2009/6/23

Convenience or Inconvenience  徒然

 今日朝刊紙の一面を飾ったニュースです。毎日新聞ネットから。

 コンビニエンスストア最大手「セブン−イレブン・ジャパン」(東京都千代田区)の本部が、フランチャイズ(FC)契約を結んだ加盟店に対し、販売期限が迫った弁当やおにぎりなどを値引きする「見切り販売」を不当に制限したとして、公正取引委員会は22日、独占禁止法違反(優越的地位の乱用)で、違反行為の取りやめと再発防止を求める排除措置命令を出した。コンビニ各社は24時間営業の利便性を強みに加盟店に値引きしないよう推奨することが多く、業界に見切り販売が広がる可能性も出てきた。

 これまで値引きできず売れ残った食品は廃棄され、損失のすべてが加盟店の負担となっていた。このため今回の命令を受け一部の加盟店オーナーがセブン社を相手に、見切り販売できていれば得られたはずの利益を返還するよう求め提訴する


 かねてからコンビニでの賞味期限切れ食品の大量廃棄について、色々報道等されてきたところでの今日のニュースです。籠にポンポンと放り込まれる食品を実際に見ますと結構衝撃的ですね。コンビニを利用する方なら一度は目にしたことがある光景ではないでしょうか。

 大多数の店舗が終日営業していますし、いつ行っても目的のモノが買えるというのがコンビニの利点ですね。時間の線引きが明確でなくなった現代では、この業態が当然のように考えてしまいます。消費者の意識がこのような業態を生んだわけですから、今後は生産・サービスの提供側だけのことでなく、我々消費者が突きつけられた新しい課題として考えるべきなんでしょう。便利さが必ずしも万能ということじゃないと考えられるかどうか。便利さの陰で無駄になるものがあるというように考えられるかどうか。消費者にとっても大事な問題であると思います。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ