2010/3/31

振り回される  

 鳩山由紀夫首相は30日夜に開いた閣僚懇談会で、亀井静香金融・郵政改革担当相(国民新党代表)と原口一博総務相が24日に発表した郵政改革案の骨格通りに郵便貯金の預入限度額などの引き上げを実施するよう指示した。会合で各閣僚は判断を首相に一任。首相は亀井・原口案のまま「郵貯は預入限度額2000万円(現行1000万円)、簡易保険は加入限度額2500万円(同1300万円)の方向で行くべきだ」と裁断した。また、これを軸に「早く法案を作るように」とも指示した。
 首相が亀井氏の改革案を受け入れたのは、後半国会などをにらみ、国民新党との連立を重視した結果だ。首相は内閣支持率急落に歯止めを掛けるため、自身の指導力をアピールしていく構えだが、重要政策をめぐる閣内の溝は解消し切れておらず、政権運営にも影響を与えそうだ。(時事通信)


 このことについては、様々な意見が出てますがそれらの批判は概ね「民から官へ」という時代に逆行する改革と受け止めているようです。亀井氏が代表を務める国民新党は郵政民営化の見直しが党是の政党ですから、このような形になるのは最初からわかっていたことです。連立政権を組む段階で郵政の問題のすりあわせを民主党の幹部や内閣が怠ってきたからこそのこのゴタゴタということになります。まあ、さすがに言うべきではないと思っているんでしょうけど、本音は郵政事業を国営に戻したいというのが国民新党の考えですから今後も更にゴタゴタは続くことになるでしょう。郵政関連で働く社員の皆さんが時の政治に振り回され、そのたびに色々心を痛めるようなことになっていないのかという懸念があります。民営化したものを国営に戻すのは、よほどのことがない限りするべきじゃないです。3事業を一体経営し、最終的に国の関与をなくす代わりに預金限度額の引き上げとかを考えるのなら意味はわかるんですが。
1



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ