2021/12/21

攻め時時、引き時・・・強気相場はいつ終わる  時事/金融危機
 

■ 緩和的金融政策が継続している間は「攻め」 ■

リーマンショック以来「オオカミが来たよ」と言い続けて外し続けている当ブログですが、結論から言えば「緩和的金融政策が継続している間は攻め」が正解なのでしょう。

個別銘柄は別として、インデックス取引では、市場に資金が流入し続ける間は上昇を続けます。リーマンショック後に損失を出した金融商品も知らず知らずに利益を出している。皆さんの年金運用もプラスとなっています。

日本国債一辺倒から株や債券へのリスク投資に切り替えた、厚生年金の積立金の運用(GPIF)の、以前は損失が問題視されていましたが、運用益のプラスが積み上がているので、最近は誰も「年金が消える」などと言わなくなりました。コロナバブルで運用益が跳ね上がり、20年間で95兆円の運用益を上げています。運用資産額も160兆円に達しています。

・・・・ただし、「今は」という言葉を先頭に付ける事をお忘れ無く。


■ ブースター祭りでトランス状態の市場の終焉 ■

現在の市場はコロナ禍以降、ブースタに次ぐブースター注入を続けている状況です。コロナ禍の1年半程前頃には、既にFRBが利上げを断念するなど、市場には「終わりムード」が漂っていましたが、コロナで一変しました。もう市場はオーバードープで「トランス祭り」状態。

こんな状態が継続する訳が無い事は市場参加者全員が認識している訳で、先にもFRBが緩和縮小に入るのではという誤解で市場が震撼した。結果的にFRB議長が否定して平穏を取り戻しました。

市場参加者の多くが「崩壊のビジョン」を共有しているので、条件が揃えば今の乱痴気騒ぎは簡単に終焉する。

■ イングランド銀行が利上げ・・・ ■

足元のインフレ率の上昇を警戒して、イングランド銀行が利上げに踏み切ります。

イングランド銀行は面白い中央銀行で、いつも利上げタイミングが早い。世界の金融センターはウォール街では無く、ロンドンのシティーなので、イングランド銀行の政策はいつも意味深です。ただ、市場のプレーヤーの目はFRBの動向だけを見ているので、イングランド銀行の利上げの影響はほぼ有りません。

イングランド銀行の利上げがアドバルーンなのか、或いは一部市場関係者への「合図」なのかは私などには伺い知る事は出来ません。


■ 誰もが知りたい崩壊の時 ■

知り合いと話をすると、「年金運用がプラスになってるんだよねー」とか「株EFTて儲かるよね」なんて呑気に話していてます。多くの人が、再びマイナスになるとは思っても居ない。

一方、市場に詳しい人は「崩壊は何時か?」という事にしか興味は無いでしょう。懸命な方は既に売り抜けていると思いますが、これだけ市場が過熱すると、「もうちょっと・・・」とムズムズ病が再発する。

■ カエルは意外にのんびりしている ■

リーマンショックの時にはFRBの利上げの影響は、先ずサブプライムローンで現れ、それがリーマンブラザーズの破綻に到達するまで2年掛かっています。

この前例から、多くの人が「FRBが緩和縮小や利上げを匂わせたら手仕舞い」と考えていると思いますが、FRBも匂わせては「やっぱ止めた」を繰り返すので、市場も段々とこれに慣れて来ます。要は鈍感になる。

短期金利に比べ、長期金利の上昇が鈍いのが、市場が楽観的な要因ともなっています。米国債市場がとりあえず安定している。

素手の風呂の温度は相当に熱いのですが、多くのカエルはのんびりしている様に見えます。

■ ブラックスワンはどこから? ■

FRBの利上げ以外にブラックスワンが有るとすれば中東有事や、台湾有事、ウクライナ有事などですが、ウクライナは中国が絡まないので微妙。

台湾有事と声高に言われ始めてはいますが、これは唐突感がハンパ無い。アメリカと中国のデカップリングの度合いを考えるに、まだまだ先の話だと思います。

中東は・・・・これも、不安定ながらも安定している。

戦争というカードが切られるのは危機の後だと思います。

では、一時話題だったドイチェバンクはどうか・・・・。コロナバブルで一息着いた感じでしょうか。でも、これ、裏を返せば・・・全ての金融機関が金利上昇でドイチェバンク化するという意味でも有ります。

もう、湖の水面下は黒い白鳥だらけ・・・今回の危機はこんな感じで、やはりFRBが水面を下げると恐ろしい光景が出現するのでしょう。
13

2022/1/13  6:29

投稿者:777
ただの通りすがりさんは日銀の当座預金システムを全く
理解しておられない

国民の銀行預金は民間銀行の日銀当座預金口座に保管さ
れています。
民間銀行Aが国債を買うと、民間銀行Aの日銀当座預金口
座の金が日本政府の日銀当座預金口座に移動します。
日本政府が民間から物を買うと、その商品の購入費が民
間銀行Bを通して政府に物を売った人の銀行預金口座に
振り込まれます。その銀行預金口座の金は日銀当座預金
として保管されます。つまり、

政府が国債を発行して物を買う時は、国債の購入費は
民間銀行Aの日銀当座預金口座 → 日本政府の日銀当座
預金口座 → 民間銀行Bの日銀当座預金口座

政府が国債を償却する時は、国債の費用は
日本政府の日銀当座預金口座 → 民間銀行Aの日銀当座
預金口座

と日銀当座預金の所有者が入れ替わっていくだけです。
民間銀行の顧客の銀行預金は日銀当座預金として保管さ
れますから、これは銀行預金が国債を買うのに使われた
という事になります。

日銀が買いオペで民間銀行C が所有している国債を買う
場合は
民間銀行C 所有の国債 → 日銀所有の国債
民間銀行C の日銀当座預金口座に日銀が国債購入費用を
振り込む

この場合は日銀がお金を新規発行する事になりますが、
貨幣量が増えるので円の貨幣価値が減ります。
つまり、円が増えても円の貨幣価値が下がるので、国で
発行している円貨幣全体の貨幣価値は変わりません。
国内商品市場での購買に使われなければインフレになら
ないし、金利も変わりませんが、貨幣価値自体は下がり
ます:

と言う訳で、庶民が気づかないうちに通貨は紙屑化しつ
つある。
たった今、ステルス紙屑化が進行中なのでした。

2022/1/13  6:27

投稿者:人力
ただの通りすがり さん

異次元緩和以前は、銀行は預金の運用として日本国債を
買っていました。この状態は日本国債の需給を国民の預
金が支えていたと言える。

異次元緩和以降は、日銀が金融機関が保有する国債を買
い取ってマネタリーベースを拡大しているので、預金残
高の制約を国債は受けていません。一方で新しいエント
リーにも書いた様に、日本国債から解放された日本の資
金は米国債など海外投資に流れている。国債とマネタリ
ーベースという政府と日銀の負債が膨らみ、資産として
米国債が買われていますが・・・これもアメリカの負
債。まあ、新手のマネーロンダリングみたいなものでは
無いでしょうか?

2022/1/13  5:10

投稿者:ただの通りすがり
人力さんは日銀の当座預金システムと国債発行の相関関
係を理解しておられないようなので、「当座預金から引
き出される資金も多い」などと、??? と思う妄想を
膨らませてしまうのではないでしょうか(笑)

そこでその説明をここに書き込むと長くなるので、日銀
当座預金などの解説を含むベストアンサーがありますの
で、それを見て頂ければと思います。

以下、

「国債の原資は国民の預金じゃないですよね?」

という質問の答えに、日銀当座預金の仕組みを基に解説
したベストアンサーがあります。

以下、URL欄にコピペしてご覧下さい。

https://finance.yahoo.co.jp/brokers-hikaku/expert
s/questions/q11241108446


また、「日銀の国債買い入れの原資について教えて下さ
い」

という質問に対して、会計上から説明しているベストア
ンサーがありますから、こちらもご覧になって下さい。


https://finance.yahoo.co.jp/brokers-hikaku/expert
s/questions/q13177100633


以上をご覧になれば、鍛冶屋さんが言うように、日銀当
座預金は閉じたシステムで、国民の預金とは切り離され
たお金だということが、理解出来るのではないかと思う
のですが。

2022/1/12  15:52

投稿者:777
メルカッツさんへ
テクニカル分析でアメリカ株はもうすぐ100年前の大恐
慌より更に酷いレベルの大暴落になるのが確定していま
す、この予測は絶対に変わりません、アメリカは既に詰
んでいます:

エリオット波動ではアメリカ株はもうすぐ1929年の大暴
落の後の 1932年を始点とするスーパーサイクル第(X)
波の上昇トレンドが終わりスーパーサイクル(a)波の下
降トレンドに変わる。

アメリカのコロナ騒動での金融緩和と財政出動がスーパ
ーサイクルの大勢転換のトリガーになった:

NYダウのエリオット波動分析ではアメリカ株はもうすぐ
100年に一度の大暴落になる:

日本エリオット波動研究所によると、

1932.07 スーパーサイクル波 (T)波 始点
1937.03 スーパーサイクル波 (T)波 ピーク
1942 スーパーサイクル波 (U)波 ボトム
1968 スーパーサイクル波 (V)波 ピーク
1982 スーパーサイクル波 (W)波 ボトム

現在はスーパーサイクル波 (X)波 上昇中


1982 スーパーサイクル波 (X)波, サイクル波 T波 始

1987.07 スーパーサイクル波 (X)波, サイクル波 T波
ピーク
1987.10 スーパーサイクル波 (X)波, サイクル波 U波
ボトム(ブラックマンデー)
2000.01 スーパーサイクル波 (X)波, サイクル波 V波
ピーク(ITバブル)
2009.03 スーパーサイクル波 (X)波, サイクル波 W波
ボトム(リーマンショック)

現在は スーパーサイクル波 (X)波, サイクル波 X波
上昇中  

エリオット波動 ディグリーとラベリングの表
http://jewri.org/standard/

2022/1/12  0:32

投稿者:メルカッツ
777さん>
いや、さすがに23年迄の景気調整は確実か
ロジカルな予測は無いんでしょうか?
景気後退がトリガは至極当然、いつ?何故?

人力さん>
危機はアメリカ発で起きる。は説明になってない感
何かが原因で危機が起き、景気後退が起き、相場は終わ

基軸通貨である米国発や日本影響は、当然。
スレは、相場はいつ終わる なら、
原因となる危機や時期を、レス期待では?
時々、とぼけたような、ズレたレス出る感が

777さん>
その専門家の前提、古いこと無いですか?

コロナ発生前から暴落が決まっているような記載です
が、
2018年以降、19年にコロナが無ければ、
在庫循環からの当然の帰着として20〜21年に景気調
整、
のはずでした。
ただ、19年からのコロナで在庫一掃どころか、不足す
る事態に。
景気循環一巡分、数年分は在庫調整されてしまった感
単純な在庫推定だと半導体不足が続く24年初頭まで暴
落無しも?
コロナが仕組まれたものであれば、それこそが落とし穴
か?

EVや自動運転需要に加え
コロナ影響でのでのEコマースや在宅ワーク、物流頓
挫、
これで資材、特に半導体不足が顕在化、
在庫循環にワープ発生。これは1年前にはノーマーク

そもそもの寒冷化による乾燥と寒波、北極振動の増大
で、
旱魃や火災、凍結と氷河成長や融解での洪水、砂漠緑化
で飛蝗害
食糧不足が顕在化
エネルギーでいくと偏西風位置が南下して欧州風力が弱
体化、
補うために、特に冬季の天然ガス需要倍増による燃料高
騰、

資源高、資材高、食糧高は%オーダーでなく、数割オー
ダー。

6%のインフレといいますが、為替は円やユーロも同
調、
世界的な資源インフレは、過去の大戦前に近い感も
利上げ調整、簡単にされないのでは?有事想定なら。

景気調整が来るは確実として、
従来のインフレ調整の閾値で計るのが正しいか否か?

とはいえ、なけなしの401k分は年末年始の恐れを警
戒、
去年10月だったかに、株式からは退避済で…(苦笑)

相場はさておき、
利息つけられない日本政府や官僚、金融界、いつ再編や
るんでしょ
延命された人々がチューチュー吸っとるんでしょうねぇ

陰謀論者、どの人々を粛清しますかね?
老人は老齢で死ぬ、何才以上を狙うと効果的?

いづれにしても、定量的ではないなあ

2022/1/11  13:04

投稿者:鍛冶屋。
ただの通りすがり さん。

ご丁寧なレスありがとうございます。

>私は「信用創造システム全体の欠陥」などとは一言も述べてません。
これは、自分の言葉・認識至らずで申し訳ございません。
前後の文脈から、「信用創造(の仕組み)の欠陥」…っというか危うさを懸念されておいだなのかと思いましたが、スルガ銀行の例を出されてお出ででしたので、それはちょっと(例としては)違うのではないか?っと思った次第です。


>反論といわれてもね〜。
これも、言葉足らずでしたね...すみません。

ただの通りすがりさんは、国債発行の”元(BSの資産側)”として、政府の資産(⇐簿価・評価額があるという事は、”何かがある”と言う事ですよね)を置かれていることへの私の反論(政府のBSに資産側は存在しない=国債は政府の純負債である)に対し、ご反論はございますでしょうか?っと言う意味でした。


>上記のことは当然のことなので反論しようがありません(笑)
・・・なのですが、それをなぜ方々は誰も理解しようとしないのでしょうか...。


>例えばアベノミクスの失敗は、政府中央銀行(閉じた銀
行システム=貨幣・MBを生む)と市中金融機関の当座預
金という閉じたシステムの中だけで金融緩和をしていた
だけだから、宣言した時だけは株価も上がって景気回復
基調になったけど、結局政府が新規事業を行うなどして
市中にお金をほとんどばらまかなかったから、市中銀行
での信用創造も起きないし、極論すれば何も変化はしな
かったという事でしょう。

重要なお話なので、丸っとコピペをお赦し下さい。
もう↑のお言葉に全て含まれており、まったくもって仰せの通りだと思います。

人力さんは、政府中央銀行が「閉じた(銀行)システム」である事にどうしても理解が及ばないので、

>当座預金から引き出された資金の多くは、ゼロ金利下では手っ取り早く金利を稼ぐ為に資産市場に流入して・・・

などと阿呆な結論に至ってしまうのでしょう...困ったもんだ。

そもそも、”(中銀)当座預金を引き出す”ってどういう意味で言ってるんでしょうかね?(現金化?…現金もMBでっせ・銀行が直接投資?…現行法では違法だっせ ^^;)。

2022/1/11  10:12

投稿者:人力
メルカッツさん

私も危機はアメリカ発で起きると思います。日本はいつも巻き添え。

だからFRBの動向に市場は敏感になる。

オーバーナイトの様な超短期市場の金利が何らかの要因で跳ね上がる事に警戒が必要ですが、FRBも各中央銀行もここを上手くコントロールしています。

リーマンショックの時は超短期市場の金利に仕掛けがされていた。(金利操作がされた)

2022/1/11  10:06

投稿者:人力
777さん

フォローを有難うございます。

リーマンショック以降、或いはコロナショック以降世界の中央銀行は大量の国債や民間資産を購入してMBを急拡大させて来ました。

確かにゼロ金利下ではMBを拡大しても中央銀行の当座預金にブタ積みされやすいのですが、ECBみも日銀もマイナス金利政策を取っているので、当座預金から引き出される資金も多い。ただMBの拡大ペースが早いのでプラマイで当座預金が増える結果となると。

当座預金から引き出された資金の多くは、ゼロ金利下では手っ取り早く金利を稼ぐ為に資産市場に流入してここでインフレが先ず発生し、コモディテー市場(原油先物市場など)の上昇が物価を押し上げている。コロナで需要は低迷しているのにコモディテーの価格が上昇するのはオイルショックに似ています。

この循環はFRBの利上げや緩和縮小で容易に崩れますが、楽天的な方々は、市場が崩壊しても再び金融緩和を拡大すれば(あるいは現状よりも更に拡大すれば)金融システムはやがて正常化すると信じている。

私達は過度な金融緩和の結果、通貨の信用が失われる事や、貧富の
差が修復不可能な程拡大して社会が不安定化する事を心配していますが、インフレを長期的にはリバランスと捉える人達には、短期的なヒステリックなリスクは見え難い。

短期リスクやテールリスクを語ると「市場関係者」とのレッテルを貼られますが、既に私達の生活は市場に従属している。バブル崩壊を何度も経験して、その度に生活が苦しくなる経験や、さらには通過の歴史から我々は何を学ぶのか、コロナ以上の危機が目の前にぶら下がっている実感は一部の人にしか感じとれていないのかなー。

2022/1/11  6:26

投稿者:777
>777さんの22年に暴落とありますが、いつ
でしょう?

専門家の予測を転記しておきます:

ガンドラック氏: 次の株価暴落はドルの終わり
2022年1月10日

先週の記事でガンドラック氏は2022年の最大の懸念はFe
d(連邦準備制度)の利上げだと主張していた。

債券市場は景気後退のシグナルを十分に発している。20
23年までに景気後退入りをする可能性が高いと言ってい
る。

彼はアメリカ経済にとって危険水域となる利上げの回数
を具体的に挙げている。

たった4回利上げをするだけで景気後退の香りがそこら
中にし始めるだろう。今年中に景気後退入りする可能性
もゼロではない。それはFedがどれだけ利上げを強行す
るかによる。

金融市場は今年中に3回か4回の利上げを織り込んでいる
が、今後の物価上昇率によっては更に急激な利上げを強
いられる可能性もある。

利上げを行わずに緩和を続ければ、既に6%を超えている
アメリカの物価上昇率がトルコのように青
天井になってゆくだろうからである。

つまり、アメリカは株価が暴落することを承知で利上げ
を行わなければならなくなる。

利上げによって引き起こされる次の景気後退におい
て本当に危険なのは、ついにドルが暴落するだろうとい
うことである。

アメリカは財政という意味ではこれまでかなり好き勝手
にやってきた。量的緩和によって無尽蔵に紙幣を印刷
し、財政赤字と貿易赤字を垂れ流し、アメリカから資金
は流出し続けているのに、それでもドルは暴落しなかっ
た。

その理由は、放漫な財政
から為替レートの暴落までの間にはタイムラグが存在す
るからである。

インフレとは貨幣価値の下落である。それで何故ドルが
上がるのだろうか? 
インフレ率が6%だということは、ドルが6%減価したとい
うことである。

この上昇相場は転換するタイミングはいつか? 

転換点となるのは次の株価暴落と景気後退


次の景気後退で政府が経済を救済しようとするとき、そ
れがラクダの背骨を折る最後の藁になるだろう。それで
ドルは下落する。
https://www.globalmacroresearch.org/jp/archives/18
513

2022/1/11  6:09

投稿者:777
メルカッツさん
>777さんの22年に暴落とありますが、いつ
でしょう?

現在世界中で起きているインフレはコロナ対策の金融緩
和と財政出動が原因ではなく、ドル基軸体制・ペトロダ
ラーシステムの破綻とリーマンショック以降の金融緩和
が原因です。

MMT論者は全く理解できていませんが、ドルも円も紙幣
印刷から通貨暴落まで長期のタイムラグがあるのです。
つまり、紙幣印刷しても何も起きない期間が10年乃至20
年は続きます。

世界最大のヘッジファンドBridgewaterを運用するレ
イ・ダリオによれば、今の世界経済は新たなパラダイム
に突入しようとしている。彼はアメリカで物価が高騰し
た1970年代、その後デフレに転換した1980年代などこれ
までの様々なパラダイムを例示した上で、現在の状況を
次のように説明する。

現在のパラダイムは古典的なもののように思う。先行す
る覇権国(アメリカ)が自分の収入より多くのお金を使
っており、大量に紙幣印刷をして大量の税金を課してい
る。資産や価値観、政治観の大きな違いが国内の分裂を
引き起こし、台頭する新たな覇権国(中国)に追いつか
れかけている。

こうした状況は国が没落してゆく時によく起きることだ
ということである。量的緩和がリーマンショック後の新
たなトレンドだと思ったら大間違いである。例えば大英
帝国もその前のオランダ海洋帝国も没落する直前に同じ
ことをやった。

先進国の国民は消費税を含む税金で収入の半分以上が持
っていかれる状況に慣れているかもしれないが、しかし
それはその国が落ち目である時に起きるものである。例
えば政治家が票田に資金をばら撒くために政府予算を膨
張させていないスイスでは、日本やアメリカほどの税金
を払う必要がない。


多額の税金と没落してゆく国たち

国民の収入の半分以上を奪って何の役にも立たないオリ
ンピックの競技場のようなものを作っている訳だから、
そうした国の経済が沈んでゆくのは当たり前の話であ
る。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ