2008/7/13

そんなに欲しいの?  PC+ネット

 ワタシにはあまり縁がない商品ですが(auユーザーなので)。

 ソフトバンクからApple社製の「iPhone」が発売になりました。アメリカで発売開始されてからものすごい台数が売られており、一昨日日本でも発売開始。販売店前では数日前から並ぶという「欲しいぞ!」軍団の列また列。

 残念ながら実機を見ることはできませんでしたので、ニュース映像などからのインプレッションで申し上げます。
 確かに面白そうだけど…そんなに慌てて欲しいか?という感じですね。ケータイでネットは今じゃ当たり前ですし、iPod機能も今では当たり前ですし、カメラ機能も今時のケータイじゃない方を探すのが難しいくらい。なのに「欲しいぞ!」層の多いこと。「色々なものが詰まったギミック」が日本人受けしそうなのはよくわかりますけど。

 で、これを見ていて思ったこと。今から10数年前になりますが、「Windows95」の発売で長蛇の列ができたことを思い出しました。あのときからこういった「お祭り」が始まった気がします。ワタシは参加したこと無いですけどね(しんどいもん)。そのときとの一番の違いは「数量限定」ってことなんでしょうね。「初物好き」の日本人の国民性にモロ響いたのかな?

 で、思うことですが…。ワタシはよく知らないんですが、某大手オークションでは「ケータイの白ROM」が取引されているようですね。iPhoneも同じ会社からの発売。転売目的で出品されまくったら、シュールなことこの上なしですな。そんなひねくれたことを考えた今回の出来事でした。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ