発行されたマネーは行き場を求めて原油市場に流入し、不景気にも関わらず原油価格は100ドル/バレルを突破していた。

原油価格の上昇と円安の進行が重なり、日本国内でもインフレ率が上昇し始めると、日銀は1ドル125円を境に介入を示唆して円安にブレーキを掛けた。同時期、財務省は消費税率を引き上げて消費に水を差します。(インフレ率を抑制)

結果的にはシェールオイルの増産などの影響で原油価格は40ドル代まで急落して、日本のインフレ率の上昇は収束に向かいました。

現在の状況は2014年末からの状況に似ています。ただ円安の原因が当時と異なる点に注意が必要です。2014年当時は異次元緩和で円の供給量が増えたので、為替市場で円安が進行した。

しかし、今回の円安の原因は米国の金利上昇です。


クリックすると元のサイズで表示します

上のグラフは米国の10年債金利の推移ですが、上昇している事がはっきり分かります。米国の長期金利に上昇圧力を掛けているのが、天然ガスや原油の値上がりです。

今回の価格高騰の遠因は、温暖化対策で生産設備への投資が低調になった事が挙げられています。シェールガスのリグの稼働率も低い。原油価格の上昇がこのまま続くのか、それとも下落に転じるのかは、原油の生産量に依ると思われます。

以前はアメリカのシェール企業が原油価格の上昇の乗じて無節操な増産や新規リグの開発を行い、原油価格は下落に転じた。しかし、彼らもこの経験から、原油の増産が利益に繋がらない事を学んでいる。むしろ、原油や天然ガス価格が高い方が、生産価格の高いシェール企業には有利だからです。

この様な事情を鑑みて、市場は今回の原油価格の上昇は2015年当時とは異なり、ある程度続くと予測しています。これは即ちインフレが進行すると市場が読んでいる。

市場のインフレ予測は長期金利に上昇圧力を加えるので、米国債金利(10年債)が上昇している。FRBはインフレ率のこれ以上の上昇を望みませんから、緩和縮小を匂わせて市場を落ち着かせ様としていますが、緩和縮小を実行すれば、金融市場は過剰に反応して大幅に値を下げるます。バーナンキショックの規模の大きなヤツが必ず起こる。

こうして、米国の金利上昇が進むと、金利の低い日本国内から資金が米国に流出します。この際の円売りドル買いが行われるので、為替市場で円安が進行します。さらに市場参加者はこの様な潮目の変化を見逃しませんから、相場はドルの実需以上に円安に振れます。


原油高によるコストプシュインフレと、円安によるコストプッシュインフレが同時に進行すれば、需要が低迷した日本国内でもインフレ率は上層します。

「インフレとコロナで生活が苦しくなった → バラマキで国民生活を楽にしよう」となった場合、一時的な消費の向上は、インフレにさらに拍車を掛けます。岸田政権は大規模な補正予算による景気刺激策を選挙の目玉に据えていますが、不景気下のインフレ(スタグフレーション)で、はたして財政拡大がインフレ率にどう影響するのか、興味がある所です。


■ 日本国内よりもインフレが進行し易いアメリカ ■

アメリカ人は消費性向が強く、これからクリスマスシーズンに掛けて消費が拡大し易い。又、アメリカの小売りは日本程、価格硬直性が無いので、需要が高まれば物価は上がり易い。

日本国内では冒頭の様な「インフレと財政の継続性」の議論が一部で活発化していますが、そんな議論がされてうる内には、アメリカのインフレ率はFRBのテーパリング開始を大きく後押しします。

ここで、FRBが上手に市場をコントロール出来なければ、バーナンキショック以上の下落が起ります。或いは、それがコロナバブルを崩壊させる可能性も有る。

今や、世界中の市場関係者がFRBの挙動にしか興味が無い状況において、インフレ率の上昇に追い詰められたFRBはどういう政策を打ち出すのか・・・・。


高市大臣の様に日本国内にしか目が向かない人達は、3周遅れで世界の状況が全く見えていません。尤も、彼らは「選挙に勝つ事」が至上命題なので、本気で財政の継続性など考える訳がありません。いかに次の選挙を勝つかしか頭に無いのですから。
17

2021/11/5  19:06

投稿者:人力
メルカッツ さん

為替の動きは難しいです。私は長期的には定量説が正し
いと感じていますが、短期的な動きは全く予想の斜め上
を行く。

確かに、金利差が消滅して現在は、金利で相場が動き難
い。私はドル円に関しては、ドルの信用力の裏返しだと
考えています。ドルに何等かの圧力が掛かると、逃避先
として円が選ばれる。スイスフランも似た様な通貨です
よね。

別に円に信用力が有るからという訳では無く、円が強く
ても大して問題では無いと思われている節がある。kろ
えがユーロが強くなると、色々とドルも困るのでしょ
う。

2021/11/4  21:31

投稿者:メルカッツ
このスレはこれで最後として、

金利の話と為替の話は別物ですので、
今一度、勉強してみて下さい。

日本のような円なり株なり買えば上がる時は
金利も為替も同じでしょうけど、
ゼロ金利の時点でトレードオフが入ります。

今も米国が強いからお金が集まるわけではなく、
余ったお金が長期国債と欧米株式に集まっているだけ

それは金利と為替が別次元であるものを
いっしょくたにしているだけです。
市場経済の話はグローバルでは為替が絡むのは確か、
ですが、金利をつける話は内国手数料的なところもあり
現在価値からするとゼロ金利は実験でしかないのです

ジャパンプレミアムで−0.5%が付いた、
恐ろしいハンデですよ。
政治屋が間抜けだっただけですよ。

ミスター円の榊原といえども、当時一瞬は容認したハズ
彼が一瞬でも容認しなければあり得ない大間違い

以上でも以下でもないですがねぇ





2021/11/3  23:28

投稿者:鍛冶屋。
人力さん。

長々の御高説恐れ入ります。
っが、やはりいつもながら当方の問いには全く関係ない内容ですね。長々のご講釈お手数ですし、どうか無用な部分は抜きにして、「問)」にのみ・簡素にお答えは頂けにのでしょうか?。


----------------------------------------
基軸通貨($)に対し、極端な円高にすることは可能です(実際にありました)。
しかし逆に、”意図的に極端な円安”にすることはとても難しい・実質不可能です。
(根拠なく)逆だからそれもありうる…なぁんて、単純な話ではありませんよ。

円安誘導には、超巨額の円資金必要ですよね。それがなければ(その量の”円”がこの世に存在しなければ)、そもそも市場で売れませんから。

人力さんは、それがありうるっと仰るのですから、その売られる(売り浴びせられる)円資金がどこかにあると確信されているんですよね。

ですから、
問)それは「誰がどんな形で持っているのか?」っを問おうております。なぜ、そのお答えが先のモノなのでしょう?。

例えばお答えは、「誰々が、スイスの隠し口座にコレくらい・・・」等、とっても簡単な問だと思いますが、なぜご回答は頂けないのでしょうか?。


----------------------------------------
>財務大臣だってプライマリーバランスを無視した発言
>は出来ません。だってそれが現在のルールなのだから。

問)そのルールは誰が決めたのですか? ルールの根拠はなんですか?。

そもそも、PBバランスどうこの言い出した理由は、赤字国債が多くなると「償還できなくなる・利払いできなくなる・ゆえに財政破綻する」からでしたよね。
では、赤字国債が続いても、それが「償還でき・利払いもでき・ゆえに破綻しない」のであれば、BPの比など関係無いでしょう?。実質、日本国債が上記の理由で破綻する可能性・リスクは0%です。
誰が決めた分からない、根拠なないルールに縛られるおかしいでしょう(いや、そもそんな”ルール”ないしね^^;)。


----------------------------------------
っで、けっきょく
>>>>「ゼロ金利下では国債は永久的に借り換えし続けられる」と主張します。

問)って主張されてるのは、何方なんですか?。
(↑そんないつまでも内緒にせず、いいかげん教えてくださいよぉ^^)。

2021/11/3  11:25

投稿者:人力
鍛冶屋。 さん

為替市場は長期的には通貨の総量の相対値に影響を受けますが、中短期的にはそれ以上の大きな値動きをします。市場が「危ない」と判断すれば売り方が買っ方を大きく上回るのでオーバーシュートする事はよくありますよね。

円はドルを補完する通貨で、ドル安が進行する時に一時的に資金を退避させる通貨として重宝されて来ました。リーマンショック直後などはドルの安定性に疑問が持たれた円に資金が逃避した。円キャリートレードのリワインドもあったので、円高が一気に進行して1ドル70円台に足を突っ込んだ。

コレ、ドルから見れば1ドル120円台から一気に半値程度に値下がりした訳で、この逆のパターンが起きれば1ドル200円など軽々と突破するでしょう。市場の勢いとはそおいうものです。

円は「安全通貨」と呼ばれるのは「逃避先として安全にしておきたい誰か」の意思が働いていると私は妄想しています。世界第2位の経済大国だったからこそ「安全」とされていたとも言えます。ドルの逃避先としての十分な通貨量がコレを支えていた。

今後、少子高齢化で日本の経済は益々縮小するので、何処かの時点で「安全通貨」や「主要通貨」の地位が疑われる事もあるかも知れません。そうならない為にも、日本政府は財政ファイナンスの規模を無節操には拡大出来ません。

財務大臣だってプライマリーバランスを無視した発言は出来ません。だってそれが現在のルールなのだから。

ルールは変わるのでドルが破綻でもすれば、違う状況になるのでしょうが。

2021/11/3  7:03

投稿者:鍛冶屋。
人力さん。

ですからですね人力さん、為替を200円/$まで押し上げるほどの大量の”円”を、いったい誰がどこにどのような形で持っているんですか?(まさか、”空売り”するなぁんて呆けませんよね^^;)。
そも、そんなことしてもその”市場関係者(って誰?)”は自分の首を絞めるだけです…阿呆らしい…。

ちなみに、↑の話はMMT(貨幣論)となんの関係もない、カスリもしてませんよ。

まぁ”(アリエナイ)〜したらどうすだ!”もよろしいですが、揶揄る前に先に宿題を済ませて(質問に真摯にお答え)くださいませんか?。

2021/11/3  4:37

投稿者:人力
メルカッツ さん

>リスクと金利のバランスこそ資本重視の経済。
お金に価値が付かない金利ゼロは資本主義を壊す
といいたいのですが。

私もこの点は同感です。現在の危機は金利が消失した為
に資本主義の歯車が回らない事に在ります。

金利の消失が、マネーゲームにうつつを抜かし、実体経
済への融資を怠った金融機関の責任なのか、それとも実
体経済の成長力の自然低下が金利の消失を生むのか、私
には結論付けられません。

グローバルな経済では、成長力のある国の経済は金利に
よって資金を吸収しますが、成長力の落ちた国ではキャ
ピタルフライトが起きるので、益々経済が低下します。
80年代のアメリカも同様だったと記憶しています。ド
ルは1ドル240円台からプラザ合意後は一気に70円
台まで下落した・・。

資本主義というシステム自体が、金利の消失による自壊
というプロセスを始めから持っているのでは無いかと私
は考えています。そして、かつては侵略や戦争によって
ブレークスルーが達成された。

イギリスは産業革命によってブレークスルーしたと教科
書には書かれていますが、実は植民地の拡大による簒奪
こそが、ブレークスルーの要因だった。現在はその延長
線上に有り、新興国や途上国を搾取する事で先進国の経
済は成り立っていますが、結果的に世界は過剰生産性を
抱える事で金利の低下を生んでしまった。

ある意味「資本主義のジレンマ」ではありますが、ダボ
ス会議はこれを「グレートリセット」で正常化するとし
ています。

多分、金利の消失した世界の正常化は、普通の景気振興
的なプロセスでは達成出来ず、戦争に準じるショックで
強引に成し遂げるしか無いのでしょう。

私はこれは「偏在した富のリセット」と捉えています。
先進国の一部の人達が抱え込んだ富がリセットされる事
で、フラットな状態から競争が起り、これが世界を再活
性化させる。戦後の焼け野原から日本が発展した様に。

2021/11/3  4:22

投稿者:人力
鍛冶屋。 さん

前の書き込みは「極端な例」ですが、実際には日銀は国
債市場の機能を維持しながら、財政ファイナンスを実行
しています。これが異次元緩和です。

異次元緩和の成立要因として日銀は円相場の下限を1ド
ル125円程度に置いている節があります。それ以上の
円安は日本経済に悪影響があると判断している様です。

リーマンショック以降、主要通貨を有する先進各国はマ
ネタリーベースを急拡大させたので、為替市場の変化は
限定的でした。

「やがて各中銀はテーパリングから正常化に向かう」と
いう予測が市場の混乱を抑え込んだ。しかし、実際には
コロナ禍前の2018年中ごろからFRBのテーパリン
グや利上げは失敗し始めており、資産市場がかなり危な
い状況になりました。

FRBは利下げを行い市場に白旗を揚げた訳ですが、コ
ロナ禍がここら辺の事情をウヤムヤにしてしまい、その
後、各中央銀行は狂った様にマネタリーベースを拡大し
続けています。

不思議な事にこんな状況でも「通貨の価値」を疑う動き
は表面的には出ていません。リーマンショックの時以上
のMBの拡大が一瞬で為されたにも関わらず「今は緊急
事態だからMBの拡大は当然」という意見が大勢を占め
ていました。

怖いのは「コロナの収束する時」で、拡大し過ぎたマネ
タリーベースをどう縮小するのかが問題となります。既
にアメリカではインフレが問題となっているので、FR
Bはそろそろテーパリングや利上げに言及するでしょ
う。

テーパリングの為には「借りたお金を返す」事が必要で
すが、この為に金利が有効に働きます。資産市場では膨
大な「借りたお金」が運用されていますが、金利が上昇
すると借り換えコストが増えるので、投資家は当然ポジ
ションを手仕舞いしてお金を返そうとします。この過程
で資産価格の大幅な下落が発生する。現在の資産市場は
明らかにバブルですから、バブルの崩壊が発生する危険
性が高まります。

MMTの論客は「市場の事は置いておこう」というスタ
ンスを崩しません。この点、主流派経済学者の方がまだ
マトモと言えます。

2021/11/3  3:51

投稿者:人力
鍛冶屋。 さん

極端な例を挙げるとするならば政府と日銀が「本日より
日銀が市場の国債を全量買い上げ、今後は政府の発行す
る国債は直接日銀が買い入れます」と宣言したとしま
す。事実上の政府通貨です。これで為替市場で円が売ら
れなければ、市場原理とは何なのか?

市場関係者は「儲かるか、損をするか」という単純な理
論で動きますから、通貨量の増える国の通過は単純に売
られ易く値が下がる。「MMT的な考え方をするなら
ば・・・」と説明した所で、彼らは反射的に円をうりま
す。当たり前です、為替相場の常識では、「増える通貨
は売れ」なのですから。

円が1ドル250円、300円、となった場合、輸出企
業は儲かるかも知れませんが、資源や食料や身の回りの
殆どの製品を輸入に頼る日本では、全ての商品の値段が
跳ね上がります。

さらに、日銀の国債の全量買い入れで国債金利はゼロに
押さえられますが、同時に大量の円が銀行に配られま
す。

普通、この様な状況になると「人々はインフレ」を予測
します。尤も敏感に反応するのは土地価格で、資産家は
インフレで実質的に銀行預金が目減りする事を防ぐ為
に、預金を現金化して、土地を購入したり、他の資産で
財産の保全を図ります。

又、当然、目減りする円をドルなどの外貨や海外資産に
替えて目減りを防ごうとするので、キャピタルフライト
の為に大量の円売りが発生して、円安が加速します。

まあ、実際には、日銀が「全量買い入れ」を宣言した時
点、或いはそれ以前に、取り付け騒ぎが起きているハズ
で、全ての銀行がシャッターを閉じ、預金引き出し限度
額が設定されるハズですが。

人々は預金を引き出す事も出来ずに、実施的な預金の額
が減額するのを指を咥えて見ているだけ・・・。

極端な例ですが・・・。

2021/11/2  21:48

投稿者:メルカッツ
リスクと金利のバランスこそ資本重視の経済。
お金に価値が付かない金利ゼロは資本主義を壊す
といいたいのですが。いや、
そう思えないなら金融を学びなおす必要ないすか?

日本の高度成長は借金の上に成り立ったのは事実
同じことをグーグルやアマゾン、テスラはやってのけ、
テスラは今は黒字に
今後、資産価値が下がっても黒字は続くかと
日本の場合、内需経済に転換を目指した段階で、
借金返済を進める必要があったし、
金融機関を潰す必要もあった

要は金利や利ザヤが付くから資金を集めることが出来、
金が増える使い方ができる団体であれば、
借金でも時価では現金より安くなる
現在価値と資本主義経済とはそういうもの
お金の現在価値は常にマイナス、だから金利が必要

借金返せないなら人員削減で何とかする。
当然の自浄努力。公務員、二割は削る必要あるのでは?
今の全日空などの取組みこそが当たり前
国家であってもボランティアではない

何もできない金融機関をゼロ金利で救う必要は無し
それは計画経済より悪い

市場から辞退頂く企業の篩落しが金利、最低でも1%か
他行で引出し手数料取るなら、1%金利でも客は赤かと
そんなことを許したのがマスコミ、グルですよ。
マスコミの崇高な矜持は何処へ?

小市民がどうこうできるものではないですが、
現実論、あるべき論は、常に正しい結果に繋がります
今回、自民党延命が選ばれましたが、
宗教団体とつるみ、平成主義の延命
選んだ人も選ばれた人も、
天国へはいけないかと。生きて地獄を見るかも
その時、小市民は
既に死に体になっている可能性も高く…

そもそも昭和平成を細々と繋ぐ
社会党や共産党の弱小野党の政治屋、
政治家を志した段階で政権交代を履き違えてますね
政治屋のパワーゲーム、ゴールや目的は何ですか?
二大政党で争う構図にならない日本、
まだまだ青いし甘いんでしょう。
それでも製造業で喰ってこれましたが、
台頭する中国にもうそれは通用しない
消去法で野党第一党か自民党に入れた人以外は、
負け組かインサイダー組、
公明軍団はそういう輩の集まりですし

ナベツネが昇天したら、何かが少し変わるだろう
と期待する程度ですね小市民は…

2021/11/2  20:13

投稿者:鍛冶屋。
人力さん。

レス ありがとうございます。

人力さん説は全て論理破綻していますし、そも「国債の金利が上昇したら償還できなくなる」ことへの回答になってません。

再度、再々・・・・度お聞きします。
国債金利が上昇すると、事実上制限なく貨幣発行(国債発行)ができる政府が、なぜその金利分のみ発行することができず財政破綻するのでしょうか?。

また、
>>>>「ゼロ金利下では国債は永久的に借り換えし続けられる」と主張します。
ってるのは、けっきょく何方なんですか?(⇐なんで、そんな頑なに秘密なんですか?)。


っで、「プール論」はあれでよかったんでしょうか?。


>お金は「量」と「流通速度」が有るというのが私のイメージ。
フロー・ストック以前の、根本的な問題です。
人力さんをはじめリフレ論の方々は、「お金がある(借りられる)から、人は借金(消費)をする」と考えられてますよね。

「100万円を借りれるから、車を買う」のですか?。

人は、「欲しい物・必要なもの(=需要)があるから、借金(消費)をする」、

即ち「車が欲しいから、100万円借りる」のではありませんか?。

卵が先か親鳥が先かなんて理論でもなく、絶対に「需要(何かが欲しい・何かをしたい)」が先です。

金融政策が効かないのは、増やせるのがMBのみだからで、その量は関係ありません。MBの増減なぞ、基本的に実質経済(需要・金利・・・etc)に影響力ありません、あろうはずがありません。


金利が借金(消費)を後押しすという理屈もおかしいです。

「金利1%だから、今は車を買わない」のですか?。
「金利5%になったから、今こそお金を借りて車を買おう」ってなるんですか?。

金利は、あくまでもその過程(経済活動=消費行動)によって生まれるものです。

「車が欲しいから、金利10%でもお金を借りよう」ではありませんか?。

「金利がどこから来るかわからない」っと仰っていまいしたが、金利は貨幣の供給力と需要の大きさのバランスにより生まれるものですので、「先付」で動くものではなく、絶対に「後付」で変動します。

金利は、あくまでも貨幣の需要が高まる(皆がそれを欲する)から上がるのであって、貨幣需要がない(経済が動いていない)状態では金利が上がるわけがありません。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ