2012/7/25

細田守の最高傑作・・・「どれみと魔女をやめた魔女」  アニメ
 


>クリックすると元のサイズで表示します



■ これを観ずして細田守は語れない ■


『時を駆ける少女』
『サマーウォーズ』
『おおかもこどもの雨と雪』

この3作品で、ポスト・ジブリの筆頭となった
細田守監督ですが、
この作品を観ずに、細田守を語るべからず!!


それが、『おジャ魔女どれみドッカ〜ン!』の第40話
「どれみと魔女をやめた魔女」です。

ドレミちゃんシリーズは、
当時、幼かった娘と楽しみにしていた番組でした。

ところが、その中の一話である「どれみと魔女をやめた魔女」にはショックを受けました。

魔女として年も取らずに生きる一人の女性との出会いを描いた回ですが、
子供番組でありながら、事件らしい事件は何も起こりません。
結局、最後まで魔法を使う事も無く終わります。

魔女を目指して修行する小学生のドレミに
魔女である事の孤独をそれとなく伝える先輩魔女。
その一時の出会いと別れを
淡々と描いて30分番組が終了します。

これはアニメを30年以上見てきた私にはショックでした。
巻き戻して、監督の名前を確認し、
細田守の名前を脳裏に焼き付けました。

この「何も起こらない」という系譜に連なるのが
『おおかみ子供の雨と雪』です。

最近のサービス満点のアニメを見慣れた若者の多くは、
この作品の何処に感動して良いのかも分からないでしょう。

ネットで感想を見ていると、
やはり、子育てを経験している母親達の支持が高い様です。


「どれみと魔女をやめた魔女」の素晴らしい評論を見つけました。

http://runsinjirun.seesaa.net/article/142584893.html




ちなみに、サーマーウォーズについて以前書いた記事も貼っておきます。

「ジブリを越えた・・・サマーウォーズはこの夏必見!!  」
http://green.ap.teacup.com/pekepon/109.html
7

2012/7/26  10:24

投稿者:人力
ゆたか さん

ネットで第一話を見てみました。

これって、映画クオリティーじゃないすか。キャラクターを簡略化する事で、良く動く絵を確保するというのは、最近の絵のキレイさだけを求めるアニメに対する、良い反省点ともなっていますね。

冒頭の伏線の張り方、緊張感のある謎の提示など、素晴らしい思います。音楽も素晴らしいのですが、それよりも、TVアニメで音響をここまで拘った作品は珍しいのでは?

近年の『フラクタル』や『忘念のザムド』に通じる様な世界観の様ですが、アニメならではの魅力を発散するところは、さすがに経験豊富な監督といった所でしょうか。

口パクアニメが氾濫する中で、「動き」を追求するだけでも、TVアニメでは異例とも言えます。仕事を放り出して見入ってしまいそうで危険です。

良い作品を紹介頂き、お礼申し上げます。

2012/7/25  17:18

投稿者:人力
ゆたか さん

『ファンタジックチルドレン』という作品を見たことが無いので、今、ちょとググってみました。

アニメファンと言っても、こんなに作品が溢れているので、未見の名作、話題作も沢山あります。

ご紹介いただいたので、見てみようと思います。後日、感想などを載せてみます。

「最近はアニメの話ばっかり」と家内には小言を言われて居ます。確かに観過ぎだなと反省しています。

2012/7/25  17:02

投稿者:ゆたか
いつもブログを拝見させてもらっています。
質問ですが人力でGOさんはファンタジックチルドレン
についてどのような評価をされているのでしょうか?
個人的にはかなりの名作で音楽がすばらしいと思います。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ