2008/11/28

この人は…!  徒然

 読売新聞インターネットニュースから。

 麻生首相が20日に開かれた政府の経済財政諮問会議で、社会保障費の抑制を巡って「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」と発言していたことが、26日に公開された議事要旨で分かった。
 与謝野経済財政相が社会保障費の抑制や効率化の重要性を指摘したのを受けて、首相は出席した同窓会の話を紹介しながら「67歳、68歳で同窓会にゆくとよぼよぼしている。医者にやたらかかっている者がいる」、「彼らは学生時代はとても元気だったが、今になるとこちら(首相)の方がはるかに医療費がかかってない。それは毎朝歩いたり何かしているから」と発言した。
 病気を予防することが社会保障費抑制につながることを強調する物言いとみられるが、病気になり医療サービスを受ける人が悪いとも受け取れる発言で波紋を呼びそうだ。
 首相は19日に行われた全国知事会議で「医師には社会的な常識がかなり欠落している人が多い」と発言し、謝罪に追い込まれたばかり。


 ここまで来ると呆れてものも言えませんな。総理大臣じゃない大臣ならこの発言だけでクビでしょうね。

 健康で長生きしたいというのは誰しも願うこと。好きこのんで病気になる人なんかいませんわね。また、先天的に疾病を持っている人のことも考えるととても出る言葉じゃないと思います。

 もう一つ、日本は「国民皆保険制度」の国ですよね。首相がこういうことを言うってことは日本の医療制度のあり方そのものを否定していることにもなりますよね。じゃあアメリカのように貧困層は満足な医療サービスも受けられないような国の方がいいんですか?って聞き返したくなります。日本がここまで安心して長生きできる国だったのはこの制度があってこそだと思うんですが、違うんでしょうかな?

 追加の景気対策を首相が発表したのは10月30日。もう1ヶ月になりますが、遅々として何も進まない状況ですよね。こういうのを政治空白というんじゃないでしょうか。これ以上ぼろが出ないうちにさっさと解散総選挙をした方がすべての人のためだと思います。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ