2022/1/13

マネタリーベースの拡大と投資マネー  時事/金融危機
 
■ 日銀の純粋な負債の通貨の価値はどうやって保たれるのか? ■

日銀の実施して来た量的緩和や異次元緩和は、「市場から国債や株式などの資産を購入によって、金融機関に強引に資金を供給し、実質金利を下げる政策」と一般的には理解されています。

量的緩和(異次元緩和)=マネタリーベース(MB)の拡大

マネタリーベース=日銀当座預金 + 現金


中央銀行は通貨の発行権を持っています。中央銀行が〇〇銀行の日銀当座預金に〇〇円と記載した時点で通貨が生まれます。

通貨 = 中央銀行の純粋な負債


ただし、中央銀行にいくら信用があると言っても、「純粋な負債」に信用があるとは思えません。以前は金兌換制度により「金が通貨の信用を支えて」いました。しかし、ニクソンショックによって金兌換制度が停止されて以来、通貨の信用は「国家の信用」が支えている事になっています。

何故ならば、中央銀行は勝手に通貨を発行するのでは無く、通貨発行に伴って応分の資産を購入しているからです。下は日銀の資産の内訳です。

クリックすると元のサイズで表示します


日銀の資産 = 国債 + 貸出金 + 民間債権

日銀の資産の中で、金額的に圧倒的に多いのは国債です。「国債=国の借用書」と捉えるならば、それに見合う資産が国になければ「通貨の信用」も損なわれます。

国家の資産 = 将来的な税収 + 国有資産(国有地やインフラ、対外債権など)

日銀の純粋な負債の「通貨」を支える資産が国債という「国家の債務」というと通貨に価値があるのか不安に思えて来ますが、「国家の債務」の担保は「将来的な税収と、国有資産」と考えれば通貨に価値が有る様にも思えて来ます。

これは日銀貸出金も同じで、貸出金に関しては無から有を作るが如く「純粋な日銀の負債」を民間金融機関を通じて「貸出」していますが、「借り手の信用」を資産と考える事も出来ます。

■ 通貨の価値を支えるのは「国の生産力」 ■

日本国政府の保有する米国債は事実上売る事が出来ませんし、国有地やインフラを大規模に売却する事も想像し難いので、「国家の資産」というのは便宜上の価値の裏付けと考えた方が良さそうです。

将来的な税収に関してはどうか・・・。例えば、空洞化が進み大手企業が海外に流出して、日本がサービス業だらけの国になって、国民の年収が下がった場合、税収はそれ程伸びるとは思えません。(これ現実的にそうなる可能性が高い)。一方で年金を始めとした福祉コストは増大するので、「財政赤字の拡大>税収」となる事は避けられません。

極端な話として、生産に携われない高齢者だけの国になったとして、税収はゼロで、福祉コストだけが発生するとします。成長力はゼロ以下ですから金利はゼロなので、当然国債金利もゼロ。この条件では、無限に国債を発行して通貨を発行出来ますが・・・こんな国の通過は国際的にはほぼ価値は有りませんから、為替は極端な円安になり、日本は輸入すら出来なくなります。

私は次の様に考えています。

通貨の価値 = 「国民の生産力(稼ぐ力)」

「生産力」とは、農業や業業などの一次産業や、鉱工業などの二次産業に限りません。アニメを制作して海外に売って外貨を稼ぐのも立派な生産です。(国内でアニオタが消費するのは・・・生産的とは言えません!)


■ マネタリーベースを増やすだけでは生産力は増えない ■

異次元緩和の理論的裏付けとなた「リフレ論」の目的は、「実質金利を下げて経済を活性化する」というものでした。これは「通貨が増えても、生産力が拡大すれば問題は無い」と言い換える事が出来ます。

しかし、結果的に異次元緩和でも日本経済は拡大しなかった。


そこで「量的緩和や異次元緩和で供給されたマネタリーベースは実体経済を刺激出来ない」という方が出て来た。(元々、「ブタ積」論は有りましたが)

マネタリーベース = 日銀当座預金 + 現金

「日銀当座預金は市中で使われるお金では無いので、実体経済に影響を与えない」とい主張です。これは勘違いです。


クリックすると元のサイズで表示します

上のグラフはマネタリーベースとマネーストックの推移です。

マネーストック = 国全体にある通貨の量 = 日銀の発行した通貨 + 民間の発行した通貨

上のグラフで衝撃的なのは、異次元緩和で日銀が通貨(マネタリーベース)を増やしている額よりも、マネーストックの増加額が少ない事です。日銀がマネタリーベースを増やしても、民間の信用創造が減少している・・・。

■ 異次元緩和は、民間投資をクラウディングアウトした ■

異次元緩和の結果だけを簡潔に書くと・・・

1)日銀がマネタリーベースを拡大する一方で民間金融機関は貸し出しを減らした

2)日銀がマネタリーベースを増やして供給した資金が海外に流出した



この二つが同時進行していると考えられます。

金融緩和は調達金利をゼロにする事で金融機関のリスクテイクのハードルを下げようとしますが、社債市場が発達した現在では、大企業は社債市場で低金利の恩恵を享受するだけとなった。一方、金融機関からお金を借りようとするのは、リスクの高い企業ばかりになったので、結果的に金利をゼロに張り付ける異次元緩和は、金融機関を間接金融の世界からクラウディングアウトする結果となった。


■ 異次元緩和は、海外への資金流出を生んだ ■

クリックすると元のサイズで表示します


上のグラフは日本の海外資産の推移です。特徴的なのは「直接投資」が増えている事。これは企業などが海外で製造設備を作るなどして行う投資です。リーマンショック後も大手企業などは業績を拡大していますが、国内で金利の安い資金を調達して、海外の生産設備などに投資しているのです。問題なのは、その利益を国内に還流しない為、企業業績は好調でも、国内の景気に対して影響を与えません。

又、海外直接投資の中には金融機関や一般企業のM&Aなどの資金や、海外企業への資本参加、不動産取得なども含まれます。日本国内での成長に限界がある企業が業績を伸ばす為には、海外企業の買収などが手っ取り早いのですが、日本郵政のオーストラリアの物流会社買収など失敗する例も多い。金融機関や証券会社も海外法人を盛んに買収していますが、これも失敗が多い。


■ 米国債保有額は増えているが、海外証券投資はそれ程増えていない ■

意外なのは、証券投資がそれ程増えていない事。リーマンショック後の円高の時期には、強い円を背景に証券投資が増えていたのですが、異次元緩和以降は円安によって減少気味に推移しています。為替差損を考慮すると、リスクヘッジ後の利幅が少ないのがその原因だと思われますが、一方でハイリスク・ハイリターンの証券への投資が増えている点には注意が必要でしょう。CLO(ローン担保証券)や、ジャンク債などは日本の金融機関がメインのプレーヤーでした。


クリックすると元のサイズで表示します

海外証券投資が伸びていない中で、米国債に限っては、その保有額は増加し続けています。これは異次元緩和の効果とも言えます。

1)日銀が国債を買い入れる
2)国債金利がゼロになる
3)日銀当座預金の金利もゼロ又はマイナスにする
4)金融機関は日銀に国債を売却した資金を、金利の取れる米国債に投資する


■ 日銀当座預金は取り崩されて海外資産に変わった ■

ここで「金融機関が日銀に国債を売却しても、日銀当座預金の残高が増えるだけで民間で使えるお金は増えない」というトンチンカンな事を言う人も居ます。

日銀当座預金の残高は確かに増えていますが、金融機関の日銀当座預金の額は絶えず変動します。当然、金融機関は日銀当座預金を取り崩して、その資金を運用する事が可能です。マイナス金利が掛かる日銀当座預金にブタ積する事はナンセンスですし、マイナス金利政策の目的が日銀当座預金からの資金流出なのですから。

そもそも、過去の日銀の金融調節機構というのは、日銀当座預金の金利操作によって行われていました。インフレ率が高まった場合は、日銀当座預金の金利を上げて市場から資金を吸収し、景気が低迷したら金利を下げて日銀当座預金の資金を市中に放出させた。


クリックすると元のサイズで表示します

上のグラフは産経新聞の悪意のあるグラフで、日銀が増やしたマネーが中国に流れていると曲解させるものですが、中国の対外債務を無視すれば、日銀が2012年以降拡大した通貨に相当する額が、ほぼ海外金融債権に置き換わっている事が分かります。

半分は邦銀が直接米国債などを購入した資金ですが、半分は邦銀が国債融資をした額です。海外の金融機関や投資ファンドなどに邦銀が融資している。


■ 日本の異次元緩和はブタ積と、海外投資を増やしただけ ■

MMT派の方々は、ゼロ金利の環境下では、国債を発行しても、日銀が国債を購入してマネタリーベースが膨らむだけだから問題は無いと言います。

しかし、異次元緩和で供給されたマネーは、日銀当座預金から引き出されて、確実に海外に流出しています。(日本のマネーストックは微増)そして、米国債を買い支えたり、怪しい金融商品に投資されています。全ては、日本の金利がゼロになってしまったからです。

そして、FRBの供給したマネーも、ECBの供給したマネーも等しく資産市場に流入して、バブルを成長させています。

世の中には様々なジレンマやトリレンマが存在します。先進国が成長の限界を迎える時点で、中央銀行の金融調節機能は非効率なものになっていた。そして、それは1970年代には既に始まっていたのかも知れません。

そして、現行の中央銀行制度の限界が訪れようとしているのでしょう。だからグレートリセットが必要とされるのでしょう。


16

2022/1/26  9:14

投稿者:人力
メルカッツさん

MMT派の方と議論すると、「お金とは何かという根本が間違えています」とふっかけられるので、ついつい本質を外れた議論になってしまいます。

ただ、普段は感覚的になんと無く理解した気になっている事を調べ直す機会になるので無駄では無いと思っています。

「良し悪し」で言うならば金融緩和が私達の資産を無価値化する、或いは将来的インフレで資産を目減りさせると言う点では悪。一方で高齢者を含め私達の生活をどうにか維持する事に役立っていると言う意味においては「善」と言えます。

問題は「ジレンマ」にあり、成長力ので落ちた経済で平等をある程度保とうとした結果、市場の崩壊などを引き起こして結果がもっと悪くなる。

一方でグローバルに考えれば通貨システムも金融システムも先進国から資金を新興国に移転して、その対価を金利として先進国が受け取ると言った意味においてはWin-Winの関係とも言えます。(利益の多くは富裕層に集中しますが)

私はベーシックインカムを否定しませんが、現在の通貨システムでは、多くの資金が富裕層に収束すると考えています。

生活の為のマネーと、投資や投機の為のマネーを切り離す方法が有れば、それが最適なシステムでは無いかと考えています。

最も資本主義派誰かから奪う事で成立し、社会主義は平等ゆえの怠惰に支配されるので、従来のシステムでは達成は難しい。

私は「より良い独裁」に理解があるので、このブログは世界の経営者に批判的では有りません。

彼らがコロナウイルスとワクチンで人口抑制を企てていても、私達が自発的に高齢者医療を抑制して寿命を制限出来ない限り、人口抑制を悪とは断じ切れない。

人力でgoは「陰謀論の神学」を目指しています。「世界の経営者が何を考え、何をしようとしているのか」を妄想するブログです。

2022/1/25  22:05

投稿者:メルカッツ
レスの中に人力さんの主張を発見

「 問題は信用創造が実体経済の拡大によって
  人々の生活の向上に寄与するのかどうかでは無いで
しょうか? 」

ということですよね。
その観点で日銀資産を多角的に診た時の善し悪しを、
じつは語るべく仕向けると、
人力さんが望む疑問の回答や本質的背景が集まるので
は?という気が

金利をつけない日本、誰の何のためになってるんです
か?
それは庶民の敵ですよね?潰してみるべきは国家だった
りしませんか?

郵貯の金利もつまるところは米国債頼み。為替で消えま
すよね。
庶民の預貯金なんかはカスですから、国家にとってはど
うでもいいのでしょうけど。

いいんですかこんな日本で。
という議論に本来はなっていってもいい今回のスレな気
もしましたが

2019年→20年で為替も円高。23%増でなく3
0%増。
国家財政は資産分の負債が増えた格好でしょうけど。
日銀は見た目は巧く資産を減らさなかっただけで、
日銀から抜いた銀行は果たして、外国資産で利ザヤ獲れ
たんでしょうか?
それは預金として充分庶民に還元されたのでしょうか?
否ですよね…、30年前に潰すされるべき金融機関が吸
っているだけですよね。

2022/1/25  21:50

投稿者:メルカッツ
実も蓋も無い議論な感じで

日銀が円資産を増やすのは、総論、結局、
善いんですか?悪いんですか?

それをまず議論しむけないと議論そのものが何の意味有
りますか?

銀行を救うためのオペが、庶民のためなんですかねぇ?

日銀は最終的に国家破綻した時点で、極論、国有銀行で
すよね。
勝手にお金を刷るわけですから。

日銀の資産と国家負債を両方、比較しつつ語る必要あり
ませんか?
体のいい財務省のまわしものの記載のような気が。

まだらっこしいオペの話しも、もう少し端的にわかりや
すくして欲しい。
コマゴマと書いてみても、

要は日本は押し負けてるんですよね。
何故、というところだったり、
銀行、やはりバブルの頃に潰してしまう必要あったよ
ね、
とかの根本議論にいくべき感。

外貨ありきの日本の立ち位置、日銀資産だけ語る意味を
聞きたいところ。

ブタ積と言うのが問題なら、日銀が円資産を増やすのは
悪い。ですよね?
善し悪しを整理してスレ立てるべきな感。
で、その上で、得意の陰謀論をロジカルに語ってみて欲
しいなぁ。
意外とそれが、今の日本の闇、米国の闇を浮かび上がら
せる。
そんなブログですよねぇここは。

MMTがどんなに優秀でも、中国韓国の血税投入には屁
のカッパかと。

2022/1/23  18:56

投稿者:鍛冶屋。
教えて 人力さん (「金融」疑問・考察)。

人力さんの仰る”「日銀当座預金」を引き出す”ロジックを、自分なりに考えて見ました。

1,「ヘッジファンドなど(以降「外資」)」は、日銀に外債を差し入れ「日銀当座預金(以降「日当預」)を発行(=信用創造)してもらいます。この取引で、日銀ネット内の「日当預(MB)」が増えました。

    日銀のBS
----------------------------
貸付金(担保=外債)│日当預(借受金)

            外資のBS
          -----------------------
          日当預│借受金(担保=外債)


2,外資は「日当預」を市中銀行に差し入れます。
銀行は外資の口座宛に「預金通貨」を発行(日当預⇐交換⇛預金通貨)します。
銀行は「日当預」が増え、外資に対して「借受金(預金通貨=銀行の負債)」が発生しましたが、この「預金通貨」は日銀の発行した「日当預(MB)」と交換しただけですので、厳密には「通貨(MS)」が増えたとは言えません(⇐※要検討?)。

  銀行のBS
-----------------
日当預│預金(借受金)

     外資のBS
    -----------------------
    預金│借受金(担保=日当預)

これで、外資は「外債」を「お金(預金通貨)」に交換できましたので、外資はこの「お金(¥)」を現金で引き出そうが何処かに振り込もうが、”好き”(投機なり外貨変換なんなり)に使えます。

しかし、このあと外資がその得た「¥」を使って新たな債権を買った(投機した)としても、それは結局
”手持ちの「資産(差し入れた外債)」と新たな「資産(それも外債?)」”
を交換したに過ぎないのでは?。
そも、「安い円」で「高い外貨(外債)」を買ったら「損」じゃないの?。

人力さん、↑の考え方はどこが間違ってますでしょうか?。
もし↑が合ってるなら、いったいこの取引(”手持資産を差し入れて、日銀当座預金を引き出す”こと)にどの様な意味があるのでしょう?。

うぅ〜ん分からん!疑問が疑問を呼ぶ...、是非お答えを教えて下さい(_ _)。

2022/1/23  14:00

投稿者:鍛冶屋。
教えて人力さん(「金融」疑問シリーズ3)。

>日銀当座預金で供給された「円」はヘッジファンドなどが引き出して…

前々前々…からお聞きしていますが、人力さんの仰る(お考えになっている)
”「日銀当座預金」を引き出す”とは、如何なる意味(行為)なのでしょうか?。

それは、我々が自身の「預金通貨」を銀行から「現金」で引き出して買物に供するっと同じ意味合い(行為)なのでしょうか?。

それ(現金で引き出した?)が「事実」であると、どうやって確認できる(できた)のでしょうか?。

人力さんの話を聞けば聞くほど疑問が湧く...、「金融」はホント分からんです。

2022/1/23  12:40

投稿者:鍛冶屋。
教えて 人力さん!。

「金融」疑問シリーズです^^;)。


>当時の日銀スキームは、円高対策として、国内外の銀行、海外の投資銀行やヘッジファンドに、国債、米国債、その他資産を担保にして円を貸し出すという物でした。異次元化緩和の前段階とも言えます。

額面$100の債権を担保に、¥70/$のとき貸し出せる「¥」は¥7,000です。
円安が進み¥100/$になったら、¥7,000は$70の債権「$(貨)」にしか戻せません。
これは見方を変えれば、当時日銀は…”「高い円」を「安い外貨」”に押し付けていたとも言えます。
$30(¥3,000)は、日銀丸儲けなのでしょうか?。


>金利の安い円で…
>>日銀が「外債」を直接引き受けて「円(日銀当座預金)」を発行(貸出す)…

A銀行は、鍛冶屋が保有している
B銀行発行の定期預金(金利5% 夢!)」をA銀行に差し入れ(預入)させ、
A銀行の「普通預金(金利1% 夢^^;)」したってことですよね。

          ↓ A銀行のBSは

    資産          負債
------------------------------------------------------
B銀行の定期預金(+5%)│A銀行(自身発行)の普通預金(-1%)

これって…A銀行の(※為替差がなければ)丸儲けでは?。



----------------------------------------
>返済時に円安になるので、利益は更に拡大しました。
だとしても、日銀は「円」で貸して「円」で返済を受けるわけですから、”貸し倒れ”が起きない限り別に日銀が損をする(なんらかの負債を負う)わけでなないですよね?。


「金融」は分からん...疑問が湧いて出ます。

2022/1/23  10:50

投稿者:鍛冶屋。
人力さん。


つらつらと思いついた(疑問に思った)事を書いてしまい申し訳ない(できたら、自分のコメはまとめて下さい)。

日銀が「外債」を直接引き受けて「円(日銀当座預金)」を発行しているってことは、日銀は”金利の高い”外債を買って、”金利の安い”円を売ってるってことですよね。
そしてその「円を買った者」は、またその”「円」で「外貨・外債」を買う”と…⇐これで合ってますでしょうか?。

あっ前の前のコメx2は、最後に宣言してるように「円安云々…」とは関係ありませんので、MMTがどうだとかは言ってませんので、どうか誤解なきように。

2022/1/23  10:35

投稿者:鍛冶屋。
人力さん。

言葉足らずでした…

>>”高い金利”を払っている(くれる)のは誰ですか?。
は、純粋に質問です^^)。

2022/1/23  10:29

投稿者:鍛冶屋。
人力さん。

「キャリートレード」のお話(外債に直接投機とかできるの? などなど)、自分は市場無関係者ですのでそこら辺(コールがどうとか)かなり怪しく^^;)、とても勉強になりました。

ではその日銀ネット参加者(その者が直接投機をしているなら)は、「資産」として「円(日銀当座預金)」を持ち、「負債」として「$貨幣など」を持っているってことになりなすね。

つまり、その者は金利の安い「円(日銀当座預金)」を借りて、金利の高い「$貨幣など」持つわけですが、ではその”高い金利”を払っている(くれる)のは誰ですか?。

日銀は、貸付た額の「円(日銀当座預金)」とその金利分しか負債を負っていませんよ。

2022/1/23  9:49

投稿者:人力
鍛冶屋。さん

当時の日銀スキームは、円高対策として、国内外の銀行、海外の投資銀行やヘッジファンドに、国債、米国債、その他資産を担保にして円を貸し出すという物でした。異次元化緩和の前段階とも言えます。

日銀はこのオペレーションで供給された資金が「円キャリートレード」で外為市場でドルに交換され米国債などの投資に向かう事を目的にしていました。

日銀がそう説明ぢているのだから、否定しようが無いかと思います。

日銀は米国債をも担保として認めています。

日銀当座預金で供給された「円」はヘッジファンドなどが引き出して、外為市場でドルに変えて、米国債やデリバティブ投資日銀資金が流れていた。

これ以上でもコレ以下でも無い。

ヘッジファンドなどは日銀に返済義務を負いますが、低利の日銀資金を海外市場で運用する事で大きな利鞘が稼げています。そして、返済時に円安になるので、利益は更に拡大しました。

コレ、主流派とかMMTに関係なく金融実務で実際に起きた事です。

海外金融機関はコール市場などで十分低利も円を調達出来ますが日銀が供給した資金は更に金利が低かったのでしょう。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ