2022/4/6

一番不可解なロシア・・・敢えて悪役を演じる  時事/金融危機
 
少々忙しいので、しばらくコメントの返信が出来ませんが、コメントは気付き次第公開いたします。皆さま、筆を振るって下さい。


本日も短い記事で・・・


今回のウクライナ侵攻の不可解な点はロシアやプーチンに利が少ない事。


確かにウクライナがNATOに加盟してNATO軍がウクライナに駐留したり、アメリカの核ミサイルが配備される事は、ロシアの安全保障上あってはならない事ですが、ロシアが戦争に踏み切る理由としては少し弱い。

確かにロシアとウクライナは国境を接しているが、既にNATOに加盟しているバルト三国も同様で、モスクワとの距離も大差はありません。ロシアがカリーニングラード州を保有しているので、いざ戦争となればバルト三国は孤立するので、ウクライナ程の脅威では無いとしても、ミサイルの脅威という点では大差は無い。

更に不可解なのは、マリウポリにフリーのジャーナリストが入って、アゾフ連帯(ネオナチ)がウクライナ人を攻撃しているという情報や、ロシア軍捕虜の足を打ち抜くなどのリアルな映像を配信しているのに、当のロシアは「ウクライナの情報はフェイクだ」と言うばかりで、アゾフの悪行の決定的な情報を出していない。

ブチャの虐殺は、ロシア軍が3/30日に計画的に撤退した後に、4/2にアゾフが現地入りして、色々仕込んだのでしょうが(親ロ派の住人を虐殺したり、「生きた死体」を並べて撮影したり)、ロシア軍は撤退前の街の映像を記録しているハズですから、これに反論が充分可能です。


しかし、ロシア軍もプーチンも、具体的な反論をせずに「ウクライナの作った映像だ」などと非難するだけです。国連の緊急安保理の開催を要求して、国連がブチャを調査すべきとしていますが、これは常任理事国のイギリスが反対して実現しませんでした。尤も、充分にイギリスやアメリカの反対は予想出来ます。


そう考えると今回のウクライナ侵攻でプーチンとロシアは敢えて悪役を演じている様にしか見えません。



では、その目的は何か


1)原油価格の引き上げ
2)原油やガスの決済通貨としてルーブルを認めさせる(ドル離れ)
3)世界的なインフレ率の意図的な引き上げ
4)ヨーロッパへの経済攻撃
5)第二の冷戦構造の構築



バイデンが役不足なので、この戦争の始めから、バイデンの言葉に緊迫感が有りません。結構、口汚くロシアやプーチンを挑発していますが、演技めいたものを感じてしまいます。


筋書き的には、「アメリカが挑発して、ロシアがそれに乗ってしまった」という形ですが、どうもここに至るまでの蓋然性が薄い気がしてなりません。お互い、申し合わせて戦争を始めた様に見える。

実際にアメリカはヨーロッパ諸国にロシアからの石油やガスの輸入を禁じる一方で、自国は一日10万バレルの原油をロシアから輸入し続けています。鉱石性の肥料などの輸入も続いている。


私はアメリカとロシアが対立しているという「分かり易い構造」に魅力を感じないので、「世界は裏ではズブズブの関係」と妄想していますが、その視点から今回のウクライナ侵攻を眺めると、「インフレを決定付ける」事と、「新たな冷戦対立を作る」事が、今回の戦争の目的だと思えて仕方ありません。


「インフレ率の上昇」は、現在の金融システムや経済システム、或いは通貨システムを破壊する為の道具。

「敵の存在」は経済的に混乱した世の中で、国民の目を敵に向けさせる道具。



過去に何度も使われている手では有りますが、それだけに効果は確実なのでは無いでしょうか?

21

2022/5/15  12:02

投稿者:777
ウクライナの内情に関して、フランスの退役軍人で狙撃
兵だったエイドリアン・ブケー(Adrien Bocquet)も興味
深い発言を述べていた。彼はボランティア兵としてウク
ライナへ赴き、ロシア軍と闘うつもりだったが、ウクラ
イナ軍の実態を目の当たりにしてショックを受けたとい
う。彼は西側の報道とはかなり違った現状を目撃したそ
うだ。5月10日、彼はフランスのラジオ番組である「Sud
Radio」に出演し、ウクライナ軍による戦争犯罪につい
て語っていた。

  例えば、ウクライナにはアゾフ連隊のようなネオナ
チどもがウヨウヨいて、彼らはロシア兵を捕らえると跪
くよう命じ、その後、銃で後頭部を撃ち抜くそうだ。し
かも、この処刑ではロシア軍の将校にもお呼び、階級が
高い軍人でも一兵卒のように殺されていたという。さら
に驚くのは、ブチャでの虐殺事件だ。ブケー氏によれ
ば、路上に倒れていた死体は、別の場所から運んできた
遺体であったという。つまり、凄惨な虐殺現場を演出す
るために、どこで見つけていたのか判らぬ死体を置いて
いた、というのだ。

  戦時下での「虐殺」というのは検証が難しく、発見
して直ぐに容疑者を「犯人」と決めつけるのは危険であ
る。死因の特定なら検視官による解剖で判明するが、事
件の全体像ともなれば話は別だ。誰がどんな状況で殺し
たのかを特定するのは、かなりの時間を要するし、綿密
な捜査も必要となる。例えば、ウクライナ人女性を強姦
した者と殺害した者が同一人物とは限らないし、検出さ
れた精子を特定するのも難しい。仮に犯人のDNAが判っ
ても、誰のDNAと照合したらいいのか? また、AK-47の弾
丸が遺体から摘出されても、誰の銃が使われ、所有者か
それ以外の者による発射なのかは判らない。たとえ、衛
星画像で殺人鬼の姿が映っていても、その犯人が正体不
明の傭兵なら特定は難しいし、既に国外へ逃亡している
可能性もある。第一、傭兵部隊のスポンサーや依頼主が
謎だらけなので、虐殺の責任追及は非常に困難だ。

  そう言えば、西側の主要メディアは、いつの間にか
ブチャでの「戦争犯罪」を報道しなくなった。あれほど
騒いでいたのに、急に沈黙するなんておかしい。どんな
調査が進んでいるのか、ぜひとも日テレに報道してもら
いたいものだ。

http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/6889732
4.html

2022/4/25  6:54

投稿者:777
東部ドンバス地域ではウクライナの攻撃は続いていた。
2月16日以降、ドンバスの住民への砲撃は、劇的に増え
ていた。当然、EUもNATOも、西側政府も、そして西側の
メディアも反応せず、見て見ぬふりをしていた。アメリ
カやEU諸国は、ドンバスの住民の虐殺について、それが
ロシアの介入を誘発することを知りながら、意図的に沈
黙し無視してきた。

同時に、ドンバスで破壊工作が行われたとの報告もあっ
た。1月18日、ドンバスの戦闘員は、ポーランド語を話
し、西側の機器を装備して、ゴルリッカで化学事故を起
こそうとしていた破壊工作員を撃退した。彼らは、ドン
バス地域で破壊工作を行うために、アメリカが指導また
は助言し、ウクライナやヨーロッパ諸国の戦闘員で構成
されたCIAの傭兵であった。



2月16日の時点で、バイデン大統領は、ウクライナ側が
ドンバス地域の民間人に対する激しい砲撃を開始したこ
とを知っていた。プーチン大統領は、ドンバスを軍事的
に助けて国際問題を引き起こすか、ドンバスのロシア語
圏の人々が潰されるのを傍観するかという難しい選択を
迫られているのを見ていた。

2月17日、バイデン大統領は、ロシアが数日以内にウク
ライナを攻撃する可能性があることを発表した。なぜ、
彼はこのことを知っていたのだろうか?答えは明らか
だ。自分たちからゼレンスキーに圧力をかけてドンバス
地方を攻撃し、プーチンが反撃するように仕向けたから
である。

このように、2014年以来NATO側からウクライナの情勢を
モニターしてきた本格的な軍事専門家は、今回の戦争を
アメリカが仕掛けた実態を書いている。

2022/4/25  6:50

投稿者:777
パトリック・ランカスターの報道

・自分たちを攻撃したのはロシア軍やドネツク人民共和
国軍ではない。ウクライナのネオナチ、「アゾフ大隊」
だ。彼らは民間人と見ればみさかいなしに撃ってくる。
建物を砲撃して破壊しているのも「アゾフ大隊」だ。

・「アゾフ大隊」は住民を避難させるといって家から出
るように命じる。彼らの命令にしたがって避難を始める
と、いきなり撃ってくる。これで大勢が死んだ。

・ロシア軍は、市民と戦闘員を見分けるために白い腕章
をつけるように言ってきた。これを付けていると安全は
保障するという。そこでみな白い腕章を付けて外に出る
と、「アゾフ大隊」が狙い撃ちにしてくる。

・「アゾフ大隊」は学校や病院、劇場などに内部から爆
薬を仕掛けて破壊している。それをロシア軍の仕業にし
たいようだ。

・「アゾフ大隊」は、自分たちの傷病兵の手当をするた
めに病院を占拠した。そのため、病院にいた入院患者や
医者、看護師の退去を命じた。これに抵抗したものは容
赦なく射殺された。

・ロシア軍は敵ではない。彼らは我々に物資を提供し守
ってくれている。敵はゼレンスキーとネオナチの「アゾ
フ大隊」だ。

2022/4/25  6:47

投稿者:777
ハリコフに住み、キエフの状況もビデオでレポートして
いたゴンザロ・リラは次のようなことを報告していた。

・ゼレンスキーは侵攻するロシア軍と戦うために、刑務
所に収監されている凶悪犯に武器を渡して解放してい
る。このため、彼らによるレイプ、殺人、店舗襲撃など
が相次いでいる。ゼレンスキーはとんでもないことをし
ている。いますぐやめるべきだ。

・ロシア軍はキエフをときおりミサイルで攻撃している
ものの、キエフには侵攻していない。それにもかかわら
ず、キエフ市内では銃声が聞こえる。これは武器を手に
した凶悪犯のギャングによるものである。



ゴンザロ・リラはこれを報告した後、ウクライナのネオ
ナチには殺害リストがあるようだと言った。もし自分が
報告できなくなったら、拘束か殺害されたと思ってほし
いとのメッセージを残し、行方不明になった。ロシアの
国営放送の「RT」をはじめいくつかのメディアは、リラ
は殺害されたと報道している。

2022/4/13  18:36

投稿者:777
ロシア兵が玉砕覚悟の突撃の時に歌う『カチューシャ
Катюша』

咲き誇る林檎と梨の花
川面にかかる朝靄
若いカチューシャは歩み行く
霧のかかる険しく高い河岸に

彼は思い起こすか 純真な乙女を
彼は聞くだろうか カチューシャの澄んだ歌声を
彼は愛すべき祖国の地を守り抜き
カチューシャは愛を強く守り抜く



破滅へ向かって驀進するガールズ & パンツァー 戦車隊
が歌う『カチューシャ Катюша』
https://www.youtube.com/watch?v=mtAqmVBbDX0

玉砕を覚悟したプーチン大統領が弾く『カチューシャ
Катюша』
https://www.youtube.com/watch?v=s1NNzE7rwSI

ロシア兵が玉砕覚悟の突撃の時に歌う
[ソ連軍歌] カチューシャ 日本語歌詞付き Катюш
а
https://www.youtube.com/watch?v=sVk9eyAWxPk

戦死した恋人を悼む
ダークダックス 『カチューシャ』
https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%8
2%AB%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%
E3%80%80%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%80%E3%8
3%83%E3%82%AF%E3%82%B9

2022/4/12  8:27

投稿者:777
市民虐殺の濡れ衣をかけられるロシア
2022年4月8日   田中 宇
https://tanakanews.com/220408bucha.htm

4月2日、ウクライナ内務省傘下の国家警察の部隊がブチ
ャに進駐してきた。国家警察の部隊は、ブチャに露軍が
駐屯していた時に犯した戦争犯罪について調査したり、
露軍に協力した者たちを探して取り締まったりするのが
進駐の目的だった。国家警察と一緒に、同じ内務省傘下
の組織である極右民兵団(アゾフ大隊やThe territoria
l defence battalions)の部隊も同行した。ブチャに進
駐してきた極右民兵団の1つの部隊(Sergei Korotkihが
率いるBOATSMAN BOYS)が発表した動画では、ブチャの
街頭を巡回中に、民兵の一人が上官に「青い腕章をつけ
ていない奴らを射殺して良いですか」と尋ね、了承をも
らっているやり取りが収録されている。

ブチャの市街戦の戦地では敵味方を見分けるために、ウ
クライナ側の兵士や市民が青い腕章(アームバンド)を
つけ、ロシア側の兵士や市民(ロシア系住民など)が白
い腕章をつけていた。露軍撤退直後の3月31日以降のブ
チャで、青い腕章をつけていない市民は、ウクライナ側
を積極的に支持しなかった中立的な市民であり、白い腕
章をつけている市民は露軍を支持していた市民だった。
露軍撤退後にブチャに進駐してきた極右民兵団は、青い
腕章をつけていない、中立的もしくは親露的な市民を見
つけしだい射殺していたことが、この動画からうかがえ
る。


ウクライナ側が発表した動画や、記者団を案内して報道
させた話の中に、露軍が駐留時に使っていた建物の地下
室から、拷問された後に殺されたとみられる数人の市民
の遺体が見つかったという話があるが、その遺体は白い
腕章をつけていた。白い腕章は露軍の協力者を示してい
る。露軍が、自分たちの協力者を拷問して殺すはずがな
い。それらの遺体は、露軍撤退後にブチャに進駐してき
た極右民兵団が、街頭で見つけたり、市民の住宅を順番
に訪問して見つけた白い腕章をつけた市民を、建物の地
下室に連行して拷問して殺したものだろう。機敏な市民
は、露軍撤退とともに自分がつけている腕章を白から青
に替えただろうが、そんな機敏でない市民はうっかり白
い腕章をつけたまま極右民兵に見つかってしまい、拷問
され殺された。

2022/4/11  18:38

投稿者:777
ウクライナ兵が、マリウポリでの民間人殺害を自供
4月 10, 2022 18:31 Asia/Tokyo

ロシアメディアが、ウクライナ軍兵士が同国東部マリウ
ポリでの民間人殺害を自供したことを報じました。

ロシアのニュース局・ロシアトゥデイによりますと、捕
虜となったウクライナ軍兵士らは、マリウポリで残忍極
まりない行動の限りをつくす中、自分たちと同行するこ
とを拒否したりナショナリストが求めたパスワードを知
らなかったという理由で、女性を含む民間人を殺害した
と自供しました。

この報道は、捕虜の話を引用し、「武装団の1人は、自
分とともに別の部屋へ行くことを拒否した1人の女性を
殺害した。彼は、その女性の死体を放り込んだ穴も示し
て見せた」と伝えました。

この捕虜は、「私は女に、『わずらわせないで、別の場
所に行こう。でなければ銃で楽にしてやる』と言った。
女は私の話に耳をかさず、私はそのこめかみを銃で撃っ
た。少し怖かったが、人がどうやって死んでいくかを見
るのは興味深かった」と語ったということです。

マリウポリの住民の1人は、「彼らは、砲弾兵を居住地
の建物に配備していた。また、様々な住居や場所に向か
って銃撃した。先月20日には(ナショナリストの軍事組
織)アゾフ連隊が、戦車から民家を銃撃し始めた。人々
は逃げ出そうとし、家は火に包まれた」と話していま
す。

また続けて、「ウクライナ軍はそのまま地下に潜った。
彼らは人々を銃撃するか、地雷を仕掛けた通りの方へ追
いやって爆死させていた。彼らはさらに、子どもたちが
避難していた劇場のホールを、それを知りながら爆破し
た」としました。  

2022/4/10  19:45

投稿者:楽譜
違和感…
それにつきます。

ウクライナの病院などから配信される動画、よく撮れてますね。撮れすぎてます。
なぜ侵攻されてミサイル打ち込まれているのに、まず疎開という話がない?自分なら真っ先に西へ移動しますが…。
戦争ジャーナリストはどこ行った?一昔前は、戦場で撃ち合うような映像があったものですが…
東部ではロシア有利なのに、ウクライナ有利ということだけが強調された報道ばかり…。
そして緊張感のないドルールーブルレート…。

まあ本当のところは、「誰が得するのか」ということ、いつでもどこでも、これだけ考えておけば真実に近づきます。まあロシアがイデオロギーの国(キエフは歴史的にロシアだと本気で考えている)とは考えづらいので…。


2022/4/10  6:58

投稿者:風邪
『陰謀論』を主張するものは愚民は誰かの恣意的情報を鵜呑みにすると言うが。
その陰謀論のソースも誰かの恣意的情報である事を認めない。
結局当事者でない者が外野で宣い合ってる連中全員愚民ということになる。

だから最高に気持ち悪い記事が出来て、最高に気持ち悪いコメントが付く。

2022/4/10  2:27

投稿者:ただの通りすがり
>私はコロナとウクライナ侵攻に同じ恐怖を覚えます。
それは私達陰謀論者が妄想する以上にメディアはコント
ロールされているという事。


久しぶりに人力さんのブログを覗きましたが、全く同感
ですねぇ〜。

西側のウクライナ情勢報道はひどいもので、何が真実か
分からないというのがおそらく現状でしょう。

プーチンやロシアに片を持つわけではありませんが、ウ
クライナ政府の中枢に入り込んでやりたい放題やってい
るアゾフ大隊とやらを中核としたネオナチも、2014年に
起きた非合法のマイダン革命以来、ロシア系ウクライナ
人に相当ひどいことをやっているようです。日本ではま
だネオナチの存在は確認は出来ていないようですが、ネ
オナチはもう世界中に拡散しています。

ウクライナのオリガルヒ(新興財閥)で、イスラエル国籍
も持つユダヤ人のイーホル・コロモイスキーの支援を受
けて当選したゼレンスキー大統領も俳優出身なので、相
当な曲者で偽善者の臭いがプンプンしますねぇ〜。しか
もネオナチのアゾフ大隊はコロモイスキーの私兵とも言
われています。

いずれにしても今は全世界のマスメディアがほとんど真
実を報道しない最悪な状態になっていると言っても過言
ではありませんから、自分で真実を探す努力をしないと
現実は見えてこないということですね。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ