« AGM | Main | 千秋楽 »

2009/1/28

オリジナル曲  音楽

 長年ギター弾きやってますと、その折々に色んな気分になることがあります。始めるきっかけが自分の好きなアーティストのコピー。その後どんどんオリジナル曲を作り始めるというのが多数の方の流れかと思います。

 ご多分にもれず、ワタシも高校時代〜20代前半くらいは結構オリジナル曲を書いておりました。メロディをラジカセに(時代!)吹き込んで聞きながら譜面の作成、ギターコードの当てはめ、歌詞作りという感じだったでしょうか。

 今ワタシの音楽仲間数名が自分のオリジナル曲を作ってライブで歌ったり、動画サイトにアップしたり、あるいは自主製作CDを作ったりと色んなことをされてます。となるとワタシも作ったら?ということになるんですが、今はその気があまり起きません。ラブソングは作りたくない(若い頃にさんざん作ったし)ですし、かといってメッセージソングみたいなものとなると「怒り」を表現したものしか思いつきません。曲を作るのは、そのときの心の有り様に大きく左右されますから、今のワタシはそういう状態なんでしょう。

 また若い頃に作った曲はほとんどすべて捨ててしまいました。別に格好のいいことを言うんじゃなくて、単純に歌詞カードや譜面をなくしてしまったということなんですけど。先日本棚の整理をしていたら1曲だけ歌詞カードが出てきました。タイトルがなかなか…、「化粧」でございます。ワタシが化粧をしたいというわけではありませんので念のため(爆)。読んでましたら、まあ暗い! その頃に失恋でもしたのかしら?と思うほどの恨み節でございます(大汗)。そのときどんな心理状況だったんでしょうねえ…。

 まあそんなこんなで、今はオリジナル曲はちょっと置いておいて…。そのうちまた作り出すこともあるかも知れませんので、お聞きになりたいという方(いるのか??)は気長に待っていてくださいませ。
0



2009/1/30  21:09

投稿者:ぴーくん

 ★島さん

 >今になって、あの頃を思い出してラブソングも書けないし歌えない。
愛してるなんてテレ臭くて言えない。

 商売で歌を作っている人はそれも含めて自分の分身として捉えているんでしょうね。倍以上の時間を生きてきた今のワタシはとても「愛だの恋だの」を歌う気になれません。照れ臭いのもあるし、もう今更っていうのもあります。

 >ぴーくんの詩に、はロックが似合うかもしれんなぁ。

 でもワタシシャウトできないからロックは歌えません。

 ★ゆきこさん

 >そんな簡単にできるものじゃないですよね!!

 一種イタコ状態にならないと曲は書けないです。

 >気長に待つけど…私が生きてる間に作ってくださいね!!

 多分ワタシの方がゆきこさんより先に死ぬと思うよ。年の順ならね。

 >明日、例のDVD送ります!!マネージャー業務(汗)

 タレントさんにも躾をしておきなはれ(笑)。

 ★takeshiさん

 >僕のDVD

 それでちょっとワタシにとっての「オリジナル曲」を考えてみたんですね。今のワタシはそのつもりは全くありません。

 ★りっさん

 >でも『人生経験』少ないんで(ええ年なのに)

 ワタシだって人生経験少ないですよ。たかだか40数年生きているだけですし。

 >どーん!!と公開してー。

 死ぬまでには考えます。今はその気になれませんので。

2009/1/30  9:01

投稿者:りっ

聞きた〜い。(^∀^)3

私も、『おふざけ』で詩作ったりすんですよ。
実体験をつらつらと書いてるだけ(恥かすぃ)
でも『人生経験』少ないんで(ええ年なのに)
ギター上手なんですから、ぜひぜひ、ええ曲を
どーん!!と公開してー。

2009/1/29  18:40

投稿者:takeshi16

ぴーくんさん、そう言わずに頑張ってください!
今回、お送りしました僕のDVDでその眠っていた”熱い思い”を呼び起こしてください!!

2009/1/29  0:15

投稿者:ゆきこ

そんな簡単にできるものじゃないですよね!!
ふとしたとき思いついて歌詞ができたり…タイミング〜〜ですよ!!
気長に待つけど…私が生きてる間に作ってくださいね!!

明日、例のDVD送ります!!マネージャー業務(汗)

2009/1/28  22:57

投稿者:島人

あ〜。わかるような気がしますわ。
今になって、あの頃を思い出してラブソングも書けないし歌えない。
愛してるなんてテレ臭くて言えない。

あの頃感動してた歌たちさえも、今の自分にとっては通り過ぎた青春だったりして、もう感動も無かったりするんよね。
それを思うと、村下さんの作品は何年経ってもいろんな解釈ができて、年取って聴いてもいつも新鮮だったりするんで凄いなと思いますね。

ぴーくんの詩に、はロックが似合うかもしれんなぁ。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ