2009/11/28

Vistaマシンがお買い得?  PC+ネット

 先月22日にWindows7が発売になり、今量販店等では一つ前のOSのVistaマシンがかなりお買い得になっているようです。一つの例を挙げると、ほぼ現行の製品でトップクラスの性能に近いノートパソコン(4GBメモリ、2.66Ghzデュアルコア、320GBHDDなど)が8万円を切る値段で販売されていたりします。Windows7が出ることで予想以上に買い控えがあったことに加え、円高&不況の影響での販売数減少等でVistaマシンがかなりだぶついているみたいです。

 メーカーによってはOSのアップグレード代金が無料になるところ(HP、ASUS、マウスコンピュータなど)もあり、結果的に最新のとほとんど変わらないモノが安価に購入できるということになります。大体どのメーカーも2010年1月末くらいまでは無料アップグレード期間ということになりますので、今使用中のマシンがそろそろ限界かしら?とお考えの方はちょうどいいタイミングかも知れません。どこの企業もボーナスのカットやあるいは支給なし等々で家計のやりくりが大変でしょうが、もし懐具合に余裕があるようなら、ある意味「今すぐじゃなくてもいい買い物」をすることもありでしょう。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ