2008/10/22

CSまだまだ続く  スポーツ

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)第2ステージが22日、セ・パ両リーグで行われ、ここまで3勝2敗で迎えた西武が先発・涌井の好投などで日本ハムに9−0で快勝。4年ぶりの日本シリーズ出場を決めた。セは、中日が4−3で巨人との接戦を制して対戦成績を1勝1敗とした。(毎日新聞)

 パリーグは西武ライオンズがシーズン通しての結果に違わない活躍。日本シリーズ出場獲得おめでとうございます。

 セリーグは1勝分のアドバンテージが巨人にはあるので、とりあえず同じ土俵にまでドラゴンズが持ち込んだといったところですね。アンチ巨人のワタシですが、最終成績が13ゲームほど離れていた巨人がもし負けるようなことがあったら…。ペナントレースの価値が思いっきり落ちる感じがしますね。どうもクライマックスシリーズっていうやり方は日本のプロ野球には合わない感じがします。やはり年間通じて最も成績の良かったチーム同士ががっぷり四つに組んでこそ、日本一にふさわしいように思えます。そのためにどのチームも選手も必死のパッチでやっているはずなんですが。

 来年からでもCSはなくして欲しいと思うワタシでございます。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ