2022/1/28

市場は利上げに耐えられるか・・むしろFRBが耐えられるかどうか  時事/金融危機
 

■ 3月利上げに反応した市場 ■

至極当たり前の反応として、FRBが3月利上げを示唆した事で市場は下落しています。


ただ利上げは市場も有る程度織り込んでいたので、過剰リスクの部分の調整をしているだけだと私は認識しています。このまま市場が崩壊うる事は無い。

■ 逆イールドは危険 ■

投資は安い短期金利で借りたお金を、高い金利の長期投資で運用して儲けを出す行為と言えます。経済が拡大すると市場が予測する時、短期金利よりも長期金利が高くなります。

しかし、将来的な景気悪化を市場が予測する時は、長期金利が下がります。短期金利と長期金利の差が小さくなる事を「フラット化」と言います。

さらに市場が短期的なリスクに敏感になり、そのリスクが長期的な経済の重しとなると判断すると、短期金利が長期金利より高くなる「逆イールド」が発生します。

長短金利差の目安とされるのは米国債の2年ものと10年物の金利差ですが、現在はこれが0.5まで下がっており、かなり金利はフラット化が進んでいます。

長短の金利差で利益を出す市場は、金利のフラット化や逆イールド化での状況で利益を出し難くなります。ですから、市場の縮小が予測されるので、リスクの大きな投資から手仕舞いが始まる。

■ ゴールドマンサックスは仕込みを終えた? ■

ゴールドマンサックスのジョン・ウォルドロン社長兼最高執行責任者(COO)は年金関係者との電話会議で「ここ2年間中央銀行の独立性は損なわれていた」と発言したと伝えられています。

これはインフレ率が上昇しているのにFRBが緩和規模を縮小しなかった事に関する苦言の様に受け取られていると思いますが、私には「俺たちは仕込みを終えたから、そろそろFRBに利上げしてもらわないとな」と言っている様に聞こえる。

■ 崩壊市場で稼ぎを出す ■

素人は上昇市場では儲かりますが、市場の下落時に稼ぎを出せる人は少ない。基本的には空売りポジションを持っている事がカギとなりますが、市場が強気の時には、相場はなかなか下落しません。

「そろそろ」だろうと、ショートを積み上げたのに下落幅がイマイチだった・・・そんな事は日常茶飯事。実際にはロングとショートのポジションをある程度持つ事でリスクヘッジにはなりますが、利益もその分減る事になります。

市場崩壊のタイミングを掴む事は難しいので、市場が崩壊する時にショートポジションを大きく取って大儲けする事は普通は難しい。しかし、リーマンショック時にゴールドマンサックスはこれをやってのけた。

世界の多くの投資家や投資銀行が崩壊する市場で阿鼻驚嘆状態となる中で、ゴールドマンサックスだけが涼しい顔をしていた。彼らは事前にMBSや下落する金融商品を手放していたし、空売りポジションを膨らめていた。

アメリカの投資銀行が全て債務超過で、商業銀行に吸収される事で政府の資本注入を受けていた時、ゴールドマンサックスだけは資本注入無しで耐え抜いた。そしてリスクを取り続けて大儲けをした。

■ 素人相場はそろそろ終わる ■

金融緩和が継続する時は、中期的には市場価格は上昇を続けるので、年金など動きの遅い資金でも利益が出ます。これは素人の投資でも儲かるボーナス期間。

しかし、一旦市場が下落に転じると、動きの遅い資金は「カモ」になります。知らない間にショートのポジションを積み上げられているからです。

2018年の夏には既にリーマンショック後のバブルは終焉しかけていました。ジャンク債市場やCLO(ローン担保証券)などのリスクの高い試乗から資金が逃げ出し、これらに多くの資金を投入していた日本の金融機関は蒼ざめた。

この時はFRBが市場の圧力に負けて、テーパリングを停止したので事無きを得ますが、それも一時しのぎに過ぎない事は市場も理解していました。2020年頃には市場は再び下落すると予測する人は多かった。しかし、コロナバブルがこれを救います。

しかし、アメリカのインフレ率の上層は、コロナバブルが維持不可能である事を告げています。アメリカのインフレ率の統計にはガソリン価格は含まれませんから、庶民のインフレ実感は数字よりも高いものがあるでしょう。

利上げが実行されれば、市場では様々な思いが交錯します。値動きが激しい状態がしばらく続くと思いますが、ここから素人が利益を出すのは難しい。むしろ、手仕舞いする方が賢明です。

■ 問題は解約出来ない資金 ■

このブログをお読みになられている方は、ここまでの説明など不要な方達ですから、問題は無いと思います。

しかし、自分の親のお金がどうなっているか把握されている方は少ないのではないか・・・。証券会社に変な金融商品を買わされていないか・・・ソフトンバンクの社債を買っていないか・・・ペイオフ対策はされているか・・・。


■ FRBの独立性?は保たれるのか ■

ゴールドマンサックスはFRBは政府や市場圧力に屈する事無く、粛々と利上げをすべ来たと圧力を掛けていますが、市場の大方の勢力は逆でしょう。FRBの利上げ発言に過剰に反応する事で、FRBに利上げを思い止まらせようとする・・・。

どちらがリアリストか・・・。

さてさて、この様な状況の中で、何かと影の薄いパウエル議長は、毅然と利上げを続ける事が出来るのか?

13

2022/2/1  6:24

投稿者:777
日本政府の莫大な借金にもかかわらず日本円が暴落しな
いのは、対外的には負債ではなく資産を持っているから
である。

言うまでもなくこの資産は高度経済成長期の産物であ
り、この対外資産は利子などの形で外貨を稼ぎ、日本の
経常収支を押し上げている。
だがこの資産はどんどん使われてゆくだろう。家計の持
つ資産の多くは高齢者が持つものであり、その大部分は
相続税という形で日本政府が徴収し、日本政府はそのお
金を好き勝手に使うだろう。資産保有者の高齢者への偏
りを考えれば、日本に経常収支をもたらしていた資産は
20年もすればかなり減っているはずだ。

つまり現状では政府債務が膨大でも対外資産があれば日
本円はそれほど下落しなかったものが、20年ほどで莫大
な政府債務と対外負債をかかえる国になる。
日本円はまだ無事である。しかし政府債務が167%の状態
で高度経済成長期の遺産を食い潰したあと日本がどうな
るか、MMT論者には考えてほしい。

しかし東京オリンピックとGO TOトラベルにもかかわら
ず自民党を再選させた日本人には何を言っても無駄だろ
う。日本国民は殴られても次の日には忘れている民族で
ある。

アメリカの株価が暴落してもアメリカのインフレが高止
まりしていた場合、金融引き締めをそれでも継続するか
もしれない。そうなれば、アメリカの株式市場の下げ幅
は2018年の20%ではなく、以前アメリカが物価高騰で金
融引き締めを止められなかった1970年代の60%下落にな
りかねない。


ちなみにこの場合ドル円も下落するので、米国株を為替
ヘッジなしで買っている日本の投資家は株安とドル安で
本当に死ぬことになる。

超円高で債務超過になった日本の銀行と企業の株はすべ
て外資に乗っ取られる事になる。

2022/1/31  14:08

投稿者:一ブログ読者
日本の消費者物価指数は、菅政権下で行われた携帯料金
の引き下げがなければすでに2%近い値だそうで、歴史的
な円安(実質実効)と併せて考えると我が国の状況も気
になるところです。
FRBの利上げに耐えられないのは日銀と日本市場だった
りして……物価が上がって円が下落したら出口戦略をや
るしかないのですが、耐えられるとは思えない。

2022/1/30  19:23

投稿者:人力
鍛冶屋。さん

暫くこのネタはお休みです。それに、先日、華麗にグットバイしてなかった?(なので、コメントの公開は暫くお休み)

金利が上がり始めて物価も上がってきたのでいずれにせよ、結果はもう直ぐ出ると思うので、その時に又、このネタで盛りががりましょう。

2022/1/29  21:33

投稿者:777
Fedは利上げと量的引き締め(バランスシート縮小)を
行おうとしている。株価が暴落しても、インフレが続く
限り、金融引き締めを強要され続ける。
これは1980年代のレーガノミクスから始まった金融緩和
依存の時代の終わりである。これまでは金利を下げ、紙
幣を印刷することによって経済を一時的に浮揚させるこ
とが出来た。1945年の終戦から40年近くかけて上昇した
金利が、40年かけて下落し、それが再び上昇しようとし
ている。
低金利の時代は終わる。そうしなければ物価が高騰し、
人々は日用品を買えなくなるだろう。

これは40年もの間金利低下に依存し、借金によって自分
が生産するよりも多くを消費してきた社会のツケを少な
くとも今後10年の経済恐慌によって支払ってゆくという
ことである。

金融緩和で無理矢理経済を支えれば、バブル崩壊と経済
恐慌という形でツケを後で払うようになる。
市場で価格を恣意的にコントロールすれば、ものが不足
したり、資源が無駄遣いされたり、消費者が本当に求め
るものに投資がされなくなってしまう。
日銀がイールドカーブコントロール、つまり国債の金利
と価格に制限を付けているように、量的緩和とは国債市
場を恣意的に操作することである。
恣意的に操作された低金利によって、金利が高いままで
あれば借金の借り換えができずに潰れていたゾンビ企業
が延命され、不要なものやサービスを作り続ける。それ
らは当然売れないので価格が下がってゆく。

それが1980年から40年続いたデフレと低成長の原因であ
る。人々はそれをより良い製品を作ることによってでは
なく、緩和に依存することによって解決しようとした。
それでますます低成長が酷くなり、コロナがきっかけで
現金給付という禁忌に手を出すことになり、深刻なデフ
レは深刻なインフレと入れ替わり、低金利の時代が終わ
る。

2022/1/29  16:28

投稿者:人力
通りがかり さん

コメント欄がイッパイで私も流れを追えなくなっていましたが、私的には何となく理解したので、荒れそうなMMT絡みのネタは無しの方向にします。

超過準備が日銀当座預金に積み上がった状況では、銀行は超過準備が準備預金になるまで信用創造を拡大出来るので、あたかも民間の信用創造は無からお金が生まれる様に見えます。しかし、民間の信用創造は返済で消えてしまうので、何だか不思議なシステムです。

バブル崩壊時に政府は7兆円だったか、9兆円だったか忘れましたが資本注入をしました。

銀行は国債を粛々と買ってリスクフリーで金利を確保し、粛々と政府に返済をした。量的緩和以降は日銀当座預金の利付けで、細々と稼いでいた。

これも何だか不思議な感じがします。

2022/1/28  23:40

投稿者:通りがかり
1/24(月)の記事にコメントし、その後仕事でしばらく来られず再訪したら、コメント欄が訳わからなくなっていたので、こちらにコメントさせて頂きます。
なぜか私宛になっているので、その点で1つだけ(人力さんが、「それは私です!」と指摘していますが)

>銀行の「資産」額に依存せず、実質市中銀行は何も負担なくとも(たとえ「資産0」でも)「国債」を得る事が出来るということになります。

ではなぜ、銀行の体力という言葉があったり、拓銀や足利銀行は破綻したのか? あまりの暴論に頭痛が…。
というのも私の興味対象の1つに廃墟があって(さすがに不法侵入はせず、外から眺めるだけですが)、最近鬼怒川温泉がネットで取り上げられているのを見ましたが、この温泉街がここまで廃墟だらけになった原因が足利銀行の破綻ですからね。

あと、ここの読者は皆さんご存じと思いますが、バブル後に銀行救済のために投入された公的資金は、再建後国に返済しなくてはならないですからね(それがうまく行ってない新生銀行は、TOBされて大荒れでした)
まさか、銀行は公的資金投入されてウハウハ…と思ってたりして?

2022/1/28  10:44

投稿者:777
アメリカ、2018年の株価暴落を引き起こした量的引き締
めを発表

今回発表されたのは「バランスシート縮小」である。つ
まり中央銀行が保有する債券の量を減らすことで市場か
ら資金を吸い上げる量的引き締め政策なのである。

量的引き締めが最後に行われたのは2017年の秋で、これ
は結局2018年終盤の世界同時株安を引き起こすまで続い
た。

当時の株式市場は量的引き締めが開始されてから4ヶ月
後の2018年1月末に一度下落し、そこから再上昇してか
ら2018年終盤に大きく下落した。

当時は結局Fedのパウエル議長が金融引き締めを撤回し
たから株価は戻ったのだが、今回は金融引き締めを
撤回できない理由がある。インフレである。

日本の3倍以上の規模で行われた現金給付と化石燃料の
供給を無理に減らす脱炭素政策によって、アメリカのイ
ンフレ率は7.1%に達している。

前回の量的引き締めでは開始から4ヶ月で株価の下落が
始まった。では今回の量的引き締めはいつから始まるの
だろうか? 例の「バランスシート縮小の原則」には次
のように書かれている。

バランスシートの縮小は政策金利を上げるプロセスが開
始された後に始まると予想している。

上記のように利上げは3月に始まるから、量的引き締め
は早ければ春には開始されるというシグナルをFedは送
っているわけである。

金融引き締めと株価の今後

前回の量的引き締めがトランプ政権の強力な経済政策で
かなり強かった市場経済を4ヶ月で屈服させ始めたこと
を考えれば、コロナで弱体化している今の経済では株価
は今年の半ばまでも持たないということはほぼ間違いが
ないだろう。それが春の量的引き締め開始が意味するこ
とである。



パウエル氏は金融引き締めをずっと躊躇っていた。物価
がどんどん高騰していたにもかかわらず、特に根拠もな
く「インフレは一時的」だと言い張っていた。




株式市場の下げ幅は2018年の20%ではなく、以前アメリ
カが物価高騰で金融引き締めを止められなかった1970年
代の60%下落になりかねない。


ちなみにこの場合ドル円も下落するので、米国株を為替
ヘッジなしで買っている日本の投資家は株安とドル安で
本当に死ぬことになる。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ