2021/11/30

不連続な未来・・・強引な修正  時事/金融危機
 

■ 雑なミステリーには興味が持てない ■

最近ブログの更新が滞りがちですが、「陰謀論的事象」があまりにも「アカラサマ」に進行している事が原因です。

陰謀論は「男のロマン」だと信じている私にとっては、陰謀論は「紳士の思考遊戯」であるべき。決して明かされる事の無い世界の裏を、ほんの少しの断片をかき集めて妄想する遊び・・・それは、優れた推理小説を読む行為にも似ている。

ところが、最近の世界は「アカラサマ=雑」過ぎる。ホームズが謎解きをしようとすると、ワトソンが次々と事件を持ち込んで来て、その事件の犯人が雑過ぎるアリバイしか用意していない・・・そんな感じがしてならない。

■ 人口削減の意味とコロナ騒動 ■

コロナ騒動は様々な影響を世界に与えていますが、仕掛けは非常に雑です。

科学的には「コロナウイスが大した脅威で無い」ことも「遺伝子ワクチンの効果が低く、かつ安全性が確立していない」ことも疑う余地はありません。ただ、政府とマスコミのプロパガンダで真実を覆い尽くしているだけ。

陰謀論的には「アカラサマ」過ぎるコロナ騒動ですが、その最大の目的は「人口削減」だと私は考えています。

既に予防効果も重症化予防効果も低い事が分かっているワクチン接種を「強引」に進めている事から、世界の経営者の目的がワクチン接種である事を隠そうとはしてません。

ワクチン接種が推奨されているのは高齢者や健康に不安を抱えたハイリスクと呼ばれる人達で、コロナウイルスやワクチン接種のメインターゲットは彼らでしょう。これらの人達は、社会保障や医療の負担となっている。あるいは将来的な負担となる。だから減らす。世界の経営者としては合理的でシンプルは思考をしているだけ。

さらに若年層にもワクチン接種が強引に進められる理由は「長期的なリスク」によって人口を減らす為では無いか。例えば出生率が10%下がる事で、将来人口を確実に減らす事が可能。

何故人口を減らす必要があるのか・・・この問に明確な回答を与えられなければ、上記の推測は単なる妄想と笑われて終わりだが、AI化と自動化が進んで「人口=失業者」となる時代に、多すぎる人口は国家の重荷にしかならない。世界の経営者ならば単純にそう考える。

「国力=人口」という時代は終わりつつある。

確かに人口は近代国家にとって人口は重要な要素だった。生産力を生み出し、同時に消費も生み出す。しかし、世界が「大量消費による経済活性」というプロセスに分かれを告げるなら、人口は少ない方が良い。

■ 米中の緊張という雑な筋書き ■

近代においては「人口=戦力」でもあった。

しかし、大国や紛争地帯の国家が核軍備した現代において、大国間の全面戦争はほぼ起こり得ない。核戦争に勝者は居ないから。

相手を従属出来ない状況では、大国同士はお互いの利益を最大化する為には「裏で手を握る」事が最良の手段となる事は容易に想像が付く。ただ表向きの敵対関係は非常に重要です。

国民を国家の隷属させる為には「敵」の存在は不可欠。「敵が侵略して来たら、お前たちの妻や娘がどうなるか分かるだろう」という刷り込みは今でも有効に機能しています。現に、中国脅威論や韓国脅威論の根底には、この意識が強く流れている。「かつて自分達がやった事の仕返しをされる」という恐怖は有効です。

最近注目すべきは「米中対立」が不自然に煽られれいる事。一方的にアメリカが中国を敵視して、これに中国が消極的に呼応する形で進行していますが、トランプ政権からこの動きが活発化しました。そして、バイデン政権もこの方針を変えていません。これは「中国敵視」がアメリカの外交問題評議会の方針と考えて良い。

ただ、非常に筋書きが雑です。「中国の軍事力が増強されて脅威が増大している」という宣伝がひたすら繰り返されています。

■ 米中のデカップリング達成無くしては米中対立は完成しない ■

「米中危機」による「新たな冷戦」が完成するには、未だ時間が掛かるでしょう。

アメリカは生活必需品の多くを中国製品に依存しています。米国企業の多くが生産拠点や輸入元を中国以外に移すには未だ時間が掛かります。しかし、コロナによってこの動きは加速しています。

日本も「米中対立」に無関係では居られません。自民党内で憲法改正議論が急激に高まっている背景には、「新たな冷戦」が想定されているのでしょう。ただ、これも直ぐに達成されるとは思えないので、「米中対立」が本格化するには、未だ時間を要すると思われます。


■ 強引な脱炭素の目的はインフレの達成 ■


温暖化対策としての脱炭素の動きも強引で雑です。

排出権取引が目的の金融手動の仕掛けかと思っていましたが、ここにきてその目的が見えて来ました。それは「原油価格の高騰によるインフレの達成」。

今回の原油高の背景は原油生産施設への投資が減っている為と報道されていますが、私はこれは怪しいと感じています。産油国は余剰生産能力を持ているので、増産すれば原油価格は下げられる。

今まで、何度となく繰り返された「減産破り」ですが、どうも今回は脚並みが乱れない。ここにも世界の経営者の意思を薄っすらと感じます。

バイデン政権は備蓄原油の放出で原油価格を抑えようとしていますが、これは短期的な効果しか無い。脱炭素と相反する「原油増産」には舵を切らないという「世界の意思決定」が、原油高を継続させて、その結果インフレ率がジワジワと上昇する。私はそう予測します。

こうして、インフレ率が跳ね上がり易いバイアスを掛けておいて、時を見て金利がピョンと跳ね上がる「イベント」を起こせば、確実に〇〇ショックを引き起こす事が出来ます。


■ 静かな戦争が世界を壊す ■

現在の世界の状況を私は「静かな戦争」だと観ています。

1)コロナとワクチンによる世界に分断
2)コロナとワクチンによる人口削減
3)原油高によるインフレ(戦争による供給制約に相当)

閉塞したシステムを破壊して、再成長の軌道に乗せる為に戦争は有効な手段です。(ショックドクトリン)しかし、核武装した現代では戦争は簡単には起こり得ない。

そこで、戦争と同じ効果を、緩やかに実行しているのが、現代の世界の状況だと私は妄想しています。

世界が中央銀行の狂った様な量的緩和と、政府により狂った様な財政支出によって支えられる異常事態は、いつまでも続くハズはありません。

経済が止まっているのに皆が何となく生活出来て、そして市場価格がズルズルと上昇していく現状が異常だという感覚を持つ事こそが、「グレートリセット」への備えにもなるのでは無いか。



「君は生き残る事が出来るか」はTV放送時のガンダムの予告の後のナレーションでしたが、そんな未来がすぐ近くに来ているとしたら・・・あなたは生き残る事が出来るだろうか?
28

2021/12/5  22:56

投稿者:メルカッツ
777さん>
インフレですが、ハイパー?
資源や資材インフレで世界包括するならスタグフレーシ
ョン
コストプッシュ議論も不要

で、スレ全体的に>
円高論、日米摩擦の時には有効議論でしたが、
政治屋が負けを演じ、ジャパンプレミアムを受入れ、も
う永年アウト
金利のつかない預金は負の遺産、平成の停滞、
当時危険を訴えた評論家も、既に老後世代

腐った銀行が残り、打ち出の小槌の製造業も中国韓国に
追いつかれ死に体
このツケ、公務員と政治屋に払っては欲しい
口減らしで、死ねとまでは言いませんが、彼らは必要悪

ですが、あの時の預金、金融機関や公務員が吸った
どう返してくれるかは不明も、矜持には訴えたい。償え

既に国力減退でアウトでしょうし、当時の公僕は年金生
活状態だし
負の遅延が現代国家の大問題

国力は、
政治屋や公僕が作るものでは無く
彼らはチューチュー吸う側でしかなく
それをまず学び、日本国民の側にたったスレを立ててみ
てはどうでしょう

製造業あっての日本、コロナとどう共存するか
・コロナは、日本には無意味、日本人はコロナに無敵
(理由は和食、そろそろ周知)
・米中議論は、日米摩擦の過去と比べればシナリオ通り
・脱炭素は、太陽活動次第、バブルではありえず
 そもそも欧州政策の間違い、
 去年くらいからの気候大変動により欧州は潰れゆく兆

 風力発電は負しか産みません、今も今後も
 それは太陽活動を精確に予測できている国のみが活き
残る宿命、
 つまりは変動する偏西風位置にある国は極論、存在し
ないということ…
 風力発電の関係企業は売り手なので儲かるでしょう
が、いづれ調整局面
・で、原油高とは、何でしょう?。長期契約が日本の
綱、影響矮小のハズ

・で、日本は、太陽活動による大地殻変動の脅威も大
 大地震や津波が東北大震災以上に被災する可能性に備
える必要、
 どう保険を積むかが大、政府含めてまだまだ皆無

日本人は竹の花を知る。その周期、あらゆる天災が起き
る理由も
世界の人は知らずとも、日本の人は備える知恵を有し

それよりも、
今のトカラ列島の群発地震、喜界海底地震が一発来る危

日本はこんな海底火山が一発来れば、海運物流や漁業が
数年規模で頓挫
トカラは、例の小笠原軽石の数百〜数千倍規模
充分なリセットに

2021/12/3  12:09

投稿者:777
岸田首相の新しい資本主義というのはダボス会議で提唱
された資本主義のグレートリセットと全く同じもの
クラウス・シュワブはパンデミックを利用して「資本主
義の大々的なリセット」をすると宣言していますが、資
本主義はすでに行き詰まっています。一国ではすぐに行
き詰まり、早い段階で国外での略奪に活路を求めまし
た。これが帝国主義・グローバリズムですが、侵略を
「グローバル化」しても早晩行き詰まります。1970年代
から金融操作で誤魔化してきましたが、21世紀へ入った
頃には限界。新たなシステムを築かなければならなくな
っています。

資本主義というのは投資してその利子や配当で稼ぐシス
テムですが、今は世界中ゼロ金利になっているので、投
資では稼げない、つまり資本主義システム自体が世界中
で既に破綻しています。

理由は明らかで、国債には利子が付いていて、その金は
すべて資本家の所に行くので、格差が開いてマルクスが
預言した階級社会になってしまったのです。そうすると
内需が壊滅して、新規事業しても稼げないので銀行から
金を借りる人が居なくなる、それで金利がゼロになるの
です。

 アメリカを中心とする支配システムは揺らいでいま
す。そのシステムの柱は「ドル」ですが、そのドル体制
が崩壊するのは時間の問題。 WEF(世界経済フォーラ
ム)のクラウス・シュワブが昨年6月に打ち出した「資
本主義の大々的なリセット」の目的はヘゲモニーの維持
にあります。

 何もしなければアメリカを中心とする支配システムは
2030年まで持たないとも言われていました。勿論、座し
て死を待つはずはありません。すでに世界大戦は始まっ
ていると考える人は少なくないですが、その戦いで勝利
するため、アメリカはヨーロッパ、中東、アジアで支配
力を強め、ロシアの力を弱める必要があるのです

これからは世界中で共産革命の嵐が吹き荒れる時代にな
ります。今世界の支配層が取り組んでいるグレートリセ
ットというのは、共産革命を起こしそうな人間をすべて
デジタル管理して、反体制活動を始めたらすぐに抹殺す
るシステムです

2021/12/1  16:31

投稿者:ハノイの塔
私はワクチン2回打ちましたけど(モデルナ製)
副反応、まったくありませんでしたよ。
コロナなんて大したことないと言っておきながら
ワクチン打つのもどうかと思いますが、
これも貴重な実験だと思えば、悪い事は何もないでしょう。
※周りの話だと、ファイザー製のほうが副反応あるらしい

2021/12/1  12:38

投稿者:人力
鍛冶屋。さん

コレだけ「コロナはチンケ」とか「ワクチンはヤバイ」って書いておきながら、「実は接種しました」って言ったら、流石に炎上だよね。

怖くて打てません。それと、私は2020年の1月初旬にガッツリ発症しているから、最強の天然免疫保有者なのでコロナは全く怖く無い。イベルメクチンも持ってるしね。(だいぶ医療関係者が持ってっちゃったけど)

2021/12/1  11:37

投稿者:鍛冶屋。
人力さん。

もう理屈もへったくれもない、”陰謀論”っても呼べない人力さんの妄想(願望?)爆裂ですな^^;)。

ところで、けっきょくコロワクは打ちました?(自分は打ってない)。

2021/12/1  8:59

投稿者:人力
鍛冶屋さん。

そこにツッコみまますか!!

一つの答えは自給自足。田舎に土地と家を持っている人
はとりあえず食べてはいける。

一番困るのは住宅ローンを抱えて貯蓄も無い人がリスト
ラされるケースでしょう。多分、モラトリアムが発動さ
れてローンの返済猶予期間が儲けられると予想されます
が、仮に猶予期間が1年あってもまともな再就職は難し
い。

この程度の危機はリーマンショックでも起きたので、グ
レートリセットは「戦争」に匹敵する変化が社会にもた
らされると思います。

資産を市場で運用されている方は当然ですが、インフレ
率によっては預金すら価値を失う・・。考えようによっ
ては平等な社会が実現します。

2021/12/1  8:53

投稿者:人力
777 さん

補足をありがとうございます。

リフレ論者やMMT支持者は「経済成長の先にインフレ」
しか念頭にありませんが、通貨価値の棄損によるインフ
レを歴史は何度も経験していますよね。

確かに、戦後、各国の中央銀行の連携(結託)によって
先進国の通過は安定していますが、ドルー円だけ見ても
1ドル360円から80円程度までドルは1/4以下に
減価しています。

ご指摘の様に通貨量の比較でいけば1ドル40円に相当
するのかも知れませんが、マネーゲームのトークンとし
ての価値がドルの価値を高めています。ゲームに参加す
る為に誰もがドルを欲しがる。市場が崩れる時も現金化
の為にドルは一時期需要が増しますが、その後は調達通
貨だった円などに資金が還流するので、極端なドル安に
振れるでしょう。リーマンショックの後がそうでした。
当時、アメリカはギリシャ危機を利用してユーロに圧力
を掛け、ドルを防衛しました。

通貨危機とインフレ率が話題にされる時は「ハイパーイ
ンフレ」という言葉が良く使われますが、現在の低金利
でバランスを取っている世界は金利上昇の気配だけでパ
ニックを起こし、米国債金利が3%を越えたら市場は阿
鼻驚嘆となるでしょう。

市場参加者の殆どがFRBしか見ていない現状で、イン
フレ率がジリジリと上昇すれば、黒い白鳥が思わぬ所か
ら首をもたげる。そうして、グレートリセットの第一幕
が始まると私は妄想しています。

2021/11/30  18:32

投稿者:777
日本のコストプッシュ型インフレは日銀金融緩和で日本
の民間銀行が日銀に売った日本国債の売却費450兆円を
すべてドルに変えてアメリカに投資した為に起きた超円
安が原因です。ドル-円の適正価格は欧米と日本の物価
を比較すると、1ドル=30円ないし40円でしょう。つま
り日銀が金融緩和した為に超円安になって輸入価格が暴
騰し、コストプッシュ型インフレが起きているのです。
これから日本政府が財政出動したら輸入品以外の物価ま
で上がってハイパーインフレになります。

そもそもインフレかどうかは生活必需品の価格だけで判
断すべきもので、 消費者物価指数やGDPデフレータはイ
ンフレ指標としては使えない:

日銀金融緩和で、消費者物価指数・GDPデフレータは下
がっているが、生活必需品・輸入品価格・公共事業費の
価格は上がっていた。
消費者物価指数やGDPデフレータの上昇率は生活必需品
の上昇率とは全く異なるので、消費者物価指数・GDPデ
フレータや実質GDPは経済指標としては使えない
需給で大事なのは生活必需品の需給だけ、不要品や高級
品、旅行費用・宿泊費まで入れたすべての商品・サービ
スの需給に意味は無い

労働生産性、GDP、需要・供給とか消費者物価指数は経
済指標としては使えない
労働生産性というのは賃金額の事だよ、地方の生産性が
低いというのは地方の賃金が安いというだけの事だ。
GDPというのは企業や金持ちの所得の事だ、労働者の所
得とはあまり関係しない。
やっても やらなくてもいい仕事ばかりの需要・供給は
生活必需品の需要・供給とはあまり関係しない。
消費者物価指数というのは高級酒、高級車、ホテルの宿
泊費や贅沢品の価格を反映する物価で、生活必需品の価
格とはあまり関係しない。
従って、労働生産性、GDP、需要・供給とか消費者物価
指数は経済指標としては使えないのです。
金利が上がらないのは日本だけでなく世界中で起きてい
る現象で、階級社会が完成して内需が壊滅したのが原因
です。

奥の院は今 資本主義をグレートリセットして地球人口
を3億人まで減らそうとしています。

2021/11/30  17:40

投稿者:鍛冶屋。
人力さん。

>「君は生き残る事が出来るか」
GRって、NHK・・・じゃなく”既存の社会構造をぶっ壊す!”って話じゃなかったんですか?^^;)。
個人レベルで、どうこうする(出来る)やつなんすか?。

2021/11/30  11:42

投稿者:777
MMTポリテックスの間違いは既に実証されている
アメリカは金融緩和・財政出動をした為にハイパーイン
フレになりつつある、日本も財政出動するとアメリカと
同じ結果になる
自国通貨ドルが基軸通貨であるため、どれだけ借金をし
てもなかなか通貨が下落しないアメリカは、遠慮なく双
子の赤字(財政赤字と経常赤字)を垂れ流し続けた。イ
ンフレはなかなか来なかったが、ついに現れ、そして止
まらなくなっている。
赤字を垂れ流してでも票田に金をばら撒きたい政治家た
ちと、そうした政治家を支持した愚かな有権者の為にハ
イパーインフレが起きようとしている。
しかし金融市場はそうした人々に対して容赦がない。も
はやリフレという言葉も死語になりつつあるが、紙幣印
刷は最終的に物価高騰をもたらし、その国の通貨を暴落
させる。一方で健全な財政を持つ国の通貨は相対的に上
昇するだろう。
金融緩和を続ければ長期的には通貨は必ず下落する。そ
れは下落する側の国にも上昇する側の国にも止められな
いのである。

インフレを続ければまずは金融資産、次にエネルギー資
源や農作物などのコモディティ、そして最後に日用品の
価格が高騰し、社会に酷い混乱をもたらす。一番被害を
受けるのは金融市場を使ってインフレから身を守る術を
知らない普通の人々である。

それが分かっていたから筆者も含め金融家は中央銀行を
痛烈に批判していたのだが、面白いことに量的緩和を支
持したのは株式などほとんど持っていない、金融資産で
はなく給与所得に依存する普通の人々だった。自民党が
過半数を維持した件も含め、彼らはどうやれば政治家を
利するために自分を害することが出来るかを本当によく
知っている。見事なものである。

こうした人々が現金給付も支持した。そして当たり前の
ように物価が上昇している。日本では今はガソリン価格
ぐらいだが、来年にはスーパーの日用品から電力価格ま
であらゆるものが上がっているだろう。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ