2010/3/2

何がしたいん??  徒然

 日テレNEWS24から。

 政府が検討しているゴールデンウイークなどの休暇を地域ごとに分散させる方法の具体案が、日本テレビの取材で明らかになった。
 検討案では、ゴールデンウイークと秋のシルバーウイークとしてそれぞれ土日を含めた5連休を作り、「北海道・東北・北関東」「南関東」「中部・北陸信越」「近畿」「中国・四国・九州・沖縄」の全国5つのブロックごとに時期をずらして取れるようにする。時期をずらす範囲は、5週間と2週間半の2つの方法が検討されている。
 全体の休日の日数は増やさず、5月の憲法記念日、みどりの日、こどもの日、7月の海の日、9月の敬老の日、10月の体育の日は休日ではない記念日となる。
 こうした案について、政府は3日、産業界から意見を聞くなどして議論を進める。祝日法の改正も必要で、実現するのは早くても再来年以降となる。


 正直なところを言いまして、この案は「いったい何がしたいんよ?」と思います。もしこの案を実現させるとなったら、どこかの知事がよく言う「道州制」を導入しないと絶対に不可能かと思います。そもそもニュース記事にあるように、全国をいくつかのブロックに分けてということとなれば、そのときの日本は中央集権の今の状態を解消していることが大前提になるでしょう。加えて例えば大阪に本社のある会社が東京に支社を持っているとしましょう。本社から支社へ行かなければならない事象があったときに支社側が「いや、今の期間支社はGW期間中ですので」なんてことになったら、社会そのものが廻らなくなるような気がします。

 こういったことに限らず、今の民主党政権は理念ばかりが打ち上げ花火のように出てきて、実現性や費用対効果に関する具現性が全く見えてこない政策ばかりが目立つような気がします。2005年の選挙のように嘘八百並べて自民党が大勝した時とはまた違った意味で「出来もしないくせに」と言いたくなるようなことが多いですね。所帯が大きくなった政党は民主・自民であっても同じような色になるもんなんでしょうか。本当に国民の幸せを実現するために、地に足の付いた政治をして欲しいモノです。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ